キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選

広告

夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選

ズッキーニはイタリア、フランス料理ではポピュラーな野菜です。ズッキーニは見た目は太めのキュウリに似ていて、食感はナスに近いですが、かぼちゃの一種なんです。ズッキーニは皮と身の間に栄養が一番多いので、皮はむかずに調理することをオススメします。ズッキーニには代謝を上げてくれるβカロテン、肌荒れ、疲労回復に効果のあるビタミンCなどの栄養が含まれています。ズッキーニはオリーブオイルとの相性がよく、一緒に調理することでズッキーニに含まれるビタミンAの吸収率が上がります。ズッキーニは低カロリー、低糖質な食材なのでダイエットにも向いていますよ。ズッキーニには余分な塩分を排出してくれるカリウムが含まれているので、むくみの防止にも使えます。ズッキーニを食べて、すっきりとした体を手に入れましょう。
この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■*なすとズッキーニのひき肉炒め*

楽天レシピ

最初におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「*なすとズッキーニのひき肉炒め*」です。
なすとズッキーニのひき肉炒めのレシピです。食感の似ているなすとズッキーニを使った、カラフルな一品です。ご飯に乗せて丼にしたり、バゲットに乗せておしゃれに食べたり、いろんなアレンジが楽しめます。出来立ての熱々もおいしいですが、夏は冷やして食べるのもオススメですよ。ズッキーニは緑色だけでなく、黄色の品種もあるので、混ぜて使うとさらに彩りよく仕上がります。

*なすとズッキーニのひき肉炒め*

材料
(4人分)なす1本ズッキーニ1本いんげん4本豚ひき肉80g程ニンニク(小)1片塩二つまみ胡椒二ふりオリーブオイル大匙1EXオリーブオイル小さじ1~
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1300011390/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■簡単なズッキーニレシピ!

楽天レシピ

2番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「簡単なズッキーニレシピ!」です。
ズッキーニが大量消費できる、ズッキーニのオーブン焼きのレシピです。ベーコンの脂とうまみがズッキーニに染み込みます。作り方は油を塗ったオーブン皿にズッキーニとベーコンを交互に並べます。塩、ブラックペッパー、オリーブオイル、パン粉をかけて予熱したオーブンで焼いたら出来上がりです。面倒な調理なしで作れるオーブン料理は、簡単に見た目も美しく仕上がります。

簡単なズッキーニレシピ!

材料
(2人分)ズッキーニ2本ベーコン3枚塩適量ブラックペッパー適量パン粉適量オリーブオイル大さじ2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1960003409/

広告

■こっくり旨い★エビとズッキーニのマヨネーズ炒め

楽天レシピ

3番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「こっくり旨い★エビとズッキーニのマヨネーズ炒め」です。
お酒がすすむ、エビとズッキーニのマヨネーズ炒めのレシピです。あっさりとした味のズッキーニをこってりめのマヨネーズで炒めた一品です。えびとマヨネーズの王道の組み合わせに、ズッキーニを加えてボリュームを出しました。食べ応えがあり、おつまみや晩ごはんのおかずにぴったりですよ。えびとズッキーニの色合いのバランスもきれいです。

こっくり旨い★エビとズッキーニのマヨネーズ炒め

材料
(約2人分)ズッキーニ1本えび100g酒少々サラダ油少々コンソメ顆粒小さじ1/2マヨネーズ大さじ2ブラックペッパー適量パセリ適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1410005401/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■冷温どちらも美味しい 焼き野菜のサラダ

楽天レシピ

4番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「冷温どちらも美味しい 焼き野菜のサラダ」です。
彩りが美しい、焼き野菜のサラダのレシピです。温めても冷やしてもおいしく食べられます。ほくほく甘いかぼちゃ、酸味のあるミニトマト、ズッキーニ、なすなどの野菜のうまみをそのまま楽しめる一品です。バルサミコ酢のアクセントで、すっきりと仕上がります。日持ちするので、常備菜としても使えますよ。バルサミコの酸味が苦手な方は煮詰めると食べやすくなります。

冷温どちらも美味しい 焼き野菜のサラダ

材料
(4~6人分)カボチャ1/8個なす2本ズッキーニ1本にんじん1/3本ミニトマト5,6個にんにく1片バルサミコ酢大さじ3オリーブオイル大さじ1~2お好みで蜂蜜or砂糖小さじ1/2~1塩、胡椒各適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1140024594/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■ズッキーニ1本使い切り。

