キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選

広告

夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選

[PR]

トロッとクリーミーでぷりぷりとした食感がある牡蠣。「海のミルク」とも呼ばれ、栄養が豊富で食感がマイルドなのが特徴です。イタボガキ科に属する牡蠣は、広島県や宮城県、岡山県などが主な産地です。牡蠣の主な栄養素は、亜鉛、鉄分、ビタミンB12、グリコーゲンなど。特に亜鉛は食品の中でトップレベルの含有量があり、群を抜いています。亜鉛は代謝を促す効果のある酵素の成分になる栄養素です。新陳代謝を促したり、傷を治す働きもあるため、なくてはならない存在と言えます。鉄分やビタミンB12はヘモグロビンの合成に関わる栄養素で、貧血予防に役立ちます。グリコーゲンは多糖類の一種で、エネルギーを蓄える働きがあり、体が疲れやすい人におすすめです。
この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

夫婦関係を修復したい…
夫婦問題でお悩みの方へ

夫婦カウンセラーの存在をご存知ですか?
探偵に依頼した人の中の約70%が復縁しています(※)。
探偵調査で真実を知り、今後の解決方法を冷静に考えることが大切です。
夫婦関係を再スタートするためにも、再構築のノウハウが豊富な夫婦問題の専門カウンセラーに相談してみませんか?

■秘伝の牡蠣フライ★私の牡蠣の楽しみ方(6)

楽天レシピ

最初におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「秘伝の牡蠣フライ★私の牡蠣の楽しみ方(6)」です。
下味をしっかりとつける牡蠣フライの夜ごはんレシピ。そのままでもドレッシングをかけてもおいしく食べられます。作り方は、牡蠣を洗い、塩こしょう、しょうゆをかけて揉み込みます。10分くらいおき、水切りしましょう。溶き卵に牛乳を入れて混ぜ、薄力粉と片栗粉を混ぜます。粉、溶き卵、パン粉の順に牡蠣につけたら170度くらいの油で揚げてできあがりです。

秘伝の牡蠣フライ★私の牡蠣の楽しみ方(6)

材料
(約4人分) 牡蠣適宜 パン粉(出来れば生パン粉)適宜 薄力粉適宜 片栗粉少々 塩コショウ少々 お醤油(出来れば色がつかない薄口で)少々 たまご1~2個 牛乳大さじ1位 サラダ油(キャノーラを使用しました)適宜
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1650000161/

■牡蠣のアヒージョ♪

楽天レシピ

2番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「牡蠣のアヒージョ♪ 」です。
オリーブオイルやアンチョビを使った牡蠣の夜ごはんレシピ。手順が簡単で作りやすい夜ごはんレシピです。パンメニューやおつまみにもどうぞ。作り方は、にんにくとアンチョビ、鷹の爪をみじん切りにします。オリーブオイルと一緒にフライパンに入れ、熱しましょう。沸いてきたら水気をしっかりときった牡蠣を加え、両面をじっくり焼き、色がついてきたらできあがりです。

牡蠣のアヒージョ♪

材料
(2人分) 牡蠣8~10個 にんにく2片 アンチョビ2切れ オリーブオイル大5 鷹の爪1/2本
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1920003166/

広告

■牡蠣のベーコン巻きグリル♪

楽天レシピ

3番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「牡蠣のベーコン巻きグリル♪」です。
牡蠣とベーコンを組み合わせた夜ごはんレシピ。牡蠣のクリーミーな旨味とベーコンのジューシー感がマッチする夜ごはんレシピです。油は使わず、ヘルシーに作れるところもおすすめのポイントです。作り方は、牡蠣を塩水で洗い、水気を拭き取ります。ベーコンで巻き、巻き終わりを下にしてフライパンに並べましょう。両面焼いたら醤油を回しかけ、器に盛り付けてパセリやこしょうをひいて完成。

