キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

おすすめ甘酒のレシピ・作り方!基本からアレンジまで紹介

広告

おすすめ甘酒のレシピ・作り方!基本からアレンジまで紹介

甘酒は、日本で古くからある飲み物ですが、昔はそこまで身近なものではありませんでした。
しかし最近では、甘酒は栄養が豊富で美容にも効果があると、女性を中心に注目が集まっています。甘酒の中には、ノンアルコール・ノンシュガーもあり、お酒として飲むだけではなく調味料としても活躍。塩麹のように、普段使っている調味料の代用としてもおすすめの食材です。

ここでは、酒粕で作る甘酒、米麹で作る甘酒、甘酒を使った飲み物、甘酒を使った和菓子、甘酒を使った洋菓子の作り方・作り方にカテゴリーを分けて紹介しています。人気のある作り方の中で、特におすすめのものを厳選したのでぜひ、毎日の料理に甘酒を取り入れてみてくださいね。

甘酒の効能について

甘酒は、飲む点滴と言われるほど、栄養が豊富な飲み物。
甘酒に含まれる多くの栄養素に、コウジ酸とオリゴ糖があります。

コウジ酸は、活性酸素を抑制したり、シミやほくろの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きがあるので、美容効果が期待できます。
オリゴ糖には、腸内の善玉菌の活性化を助け、便秘解消を促す効果があります。どちらの栄養も、女性は特に積極的に摂りたいですよね。

甘酒の製法は2種類あり、一つは米麹を発酵させて作る方法。もう一つは酒粕を溶かして砂糖を加えて作る方法です。
酒粕から作られた甘酒には大量の砂糖が使用されおり、アルコールも含まれています。一方、米麹で作られた甘酒は米と麹を発酵させて作られており、砂糖は使わず、アルコールも含まれていません。
健康管理やダイエットを考えているなら、米麹から作られた発酵食品の甘酒をおすすめします。

甘酒の調理法について

甘酒作りは、発酵に時間が必要ですが、実は簡単に作ることができます。
麹で甘酒を作るときに大切なのは、50-60℃の温度を保つこと。この温度により、糖化酸素を壊さず、甘酒の甘みを十分に出すことができるのです。

甘酒を保存する場合は、出来上がった甘酒を鍋に移して火にかけ、発酵を止めて冷蔵庫で保存。冷凍保存をする場合は、ジッパー付きの保存袋に入れ、平らにおいて冷凍しましょう。保存している間に、甘酒に酸味が出てしまった場合、味噌を入れて少し加熱すると酸味が解消されますよ。
作った甘酒は、砂糖の代わりに調味料として使ったり、肉や魚を漬け込むのに使用したりすることもできます。

酒粕で作る甘酒のレシピ・作り方

■酒粕で簡単!ほっこり甘酒

楽天レシピ

最初におすすめする甘酒レシピ&作り方は「酒粕で簡単!ほっこり甘酒」。
酒粕で簡単にできる甘酒の作り方を紹介します。

まずは、酒粕を小さくちぎり鍋に入れてから、水を入れ、火にかけます。沸騰したら砂糖、塩を加え酒粕が溶けるまで、酒粕をつぶすように混ぜながら煮込みましょう。酒粕が溶けてとろみが出てきたら火を止めます。器に注ぎ、生姜のすりおろしを混ぜて完成。おいしくなるポイントは、生姜のすりおろしをしぼり汁に変えること。のど越しがよりなめらかになりますよ。

酒粕で簡単!ほっこり甘酒

材料
(6~7人分):酒粕200g 水800cc 砂糖大さじ7~8 (甘さはお好みで加減 塩少々 生姜のすりおろし適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390020308/

■酒粕とはちみつの簡単甘酒

楽天レシピ

続いておすすめの甘酒レシピ&作り方は「酒粕とはちみつの簡単甘酒」。
酒粕とはちみつでできる甘酒の作り方です。

マグカップに酒粕と少量の水を入れ、レンジで加熱します。スプーンで酒粕を潰し、はちみつと生姜、残りの水を加え、再度レンジで加熱します。最後に、小豆大くらいの塩麹を入れて混ぜたら完成。塩麹は塩で代用することもOK。はちみつと生姜の量は、好みで量を加減することをおすすめします。自分好みのちょうど良い味に仕上がりますよ。

