キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

トップクラスの栄養価が健活をサポート!ブロッコリースムージーの人気レシピ20選

広告

トップクラスの栄養価が健活をサポート!ブロッコリースムージーの人気レシピ20選

緑黄色野菜の中でも栄養価が高いと人気の「ブロッコリー」。サラダやメイン料理の彩りでもよく使われ、レシピも多数あります。そんなブロッコリーですが、ミキサーで手軽に作れる「スムージー」なら、ブロッコリーを生で使うこともでき、加熱すると失われやすいビタミンも効率よく摂り入れられるんです。

この記事では、ブロッコリースムージーの栄養に加え、果物・野菜、牛乳・豆乳、ヨーグルト、その他にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

ブロッコリースムージーの基礎知識や効果について

ブロッコリースムージーは、普段は捨ててしまいがちな葉の部分も全て使うことができ、他の果物や野菜と一緒にミキサーにかけて摂り入れることができます。
元々ブロッコリーには、水溶性のビタミンが多く含まれていて、免疫力向上や貧血予防など幅広い健康効果が期待できます。でも、茹でてしまうとその栄養素がお湯に溶けだしてしまい、ビタミンCや葉酸も半減してしまいます。よって、生のブロッコリーを使ってスムージーに摂り入れるのが好ましいのです。しかも、新鮮な生のブロッコリーは甘いのです。
また、ブロッコリーには、「スルフォラファン」という成分も豊富に含まれていて、解毒酵素の働きを活性化する作用があるので、がん予防やアンチエイジング効果も期待できますよ。

ブロッコリースムージーの栄養について

ブロッコリースムージーには、注目すべき栄養がまだまだあります。
その一つは、ブロッコリーに含まれている不溶性食物繊維で、腸内での運動を活発にして、便秘の予防や改善に効果を発揮してくれます。ただ、不溶性食物繊維には、腸内の水分を吸収する作用もあるため、単独での摂取はかえって便秘を引き起こしてしまう場合があります。でも、スムージーで他の食材や水分と一緒に摂り入れれば、その心配もなく、むしろ、相乗効果が期待できます。
そのほか、βーカロテンも多く含まれているので、体内に吸収されると、必要に応じてビタミンAに変換され、免疫力アップ効果も期待できますよ。
このように、ブロッコリースムージーには、健活に役立つ栄養素がたくさん含まれているので、次にご紹介する様々なレシピで、ぜひ摂り入れてみてくださいね。

果物・野菜を使ったブロッコリースムージー

■ほうれん草入りブロッコリースムージー

楽天レシピ

最初におすすめするブロッコリースムージーのレシピ・作り方は「ほうれん草入りブロッコリースムージー」。
クセがなくスムージー初心者でも飲みやすいと人気のレシピです。手順も簡単。まず、ほうれん草の根元を切り落とし、4等分に準備し、ブロッコリーは軽く塩茹でします。バナナも適当な大きさにカットして、水と一緒に材料をミキサーへ入れて攪拌すれば完成。もし、ほうれん草のアクが気になる方は、軽く茹でてから使うかサラダほうれん草を使うとよいですよ。

ほうれん草とブロッコリーのスムージー レシピ・作り方

材料
(1人分)ほうれん草1株ブロッコリー2房バナナ1本水300ml
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1500011198/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■リンゴ入りブロッコリースムージー

楽天レシピ

続いておすすめのブロッコリースムージーのレシピ・作り方は「リンゴ入りブロッコリースムージー」。
生のブロッコリーとリンゴの甘さが楽しめるスムージーの作り方。食欲のない時でも味わいやすく、必要な栄養も摂れるのでおすすめですよ。まず、りんごは4分の1かけ、ブロッコリーは子房1つ分準備します。りんごは小さくスライスし、ブロッコリーは茎が細くなるようにカットして、ミキサーの中へ入れ、お水も加えて攪拌すれば完成。とろみが強いので、スプーンですくって食べるのが◎

