キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

色どりがよくお弁当におすすめいんげん料理のレシピまとめ

10,788 views

広告

色どりがよくお弁当におすすめいんげん料理のレシピまとめ

夏に白やピンク色の可愛らしい花を付けるいんげんは、若いさやごと食べるさやいんげんと熟した豆を食べるいんげん豆の大きく2つの食べ方があります。
旬の塩ゆでしたアツアツのさやいんげんは、ついつい手が伸びてしまうおいしさですね。
いんげん豆は、煮豆でたべるだけでなく、和菓子の餡にも使われ、昔から私たちの身近な食材です。

この記事では、いんげんの基礎知識に加え、いんげんの焼き物・炒め物レシピ、煮物レシピ、和え物レシ、ご飯レシピにカテゴリを分けて紹介しています。
たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

いんげんの栄養素について

いんげんには、ミネラルが多く含まれています。カルシウム、鉄、亜鉛など種類も豊富です。
特にカリウムをたくさん含んでいます。カリウムにはナトリウム(塩分)排出の役割があり、高血圧に効果があります。
さらに利尿作用もあるため、むくみの解消にも効果的です。
緑黄色野菜に含まれるβカロテンも豊富で抗酸化作用も期待できます。つまり活性酸素を抑えて動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防する働きがあるということです!
食物繊維も豊富なので、便秘解消にも役立ちます。
加熱によるビタミンの損失を防ぐためには、短時間での加熱を心がけると良いでしょう。
しかし、いんげんは生では食べることができない野菜なので、サラダに使う場合でも下ゆでするなどの調理が必要です。

いんげんの調理法について

夏が旬のいんげん豆は、緑色が鮮やかでピンと張っているものが新鮮です。
細めのほうが柔らかいことが多いのですが、品種によりいろいろな太さがあります。

保存時は、乾燥を防ぐため保存袋やラップを用いて冷蔵庫に入れるか、長期保存時は下茹でして冷凍保存します。
一昔前は、いんげんには硬い筋があったので、両脇を折り筋を取ってから料理に使っていましたが、
現在のいんげんは品種改良が進んでいるため、硬い筋がないものが多く、そのまま調理できます。
1,2本端を折って筋がないかどうか確認しましょう。筋があった場合は引っ張って取り除いてから調理に使います。
しっかりとした緑色なので、洋食の付け合わせに使われていることも多いですが、胡麻和え、炒め物、煮物など、和風の料理にもよく使われます。

いんげんの焼き物・炒め物レシピ

いんげん辛味噌炒め

楽天レシピ

はじめに紹介するいんげん料理は「食べだすと止まらない!いんげん辛味噌炒め」。
いんげん辛味噌炒めの作り方。ご飯にもビールにも合って食べだすと止まりません!
いんげんは一口大に切って、ごま油で炒めます。
少ししんなりしてきたら、味噌、かつおだし、豆板醤、砂糖、ゴマを入れて味付けをします。
調味料がいんげんによくなじんだら完成。
調味料が混ざりにくい場合は、少し水を加えて炒めるとうまく行きます。

食べだすと止まらない!いんげん辛味噌炒め

材料
(2人分):いんげん20本程 ゴマ油大さじ2 味噌大さじ1 砂糖大さじ1 豆板醤小さじ1 かつおだし小さじ1 ごま大さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1140002687/

鶏肉のいんげん巻き

楽天レシピ

2番目におすすめするいんげん料理は「仕込み前日!彩りキレイ☆鶏肉のいんげん巻き」。彩りがきれいな鶏肉のいんげん巻きの作り方です。
いんげんと拍子木切りにしたにんじんは、ゆでておきます。長さは、鶏ささみの幅に合わせて。
ささみは、筋を取ったら、ニンジンといんげんをのせて巻いていき、楊枝で止めます。
鍋に巻き終わりを下にしてならべ、めんつゆと水を入れて、煮ていきます。
煮汁が1/3になったら冷まして完成です。