牡蠣のベーコン巻きグリル♪

材料
(約2人分) 牡蠣 加熱調理用8個 ベーコン8枚 酒or白ワイン少々 醤油小さじ1〜2 ブラックペッパー少々 あれば パセリみじん切り少々 あれば レモン少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1790010476/

■牡蠣のフラン【牡蠣の洋風茶碗蒸し】

楽天レシピ

4番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「牡蠣のフラン【牡蠣の洋風茶碗蒸し】」です。
茶碗蒸しに牡蠣を加えた夜ごはんレシピ。濃厚な牡蠣のだしが堪能できる贅沢な夜ごはんメニューに仕上がります。作り方は、オリーブオイルで玉ねぎを炒め、白ワインを加えて沸騰させ、水気がなくなるまで煮詰めて冷まします。ボウルに入れ、卵やペースト状にした牡蠣などを加えて泡立て、器に盛り付けて蒸しましょう。残りの牡蠣を焼き、乗せたらできあがりです。

牡蠣のフラン【牡蠣の洋風茶碗蒸し】

材料
(4人分) 牡蠣200g 玉ねぎ50g 生クリーム40cc 白ワイン20cc オリーブオイル大さじ1 (15cc コンソメ顆粒3g 水300cc 全卵1個 卵白1個分 バター5g 乾燥パセリ少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1560005772/

広告

■台湾小吃♪牡蠣オムレツ「蚵仔煎」

楽天レシピ

5番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「台湾小吃♪牡蠣オムレツ「蚵仔煎」」です。
牡蠣やほうれん草、卵を使った夜ごはんレシピ。台湾の人気料理と言われるオムレツで、食べ応えのある夜ごはんメニューに仕上がります。作り方は、にんにくオイルで牡蠣を焼き、水溶き片栗粉を注ぎ入れます。ねぎ、ほうれん草を乗せて蒸し焼きにし、卵液を流し入れて焼きましょう。裏返して強火でざっと炒め、フライパンで温めたたれをかけてできあがりです。

台湾小吃♪牡蠣オムレツ「蚵仔煎」

材料
(2人分) 牡蠣 100~150グラムぐらい 卵2個 にんにく(みじん切り、チューブでも) 小さじ1 ほうれん草(白菜、水菜などでも)4たば(50グラム) ねぎ 適量(10センチくらい) サラダ油適量(大さじ2くらい) 片栗粉 大さじ3 ■ たれ スイートチリソース大さじ3 ケチャップ 大さじ1 砂糖 小さじ1 豆板醤(お好みで) 小さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1200000544/

■トースターで出来ちゃう 牡蠣のサクサク!パン粉焼き

楽天レシピ

6番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「トースターで出来ちゃう 牡蠣のサクサク!パン粉焼き」です。
パン粉や粉チーズを使った牡蠣の夜ごはんレシピです。手順が簡単な夜ごはんレシピなので、気軽に挑戦できるところがおすすめのポイントです。作り方は、アルミホイルを器にし、牡蠣を並べます。パン粉、粉チーズ、塩こしょうを混ぜ合わせたものをかけ、パセリ、オリーブオイルをかけましょう。トースターに入れ、7分くらい焼き、きつね色になったらできあがりです。

トースターで出来ちゃう 牡蠣のサクサク!パン粉焼き

材料
(2人分) 牡蠣10個 ●パン粉大3 ●粉チーズ小1 ●塩コショウ少々 パセリ少々 オリーブオイル大1.5
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1810007315/

広告

■牡蠣のうまみた~っぷり♪かきご飯@炊飯器

楽天レシピ

7番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「牡蠣のうまみた~っぷり♪かきご飯@炊飯器」です。
昆布だしやしょうゆを使った夜ごはんレシピ。牡蠣の煮汁で炊き込むため、牡蠣の旨味が凝縮して食欲をそそる夜ごはんメニューに仕上がります。作り方は、お米を洗って吸水させ、炊く直前にザルに上げます。下処理した牡蠣を鍋に入れ、酒、塩、しょうゆを加えて火を通しましょう。煮汁をこして昆布だしとしょうゆを加えてお米の入った炊飯器に入れて炊き、牡蠣を乗せて完成。

