キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ランチにもディナーにも使えるローストビーフレシピ・作り方20選

22,240 views

広告

ランチにもディナーにも使えるローストビーフレシピ・作り方20選

イギリス発祥のローストビーフは、牛肉本来の旨味を堪能できるごちそうメニュー。
見た目も豪華で、特別な日のディナーやおもてなしにもぴったりですよね。

しかも、意外と簡単に作れて、余ったローストビーフを使ったアレンジレシピも絶品。
ぜひ、出来立ての美味しい自家製ローストビーフをご家族やお友達と一緒に楽しんでみて下さいね。

この記事では、ローストビーフの基礎知識に加え、基本のローストビーフ、ローストビーフ丼、ローストビーフサンドイッチ、ローストビーフサラダにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。

ローストビーフはどんな料理か

ローストビーフは、牛肉のかたまりをオーブン等で焼いた後、低温で中までじっくり加熱調理するイギリスの伝統的な肉料理。イギリスでは古くから牧畜が盛んだったため、牛肉は、身近なごちそうとして長い間親しまれてきました。特に18世紀頃には、多くのイギリス人が「肉さえあれば、他のものは何もいらない」と口を揃え、主食のように肉を食べていたという話もあるほど、その牛肉好きは筋金入り。現在のイギリスでも、ローストビーフはオードブルではなく、メインディッシュとして食べられています。つまり、ローストビーフは、美味しい牛肉をお腹いっぱい食べたいと考えるイギリス人が辿り着いた、究極の料理とも言えます。ちなみに、冷めても美味しく食べられるので、日曜日の昼間にメインディッシュとして食し、余った肉は翌日以降、サンドイッチ等にアレンジして食べるのがイギリスでは一般的です。

ローストビーフの調理法について

ローストビーフ作りの最大のポイントは、熱の加え方です。中でも、温度管理が鍵となります。早速、大まかな手順とポイントを見ていきましょう。まず、ブロック肉は冷蔵庫から出しておきます。常温に戻ったら、熱したフライパンで手早くしっかり焼き目を付けて下さい。さらに、オーブンやフライパンで加熱していきます。この時、様子を見ながらゆっくり肉の温度を上げていく事がポイントです。もし、一気に加熱し過ぎたと感じたら、蓋を取って蒸気を逃がしたり、オーブンから一度取り出したりして温度の調整をしましょう。最後に肉を休ませ、余熱で調理します。取り出した時よりも中心部の温度は上昇するので、最終的に理想の温度になるよう計算して取り出します。ちなみに中心部の理想の温度は、レアなら54℃、ミディアムレアで57℃、ミディアムは60℃。衛生面を考えても、必ず温度計を使って中心温度を確認しましょう。

ローストビーフのレシピ・作り方

■オーブンで作るローストビーフ

Kurashiru

最初におすすめするローストビーフのレシピ・作り方は「オーブンで作るローストビーフ」。
和風ソースがよく合うローストビーフの作り方を紹介。

まず、牛肉を常温に戻し、塩胡椒をして下さい。フライパンでニンニクを熱してから牛肉を入れ、中火で焼き目を付けましょう。アルミホイルで包んでオーブンで焼きます。ソースの玉ねぎは、みじん切りにして炒めてください。
調味料を加えて煮詰めます。焼き上がった牛肉はジッパー付の袋へ入れ、30分放置したら完成。肉を常温に戻しておくのがポイント。

ちょっと贅沢に!ローストビーフ

材料
(4人前):牛肩ロース(ブロック) 600g EVオリーブオイル 大さじ2 すりおろしニンニク 小さじ1 塩 適量 黒こしょう 適量 ①しょうゆ 大さじ2 ①酒 大さじ1 ①わさび 小さじ1 ①はちみつ 大さじ1 玉ねぎ 1/2個 サラダ油 大さじ1
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/f900efb5-b1df-4d8a-b943-becb3165c38f

■炊飯器でローストビーフ

Kurashiru

2番目におすすめするローストビーフのレシピ・作り方は「炊飯器でローストビーフ」。
炊飯器で簡単&失敗知らずの人気レシピです。

まず、肉にフォークを刺して、塩、胡椒、ニンニクを擦り込みましょう。タレの材料をジッパー付の袋で混ぜ、肉を入れて冷蔵庫へ。
数時間置いたら取り出し、フライパンで焼き目を付けましょう。レンジで加熱したタレと一緒に袋へ戻して炊飯釜へ入れて下さい。90℃のお湯を注いで40分保温。氷水で冷やしたら完成。塩胡椒をよく擦り込むことが作り方のポイント。