酒粕&はちみつde簡単甘酒☆体温上げて基礎代謝UP

材料
(1人分):酒かす20g 水100cc はちみつ大さじ1 しょうが(チューブタイプで)2~3cm 塩麹(食塩少々でもOK)小豆大ぐらい
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1380005606/

■酒粕で手作り甘酒の作り方

クックパッド

3番目におすすめする甘酒レシピ&作り方は「酒粕で手作り甘酒の作り方」。
鍋ひとつでできる手作り甘酒の作り方です。

まずは、沸騰させた湯の中に、一口大にちぎった酒粕を入れて、約10分置いておきます。酒粕が柔らかくなったら、火にかけ、酒粕がしっかり溶けるように、かき混ぜながら沸騰させます。沸騰したら、砂糖と塩を入れてからかき混ぜ、ひと煮立ちしたら完成。美味しい甘酒を作りコツは、酒粕選び。美味しいお酒の酒粕を使うと、更に味の良い甘酒が作れます。

鍋ひとつで簡単♪酒粕で手作り甘酒の作り方

材料
(4〜5杯分):酒粕100g 水800cc(4カップ) 砂糖70g 塩ひとつまみ
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2510629

広告

ドリンク に関連する記事

  • 手作り梅酒のレシピ・作り方まとめ:おいしい手作り梅酒の作り方

    1日の終わりに梅酒を飲めば、香りに癒されながら体も温まってぐっすり眠れそうですよね。特に手作りの梅酒は格別の美味しさです。 そもそも梅は、疲労物質を分解したり、美肌へ導いてくれたりと、体に良い様々な効果が詰まった果実。毎日適量の梅酒を美味しく飲むことで、梅のパワーを誰でも手軽に摂り入れることができます。 この記事では、梅酒の基礎知識に加え、基本的な梅酒、ブランデーの梅酒、日本酒の梅酒、梅酒のカクテル、梅酒のゼリーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 好きなフレーバーで楽しむ 自家製デトックスウォーターレシピ・作り方20選

    デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターにハーブやフルーツ、野菜などを加えて作る飲料です。 野菜や果物に含まれる成分が、水に溶け出し、効果的に栄養補給やデトックス(解毒)することができます。 コツさえつかめば、簡単に作ることができるので、レシピを参考にして、理想のスタイルや美肌を手に入れてくださいね。 この記事では、デトックスウォーターの基礎知識に加え、柑橘系、ベリー系、スイカ、ドライフルーツ、野菜にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の生活で取り入れてみてくださいね。

  • 身体のために飲みたいグリーンスムージーおすすめレシピ20選

    ダイエットや美容目的で人気のスムージーですが、グリーンスムージーはそれとは少し違っているのをご存じですか? 凍らせた果物とヨーグルトやアイスをブレンダーなどでミキサーしたのがスムージーというのに比べ、 グリーンスムージーは凍らせない果物と水、そこに緑の野菜が入ることが特徴。 スムージーがデザート寄りなのに対して、グリーンスムージーは健康的な飲み物だと言えるでしょう。 この記事では、グリーンスムージーの基礎知識に加え、野菜・果物のグリーンスムージー、豆乳・牛乳使用グリーンスムージー、ヨーグルト使用グリーンスムージーにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

