キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

昼ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ9選

広告

昼ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ9選

ビーツはカブのような丸い形をした野菜です。中まで深みのある真っ赤な色をしているのが特徴で、料理に彩りを加えてくれます。ビーツは生だと固くて食べられないので、一度ゆでてかは食べるのが一般的です。ビーツはボルシチには欠かせない食材で、ヨーロッパ地方でよく利用されています。ビーツにはショ糖と呼ばれる甘み成分が含まれているため、ほんのり甘くて食べやすいですよ。ビーツには余分な塩分を排出してくれるカリウムや動脈硬化を防いでくれるパントテン酸などの栄養が豊富に含まれています。日本ではまだ馴染みのない食材ですが、大根やカブのように扱うことができるので、ぜひビーツ料理にチャレンジしてみてくださいね。
この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■野菜たっぷり、Beet's red curry

楽天レシピ

最初におすすめする「昼ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ9選」は、 「野菜たっぷり、Beet's red curry」です。
野菜たっぷり、ビーツのレッドカレーのレシピです。植物性の食材を取り揃えて作られた、こだわりのグルテンフリー、ベジタブルなカレーです。9種類のオーガニックなスパイスをブレンドしたカレー粉がおいしさの決め手です。ビーツの色と栄養が溶け込んだ真っ赤なカレーです。少ない水で野菜をじっくり炒めて、野菜の水分やうまみを引き出しました。

野菜たっぷり、Beet's red curry

材料
(2〜3人分)ビーツ(小)1個玉ねぎ1個パプリカ(赤)1個パプリカ(黄)1個パプリカ(緑)1個かぼちゃ(小)1/4個紫玉ねぎ(小)1/4個ほうれん草(小)1/2束にんにく2片カレー粉10gオーツ15gココナッツバター7〜8gココナッツオイル適量岩塩適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1840028788/

■ボルシチ

楽天レシピ

2番目におすすめする「昼ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ9選」は、 「ボルシチ」です。
牛肉がホロホロと崩れる、ボルシチのレシピです。ロシアの家庭料理のボルシチを自宅で再現できちゃいます。豚肉、牛肉、どちらでもおいしく作れます。お肉は一度焼き目をつけてから煮込むことで、肉の旨味を逃しません。ビーツは仕上げに加えてシャキシャキ感を残しました。じゃがいも、にんじん、インゲン豆、玉ねぎなどの具材がたっぷり入ってお腹いっぱいになれる一品です。

ボルシチ

材料
(6人分)豚肉又は牛肉1.5kgビーツ1個玉ねぎ1個人参1本インゲン豆150ccキャベツ1/4個ジャガイモ2個ホールトマト缶1缶サワークリーム2個チャービル適量又は1パックオリーブオイル大さじ2小麦粉大さじ1程度コンソメや野菜ブイヨン2個
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1460008369/

広告

■鶏とビーツの和風パスタ

楽天レシピ

3番目におすすめする「昼ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ9選」は、 「鶏とビーツの和風パスタ」です。
白いビーツで上品に仕上げた、鶏とビーツの和風パスタのレシピです。コリアンダー、にんにく、オールスパイスなどの香辛料をピリッと効かせて、味にパンチがある一品です。和風でも優しすぎない味付けで、もう一口もう一口と食がすすみます。ビーツは1分間さっとゆでることで歯ざわりの良い食感を生かしました。大葉でさわやかに仕上げました。

鶏とビーツの和風パスタ

材料
(1人分)パスタ100g鶏むね肉1/3枚ビーツ1/3個玉ねぎ1/4個オリーブオイル大匙1☆すりおろしニンニク小匙1/2☆コリアンダー・オールスパイス・オレガノ各ひとつまみ★塩小匙1/3★しょうゆひとまわし大葉2枚
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1420010189/

■週末の減塩リコピンたっぷりスープ

楽天レシピ

4番目におすすめする「昼ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ9選」は、 「週末の減塩リコピンたっぷりスープ」です。
リコピンたっぷり、トマトスープのレシピです。さわやかなセロリと旨味たっぷりのベーコンがおいしさの決め手です。冷蔵庫に余った材料で作れるので、冷蔵庫の整理にも役立ちますよ。デトックス効果もあるスープで、体の中からきれいになりましょう。パスタに絡めたり、ご飯を加えてリゾットにしたりと、いろんなアレンジが楽しめますよ。

週末の減塩リコピンたっぷりスープ

材料
(4人分)お出汁にベーコン70gリコピン摂取にトマトピューレ缶170g1缶食用椿オイルまたはオリーブオイル大さじ1ビーツ、ジャガイモ、ゴボウ各1個(50g程度)カボチャ、ニンジン各50gタマネギ1個(70g程度)葉付きセロリ1-2本(100g程度)ニンニク4-5片茹でトウモロコシまたは缶30gすりおろし生姜チューブまたは生チューブなら2cm程度野菜コンソメ1キューブ胡椒適量水1L340ml
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1720018859/

