キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

新玉ねぎレシピまとめ!旬の春に食べたいレシピ20選

16,212 views

広告

新玉ねぎレシピまとめ!旬の春に食べたいレシピ20選

新玉ねぎとは、白玉ねぎや黄玉ねぎを早採りして、収穫後にすぐ出荷されたもので、旬は主に3〜5月頃。

春が旬の新玉ねぎは、水分が多くて柔らかいので、生のままでも美味しく食べられるのが特徴。みずみずしく、辛味が少ないので、スライスして生のままサラダなどに入れたり、加熱すると更に甘みが増して美味しい野菜です。

この記事では、新玉ねぎの基礎知識に加え、焼いて食べるレシピ、炒めて食べるレシピ、煮て食べるレシピ、生で食べるレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

新玉ねぎの栄養素について

新玉ねぎと通年食べられる玉ねぎは、実は栄養素は同じ。
ですが、新玉ねぎの方が栄養をきちんと摂取しやすいのです。新玉ねぎは、みずみずしくて柔らかく、辛みが少ないので生で食べることに向いているのが大きな特徴。生で食べることで、栄養素を壊すことなく、効率よくとれるんですよ。

玉ねぎに含まれる栄養素の「硫化アリル」は、玉ねぎ特有の臭いや辛みの原因となる成分ですが、血液をサラサラにしたり、動脈硬化予防、抗酸化作用、疲労回復などにも効果アリ。他にも、「ケルセチン」というポリフェノールが多く含まれていたり、腸からの糖質の吸収を妨ぎ、血糖値を下げる働きがある「グルコキニン」余分なナトリウムを排出する作用がある「カリウム」も含まれています。

新玉ねぎは加熱すると甘みが増しますが、この甘み成分の元は「オリゴ糖」で、善玉菌を増やしてくれ、大腸がんの予防にもなりますよ。

新玉ねぎの保存法について

新玉ねぎは、皮が薄く、水分を多く含んでいるので、通常の玉ねぎよりも日持ちがしません。気が付いたら、腐っていたということもあるのではないでしょうか。

新玉ねぎは、密封された場所と水分に弱い野菜なので、湿気があり空気の逃げ場がないところはNG。一番は、直射日光が当たらない風通しの良い野外で吊るすことです。吊るすことで、新玉ねぎを傷つけずに保存ができますよ。方法としては、新玉ねぎの頭を紐で縛ったり、ストッキングを使って吊るすと簡単。

冷蔵庫で保存する場合は、新聞紙で柔らかく包んでおくのがおすすめです。日持ちは、風通しの良いところでは、1週間前後。冷蔵庫では、3~4日程となっています。それでも使いきれない場合は、冷凍保存もおすすめ。スライスして冷凍したり、炒めてから冷凍しておくと、料理にも利用しやすくGOOD。

焼いて食べる新玉ねぎレシピ

■新玉ねぎのチーズ焼き

Kurashiru

新玉ねぎレシピの最初におすすめしたいのは「新玉ねぎのチーズ焼き」。
新玉ねぎをシンプルに美味しく味わえるチーズ焼きのレシピです。

くし切りにした新玉ねぎに塩コショウ、オリーブオイル、チーズを乗せて、トースターで加熱します。新玉ねぎが柔らかくなり、チーズに焦げ目がついたら出来上がりです。新玉ねぎは加熱すると、甘みが増して美味しいですよ。粗挽き黒こしょうを使うと、香りが良く、ピリッとアクセントが加わりおすすめ。

シンプルに美味しい!新玉ねぎのチーズ焼き

材料
(2人前):新玉ねぎ 1個 ピザ用チーズ 40g オリーブオイル 大さじ1 塩 少々 黒こしょう 少々
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/02bd2ca6-c97b-41b8-b0d8-ce41254e93ee

■新玉ねぎでクリームドリア

Kurashiru

2番目におすすめする新玉ねぎレシピは「新玉ねぎでクリームドリア」。
炒めた新玉ねぎがとろとろで美味しいクリームドリアを紹介。

フライパンで牛ひき肉を炒め、ご飯を加えて更に炒め、カレー粉などで味つけし、一旦取り出します。その後、新玉ねぎをバターで炒め、薄力粉、牛乳を加えてクリームソースを作ります。耐熱皿に炒めたライスを盛り、中央にクリームソースを乗せましょう。チーズを乗せてトースターで加熱したら出来上がり。加熱して甘みが増した新玉ねぎがこのレシピのポイントです。

とろとろ新玉ねぎが美味しい!クリームドリア

材料
(2人前):新玉ねぎ 1個 ニンニク 1片 バター 10g 牛ひき肉 100g 塩こしょう 適量 ごはん 300g ①カレー粉 大さじ1 ①塩 小さじ1/2 ①黒こしょう 適量 ----- クリームソース ----- バター 30g 薄力粉 20g 牛乳 200ml 塩こしょう 適量 ピザ用チーズ 適量 パセリ 適量
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/86f8551b-f301-402d-9016-3b16e27feaa0

