キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

栄養ぎっしりの国民食☆ダイエットにおすすめの餃子レシピ20選

広告

栄養ぎっしりの国民食☆ダイエットにおすすめの餃子レシピ20選

餃子とは、小麦粉が原料の皮で肉や野菜などのタネを包んだもので、水餃子・焼き餃子・揚げ餃子などさまざまな加熱方法で食卓に上ります。中国では水餃子が主流ですが、日本でもっとも一般的なのは焼き餃子ですね。家庭で作る場合は、市販の皮で自家製のタネを包む方法が多いようです。焼くだけの状態の冷凍食品も人気。

この記事では、餃子の基礎知識に加え、焼き餃子のレシピ、水餃子のレシピ、スープ餃子のレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

餃子の栄養・ダイエット効果について

ラーメンなどの脂っこい中華料理と一緒に食べることが多いため、ダイエット中は敬遠されがちな餃子ですが、実は餃子だけ食べればダイエットに適したメニューだって知ってますか?餃子1個のカロリーは50kcalほどですが、油を使用しなければ25kcal程度に抑えることが可能です。油を使わずクッキングシートなどを敷いて焼いたり、蒸すことでカロリーの低い餃子を作ることができます。中につめるタネもできるだけ肉を使わず、エビやおからにするとさらにカロリーダウン。たくさんの食材を使って作る餃子は、栄養も豊富なためダイエットに最適です。餃子の皮にはたんぱく質や炭水化物、ニラにはカルシウムやビタミンC、豚挽き肉にはビタミンBや亜鉛、キャベツにはミネラルやビタミンKと多種多様な栄養をバランスよく摂取できます。

餃子の作り置きについて

餃子を保存する際は、焼いた後ではなく生の状態で冷凍すると焼いた後のパリパリした食感が楽しめます。また、冷凍するときにはできるだけバラバラの状態で1個ずつ冷凍すると、食べたいときに食べたい量だけ使えて便利。生の餃子をバラバラの状態で冷凍するのにおすすめの方法は、バットに隙間を空けて餃子を並べるというやり方。アルミ製のバットは熱伝導に優れているので、すばやく冷凍され風味が落ちません。餃子が完全に凍ったのを確認できたら密封袋などに入れ替えて保存しましょう。バットに並べる際、かたくり粉をまぶすとバットに張り付かず取り出しやすくなります。冷凍保存した餃子は食べるときは、自然解凍せず、凍ったまま焼いてください。自然解凍すると水っぽくなってしまいます。冷凍のままスープに入れて水餃子としても楽しめます。

焼き餃子のレシピ

■大根餃子

楽天レシピ

餃子のダイエットレシピ・作り方の最初におすすめしたいのは「大根餃子」。ダイエット中でも安心!おからを使った大根餃子のレシピ。おからと調味料、干ししいたけ、キャベツ、ねぎを混ぜ合わせ、ごま油とあえておきます。輪切りの大根の水気をふき取り、かたくり粉をまぶします。大根でタネをはさみ、ラップで包んで成型。サラダ油で両面こんがり焼いたらできあがり。カロリーの高い餃子の皮のかわりに大根を使いました。

おからde更にヘルシーな大根餃子

材料
(4人前):大根5センチ幅くらい 干し椎茸1枚 おから100g 葉葱3本くらい キャベツ80g (A)おろし生姜小さじ1 (A)にんにくみじん切り小さじ1/3 (A)鶏がらスープの素小さじ1/2 (A)干し椎茸の戻し汁大さじ1 (A)塩麹小さじ1 (A)片栗粉小さじ2 (A)白胡椒少々 (A)醤油小さじ1 (A)オイスターソース小さじ1 岩塩適量 ごま油小さじ1 片栗粉※打ち粉適量 サラダ油小さじ2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1880011699/

■とり挽き肉の焼き餃子

楽天レシピ

次に紹介する餃子のダイエットレシピ・作り方は「とり挽き肉の焼き餃子」。鶏ひき肉でヘルシーな焼き餃子の作り方。みじん切りにして塩もみし、水気を絞った白菜と鶏ひき肉、ネギ、にら、おろししょうが、おろしにんにく、塩コショウ、しょう油、ごま油、酒、オイスターソースを混ぜ合わせます。皮に包んでこんがりと焼いたら完成。タネにねばりが出にくい場合は、かたくり粉を加えてみてください。鶏ひき肉で餃子のカロリーをダウンしました。

