キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

心も体もすっきりデトックス!セロリスムージーのおすすめレシピ20選

広告

心も体もすっきりデトックス!セロリスムージーのおすすめレシピ20選

せり科の野菜「セロリ」は、栄養バランスの良い、毎日でも摂り入れたい野菜の1つです。そんな「セロリ」を飲む形で手軽に摂り入れられる「セロリスムージー」は、生で食べるのが苦手な方にもおすすめです。
フルーツや他の野菜との組み合わせレシピで、味の変化を楽しみながら、上手にデトックスしていきましょう。


この記事では、セロリスムージー の栄養に加え、果物・野菜、牛乳・豆乳、ヨーグルトにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

セロリスムージーの基礎知識や効果について

スムージーは、基本的に野菜や果物と水をミキサーで攪拌して作るので、「セロリスムージー」も、生のセロリの葉と茎を丸ごと入れて、セロリの栄養素を全て体に摂り入れることができます。
そして、普段セロリが苦手な方でも、スムージーなら相性のよい他の食材と組み合わせることで、飲みやすくなる利点もあります。

スムージーにする際、セロリと相性のよい果物はりんごとバナナで、腸内環境が整い、美肌効果やリラックス効果も得られるので、飲むだけでストレスが解消され、心が穏やかになります。
また、オレンジやキウイとの組み合わせはビタミンCが豊富になり、強い抗酸化作用で細胞の老化を防いでくれます。そして、アンチエイジング効果も期待できるので、気になるシミやしわも防いでくれますよ。

セロリスムージーの栄養について

セロリスムージーは、セロリの葉の部分も活用するので、「カロテン」や「ビラジン」といった、美肌効果や血液をサラサラにする成分が多く含まれています。そして、カリウムが豊富に含まれているので、むくみが解消されやすく、血の巡りもよくなり、脂肪が分解されてどんどん体外へ排出されます。
また、セロリは繊維質が強く、食物繊維が豊富なので、腸内が刺激され、便秘を解消したり予防したりする効果も期待できます。
なお、ビタミンB1やB2も多く含まれているので、代謝が促進され、ダイエットにも効果的です。

このように「セロリスムージー」は、心を穏やかにし、健康に良い成分を沢山摂取できるので、次のコーナーでご紹介する様々なレシピで、ぜひ摂り入れてみてくださいね。

果物・野菜を使ったセロリスムージー

■ブルーベリーのセロリスムージー

楽天レシピ

最初におすすめするセロリスムージーのレシピ・作り方は「ブルーベリーのセロリスムージー」。
ベリーとキウイの甘酸っぱさが美味しいセロリスムージー。スッキリと爽やかな味わいです。まず、キウイは皮を剥いて適当な大きさにカットします。セロリは葉と茎に分け、ミキサーに入る大きさにカットして、葉の部分は最後に入れます。残りの材料のトマト、ブルーベリー、イチゴとオレンジジュース、氷も加えてミキサーで攪拌すれば完成です。ほんのりセロリの香りが楽しめますよ。

セロリとブルーベリーのスムージー【A Blue】 レシピ・作り方

材料
(1~2人分)セロリ30g ブルーベリー(冷凍)30g トマト20g イチゴ(冷凍)20g キウイ20g 氷80g オレンジジュース120ml
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1860006864/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■にんじんのセロリスムージー

楽天レシピ

2番目におすすめするセロリスムージーのレシピ・作り方は「にんじんのセロリスムージー」。
食物繊維たっぷりでセロリスムージーの王道レシピ。セロリが得意でない方でも飲みやすいのでおすすめですよ。作り方も簡単です。まず、セロリやにんじん、りんごを適当な大きさに切ります。あとは、水やレモン汁と一緒にミキサーへ入れて塊がなくなるまで攪拌すれば出来上がりです。セロリ好きな方は、グラスへ注いだ後、残りのセロリを飾って食べるのもGOODです。

さわやか☆にんじんスムージー レシピ・作り方

材料
(2人分)セロリ15cm ニンジン1/2個 リンゴ1/2個 水300cc レモン汁1/2個分
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1410008702/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■レタスとバナナのセロリスムージー