牡蠣のうまみた~っぷり♪かきご飯@炊飯器

材料
(3~4人分) 米2カップ 牡蠣のむき身200g A.酒大さじ3 A.塩小さじ1/3 A.しょう油大さじ2/3 昆布だし2カップ弱 しょう油大さじ1と1/3 大根おろし適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1810013906/

■温まる!!☆野菜たっぷり牡蠣の鍋

楽天レシピ

8番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「温まる!!☆野菜たっぷり牡蠣の鍋」です。
牡蠣と豚肉を組み合わせた夜ごはんレシピ。ピリ辛で大人の味に仕上がる夜ごはんレシピで、おつまみにもぴったりです。作り方は、鍋に水、ヤンニョンジャン、鶏ガラスープの素などを入れて火にかけ、カットしたキャベツや白菜、豆腐などを加えて煮込みましょう。塩でもみ洗いした牡蠣も加えて煮込み、プリッとしたらできあがりです。ネギを散らすと彩りが良くなります。

温まる!!☆野菜たっぷり牡蠣の鍋

材料
(2~3人分) 牡蠣1パック 豚肉スライス200g 鶏もも肉1枚 もやし1袋 キャベツ1/4個 白菜1/6個 玉ねぎ1個 大根5センチ しめじ、エノキ各1袋 油揚げ2枚 豆腐1丁 青葱小口切り1/4カップ *水1リットル位 *ヤンニョンジャンorコチュジャン大さじ2~ *鶏ガラスープの素小さじ3 *醤油、酒各少々 *みそ大さじ2~
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1780013296/

■ぷりぷり牡蠣とチンゲン菜のオイスターソース炒め♪

楽天レシピ

9番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「ぷりぷり牡蠣とチンゲン菜のオイスターソース炒め♪ 」です。
チンゲンサイと牡蠣を組み合わせた夜ごはんレシピ。オイスターソースのコクとにんにくの風味がマッチする夜ごはんレシピです。ぷりぷりの牡蠣をたっぷり使って食べ応えのある一品です。作り方は、牡蠣に酒をつけておき、塩を振って水で洗い流します。サラダ油でにんにくと鷹の爪を炒め、牡蠣を加えて火を通しましょう。しいたけとチンゲンサイを加え、オイスターソースなどで調味して完成。

ぷりぷり牡蠣とチンゲン菜のオイスターソース炒め♪

材料
(2~3人分) 殻付牡蠣(みのみのでも大丈夫です)10個 チンゲン菜3株 しいたけ2個 オイスターソース大さじ1.5 しおこしょう適宜 にんにく1かけ 鷹の爪適宜
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620000617/

■☆フライパン1つで!牡蠣のマカロニグラタン☆

楽天レシピ

10番目におすすめする「夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選」は、 「☆フライパン1つで!牡蠣のマカロニグラタン☆」です。
ほうれん草とベーコンを使った牡蠣の夜ごはんレシピ。ボリュームタップリのグラタンに仕上がるため、がっつり食べたい時の夜ごはんメニューにどうぞ。作り方は、オリーブオイルで玉ねぎとしめじを炒め、バターを溶かし混ぜ、小麦粉を加えて炒めます。牛乳で伸ばしたら牡蠣、茹でたマカロニとほうれん草を加えて混ぜ、器に移してチーズを乗せ、トースターで焼いたら完成。

☆フライパン1つで!牡蠣のマカロニグラタン☆

材料
(2~3人分) 牡蠣 (加熱用)180g ベーコン80g ほうれん草1/2束 玉ねぎ1/2個 しめじ1/2個 マカロニ80~100g ☆牛乳450ml ☆小麦粉大さじ4 ☆バター30g ☆塩、コショウ少々 とろけるチーズ2掴み オリーブオイル (サラダ油でも)大さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1680002718/

