キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

高い利尿効果でむくみ解消!きゅうりスムージーのおすすめレシピ20選

広告

高い利尿効果でむくみ解消!きゅうりスムージーのおすすめレシピ20選

夏野菜の代表格でもある「きゅうり」。みずみずしい食感と歯ごたえが魅力ですよね。
1年を通して比較的手に入れやすいきゅうりは、他の食材との相性もよく、レシピも豊富にあります。
利尿効果の高いきゅうりをスムージーにも積極的に摂り入れれば、体内の循環もよくなり、むくみの解消や予防が簡単にできるんですよ。

この記事では、きゅうりスムージーの栄養に加え、果物・野菜、牛乳・豆乳、ヨーグルトにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

きゅうりスムージーの基礎知識や効果について

野菜や果物で作るグリーンスムージーに「きゅうり」をプラスすると、むくみが解消されます。
そもそもむくみの原因は体内に溜まった余分な水分なので、きゅうりに含まれているカリウムが、体内の水分(老廃物)を外に排出してくれるからです。よって、毎日「きゅうりスムージー」を摂ることで、むくみのできにくい体をつくることができます。
また、きゅうりには、血圧を下げる作用があるので、高血圧の予防効果もあります。
そして、熱く火照った体を冷やしてくれる効果もあるので、スムージーに入れて飲むことで夏バテ予防にもなります。
なお、きゅうりスムージーを作る時に気を付けたいポイントは、1つ。きゅうりにはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれているので、お酢やレモンなどを加えてビタミンCの損失を防いでくださいね。

きゅうりスムージーの栄養について

「きゅうりスムージー」には、むくみや高血圧、夏バテ予防以外にも、よい効果があります。
その1つには、きゅうりに含まれるアミノ酸の「グルタチオン」に、肝臓の働きをよくする作用があるので、肝臓を労り、疲れをデトックスしてくれる効果があります。
また、「ホスホリパーゼ」と呼ばれる脂質分解酵素は、擦り下ろすことでキュウリの細胞膜が破壊されてよりその成分が増えるので、スムージーで摂る形が一番好ましいのです。このホスホリパーゼが脂肪を分解し、代謝を向上させてくれるので、スムージーにする時は、グレープフルーツと組み合わせると、より効果が期待できます。
なお、ピラジンには、血栓を防ぐ作用があるので、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果も期待できますよ。

果物・野菜を使ったきゅうりスムージー

■西瓜とパイン入りきゅうりスムージー

楽天レシピ

最初におすすめするきゅうりスムージーのレシピ・作り方は「西瓜とパイン入りきゅうりスムージー」。
なんと水なしで作れるスムージー。水分の多い西瓜と胡瓜でむくみ効果抜群のスムージーが簡単に作れますよ。まず、西瓜は種をとって、適当な大きさにカットし、きゅうりは小口切りしてミキサーへ入れます。他、パインやはちみつも加えてから撹拌すれば出来上がりです。このスムージーは、美容成分たっぷりなので、朝から飲めば熱中症や日焼け防止効果もあり、おすすめですよ。

西瓜と胡瓜のグリーンスムージー~♪ レシピ・作り方

材料
(2人分)西瓜約1/8個(795g)カットパイン8切れ(57g)胡瓜小1本(77g)蜂蜜小さじ2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1600010962/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■オレンジ、パイナップルとミント入りきゅうりスムージー

楽天レシピ

次に紹介するきゅうりスムージーのレシピ・作り方は「オレンジ、パイナップルとミント入りきゅうりスムージー」。
体のむくみが解消されるさっぱりスムージーのレシピ。ミントの葉が入ることでスッキリ爽やかな香りが楽しめますよ。まず、きゅうりは適当な大きさに輪切りにします。他の材料のオレンジジュースや冷凍パイナップル、ミントの葉もミキサーへ入れて撹拌すれば出来上がりです。冷凍パイナップルを入れることで、ひんやりしてより飲みやすいスムージーが作れますよ。

きゅうりとオレンジ、パイナップルのミントスムージー レシピ・作り方

材料
(1人分)きゅうり2分の1本オレンジジュース120ml冷凍パイナップルカップ2分の1ミントの葉っぱ3枚
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1970006070/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■完熟桃入りきゅうりスムージー