とり挽き肉の焼き餃子【ヘルシーレシピ】

材料
(3人前):餃子の皮25枚程度 鶏挽き肉200グラム ニラ1束 白菜、ネギひとかけ おろし生姜、おろしにんにくひとつまみ 塩コショウひとつまみ 醤油、ごま油、酒、オイスターソース大さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1240027430/

広告

■海老ぎょうざ

楽天レシピ

3番目におすすめする餃子のダイエットレシピ・作り方は「海老ぎょうざ」。ダイエットにぴったり!エビ餃子のレシピです。キャベツ・エビ・ニラ・しそをみじん切りにして調味料と混ぜ合わせます。大判の餃子の皮に包み、油を敷いたフライパンに並べましょう。焼き目がついたら水を入れてふたをして蒸し焼きに。皮が透明になったらふたを取って焼き、器に盛り付けて完成。野菜の水気はしっかり絞るのがポイントです。ポン酢や酢をつけてどうぞ。

こりゃうまい!翡翠色のヘルシー海老ぎょうざ

材料
(2人前):ぎょうざの皮20枚 ニラ1/2束 キャベツ1/8個 小エビ200g 塩胡椒少々 にんにく醤油小さじ1 油小さじ1 片栗粉大さじ1 紫蘇3枚
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1690005259/

広告

シチュー・スープ・汁物 に関連する記事

  • 【豚汁】人気レシピ&作り方のみ20厳選まとめ:アレンジレシピも!

    子どもから大人まで日本人に大変親しまれている定番料理「豚汁」。けんちん汁に肉を入れたことから始まったという説や北海道の開拓を行った屯田兵が食べた「屯田兵の汁」から名づけられたという説など諸説あり、名前の由来などは、定かではありません。「とんじる」と呼ぶ地域と「ぶたじる」と呼ぶ地域があり、具も地方色が強いのが特徴です。最近では家庭料理や飲食店以外にも、フリーズドライやレトルト食品などで手軽に食べることができます。今回はそんな豚汁についてと調理法、人気基本レシピ、うどん・ほうとうのレシピ、リメイクレシピ、変わり種レシピとカテゴリーごとに紹介していきます。

  • ポトフのレシピ・作り方20選:基本からアレンジまで紹介

    寒い季節になると、体がホカホカするような温かい料理が恋しくなりますよね。 和のおでんや鍋もよいですが、たまには洋風にポトフはいかがでしょう。ポトフはフランスを代表する家庭料理。肉や野菜を切って煮込むだけと、作り方がシンプルで簡単。 具沢山で見た目が華やかなので、ちょっとしたおもてなし料理にもぴったりですよ。 この記事では、ポトフの基礎知識に加え、基本的なポトフ、ポトフのご飯ものアレンジ、ポトフの麺類アレンジ、その他のポトフアレンジのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スープのレシピ・作り方20選:手軽に栄養がたっぷり摂れちゃう!

    スープは、食卓に欠かせない料理の一つ。 煮込むことで、肉や魚、野菜などの具材が柔らかくなり、スープに旨味が溶けだします。具材が溶けるくらいに煮込んだり、具だくさんでをボリューミーなスープもたまりませんよね。 旬の素材を入れて作れば、栄養も満点、季節を楽しめる一皿になりますよ。スープに溶けだした栄養分を逃すことなく、効率よく摂取できるのもスープの嬉しいところ。 この記事では、スープの基礎知識に加え、卵スープ、トマトスープ、オニオンスープ、かぼちゃスープ、クリームスープ、冷製スープにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 地域別お雑煮レシピ・作り方20選!お正月が楽しみになるレシピ

    お正月の定番、おせち料理と並んで欠かせないのがお雑煮ですよね。 地域によって、お餅の形や作り方、具材や汁の味付けに特色がありますが、餅は、お祝い事や特別な晴れの日の食べ物とされ、どの地域のお雑煮にも必ず入っています。お雑煮の歴史は古く、始まりは室町時代。そんな歴史と願いのこもったお雑煮、おうちでも作ってみませんか? この記事では、お雑煮の基礎知識に加え、北海道・東北エリア、関東・北陸エリア、近畿・中国エリア、九州エリアのお雑煮にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シチューのレシピ・作り方20選:本格派から簡単アレンジまで!

