キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

おすすめ甘酒のレシピ・作り方!基本からアレンジまで紹介

広告

おすすめ甘酒のレシピ・作り方!基本からアレンジまで紹介

甘酒は、日本で古くからある飲み物ですが、昔はそこまで身近なものではありませんでした。
しかし最近では、甘酒は栄養が豊富で美容にも効果があると、女性を中心に注目が集まっています。甘酒の中には、ノンアルコール・ノンシュガーもあり、お酒として飲むだけではなく調味料としても活躍。塩麹のように、普段使っている調味料の代用としてもおすすめの食材です。

ここでは、酒粕で作る甘酒、米麹で作る甘酒、甘酒を使った飲み物、甘酒を使った和菓子、甘酒を使った洋菓子の作り方・作り方にカテゴリーを分けて紹介しています。人気のある作り方の中で、特におすすめのものを厳選したのでぜひ、毎日の料理に甘酒を取り入れてみてくださいね。

甘酒の効能について


甘酒は、飲む点滴と言われるほど、栄養が豊富な飲み物。
甘酒に含まれる多くの栄養素に、コウジ酸とオリゴ糖があります。


コウジ酸は、活性酸素を抑制したり、シミやほくろの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きがあるので、美容効果が期待できます。
オリゴ糖には、腸内の善玉菌の活性化を助け、便秘解消を促す効果があります。どちらの栄養も、女性は特に積極的に摂りたいですよね。


甘酒の製法は2種類あり、一つは米麹を発酵させて作る方法。もう一つは酒粕を溶かして砂糖を加えて作る方法です。
酒粕から作られた甘酒には大量の砂糖が使用されおり、アルコールも含まれています。一方、米麹で作られた甘酒は米と麹を発酵させて作られており、砂糖は使わず、アルコールも含まれていません。
健康管理やダイエットを考えているなら、米麹から作られた発酵食品の甘酒をおすすめします。


甘酒の調理法について


甘酒作りは、発酵に時間が必要ですが、実は簡単に作ることができます。
麹で甘酒を作るときに大切なのは、50-60℃の温度を保つこと。この温度により、糖化酸素を壊さず、甘酒の甘みを十分に出すことができるのです。


甘酒を保存する場合は、出来上がった甘酒を鍋に移して火にかけ、発酵を止めて冷蔵庫で保存。冷凍保存をする場合は、ジッパー付きの保存袋に入れ、平らにおいて冷凍しましょう。保存している間に、甘酒に酸味が出てしまった場合、味噌を入れて少し加熱すると酸味が解消されますよ。
作った甘酒は、砂糖の代わりに調味料として使ったり、肉や魚を漬け込むのに使用したりすることもできます。


酒粕で作る甘酒のレシピ・作り方

■酒粕で簡単!ほっこり甘酒


楽天レシピ


最初におすすめする甘酒レシピ&作り方は「酒粕で簡単!ほっこり甘酒」。
酒粕で簡単にできる甘酒の作り方を紹介します。


まずは、酒粕を小さくちぎり鍋に入れてから、水を入れ、火にかけます。沸騰したら砂糖、塩を加え酒粕が溶けるまで、酒粕をつぶすように混ぜながら煮込みましょう。酒粕が溶けてとろみが出てきたら火を止めます。器に注ぎ、生姜のすりおろしを混ぜて完成。おいしくなるポイントは、生姜のすりおろしをしぼり汁に変えること。のど越しがよりなめらかになりますよ。


酒粕で簡単!ほっこり甘酒

材料
(6~7人分):酒粕200g 水800cc 砂糖大さじ7~8 (甘さはお好みで加減 塩少々 生姜のすりおろし適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390020308/