楽天レシピ

次に紹介するきゅうりスムージーのレシピ・作り方は「完熟桃入りきゅうりスムージー」。
桃の甘みとみずみずしい胡瓜との相性バッチリのスムージーレシピ。作り方は簡単です。まず、きゅうりは手で適当な大きさに折り、桃は皮だけ剥いてミキサーへ入れます。あとは、冷水、はちみつ、塩、氷も加えて20秒くらい撹拌すれば完成。甘みはお好みで加減しましょう。もし、熟れすぎた甘い桃が残っている時は、この組み合わせスムージー、絶対おすすめですよ。

☆★胡瓜と完熟桃のスムージー♪★☆ レシピ・作り方

材料
(約2人分)胡瓜大1本 完熟桃1個 冷水200cc 蜂蜜大匙1 塩軽く2つまみ 氷片6個位
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1040013847/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

きゅうり に関連する記事

  • きゅうりのレシピまとめ:きゅうりはサラダだけじゃない!

    サラダや漬物など年間を通して大変身近な野菜のきゅうり。旬は大体6月頃から残暑が残る9月頃の夏野菜です。きゅうりの大半は水分でできており、ミネラルやビタミンも含まれていることから、夏場の水分補給として古くから愛されてきました。きゅうりにあるイボイボや苦みを嫌う人も少なくなかったのですが、最近は品種改良が進み、苦みのないものも多く、イボなしきゅうりなども販売されています。そのまま生で食べるイメージが強いきゅうりですが、炒めたり、煮たりとさまざまな調理法で美味しく食べることができます。今回はそんなきゅうりの定番からちょっと変わったアレンジレシピまで、簡単に作れる数々のレシピを紹介します。

  • 暑い日にピッタリ!きゅうりを使ったダイエットレシピ20選

    ダイエット食材として芸能人も太鼓判を押す実力の持ち主、きゅうり。 スーパーなどで手軽に手に入れられ、含有している酵素などの豊富な栄養素が体を内から綺麗にしてくれるそう。 擦り下ろしたりスライスしたり作り方をちょっと変えるだけでレシピが無限大に増えていくので、主婦の方には特におすすめしたい野菜です。 この記事では、きゅうりのダイエット効果や栄養に加え、サラダ、おかず、麺にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    夏野菜代表のキュウリは、95%水分でできていることから「最も熱量が低い果実」として世界記録に登録されています。「世界で一番栄養素が少ない野菜」と誤解されてしまいがちですが、栄養もしっかりとありますよ。利尿作用のあるカリウムを含み、むくみの解消や高血圧予防に期待できます。水分補給や身体を冷やす効果もあるため、まさに夏にぴったりの野菜ですね。シャキッとした歯応えが特徴でサラダなど、生で食べることの多いキュウリですが、大きく太く育ちすぎてしまったキュウリは加熱することで美味しくいただけますよ。お好みの調理方法で、日々の食卓に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    夏野菜の代表であるきゅうりは、旬が6~8月ですが、年中スーパーに並んでいる身近な野菜です。きゅうりの95%は水分で「世界一栄養がない野菜」などと言われていますが、実はカリウムが豊富に含まれていて、むくみを改善したり、高血圧や動脈硬化を予防するはたらきがあります。体を冷やす作用もあるため、暑い夏には水分補給としても役立ちます。火を通さず、まるごと食べられる手軽さから、サラダや漬物にして食べることが多いですが、「焼く」料理に合わせてソースにしたり付け合わせに添えるなどして生のままアレンジできるレシピがあります。きゅうりを使った料理としてレパートリーに加えてみましょう。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    夏野菜代表の料理の種類は、プランターでも簡単に栽培することができ、たくさんできる上に朝見たきゅうりが夕方にはとても大きく成長している程成長が早いことも特徴的です。きゅうりの主成分は90%以上水分でできているため、汗で体内から水分が出てしまう夏にはぴったりな野菜です。体を冷やしてくれる効果もあることから、体のほてりを解消してくれます。夏バテ気味の時はきゅうりを取り入れて体の中から冷やすと効果的ですよ。生でそのまま食べることの多いきゅうりは、実は揚げても美味しくいただけます。その場合は加熱しすぎに注意して、サッとあげる程度にしてくださいね。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • お腹いっぱい食べられる!おでんのヘルシーレシピ・作り方おすすめ20選