  • みんな大好きミートソースのアレンジレシピ・作り方20選

    パスタメニューの定番でもあるミートソースは、こどもから大人まで年齢を問わず大人気のメニューです。イタリア南部では簡単な調理法しかなかったパスタに、北部のボローニャの裕福層が肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作ったフランスの「ラグー」を合わせたことが始まりと言われています。日本では明治から大正にかけていくつかの洋食屋がメニューに出し始めたといわれていますが、1959年・キユーピーが独立した缶入り商品としてミートソースを発売したことにより一般家庭に普及しました。いろいろな食材と相性が良く、レシピも無限大であることから手作りでミートソースを作る家庭も多く、また気軽に利用できる缶詰やレトルトをアレンジする家庭も多くあります。 今回はミートソースの作り方からミートソースを使ったパスタレシピ、そしてパスタ以外にもご飯やトッピング素材を入れたもの、そしてデザートなどひと味変わったミートソースを使ったレシピと作り方をご紹介します。

  • 肉じゃがのレシピ・作り方まとめ:基本からアレンジまで楽しめる

    ほっこりとどこか懐かしく、時々無性に食べたくなる肉じゃがは、「おふくろの味」と聞いて真っ先に思い浮かべる人気料理のひとつですよね。もともと東郷平八郎がイギリス留学中に食べたビーフシチューを再現しようとして作ったのが始まりといわれるメニューで、簡単に作れるのであっという間に日本中の家庭で定着しました。 一般的にお肉、じゃがいも、玉ねぎなどといった基本の材料を使い、甘辛い味付けがされていますが、地方、そして家庭によって様々なアレンジが加えられており、何とも奥深い一品です。今回はそんな肉じゃがのレシピと作り方を紹介します。レシピは基本レシピ、あっさり塩味、変わり種、リメイクと、カテゴリ別にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

今週のおすすめ記事

  • 【こどもの日】こどもたち大喜び!ご飯もの・メインレシピ

    こどもの日、5月5日、みなさんはどのように過ごされていますか? 男の子のいる家庭では、こいのぼりや兜を飾りますよね。 また、子ども達が病気やケガをせずに元気にたくましく育ってほしいと願い、ちまきや柏餅を食べて、家族みんなで楽しくお祝いされるご家庭も多いのではないでしょうか。 この記事では、こどもたちが喜ぶこと間違いなしのレシピを厳選しました。 料理上級者の方から、初心者さんまで楽しめるメニューがたくさんあるので、ぜひ作ってみてくださいね。

  • 【こどもの日】 こどもの日の料理レシピで食卓を彩ろう

    こどもの日・5月5日は国民の祝日。 子どもたちの健やかな成長を祝って、楽しい1日にしたいですよね。 柏餅を食べたり、ちまきを食べたりと定番の端午の節句にちなんだ食べ物を楽しむのもよいですが、お子さんとより一層楽しい1日にするために、思い出に残るような料理メニューを考えてみませんか? この記事では、こどもの日についての基礎知識に加え、ご飯系、スイーツ/デザート系にカテゴリを分けて紹介。 こどもたちが喜ぶこと間違いなしのレシピを厳選しました。 料理上級者の方から、初心者さんまで楽しめるメニューがたくさんあるので、ぜひ作ってみてくださいね。

  • 【こどもの日】子どもたちが喜ぶ!スイーツ・お菓子レシピまとめ

    子ども達の健やかな成長を祝う「こどもの日」。 5月5日は端午の節句でもある為、男の子がいるご家庭では、こいのぼりや兜を飾ってお祝いされる方も多いはず。 こどもの日の食べ物といえば柏餅が定番ですが、子どもの成長を願ってお子さんが喜ぶような「こどもの日」にちなんだスイーツを手作りしてみてはいかがでしょう? この記事では、こどもたちが喜ぶこと間違いなしのレシピを厳選しました。 料理上級者の方から、初心者さんまで楽しめるメニューがたくさんあるので、ぜひ作ってみてくださいね。

  • みんなで楽しく!BBQに食べたいおすすめのレシピを紹介

    BBQ(バーベキュー)とは、薪や炭、豆炭など弱火で肉や野菜、魚介を焼く料理のこと。 短時間で直火で肉を焼くのはグリルと呼ばれます。 語源は西インド諸島の先住民の丸焼き用の木枠をさす言葉で、丸焼きを意味するスペイン語のbarbacoaに変化したもの。英語圏ではB.B.Q.、Bar-B-Cueと略されます。 この記事では、BBQの基礎知識に加え、ホイル焼き、肉、海鮮にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • お家カフェでいい気分!おすすめのエスプレッソマシン30選