■酒粕とはちみつの簡単甘酒


楽天レシピ


続いておすすめの甘酒レシピ&作り方は「酒粕とはちみつの簡単甘酒」。
酒粕とはちみつでできる甘酒の作り方です。


マグカップに酒粕と少量の水を入れ、レンジで加熱します。スプーンで酒粕を潰し、はちみつと生姜、残りの水を加え、再度レンジで加熱します。最後に、小豆大くらいの塩麹を入れて混ぜたら完成。塩麹は塩で代用することもOK。はちみつと生姜の量は、好みで量を加減することをおすすめします。自分好みのちょうど良い味に仕上がりますよ。


酒粕&はちみつde簡単甘酒☆体温上げて基礎代謝UP

材料
(1人分):酒かす20g 水100cc はちみつ大さじ1 しょうが(チューブタイプで)2~3cm 塩麹(食塩少々でもOK)小豆大ぐらい
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1380005606/

■酒粕で手作り甘酒の作り方


クックパッド


3番目におすすめする甘酒レシピ&作り方は「酒粕で手作り甘酒の作り方」。
鍋ひとつでできる手作り甘酒の作り方です。


まずは、沸騰させた湯の中に、一口大にちぎった酒粕を入れて、約10分置いておきます。酒粕が柔らかくなったら、火にかけ、酒粕がしっかり溶けるように、かき混ぜながら沸騰させます。沸騰したら、砂糖と塩を入れてからかき混ぜ、ひと煮立ちしたら完成。美味しい甘酒を作りコツは、酒粕選び。美味しいお酒の酒粕を使うと、更に味の良い甘酒が作れます。


鍋ひとつで簡単♪酒粕で手作り甘酒の作り方

材料
(4〜5杯分):酒粕100g 水800cc(4カップ) 砂糖70g 塩ひとつまみ
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2510629

広告

ドリンク に関連する記事

  • 手作り梅酒のレシピ・作り方まとめ:おいしい手作り梅酒の作り方

    1日の終わりに梅酒を飲めば、香りに癒されながら体も温まってぐっすり眠れそうですよね。特に手作りの梅酒は格別の美味しさです。 そもそも梅は、疲労物質を分解したり、美肌へ導いてくれたりと、体に良い様々な効果が詰まった果実。毎日適量の梅酒を美味しく飲むことで、梅のパワーを誰でも手軽に摂り入れることができます。 この記事では、梅酒の基礎知識に加え、基本的な梅酒、ブランデーの梅酒、日本酒の梅酒、梅酒のカクテル、梅酒のゼリーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラガスを使った栄養満点&いろどり鮮やかな料理レシピ20選

    春から夏が旬のアスパラガス。日本に来たのは江戸時代で、はじめは観賞用としてオランダから持ち込まれましたが、明治時代になると食用とされるようになりました。 アスパラガスには大きく2種類あり、土寄せしない「グリーンアスパラガス」と、土寄せをして育てる「ホワイトアスパラガス」です。アスパラガスは栄養が豊富で鮮やかな緑色。ホワイトアスパラガスは美しい白で、香りを楽しむ食材として知られています。 この記事では、アスパラガスの基礎知識に加え、アスパラ×ご飯、アスパラ×パスタ、アスパラ×肉料理、アスパラ×魚料理のレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アボカドのおすすめレシピ:女性に人気のアボカド料理を紹介

    アボカドといえば野菜と思われている方もいると思いますが、実は果物の一種。 アボカドには10種類以上のビタミンやミネラルが含まれており「世界一栄養価の高い果物」と言われています。アボカドは食物繊維も多く含まれているので満腹感を感じやすく、ダイエット中の方にも人気の食材です。ただし他の果物に比べて高カロリーな為、食べすぎには注意が必要です。 この記事では、アボカドの基礎知識に加え、アボカドのサラダレシピ、おつまみレシピ、ごはん・パスタレシピ、おやつレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夏が旬のオクラのレシピまとめ:オクラのいろいろな食べ方を紹介

    独特のねばねばした食感が特徴的なオクラ。このねばねばの成分が夏バテ防止やスタミナ補給に効果があり、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。鹿児島県で最も多く栽培されています。輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてねばねばがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