広告

■鰆とビーツの和風パスタ

楽天レシピ

5番目におすすめする「昼ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ9選」は、 「鰆とビーツの和風パスタ」です。
香りの良い香味野菜で仕上げた、さわらとビーツの和風パスタのレシピです。みじん切りにしたビーツや青ネギがパスタにしっかりと絡みます。野菜のみじん切りが大変な時はぶんぶんチョッパーやフードプロセッサーを使うと楽チンですよ。肉厚で柔らかいさわらを醤油、みりん、梅塩で和風に味をつけました。ごま油の香りが食欲をそそります。

鰆とビーツの和風パスタ

材料
(1人分)鰆(切り身)1切ビーツ1/4個青ネギ3本生姜ひとかけごま油小匙2みりん&しょうゆ各小匙1梅塩ひとつまみパスタ100g
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1420010297/

広告

ビーツ に関連する記事

  • ビーツを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本ではまだよく知られていない野菜、ビーツ。見た目はカブのような形で、赤い色が特ちょう的です。優しい甘さが独特ですが、これはショ糖が多く含まれているからです。固くそのままでは調理しにくいので、一度ゆでてから切りましょう。ビーツの栄養価は高く、今注目されている野菜の一つです。サラダやスープ、ローストなどでもおいしく食べられますが、もちろん「ボルシチ」のように煮込み料理もおすすめです。洋風・欧風の煮物だけでなく、和野菜と合わせた和風の煮物にも合いますよ。ビーツを使った煮物料理のレシピを覚えたら、料理の幅もぐんと広がります。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ビーツを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    赤い色が食卓に映えるビーツ。日本ではあまりなじみのない野菜ですが、「食べる輸血」と言われるほど、栄養素が豊富に含まれており、アスリートも注目している野菜なんですよ。日本では百貨店などに行かないと、なかなか手に入りにくい野菜ですが、健康にいいということで近年食事に取り入れている人も増えてきているようです。サラダから煮込み料理、スイーツとさまざまな料理に使うことができ、レシピを覚えれば料理の幅も広がります。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ビーツを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    色鮮やかな赤い色をしているビーツ。日本ではあまりなじみのない野菜かもしれませんね。ビーツは地中海原産で、見た目は「赤かぶ」に似ていますが、実はほうれん草の仲間、という不思議な野菜。ロシア料理の「ボルシチ」には欠かせない野菜なんですよ。ビーツの旬は1年に2回あり、6~7月と11~12月ごろですが、日本では海外輸入スーパーで缶詰で買えるので、年中料理に利用できます。サラダなど生で食べられますが、火を通して食べるのが一般的です。基本的にビーツは固いので、一度ゆでてから切って使いますが、缶詰を使えば簡単に調理できますよね。 この記事では、ビーツとはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ビーツを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ7選

    ビーツはアカザ科のサトウダイコンの一種で、鮮やかな赤紫色が特徴です。色のわりに味にクセはなく、かぶとよく似た味わいです。色が出るため生では食べにくく、煮物やスープなどによく使われます。特にイギリスやオーストラリアでは広く知られ、サンドイッチやハンバーガーの具材として用いられています。日本では輸入食品店などで手に入ります。ビーツには豊富なカリウムが含まれ、血圧を下げる働きやむくみ防止に効果を発揮します。ビーツに含まれるパントテン酸は悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の予防にも効果があると言われています。彩もきれいで体にもいいビーツをぜひ料理に使ってみましょう。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ビーツを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    鮮やかできれいな色が印象的なビーツは、ボルシチを代表とされるヨーロッパの料理によく使われます。切るときつい色が出るため生では食べにくく、主に火を通して食べられます。色鮮やかなため特にスープの材料として人気で、食卓に彩をプラスします。ビーツはアカザ科のサトウダイコンの一種でかぶに似ていますが、ホウレン草と同じ科に属します。見た目の鮮やかさに比べると味にクセがなく淡白な味わいで、どんな料理にも合わせやすいです。ビーツはスーパーフードと言われるほど豊富な栄養素が含まれていて、ビーツの色素には高い抗酸化作用があります。その他にもナトリウム・カルシウム・ナイアシン・ビタミンB類・食物繊維などが含まれた健康にいい野菜なので、これから積極的に取り入れてみましょう。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【手羽元で今人気のレシピとは】美味しいレシピだけ20選まとめ:煮物に唐揚げに大活躍の手羽元レシピ

    スーパの鶏肉コーナーでもよく見かける手羽元、大根の煮物やからあげ、スープなど日本でもなじみの料理がたくさんありますよね。手羽元は安くて手軽な食材で、美容や健康にとっても良い栄養素がたっぷり含まれています。肌がプルプルになる美肌効果も期待できる食材として女性にも注目されています。ですが、定番の料理以外ではどのように使っていいかよくわからないといくこともありますよね。今回はそんな手羽元を使ったおすすめレシピをいくつか紹介していきたいと思います。手羽元レシピがマンネリしている方や買ってみたけど調理の仕方がわからない方など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社