楽天レシピ

3番目におすすめするセロリスムージーのレシピ・作り方は「レタスとバナナのセロリスムージー」。
バナナたっぷりのセロリスムージーレシピ。セロリとバナナのWデトックス効果が期待できますよ。まず、セロリやレタスは一口大にカットします。バナナは手でちぎってミキサーの中へ入れます。あとは、分量の水を加えてなめらかになるまで攪拌すれば出来上がりです。もったりとしたスムージーに仕上がるので、さらっとした飲み心地にしたい方は、水の量を増やしてみてくださいね。

スムージー。セロリとレタスとバナナ。 レシピ・作り方

材料
(2人分)レタス25㌘ セロリ25㌘ バナナ2本 水200㍉㍑
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1830004228/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

セロリ に関連する記事

  • 葉も茎も美味しく食べられるセロリ料理のレシピまとめ

    セロリの旬は産地によって異なりますが、主に11~5月頃。 旬のセロリはみずみずしく、シャキッとした触感が特徴です。 美味しいセロリの見分け方は、茎が太く、葉の緑が鮮やかで香りが強いことがポイント。 セロリにはカロチンやビタミンCが多く含まれ、カルシウムとミネラルも豊富で、精神安定効果や強壮作用がありますよ。 この記事では、セロリの基礎知識に加え、セロリのサラダレシピ、おかずレシピ 、漬け物・ピクルスレシピ 、パスタレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • セロリを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    強い香りが特徴的のセロリ。その香りの元のセダノリッドとセネリンが食欲増進、精神安定、頭痛に効果的とされています。セロリは基本的には涼しいところを好む野菜になります。旬は地域によって異なりますが主に春です。スーパーには一年中流通していますので比較的手に入りやすい野菜と言えます。歯ごたえにも特徴があり食感を楽しむことができます。茎はもちろん葉もお料理に使います。葉には沢山の栄養が詰まっています。葉と茎を分けて保存をすると鮮度が保てます。そのままの場合は立てて保存をすると長持ちします。沢山あるレシピの中でおすすめは焼くレシピとなっています。 この記事では、セロリとはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • セロリを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    セロリはセリ科の植物で独特の臭みがあるため、子どもの嫌いな野菜の1つとしてよく挙げられます。香りの強い成分はアピオールで、セロリの他にパセリにも含まれています。生でも火を通しても食べることができ、生で食べるとしゃきしゃきとした歯ごたえがあります。火を通すと生で食べるよりも、臭みが消えて食べやすくなります。サラダやスープ、炒め物などによく使われ、主に洋風の料理に使われることが多いです。セロリは全体の95%が水分で、低カロリーでダイエット中にお腹が空いたときなどに食べるのに適しています。セロリにはむくみの防止に効果のあるカリウムが含まれ、セロリの香り成分には精神を安定させる働きがあります。食物繊維も含まれており、ダイエット中にぜひ摂りたい野菜です。 この記事では、「セロリ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 手作り梅酒のレシピ・作り方まとめ:おいしい手作り梅酒の作り方

    1日の終わりに梅酒を飲めば、香りに癒されながら体も温まってぐっすり眠れそうですよね。特に手作りの梅酒は格別の美味しさです。 そもそも梅は、疲労物質を分解したり、美肌へ導いてくれたりと、体に良い様々な効果が詰まった果実。毎日適量の梅酒を美味しく飲むことで、梅のパワーを誰でも手軽に摂り入れることができます。 この記事では、梅酒の基礎知識に加え、基本的な梅酒、ブランデーの梅酒、日本酒の梅酒、梅酒のカクテル、梅酒のゼリーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おすすめ甘酒のレシピ・作り方!基本からアレンジまで紹介

    甘酒は、日本で古くからある飲み物ですが、昔はそこまで身近なものではありませんでした。 しかし最近では、甘酒は栄養が豊富で美容にも効果があると、女性を中心に注目が集まっています。甘酒の中には、ノンアルコール・ノンシュガーもあり、お酒として飲むだけではなく調味料としても活躍。塩麹のように、普段使っている調味料の代用としてもおすすめの食材です。 ここでは、酒粕で作る甘酒、米麹で作る甘酒、甘酒を使った飲み物、甘酒を使った和菓子、甘酒を使った洋菓子の作り方・作り方にカテゴリーを分けて紹介しています。人気のある作り方の中で、特におすすめのものを厳選したのでぜひ、毎日の料理に甘酒を取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 免疫力アップにも☆キャベツのおすすめダイエットレシピ20選

