キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

レモンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

広告

レモンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

鮮やかな黄色で見た目からさわやかなレモン。レモンは輪切りにすると見栄えが良く、料理の飾り付けとしてもよく使われています。レモンは一口かじればみんな口を尖らせてしまうほど酸味の強い柑橘類です。レモンはドリンクやデザート、おかずまで幅広く料理に活用されています。レモンは食用以外にもアロマオイルとして使われているほど、香りにリラックス効果があります。この成分である「リモネン」の多くは皮に含まれています。レモンを砂糖漬けや蜂蜜漬けにしたりすれば皮までおいしく食べられますよ。レモンの皮には防カビ剤などの薬剤が塗布されている場合があるので、しっかり洗ってから使うようにしてください。レモンの皮にはレモンの果肉以上に栄養が詰まっている部分なので、ぜひ積極的に食べてくださいね。
この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■糖質オフ★鯖水煮缶を使って簡単ハンバーグ〜

楽天レシピ

最初におすすめする「レモンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選」は、 「糖質オフ★鯖水煮缶を使って簡単ハンバーグ〜」です。
ひき肉の代わりにさば水煮缶を使って作るハンバーグのレシピです。さば水煮缶は実は糖質ゼロの食材なんです。さば水煮缶を上手に取り入れて、無理なく糖質オフ生活を頑張りましょう。みじん切りにしたセロリの葉を加えることで、魚の臭いも気になりません。目玉焼きをトッピングすると、豪華に仕上がります。お好みで大根おろしやレモンを添えてめしあがれ。

糖質オフ★鯖水煮缶を使って簡単ハンバーグ〜

材料
(1人分) 鯖水煮缶150g缶 おからパウダー大さじ1/2 胡椒適宜 セロリの葉5枚 大葉5枚 大根2センチ レモン1/8個
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1140012130/

■糖質オフ☆レモンのグラニテとレモンゼリー♪

楽天レシピ

2番目におすすめする「レモンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選」は、 「糖質オフ☆レモンのグラニテとレモンゼリー♪」です。
見た目から涼し気な、レモンのグラニテとレモンのゼリーのレシピです。クリスタルコラージュは温めた液体に混ぜるだけで簡単にゼリーが作れます。カロリーがゼロなのも嬉しいポイントですね。冷蔵庫で冷やせばゼリーに、冷凍庫で凍らせればグラニテになります。レモンのグラニテは暑い夏で火照った口の中をさっぱりと冷たく冷やしてくれます。

糖質オフ☆レモンのグラニテとレモンゼリー♪

材料
(作りやすい量) ☆ポットのお湯200ml ☆クリスタルコラージュ8g ☆0kcalの甘味料砂糖の甘さで大匙4強(好みで⇅※手順5) ☆☆水200ml ☆☆レモン汁(本物レモンなら約2個分)大匙4 (お好みでトッピングにホイップクリーム)(40ml分~お好みで)手順6
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390027927/

広告

■卵黄消費☆糖質オフ☆濃厚レモンクッキー

楽天レシピ

3番目におすすめする「レモンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選」は、 「卵黄消費☆糖質オフ☆濃厚レモンクッキー」です。
低糖質な濃厚レモンクッキーのレシピです。ココナッツ粉を使うと生地がしっとりと仕上がります。食品用のポリ袋に材料を入れてもみこむだけで生地が作れるので、ズボラさんでも簡単に作れますよ。手で丸めて成形したり、型抜きにしたりして焼きあげたら出来上がりです。食感の良いクッキーに、ふわっとさわやかなレモンの風味をプラスした一品です。

卵黄消費☆糖質オフ☆濃厚レモンクッキー

材料
(10~12枚分) ナチュラルチーズ15g ゼロカロリー甘味料砂糖の甘さで大匙1 レモン汁大匙1 卵黄1個分 アイハーブのココナッツフレーク大匙1 アイハーブのココナッツ粉大匙1 アイハーブのピーナッツ粉大匙1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390024702/

■糖質オフ☆ティラミス風♪クリームチーズプリン

楽天レシピ

4番目におすすめする「レモンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選」は、 「糖質オフ☆ティラミス風♪クリームチーズプリン」です。
レモンを加えてさっぱりとさせたクリームチーズにココアパウダーを振って、ティラミス風に仕上げました。糖質、カロリー控えめで、ダイエット中の方にも嬉しいスイーツです。クリームチーズプリンのレシピです。ビターなコーヒーを染み込ませたクッキーとの相性も抜群です。ゼラチンで作るヘルシーなプリンにクリームチーズをプラスすれば、濃厚で満足度の高い絶品デザートになります。