    寒い季節。体も心もホッと温まる熱々のシチューが恋しくなりますよね。 日本発祥で優しい味わいが魅力のクリームシチューと、ちょっぴり贅沢な気分になれる洋食代表のビーフシチュー。実はどちらも、ちょっとした工夫で簡単にプロの味に近付きます。 さらに、手軽で豪華に見えるリメイクメニューが豊富なところも手作りシチューの嬉しいところ。 この記事では、シチューの基礎知識に加え、クリームシチューのレシピ、ビーフシチューのレシピ、クリームシチューのアレンジ、ビーフシチューのアレンジにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • お腹いっぱい食べられる!おでんのヘルシーレシピ・作り方おすすめ20選

    これからの季節に食べたくなるおでん。たくさんの具材があるので栄養もしっかり摂取できます。作り方も材料が揃えば煮込むだけなので簡単ですよ。ただし好きなものだけを食べると栄養が偏ってしまうので、バランスよく食べるのがおすすめです。ヘルシーレシピでダイエット中の方もぜひ食事にプラスしてみてくださいね。 この記事では、おでんの効果や栄養に加え、ヘルシーなおでんのおすすめレシピを王道・洋風・冷製にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • おうちで本格的なスープを!人気のスープメーカーまとめ

    食材を入れてボタンを押すだけで、美味しいスープができるスープメーカー。 現在は、スープだけでなく、ジュースやスムージーが作れたり、野菜を刻むミキサー機能、自家製豆乳が作れるなど、複数の機能を兼ね備えた便利なスープメーカーが多数販売されています。美味しいスープを味わえて、家事の時短にもなるおすすめアイテムです。 この記事では、ゼンケン・コイズミ・バイタミックス・その他のメーカー別にカテゴリに分けて紹介します。さまざまなスープ メーカーの中でも、特におすすめの商品を厳選しているので、ぜひ参考にしてくださいね。※価格は2018年3月に算出されたものです。

  • 爽やかな香りの春菊を使ったレシピ20選

    冬に旬を迎える春菊は、爽やかな香りとほのかな苦味が人気の葉物野菜。 ビタミン類やカルシウムなど様々な栄養素が含まれ、風邪の予防にも効果があると言われています。 そんな春菊ですが、鍋料理やおひたしにするくらいで、レシピが少ないと思っている方も多いはず。 でも実は、焼く・炒める・揚げる・生など様々な調理法で楽しめるところも魅力の食材なんです。 この記事では、春菊の基礎知識に加え、春菊の炒めものレシピ、春菊の焼きものレシピ、春菊の揚げものレシピ、春菊のサラダレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • たけのこの人気レシピまとめ:たけのこの煮物や炊き込みご飯など

    春の訪れを告げる野菜として、食感と香りが楽しめるたけのこ。あっという間に成長してしまうので、一番おいしい旬を逃さないようにしたいもの。柔らかい穂先やシャキシャキした根元との食感の違いが魅力のたけのこは、煮ても焼いても炊いても、その滋味なうまみが感じられる、大人がじっくり味わえる食材です。今回は、たけのこの栄養素やおいしく食べるための下処理などの調理方法だけでなく、炊き込みご飯や煮物、メインになるおかずなど、カテゴリに分けてレシピを紹介していきます。簡単レシピからボリュームおかずまで、ぜひ試してみてください。

  • 調味料からドリンクまで 美容効果豊富なレモンのレシピ20選

    酸味のある味とさわやかな香りが印象的なレモンは、私たち日本人にとっても親しみ深い果物ですよね。その原産地はヒマラヤ山麓で、寒さに弱いため冬に暖かく夏に乾燥する地域でよく栽培されています。1700年代にレモンを含めた柑橘類が壊血病に効果的だとわかってからは、健康食品としても人気を集めています。 この記事では、レモンの基礎知識に加え、調味料、肉料理、野菜料理、スイーツ、ドリンクにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

    どの家庭にもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、卵ですよね。スーパーでよく特売商品として並ぶほど、安くて家計にも優しい栄養価の高い食材です。メイン料理にもサブ料理にもなれる卵は和食や洋食、スイーツなどにも利用され、バリエーション豊かな万能食材として人気があります。献立にうまく取り入れられれば料理のレパートリーはいくらでも増えていくと言っても過言ではありません。 今回は卵の栄養素や調理法、簡単にできるおすすめレシピをいくつか紹介します。いつも同じような卵料理ばかり作ってしまう方は、ぜひレシピを参考にしてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社