広告

■新玉ねぎでチーズベーコンボール

Kurashiru

3番目におすすめする新玉ねぎレシピは「新玉ねぎでチーズベーコンボール」。
新玉ねぎを丸ごと使った、チーズベーコンボールのレシピです。

まず、新玉ねぎを半分にカットし、外側2枚は外します。中身はみじん切りにして、合挽き肉・調味料と合わせて肉だねを作り、外側の新玉ねぎで包みましょう。中央にはモッツァレラチーズを入れておきます。ベーコンを巻き付けてからオーブンで加熱し、焼き肉のタレをかけたら出来上がりです。見た目のインパクトもあるのでパーティやおもてなしにもおすすめ。

新玉ねぎ丸ごと!ボリューム満点チーズベーコンボール

材料
(2人前):新玉ねぎ 1個 合挽き肉 150g チリパウダー 大さじ1/2 ガーリックパウダー 大さじ1/2 モッツァレラチーズ 20g ベーコン 200g 塩こしょう 適量 焼肉のタレ 適量
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/94b197c5-57e2-4049-bb51-9439abeb2d9d

広告

玉ねぎ に関連する記事

  • 【玉ねぎを使った料理】人気で美味しいレシピのみ20選まとめ:いろんな料理が楽しめる!

    玉ねぎは常温で2か月以上も保存できる便利な野菜です。常備野菜としてどの家庭でも欠かさず買われている野菜のひとつではないでしょうか。北海道で日本の生産量の約半分が作られており一年を通して手に入りますが、春には採れたてで柔らかく甘い「新玉ねぎ」が店頭に並びます。 定番野菜の玉ねぎですが、味噌汁やカレー、肉じゃがなどの定番料理に使うだけになりがちです。そこで今回は玉ねぎを使ったレシピを、おかず、煮物・煮込み、ごはん・パスタ、スープ・味噌汁のカテゴリーに分けて紹介します。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • デトックス効果でスッキリ!玉ねぎダイエットのおすすめレシピ20選

    健康面やダイエット効果の高い玉ねぎを毎日食べるだけのダイエット法に玉ねぎダイエットがあげられます。カロリーも低く、いろんな調理法を楽しめるので飽きずに続けられると人気でしょう。玉ねぎダイエットは食事制限や置き換え法と違い、毎日の食事に玉ねぎを使うだけでデトックスやむくみの解消などの効果が得られます。 この記事では、<玉ねぎ ダイエット>の基礎知識に加え、サラダ、スープ、おかずにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    生活習慣病や血液をサラサラにする効果がある「アリシン」を豊富に含む玉ねぎは、一年を通してスーパーで見かけ、比較的安定した価格で購入でき、長期保存にも適しているため日常に身近な食材です。玉ねぎ独特の辛みの元である「硫化アリル」は、空気に触れることで「アリシン」に変化します。水にさらしてしまうと栄養が流出してしまうので注意しましょう。煮込むときも油で少し炒めてから煮込むことでアリシンの流出を防ぎ、無駄なく栄養が取り入れられますよ。辛みが気になる方は「新玉ねぎ」がおすすめです。通常の玉ねぎより水分が多く辛みが抑えられ、甘みを感じられます。新玉ねぎは日持ちがしませんので新鮮なうちに調理してください。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    玉ねぎは色々な料理に使われる人気の野菜です。生で食べると独特の辛みがありますが、炒めると甘みが出て食べやすく他の食材を引き立ててくれます。和食・洋食・中華などどんな料理にも合わせやすく、低価格で1年を通して食べられる便利な野菜です。玉ねぎには色々な種類があり、黄色種の辛たまねぎ・辛みが少ないサラダタマネギ・赤紫色をした赤玉ねぎなどがあり、料理に合わせて選んで使うことができます。玉ねぎに含まれるケルセチンは強い抗酸化作用があり、血液をさらさらにする効果があります。アレンジが効きやすい玉ねぎはたくさんのレシピや調理法がありますが、その中でも今回は玉ねぎを使った煮るレシピをご紹介します。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【手羽元で今人気のレシピとは】美味しいレシピだけ20選まとめ:煮物に唐揚げに大活躍の手羽元レシピ

    スーパの鶏肉コーナーでもよく見かける手羽元、大根の煮物やからあげ、スープなど日本でもなじみの料理がたくさんありますよね。手羽元は安くて手軽な食材で、美容や健康にとっても良い栄養素がたっぷり含まれています。肌がプルプルになる美肌効果も期待できる食材として女性にも注目されています。ですが、定番の料理以外ではどのように使っていいかよくわからないといくこともありますよね。今回はそんな手羽元を使ったおすすめレシピをいくつか紹介していきたいと思います。手羽元レシピがマンネリしている方や買ってみたけど調理の仕方がわからない方など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社