    キャベツは春、夏秋、冬と3回の旬を迎える一年中人気のアブラナ科の野菜です。ビタミンや葉酸を多く含み栄養価も高くダイエットにも人気でしょう。どんな食材や調理法にも合い、千切りのサラダや炒め料理、煮込み料理などのレシピがあります。作り方次第でいろんな料理になる万能な食材でしょう。 この記事では、キャベツのダイエット効果や栄養に加え、キャベツのサラダレシピ、キャベツのスープレシピ、キャベツの大量消費レシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    子どもが大好きな果物として人気のりんご。皮のままでも食べられてほどよい酸味と甘みが食べやすく、お菓子によく使われます。デザートだけでなく料理にも使うことができ、肉料理と相性抜群です。その他にもソースやマリネ液などにもよく使われ、デザートから料理まで幅広く使える万能な果物です。「1日にりんご1個食べると風邪を引かない」と言われるほど、りんごには体にいい栄養素が含まれています。りんごには胃腸の働きをよくする有機酸、高血圧に効果があるカリウムなどが含まれ、りんごの皮にはポリフェノールが豊富に含まれています。普段は生で食べることが多いりんごですが、 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【唐揚げのレシピ】人気で美味しい作り方を20選まとめ:下味のつけ方からアレンジまで!

    唐揚げと言えば、日本特有の調理法で老若男女に大人気。唐揚げは鶏肉の唐揚げに代表されるように食材に片栗粉や小麦粉をまぶして油で揚げた料理です。魚の唐揚げや野菜の唐揚げなども、全て唐揚げに分類されます。揚げたてはもちろん冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにも好まれます。 そんな人気の唐揚げですが、家庭で作るとなると鶏肉一辺倒でマンネリになりがちだったり、パサついたりべたついたりしてうまく調理できなかったりしがちです。そこで今回は、唐揚げのおいしいレシピ・作り方をまとめました。人気の鶏もも肉唐揚げ、〇〇の唐揚げ、唐揚げのごはん、唐揚げのアレンジのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

  • 鮭を使った今人気のレシピ・作り方厳選20:定番のホイル焼きからアレンジまで

    日本の食卓に欠かせない鮭は、子供から大人まで幅広い世代に人気がある魚です。夏の終わりから秋にかけて旬をむかえますが、年間を通して手頃な価格で手に入るため、使いやすく家計にもやさしい食材です。鮮やかな赤い身の色をしていますが、それは赤い色のエビやカニをエサにしているためで、実は白身魚に分類されています。シンプルにムニエルにしたり、野菜やキノコ類とともにホイル焼きにしたり、クリームとからめてパスタソースにしたりと、調理方法や料理ジャンルを問わないバリエーションの豊富さも魅力のひとつです。そんな万能な食材の鮭を使う定番レシピからアレンジレシピまで幅広く紹介します。

  • 女性必見!美肌効果があるルッコラの人気レシピ20選

    春と秋が旬のルッコラは、ごまの様な香りとピリッとした辛みがくせになる緑黄色野菜で、地中海沿岸の原産です。ルッコラの香りを活かして生のままサラダで食べたり、カルパッチョ、ピザ、生ハムと一緒に食べるのもおすすめ。さっと炒めて炒め物やパスタの具材にしたり、お浸しにしても美味しいですよ。 この記事では、ルッコラの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、サンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

  • 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

    どの家庭にもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、卵ですよね。スーパーでよく特売商品として並ぶほど、安くて家計にも優しい栄養価の高い食材です。メイン料理にもサブ料理にもなれる卵は和食や洋食、スイーツなどにも利用され、バリエーション豊かな万能食材として人気があります。献立にうまく取り入れられれば料理のレパートリーはいくらでも増えていくと言っても過言ではありません。 今回は卵の栄養素や調理法、簡単にできるおすすめレシピをいくつか紹介します。いつも同じような卵料理ばかり作ってしまう方は、ぜひレシピを参考にしてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社