    自宅でもエスプレッソドリンクや本格的なコーヒーを飲みたい人に人気のエスプレッソマシン。 全自動やデザイン性の高いものなどいろんな種類があります。 自宅にエスプレッソマシンがあれば簡単にいれたてのコーヒーが飲め、カフェポッド対応ならボタンを押すだけで豊富な種類のカフェメニューを楽しむことが可能です。 この記事では、エスプレッソマシンの基礎知識に加え、デロンギ、ネスレ、カリタ、その他にカテゴリを分けて紹介します。 さまざまなエスプレッソマシンの中でも、特におすすめの商品を厳選しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 ※価格は2018年2月に算出されたものです。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • キャベツの人気料理レシピ20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • バレンタインにピッタリ!人気の手作りチョコレシピ20選

    バレンタインといえば、チョコですよね。 ブランドのチョコレートはもちろん、手作りのチョコを味や形が豊富。オリジナリティを出すのにぴったりです。 そんなチョコだからこそ、どんなチョコをあげようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 この記事では、チョコの基礎知識に加え、生チョコ、チョコケーキ、 チョコスナック、その他のチョコレシピにカテゴリを分けて紹介しています。友達・本命・家族の誰にあげても喜ばれるレシピをまとめました。1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね。

  • 人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

    手軽に食べられるどんぶりものの料理で、多くの人に好まれている牛丼。 1862年に、横浜入船町にある「伊勢熊」という居酒屋を営んでいた主人が牛の煮込みを売り出したのが始まりとされていて、当時は牛鍋と言われていました。手軽に食べられることから、明治生まれの日本のファストフードとも言われています。 牛鍋をご飯にぶっかけた「牛飯」から変化していき、現在の「吉野家」の創業者が「牛丼」と名付けて、現在の形になりました。 初めはみそ味が主流であったと言われていますが、現在では、牛肉と玉ねぎを甘辛い醤油味で煮込んでいるものが主流になっていますね。 今回は、そんな牛丼の調理法をはじめ、牛丼の定番・再現・アレンジレシピ、そして余った牛丼のリメイクレシピをカテゴリーごとに紹介します。

  • おしゃれ食器30選:おすすめの食器で食卓を彩ろう

    普段なにげなく使っている食器ですが、食器を変えると料理をよりおいしく見せてくれ、食卓を華やかにしてくれます。普段使いできるおしゃれな食器を集めたり、来客用に少し豪華な食器をそろえてみたりと、種類が豊富で選ぶのが楽しいのも食器の魅力ですね。 食器の人気有名ブランドとして、フィンランドのガラスメーカー「イッタラ」やドイツのクリスタルブランド「ナハトマン」、イギリスの洋食器ブランド「ウェッジウッド」などがあります。これらのブランドは日本でも人気があり、おしゃれな食器が揃っています。 食器にはさまざまな種類があり、クリスタルでできた美しい食器や、電子レンジやオーブン、食器洗浄機に対応している便利なものなどがあります。この機会に、食器を新しくしてみませんか?今回はおすすめの人気の食器セットについて紹介します。

  • うどんレシピまとめ:普通のうどんはもう飽きた!?

    忙しい日のランチに、夜食に、風邪を引いた日にと言ったように、いろんな形で食べることができる和食の代表格である「うどん」。夏はさっぱりとざるうどん、冬は熱々のおつゆでいただく鍋焼きうどんなど、季節に応じていろんな食べ方が楽しめるのも魅力です。新しいうどんの食べ方を探している方にぴったりな、簡単かつ個性的なうどんレシピを試してみませんか? 卵とじうどん、クリーム系うどん、カレーうどんなど、レシピをカテゴリに分けて紹介します。家庭によくある材料だけで作れるものも多いので、その日の気分や体調に合わせて作ってみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告