仕込み前日!彩りキレイ☆鶏肉のいんげん巻き

材料
(4~5人分):鶏ささみ肉2枚 人参3~4cm いんげん6本 めんつゆ、水各40ml
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1330006706/

広告

ちくわといんげんのごま油炒め

楽天レシピ

続いておすすめのいんげん料理は「ちくわといんげんのごま油炒め」。
ちくわは、半分に切って、斜め切り、いんげんも斜め切りにします。
ごま油を熱したフライパンにちくわといんげんを入れ、酒・しょうゆ・砂糖も入れて汁気がなくなるまで炒めたら出来上がりです。
簡単にパパッと作れて、お弁当にも合うと人気です。ごま油が食欲をそそってきますよ。

ちくわといんげんのごま油炒め

材料
(2人分):ちくわ3本 いんげん15本 ごま油大さじ1 酒・しょうゆ各小さじ2 砂糖小さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1020001743/

広告

いんげん に関連する記事

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いんげんを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    近年のカラフルなサラダでよく見かける赤インゲン豆や白インゲン豆など種類も豊富なインゲン豆は6月〜9月に旬を迎え、国内では主に千葉県や北海道を産地としますが、寒い時期には輸入品が出回るため一年中手に入れられる食材です。インゲンには、身体を健康的に正常に保つためには欠かせないミネラルが豊富に含まれています。骨や歯を作るために必須なカルシウム、むくみ予防のカリウム、血糖値をコントロールするマグネシウム、身体を作る成長期には特に欠かせないアミノ酸が主なミネラルです。これらの栄養素は、子供から大人まで必要なものばかりですね。豆独特な香りが気になる方も、様々な料理にアレンジして美味しく取り入れてみましょう。 この記事では、「いんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いんげんを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    いんげんは6月~9月が旬の夏野菜の一つです。いんげんはアミノ酸やたんぱく質、炭水化物、ビタミンK、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。ミネラル成分の鉄分が含まれていますので貧血予防に効果があります。また食物繊維も含まれていますので便秘解消の効果もあります。いんげんは乾燥に弱く大変傷みやすい食材です。ポリ袋に入れたりラップに包んで野菜室で保存すると良いです。いんげんは炒め物などに使われていますが蒸す料理でもおいしくいただくことができる食材です。レシピが沢山ありますので厳選してご紹介します。 この記事では、「いんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いんげんを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    さやのシャキシャキ感と豆のプチプチ感が特徴的な、いんげん。一年を通して手に入りやすく、胡麻和えにソテーに揚げ物と、様々な調理法で楽しむことのできる野菜です。緑黄色野菜のひとつで、βカロテン、ビタミン類、食物繊維をはじめ、カルシウム・マグネシウム・亜鉛などのミネラル、体内で生成できない必須アミノ酸、更には植物性タンパク質など、豊富な栄養素をバランス良く含んでいます。鉄分・葉酸といった成分にも富んでいるため、妊娠・子育て中の女性には特におすすめの食材でもあります。スーパーなどでは、まっすぐで張りがあり、豆の形があまり出ていないものを選ぶと良いですよ。 この記事では、「いんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いんげんを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    緑黄色野菜に分けられるいんげんは、年中スーパーで売られている野菜です。主な産地は千葉県や鹿児島県などで、旬の時期は6月~9月ですが、寒冷期は沖縄県や海外からの輸入品が入るので、年中手に入れることができるんです。どちらかというとわき役になりがちないんげんですが、ビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれているんですよ。ビタミンでは特にビタミンB1、B2、Cが、ミネラルではカリウム、カルシウム、マグネシウムが多く含まれています。また、なんといんげんには必須アミノ酸の全9種類がすべて含まれているんです。必須アミノ酸は体内で作れないので、いんげんを食べて必須アミノ酸を摂取しましょう。 この記事では、「いんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社