楽天レシピ

5番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「ズッキーニ1本使い切り。」です。
ズッキーニのひき肉巻きのレシピです。ベーコンと縦に薄くスライスしたズッキーニで豚ひき肉を巻いた一品です。お肉でボリュームもあり、まとまつているので食べやすいメリットがあります。見た目もおしゃれなので、パーティなどのオードブルとしても使えますよ。トマトソースやホワイトソースをかけても、また違った味わいや盛り付けが楽しめます。

ズッキーニ1本使い切り。

材料
(2人分)ズッキーニ1本豚ひき肉300gベーコンスライス5枚ナツメグ少々塩コショウ少々バター適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1190004077/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■簡単!鶏肉とズッキーニのトマトチーズ焼き

楽天レシピ

6番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「簡単!鶏肉とズッキーニのトマトチーズ焼き」です。
チーズがとろーりとろけた、鶏肉とズッキーニのトマトチーズ焼きのレシピです。トマトソースは市販のトマトパスタソースを使って、簡単においしく作れます。鶏肉がゴロゴロ入ってうまみたっぷりです。子供も食べやすく、人気メニューになること間違いなしですよ。焼きたては熱いので、オーブンから取り出すときは十分に注意してくださいね。

簡単!鶏肉とズッキーニのトマトチーズ焼き

材料
(1人分)鶏肉100gズッキーニ小さめ1本ニンニク1かけ市販のトマトパスタソース1袋オリーブオイル大1塩コショウ少々とろけるチーズ2枚
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1080002973/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■ズッキーニとベーコンと豆苗のホットサラダ

楽天レシピ

7番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「ズッキーニとベーコンと豆苗のホットサラダ」です。
マジックソルトで味付け楽チン!ズッキーニとベーコンと豆苗のホットサラダのレシピです。温かいサラダは体を冷やさないので胃にも優しいです。スーパーなどでいつでも安く手に入る豆苗は、根の部分を残せばそのまま自分で栽培し続けられるので節約の強い味方ですね。生野菜のサラダに飽きたらぜひ作ってみてください。赤パプリカやズッキーニで彩りよく仕上げました。

ズッキーニとベーコンと豆苗のホットサラダ

材料
(2人分)ズッキーニ1/2本豆苗1パック赤パプリカ1/4ベーコン50gマジックソルト少々(塩胡椒でもok)粉チーズ少々オリーブオイル少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1040015001/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■豚肉とズッキーニのレモン醤油炒め

楽天レシピ

8番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「豚肉とズッキーニのレモン醤油炒め」です。
あっさりと食べられる、豚肉とズッキーニのレモン醤油炒めのレシピです。こってりとした豚肉の脂をレモンの酸味がすっきりとした味に変えてくれます。さわやかなので、夏にオススメの大皿おかずです。最小限の材料でズッキーニや豚肉のうまみをうまく引き出しています。仕上げにブラックペッパーをかければピリッと辛く、味が引き締まりますよ。

豚肉とズッキーニのレモン醤油炒め

材料
(2~3人分)豚ばら肉100gズッキーニ1本レモン汁大さじ1/2醤油大さじ1/2塩胡椒少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1120003763/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■ズッキーニ美味しく消費!!ズッキーニのツナ炒め♫

楽天レシピ

9番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「ズッキーニ美味しく消費!!ズッキーニのツナ炒め♫」です。
ズッキーニがペロリと食べられる、ズッキーニのツナ炒めのレシピです。ツナのうまみがたっぷりの油をズッキーニが吸収します。ツナ缶はオイルごと使うので、カロリーが気になる方はライトの缶を使うのがオススメです。夏野菜のズッキーニをツナのうまみでおいしく調理しました。ツナの味があるので、調味料は醤油だけでじゅうぶん満足できますよ。

ズッキーニ美味しく消費!!ズッキーニのツナ炒め♫

材料
(2~3人分)ズッキーニ1本玉ねぎ半分ツナ缶半分醤油大匙1~2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1780001891/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■ハーブが香る*ズッキーニのグリルマリネ