  • かぶの人気レシピまとめ:かぶの葉の活用レシピも紹介

    かぶは、白菜やキャベツ、チンゲン菜などの仲間のアブラナ科の野菜です。 『日本書紀』にも記載があり、古くから重宝されてきた歴史があります。別名「すずな」と呼ばれ、春の七草にも数えられる由緒ある野菜。 千葉県で圧倒的に多くのかぶが作られていますが、京都の聖護院かぶらや、滋賀県の日野菜など、地方固有の品集も多数あります。年間を通して出荷されますが、最盛期は10月頃から1月頃。 そんなかぶですが、いざ買っても漬物以外に使い道に困ることもしばしば、という人も多いのではないでしょうか。そこで漬物以外にもサラダやスープ、煮物など幅広いかぶのレシピを紹介します。

今週のおすすめ記事

  • バレンタインにピッタリ!人気の手作りチョコレシピ20選

    バレンタインといえば、チョコですよね。 ブランドのチョコレートはもちろん、手作りのチョコを味や形が豊富。オリジナリティを出すのにぴったりです。 そんなチョコだからこそ、どんなチョコをあげようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 この記事では、チョコの基礎知識に加え、生チョコ、チョコケーキ、 チョコスナック、その他のチョコレシピにカテゴリを分けて紹介しています。友達・本命・家族の誰にあげても喜ばれるレシピをまとめました。1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね。

  • 生チョコのレシピ・作り方20選:特別な日にもぴったり!

    生チョコは、生クリームを加えて冷やし固め、四角く切ってココアをまぶした柔らかいチョコレート。濃厚な味わいと滑らかな口溶けが特徴で、1粒口に入れれば、たちまち幸せな気分になれます。 簡単に作れて見栄えも良いので、バレンタイン等、特別な日のプレゼントにもおすすめ。他のスイーツにアレンジできるところもポイントです。 この記事では、生チョコの基礎知識に加え、生チョコ、生チョコデザート、ホワイト生チョコデザート、抹茶生チョコデザートにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バレンタインの手作りお菓子レシピまとめ:チョコから和菓子まで紹介

    バレンタインデーといえば、女性が好きな男性に気持ちを伝えるためにチョコレートを贈る日ですよね。 しかし最近では、「義理チョコ」「友チョコの」他に、男子から女性に贈り物をする「逆チョコ」自分用にお菓子を用意する「俺チョコ」など、あげる相手は人によって様々。だからこそ、相手に合ったお菓子レシピを選びたいですよね。 この記事では、バレンタインの基礎知識に加え、手作りクッキー、手作りチョコ、手作りケーキ、手作り和菓子のレシピにカテゴリを分けて紹介しています。友達・本命・家族の誰にあげても喜ばれるお菓子レシピをまとめました。1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね。

  • 卵焼きの人気レシピ・作り方まとめ:お弁当の定番おかず卵焼き!

    卵焼きは、和食の定番料理ですが、実は江戸時代の中期からすでに親しまれている料理なんです。 味付けは地方によって異なり、軽い塩味のものから、砂糖を入れて甘くしたもの、ほかにも、醤油・出汁・みりんやめんつゆなどが使われます。 野菜や海鮮や海藻などの食材を使ってアレンジしたレシピも多くありますよね。 この記事では、卵焼きの基礎知識に加え、卵焼きの基本レシピ、納豆を使う卵焼き、明太子を使う卵焼き、チーズを使う卵焼き、しらすを使う卵焼きにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鍋料理のおすすめレシピ・作り方まとめ:寒い時期にはやっぱり鍋!