    これからの季節に食べたくなるおでん。たくさんの具材があるので栄養もしっかり摂取できます。作り方も材料が揃えば煮込むだけなので簡単ですよ。ただし好きなものだけを食べると栄養が偏ってしまうので、バランスよく食べるのがおすすめです。ヘルシーレシピでダイエット中の方もぜひ食事にプラスしてみてくださいね。 この記事では、おでんの効果や栄養に加え、ヘルシーなおでんのおすすめレシピを王道・洋風・冷製にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • おうちで本格的なスープを!人気のスープメーカーまとめ

    食材を入れてボタンを押すだけで、美味しいスープができるスープメーカー。 現在は、スープだけでなく、ジュースやスムージーが作れたり、野菜を刻むミキサー機能、自家製豆乳が作れるなど、複数の機能を兼ね備えた便利なスープメーカーが多数販売されています。美味しいスープを味わえて、家事の時短にもなるおすすめアイテムです。 この記事では、ゼンケン・コイズミ・バイタミックス・その他のメーカー別にカテゴリに分けて紹介します。さまざまなスープ メーカーの中でも、特におすすめの商品を厳選しているので、ぜひ参考にしてくださいね。※価格は2018年3月に算出されたものです。

  • 爽やかな香りの春菊を使ったレシピ20選

    冬に旬を迎える春菊は、爽やかな香りとほのかな苦味が人気の葉物野菜。 ビタミン類やカルシウムなど様々な栄養素が含まれ、風邪の予防にも効果があると言われています。 そんな春菊ですが、鍋料理やおひたしにするくらいで、レシピが少ないと思っている方も多いはず。 でも実は、焼く・炒める・揚げる・生など様々な調理法で楽しめるところも魅力の食材なんです。 この記事では、春菊の基礎知識に加え、春菊の炒めものレシピ、春菊の焼きものレシピ、春菊の揚げものレシピ、春菊のサラダレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • たけのこの人気レシピまとめ:たけのこの煮物や炊き込みご飯など

    春の訪れを告げる野菜として、食感と香りが楽しめるたけのこ。あっという間に成長してしまうので、一番おいしい旬を逃さないようにしたいもの。柔らかい穂先やシャキシャキした根元との食感の違いが魅力のたけのこは、煮ても焼いても炊いても、その滋味なうまみが感じられる、大人がじっくり味わえる食材です。今回は、たけのこの栄養素やおいしく食べるための下処理などの調理方法だけでなく、炊き込みご飯や煮物、メインになるおかずなど、カテゴリに分けてレシピを紹介していきます。簡単レシピからボリュームおかずまで、ぜひ試してみてください。

  • 調味料からドリンクまで 美容効果豊富なレモンのレシピ20選

    酸味のある味とさわやかな香りが印象的なレモンは、私たち日本人にとっても親しみ深い果物ですよね。その原産地はヒマラヤ山麓で、寒さに弱いため冬に暖かく夏に乾燥する地域でよく栽培されています。1700年代にレモンを含めた柑橘類が壊血病に効果的だとわかってからは、健康食品としても人気を集めています。 この記事では、レモンの基礎知識に加え、調味料、肉料理、野菜料理、スイーツ、ドリンクにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

    どの家庭にもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、卵ですよね。スーパーでよく特売商品として並ぶほど、安くて家計にも優しい栄養価の高い食材です。メイン料理にもサブ料理にもなれる卵は和食や洋食、スイーツなどにも利用され、バリエーション豊かな万能食材として人気があります。献立にうまく取り入れられれば料理のレパートリーはいくらでも増えていくと言っても過言ではありません。 今回は卵の栄養素や調理法、簡単にできるおすすめレシピをいくつか紹介します。いつも同じような卵料理ばかり作ってしまう方は、ぜひレシピを参考にしてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社