ブロッコリーで グリーンスムージー♪ レシピ・作り方

材料
(1人分)リンゴ1/4個 ブロッコリーの房小1個 良いお水大さじ1.5
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1760003980/

広告

■アボカド入りブロッコリースムージー

楽天レシピ

3番目におすすめするブロッコリースムージーのレシピ・作り方は「アボカド入りブロッコリースムージー」。
ビタミンがたっぷり摂れるスムージーレシピ。ブロッコリーとアボカド、いよかんやバナナのフルーツとを組み合わせたスムージーなので、飲みやすいですよ。作り方は簡単。まず、ブロッコリーは軽く塩茹でし、アボカドは皮と種を取り除いて、いよかんは外皮を剥がします。あとは、ミキサーの中へ水と材料を入れて攪拌すれば出来上がり。できれば、完熟バナナを使うと甘みが増して美味しいですよ。

ブロッコリーとアボカドのグリーンスムージー レシピ・作り方

材料
(1人分)ブロッコリー2房アボカド1/2個いよかん1/2個バナナ1本水300ml
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1500011187/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

ブロッコリー に関連する記事

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 話題のスーパーフード♪ブロッコリーのダイエットレシピ20選

    毎日の料理に、欠かせない緑の野菜、ブロッコリー。彩をよくするためにお弁当に入れたり、サラダに入れたり、炒めたり、色々な使い方ができる万能の野菜です。緑黄色野菜なので栄養豊富、免疫力アップや肌の調子を整える効果があります。冷凍食品としても販売しており、生でもほぼ1年中スーパーで買えるので、いつでも食べられます。 この記事では、ブロッコリーの基礎知識に加え、ブロッコリーのサラダレシピ、ブロッコリーのスープレシピ、ブロッコリーのおかずレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ブロッコリーには、美肌効果、体の抵抗力を高める「ビタミンC」、糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」、皮膚や粘膜を健康維持する「ビタミンB2」、DNAの合成や赤血球の細胞の形成を助けるため妊娠初期には必須の「葉酸」の含有量は野菜の中でもトップクラスです。抗酸化作用と解毒効果のある「スルフォラファン」も含まれ、ガン予防に期待できるとの研究も進められています。ブロッコリーは花蕾(からい)と茎の部分に分かれ、柔らかい部分の花蕾は食べやすいですが、茎にも同様の栄養+食物繊維が含まれるため、捨てずに上手に取り入れたいですね。茎の中側は柔らかいので固い部分を剥いてから加熱してください。ビタミンの流出を防ぐために蒸し調理かレンジ加熱がおすすめですよ。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    1年を通して、いつでも手に入りやすいブロッコリーですが、12〜3月に旬を迎え、冬の健康維持に適した食材なんです。何と言ってもビタミンCはレモンよりも多く、体内でビタミンAとなるβ-カロテン、ビタミンEも豊富で、全て抗酸化作用を持ち、体の免疫力を高める働きがあります。ビタミンA・C・Eは3つ同時に摂取する事で効果が高まるため、ブロッコリーはかぜ予防に効果的なんです。また、ビタミンCは、タンパク質と合わせて摂取すると、体に吸収されやすくなるので、煮る調理法で効率よく栄養が摂取できます。水溶性のビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいため、短時間でさっと茹でましょう。電子レンジで加熱するのもオススメです。ブロッコリーは、茎にも栄養が豊富。煮込むとほくほくの食感が楽しめますよ。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    子どもの嫌いな野菜に挙げられることが多いブロッコリー。ユニークな形が印象的ですが、独特の味わいがあるため好き嫌いが分かれる野菜です。生食はできず、蒸したり茹でたりして火を通して食べる必要があります。ブロッコリーは緑黄色野菜の中でも、トップクラスの栄養素が含まれています。ビタミンC、抵抗力をアップさせるビタミンA、鉄分・カルシウム・亜鉛・カリウムなどのミネラル類、葉酸、ポリフェノール、食物繊維など、体に必要な栄養素がとても豊富です。好き嫌いが分かれるブロッコリーですが、ぜひ料理に積極的に取り入れたい食材です。ブロッコリーは長時間茹でると栄養素が流失しやすいため、さっと茹でるようにしましょう。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • お腹いっぱい食べられる!おでんのヘルシーレシピ・作り方おすすめ20選