    肌寒くなってくると鍋料理が恋しくなってきますよね。 鍋料理はたくさんの種類があるので、何を作るか悩みどころ。定番の寄せ鍋、キムチ鍋、すき焼きはもちろん、最近ではトマト鍋なども人気です。鍋料理の良いところは、材料だけ揃えれば、あとは鍋で煮るだけと調理が簡単なところ。食卓でわいわい家族や仲間と一緒に時間を楽しめるのもよいですね。 この記事では、鍋の基礎知識に加え、ミルフィーユ鍋、ピリ辛鍋、もつ鍋、トマト鍋、豆乳鍋、海鮮鍋のレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

    手軽に食べられるどんぶりものの料理で、多くの人に好まれている牛丼。 1862年に、横浜入船町にある「伊勢熊」という居酒屋を営んでいた主人が牛の煮込みを売り出したのが始まりとされていて、当時は牛鍋と言われていました。手軽に食べられることから、明治生まれの日本のファストフードとも言われています。 牛鍋をご飯にぶっかけた「牛飯」から変化していき、現在の「吉野家」の創業者が「牛丼」と名付けて、現在の形になりました。 初めはみそ味が主流であったと言われていますが、現在では、牛肉と玉ねぎを甘辛い醤油味で煮込んでいるものが主流になっていますね。 今回は、そんな牛丼の調理法をはじめ、牛丼の定番・再現・アレンジレシピ、そして余った牛丼のリメイクレシピをカテゴリーごとに紹介します。

  • 簡単ふわとろレシピも紹介! 人気オムライスの作り方20選

    オムライスはケチャップライスやチキンライスをほぐした卵で包んだ、明治・大正時代に日本で生まれた洋食メニュー。 今や子供から大人まで幅広い人気を誇り、手軽に作れる家庭料理の定番となりました。そんなオムライスが近年進化を遂げ、しっかり加熱した卵のみならずふわふわ卵のオムライスが登場。上にかけるソースも、ケチャップのみならず、デミグラスソースやホワイトソースなどのバリエーションが生まれました。 そこで今回は、ふわとろオムライスの様々なレシピをまとめました。ケチャップ・デミグラス・クリームソース・和風・変わり種オムライスのレシピのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

  • うどんレシピまとめ:普通のうどんはもう飽きた!?

    忙しい日のランチに、夜食に、風邪を引いた日にと言ったように、いろんな形で食べることができる和食の代表格である「うどん」。夏はさっぱりとざるうどん、冬は熱々のおつゆでいただく鍋焼きうどんなど、季節に応じていろんな食べ方が楽しめるのも魅力です。新しいうどんの食べ方を探している方にぴったりな、簡単かつ個性的なうどんレシピを試してみませんか? 卵とじうどん、クリーム系うどん、カレーうどんなど、レシピをカテゴリに分けて紹介します。家庭によくある材料だけで作れるものも多いので、その日の気分や体調に合わせて作ってみてくださいね。

  • カレーの人気レシピ・作り方まとめ:基本の作り方からアレンジまで

    子どもも大人も大好きで日本の国民食のひとつとも言えるカレー。 定番のカレーライスは市販のルーを加えるだけで簡単に作ることができ、それぞれの好みの味も反映させやすいので、手軽な割にこだわるのも楽しい料理ですね。 最近では、本場インドのカレーやタイ、スリランカなどさまざまな国の本場の味も入ってきており、味のバリエーションはさらに広がっています。スパイスも手に入りやすく、自宅でいろいろなカレーを作っている人も増えてきています。 今回は、そんなカレーの人気のレシピを、基本のカレー、キーマカレー、チキンカレー、カレーうどん、 カレーパン、カレーのアレンジというカテゴリーに分けて紹介します。

  • アボカドのおすすめレシピ:女性に人気のアボカド料理を紹介

    アボカドといえば野菜と思われている方もいると思いますが、実は果物の一種。 アボカドには10種類以上のビタミンやミネラルが含まれており「世界一栄養価の高い果物」と言われています。アボカドは食物繊維も多く含まれているので満腹感を感じやすく、ダイエット中の方にも人気の食材です。ただし他の果物に比べて高カロリーな為、食べすぎには注意が必要です。 この記事では、アボカドの基礎知識に加え、アボカドのサラダレシピ、おつまみレシピ、ごはん・パスタレシピ、おやつレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告