炊飯器で作る!ローストビーフ

材料
牛肉ももかたまり 250g -----たれ----- すりおろしニンニク 5g 濃口醤油 25ml 酒 20ml みりん 20ml はちみつ 5g 中濃ソース 10g 塩 少々 黒こしょう 少々
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/eb78ba1f-6da9-479f-a3ed-277c3f5af011

広告

■レンジでローストビーフ

楽天レシピ

続いておすすめのローストビーフのレシピ・作り方は「レンジでローストビーフ」。
ローストビーフ作りのイメージが覆るほど簡単なレシピ。

まず、牛肉に、塩胡椒・ニンニクをよく擦り込んで、30分置きます。
次に、空気が入らないようラップを二重にしてきっちり包みましょう。皿に乗せ、レンジで片面2分加熱。
裏返してさらに2分加熱したら、冷めるまで放置。
すりおろした玉ねぎ、ポン酢、肉汁を煮詰めたソースをかけて完成です。肉の大きさによって加熱時間は調整しましょう。

ジューシー!レンジで楽旨♡ローストビーフ

材料
(2〜3人分):牛塊肉400g(今回は肩ロース肉使用) 塩、胡椒、にんにくチューブ各適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1310006329/

広告

牛肉 に関連する記事

  • 【牛肉を使ったレシピ】人気の作り方だけを20選まとめ

    牛肉はその柔らかさと旨みの深さから、豚肉や鶏肉に無い「特別感」を味わえる肉です。現在では近江牛、神戸ビーフ、前沢牛、松坂牛、米沢牛を筆頭にブランド牛も多く流通されています。独自の飼料や飼育方法にこだわった牛肉も各地で生産され、人気を集めています。牛肉は豚や鶏と比べて生産に手間がかかる分、価格も高め。食べる際には牛丼やステーキ、しゃぶしゃぶ、焼肉など肉そのものの味を堪能するメニューが大半です。ですが幅広い料理に使える便利な肉でもあります。そこで今回は牛肉を使ったレシピを、炒め物、揚げ物、煮物・煮込み、ごはんのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

  • 【ひき肉を使った料理】人気で美味しいレシピのみ20選まとめ:牛・豚・鶏のひき肉レシピを紹介

    手軽に手に入って調理の幅も広いひき肉。ひき肉とは鳥獣類の肉を細かく切ったり、すり潰したもののことを指しています。商品価値の低い屑肉や切れ端などを使用する場合も多く、他の部位に対して割安で手に入りやすいのが特徴です。東京の洋食店が「ミンスミートカツレツ」として売り出したものが日本での最初のひき肉料理とされており、これがメンチカツの原型と言われています。 ひき肉はさまざまな料理と相性がよく、そのレシピは無限大です。そこで今回は、そんなひき肉の揚げ・焼き・炒めものレシピ、煮物・蒸しレシピ、ごはんレシピをカテゴリー別に、栄養素や調理法と合わせて紹介します。

  • 厚切の牛タンでいろんな料理!おすすめのレシピ12選

    牛タンは今でこそ焼き肉などで人気の食材ですが、食べられるようになったのは終戦後のことです。 仙台の「味太助」初代がその味を日本に伝えたと言われています。 今でも仙台名物と言えば牛タンと言うくらいの知名度があります。 でもお店で食べる牛タンもいいけれど、家庭でも簡単に料理したいですよね。 この記事では、牛タンの基礎知識に加え、炒め物、煮込み、その他にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 野菜との相性も◎!合挽き肉のレシピ20選

    「合い挽き肉」といえば、ハンバーグを作る時の必需品です。牛肉と豚肉を混ぜて挽いた「合い挽き肉」は、牛肉の旨味と豚肉の口当たりの良さが味わえ、小さなお子さまでもお年寄りでも噛み切れない心配もなく、食べやすいので何かと重宝しますよね。そんな合い挽き肉ですが、実は野菜との相性もいいんですよ。 この記事では、合挽き肉の基礎知識に加え、ハンバーグ、ミートローフ、ロールキャベツ、ミートソース、マーボー豆腐、タコライス、肉詰めにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 甘じょっぱい味が魅力:そぼろを使ったお手軽人気レシピ20選

    そぼろとは肉や魚、卵などを細かく刻んで水分がとぶま炒りあげた食品のことを言います。 そのままご飯にのせたり、野菜などと一緒に煮物やあんかけ料理、炒め物に使用したりと調理法が豊富です。 また使う食材の種類や部位によって食感や風味が変わります。 この記事では、そぼろの基礎知識に加え、豚肉そぼろ、鶏肉そぼろ、合挽き肉そぼろにカテゴリを分けてそぼろの作り方からアレンジレシピまで紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社