楽天レシピ

10番目におすすめする「夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選」は、 「ハーブが香る*ズッキーニのグリルマリネ」です。
ズッキーニがメイン!ズッキーニのグリルマリネのレシピです。じっくりと焦げないように丁寧に焼いた野菜をリンゴ酢と蜂蜜に漬け込んで、甘酸っぱく仕上げました。熱いうちに漬け込むことで酸味が程よく飛んで味が丸くなりますよ。パプリカは赤、オレンジ、黄色などを使ってカラフルな食材を揃えると見た目も可愛いですよ。タイム、ローズマリーの香りが味を上品にしてくれます。

ハーブが香る*ズッキーニのグリルマリネ

材料
(2人分)ズッキーニ(あれば2色)2本(250g)カラーピーマン3個リンゴ酢50ml蜂蜜小匙1/2塩小匙1/2アボカドオイル小匙1ローズマリー1枝タイム1枝にんにく1かけ
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1480008720/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

ズッキーニ に関連する記事

  • 【ズッキーニを使ったお手軽レシピ】おすすめで人気のレシピ厳選20まとめ:おしゃれ&簡単ズッキーニレシピ

    フランスやイタリアなどでは一般的な食材として用いられるズッキーニは、見ためはキュウリに似ていますが実はカボチャの一種。イタリア語で「小さなカボチャ」という意味を持った野菜です。近年ではスーパーで季節を問わず1年中並んでいるので、家庭の食卓にのぼる機会が多くなり、ペポカボチャの中で最もポピュラーになった食材だといわれています。食感はナスに似ており、簡単に調理できることから人気があります。今回は日本の家庭にも浸透中のズッキーニのバリエーションが増えるレシピを、定番のグリルや揚げ物、煮物、サラダなどいくつかのカテゴリーに分けて紹介します。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    見た目がきゅうりに似ているズッキーニ。昔はあまり日本では料理に使われることは少なかった野菜ですが、最近ではスーパーでもよく見かけるようになりました。β-カロテン・ビタミンC・ビタミンB2・葉酸など体にいい栄養素をたくさん含んでいます。ズッキーニは意外にも生でも食べられるので、サラダや前菜にも使うことができます。ズッキーニを使った料理では、ラタトゥイユが人気があります。色々な調理に向いていて体にもいいズッキーニですが、一番おいしく食べられるのが焼くレシピです。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ズッキーニは夏野菜です。旬は6月から8月です。見た目はきゅうりに似ていますがかぼちゃの仲間です。ズッキーニは緑色、黄色、白いものがあります。ズッキーニにはビタミンC、ビタミンB類が豊富に含まれています。アンチエイジングや肌荒れに効果ありますので女性におすすめの食材です。ベータカロテン、カリウムも豊富で高血圧予防効果、代謝を促進する働きがあります。フランス料理、イタリア料理に使われることが多いです。太さが均一でツヤがあるものを選ぶと良いです。ズッキーニは焼く、炒める、揚げる、煮る料理におすすめです。皮を剥かずに食べることができます。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ズッキーニはきゅうりによく似た見た目ですが、実はかぼちゃの仲間です。ズッキーニの花も食用として使われ、ズッキーニ自体は薄くスライスすると生でも食べられますが、主に火を通して食べることが多くなっています。ズッキーニを使った代表料理はラタトゥイユで、その他にもスープやフライ、オーブン料理など様々な調理方法に使うことができます。主に洋風のレシピに使われることが多く、緑の彩もきれいで料理のアクセントにもなります。ズッキーニはむくみの防止に効果のあるカリウムや、ベータカロテンやビタミンB類などが豊富で、体にいい栄養素をたくさん含んでいます。今まで料理に使ったことがない、という方もぜひズッキーニを料理に使ってみましょう。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 【美味しいパスタの作り方】おすすめの人気レシピ20まとめ:絶品で簡単&定番どちらもまとめ!

    ランチやおもてなしなどにも大人気のパスタ。一口にパスタと言っても幅が広く、ソースや使用するパスタの種類によってそのレシピは膨大にあります。本場イタリアの味を再現しているパスタはもちろん、最近では和の食材を使用した和風のものや、エスニックなものなどアレンジを効かせたメニューもたくさんあります。簡単に作ることができて見た目にもオシャレで美味しいレシピもたくさんあります。今回は、簡単に美味しくできるパスタの人気レシピを、和風パスタ、トマトパスタ、クリームパスタ、オイルパスタ、その他のパスタと言うカテゴリーに分け、簡単につくれるパスタの調理法を紹介します。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社