広告

牡蠣 に関連する記事

  • ぷりっぷりの牡蠣を使った人気レシピ20選:主食からおつまみまで

    これからの寒い季節に旬を迎える牡蠣。 牡蠣はビタミンやミネラル、タウリンが豊富で免疫力アップや健康増進に効果的。また、美肌効果や貧血改善の効果もありますので、女性必見の食材です。牡蠣は煮てよし、焼いてよし、揚げてよしで、さまざまな料理にすることができ、いろんな味が楽しめます。 この記事では、牡蠣の基礎知識に加え、牡蠣の栄養素、牡蠣の調理法、牡蠣の主食レシピ、牡蠣のおかず、レシピ、牡蠣のお鍋レシピ、牡蠣のおつまみレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    牡蠣は海のミルクと呼ばれています。牡蠣はぷりぷりとした食感が特徴的です。牡蠣には栄養がたくさん含まれています。ミネラル成分やタウリンが豊富に含まれているので栄養食にもなっています。中でもミネラルの一種である亜鉛が豊富で味覚障害の予防の働きがあります。タウリンが豊富に含まれているので疲労回復効果、乳酸の抑制の効果があります。また、肝臓の機能を助ける働きがありますのでお酒を飲んだ後に食べると良いです。牡蠣はシンプルに焼いて食べるのもよいですし、パスタや炒め物など様々な料理に使うことができる食材です。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    カキフライ、鍋物、グラタンなど熱々な料理から、生でも食べられる牡蠣。「真牡蠣」の旬は冬に旬を迎え生食用・加熱用と様々な料理に使われることに対し、「岩牡蠣」は春〜夏に旬を迎え、生食用が一般的です。身が乳白色で、牛乳と同じように様々な栄養素を含んでいることから別名「海のミルク」とも呼ばれます。肌や髪を健康に保つ亜鉛は、味覚に大きく関係し、免疫力アップなどの効果も期待されます。アンチエイジングにはか欠かせないセレンも多く含み、積極的に摂りたい栄養素が含まれていますが、亜鉛などの過剰摂取は下痢や嘔吐などの中毒症状や腎臓などの健康を害する危険があるので食べ過ぎには要注意です。食中毒にも注意が必要で、正しい知識を持って美味しくいただきたいですね。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ9選

    牡蠣には数種類あり食用には真牡蠣、岩牡蠣などがあります。旬は真牡蠣が12月~3月、岩牡蠣は6月~8月です。牡蠣は海のミルクともいわれており、大変栄養がある食材です。貧血予防効果があるミネラルや疲労回復に効果があるタウリンなどが豊富に含まれています。肝臓の機能を助ける働きがありますのでお酒をよく飲む方にもおすすめの食材です。新鮮な牡蠣は生で食べることができます。他に焼いたり蒸したり鍋に入れたりなど様々な料理に使われています。牡蠣を使ったフライ、天ぷら、フリット、アヒージョなど揚げるレシピを厳選してご紹介します。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    海のミルクと言われるほど、うまみと栄養が豊富な牡蠣。良質なタンパク質の他にも亜鉛や鉄などのミネラルやビタミン類もバランスよく含んでいます。糖質の一種グリコーゲンも多く、元気に欠かせないエネルギー源になり疲労回復に役立ちます。特に豊富な亜鉛は、新しい細胞をつくるのに欠かせないため健康な肌や髪を作ったり、正常な味覚を保つなど重要な役割を持っているんです。肝臓の機能を助ける働きもあり、牡蠣に豊富なタウリンとともにアルコールの分解を助けて二日酔いを予防する効果も期待できるのでお酒のお供にもぴったりなんですよ。牡蠣は蒸すことでうま味が際立ち、プリプリふわふわの食感が楽しめます。ビタミンCが豊富なレモン汁などをかけて食べると亜鉛や鉄の吸収が良くなりますよ。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社