    これからの季節に食べたくなるおでん。たくさんの具材があるので栄養もしっかり摂取できます。作り方も材料が揃えば煮込むだけなので簡単ですよ。ただし好きなものだけを食べると栄養が偏ってしまうので、バランスよく食べるのがおすすめです。ヘルシーレシピでダイエット中の方もぜひ食事にプラスしてみてくださいね。 この記事では、おでんの効果や栄養に加え、ヘルシーなおでんのおすすめレシピを王道・洋風・冷製にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • おうちで本格的なスープを!人気のスープメーカーまとめ

    食材を入れてボタンを押すだけで、美味しいスープができるスープメーカー。 現在は、スープだけでなく、ジュースやスムージーが作れたり、野菜を刻むミキサー機能、自家製豆乳が作れるなど、複数の機能を兼ね備えた便利なスープメーカーが多数販売されています。美味しいスープを味わえて、家事の時短にもなるおすすめアイテムです。 この記事では、ゼンケン・コイズミ・バイタミックス・その他のメーカー別にカテゴリに分けて紹介します。さまざまなスープ メーカーの中でも、特におすすめの商品を厳選しているので、ぜひ参考にしてくださいね。※価格は2018年3月に算出されたものです。

  • 爽やかな香りの春菊を使ったレシピ20選

    冬に旬を迎える春菊は、爽やかな香りとほのかな苦味が人気の葉物野菜。 ビタミン類やカルシウムなど様々な栄養素が含まれ、風邪の予防にも効果があると言われています。 そんな春菊ですが、鍋料理やおひたしにするくらいで、レシピが少ないと思っている方も多いはず。 でも実は、焼く・炒める・揚げる・生など様々な調理法で楽しめるところも魅力の食材なんです。 この記事では、春菊の基礎知識に加え、春菊の炒めものレシピ、春菊の焼きものレシピ、春菊の揚げものレシピ、春菊のサラダレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • たけのこの人気レシピまとめ:たけのこの煮物や炊き込みご飯など

    春の訪れを告げる野菜として、食感と香りが楽しめるたけのこ。あっという間に成長してしまうので、一番おいしい旬を逃さないようにしたいもの。柔らかい穂先やシャキシャキした根元との食感の違いが魅力のたけのこは、煮ても焼いても炊いても、その滋味なうまみが感じられる、大人がじっくり味わえる食材です。今回は、たけのこの栄養素やおいしく食べるための下処理などの調理方法だけでなく、炊き込みご飯や煮物、メインになるおかずなど、カテゴリに分けてレシピを紹介していきます。簡単レシピからボリュームおかずまで、ぜひ試してみてください。

  • 調味料からドリンクまで 美容効果豊富なレモンのレシピ20選

    酸味のある味とさわやかな香りが印象的なレモンは、私たち日本人にとっても親しみ深い果物ですよね。その原産地はヒマラヤ山麓で、寒さに弱いため冬に暖かく夏に乾燥する地域でよく栽培されています。1700年代にレモンを含めた柑橘類が壊血病に効果的だとわかってからは、健康食品としても人気を集めています。 この記事では、レモンの基礎知識に加え、調味料、肉料理、野菜料理、スイーツ、ドリンクにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

    どの家庭にもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、卵ですよね。スーパーでよく特売商品として並ぶほど、安くて家計にも優しい栄養価の高い食材です。メイン料理にもサブ料理にもなれる卵は和食や洋食、スイーツなどにも利用され、バリエーション豊かな万能食材として人気があります。献立にうまく取り入れられれば料理のレパートリーはいくらでも増えていくと言っても過言ではありません。 今回は卵の栄養素や調理法、簡単にできるおすすめレシピをいくつか紹介します。いつも同じような卵料理ばかり作ってしまう方は、ぜひレシピを参考にしてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社