糖質オフ☆ティラミス風♪クリームチーズプリン

材料
(2個分) ~~ クッキー ~~~~~~~~ ┌鳥越製粉 ホットケーキミックス ※大匙4 ├アイハーブのココナッツ粉大匙1 ├0kcalの甘味料砂糖の甘さで大匙1 ├ココナッツオイル10g └レモン汁大匙1強 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~ クリームチーズプリン ~~~~~~~~ ┌☆クリームチーズ15~18gのもの2個 ├☆豆乳90cc ├☆0kcalの甘味料砂糖の甘さで大さじ2強(好みで調整) ├☆クリスタルコラージュ約5g ├☆☆卵 (新鮮なもの)Lサイズ 1個 └☆☆豆乳70cc ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ★濃い目に入れたコーヒー大さじ2 (↑★=もしくはインスタントコーヒー小さじ1をお湯大さじ2で溶かす) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ピュアココアパウダー小さじ1.5
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390027925/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■糖質オフ☆クリームチーズ豆乳ヨーグルトゼリー

楽天レシピ

5番目におすすめする「レモンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選」は、 「糖質オフ☆クリームチーズ豆乳ヨーグルトゼリー」です。
ババロアのようななめらかな口当たりの、クリームチーズ豆乳ヨーグルトのレシピです。チョコレートでコーティングしたザクザクとしたクッキーが入って、食感も楽しめます。クッキーアンドクリームが好きな方にはぜひオススメしたい一品です。チョコクッキー、チーズとヨーグルトのムース、レモンクッキーの3つの味が1つになった贅沢なスイーツです。

糖質オフ☆クリームチーズ豆乳ヨーグルトゼリー

材料
(1人分) ==== レモンクッキー ========== ┌鳥越製粉 ホットケーキミックス ※大さじ4 ├ココナッツオイル10g ├0kcalの甘味料砂糖の甘さで大さじ1 └レモン汁大さじ1弱 == === チョココーティング ========= ┌無糖のカカオマス15g ├ココナッツオイル5g └0kcalの甘味料砂糖の甘さで大さじ1弱 == === チーズヨーグルトゼリー ======= ┌クリームチーズ15~18gのもの1個 ├豆乳ヨーグルト ※60g ├0kcalの甘味料砂糖の甘さで大さじ1弱 ├レモン汁5g └クリスタルコラージュ約1.6g
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390027894/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

レモン に関連する記事

  • 調味料からドリンクまで 美容効果豊富なレモンのレシピ20選

    酸味のある味とさわやかな香りが印象的なレモンは、私たち日本人にとっても親しみ深い果物ですよね。その原産地はヒマラヤ山麓で、寒さに弱いため冬に暖かく夏に乾燥する地域でよく栽培されています。1700年代にレモンを含めた柑橘類が壊血病に効果的だとわかってからは、健康食品としても人気を集めています。 この記事では、レモンの基礎知識に加え、調味料、肉料理、野菜料理、スイーツ、ドリンクにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    爽やかな酸味が特徴のレモンは、さまざまな料理に使われます。料理はもちろん、デザートからドリンクまで使える万能な果物です。色合いがきれいなのでトッピングとしても重宝され、レモン汁をアクセントに使うことも多いです。和食から洋食までどんなジャンルの料理にも合わせやすく、料理にかかせない果物です。レモンにはビタミンCが豊富に含まれており、抗酸化作用で肌の老化を防ぎメラニン色素を抑える効果があり、シミの予防にも役立ちます。レモンに含まれるクエン酸には疲労回復に役立ち、体と美容に効果のあるレモンはぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    爽やかな香りをもつレモンは、料理の主役又は脇役とし大活躍する食品です。日本での主要産地は、瀬戸内海に面する広島県が有名です。レモンの酸味は、クエン酸に由来します。レモンの選び方のポイントは、皮にツヤと張りがあり、重みがある物を選ぶようにして下さい。料理やお菓子にレモンを丸ごと使う時は、輸入のされたレモンよりは国産のレモンの使用をおすすめします。保存方法は、切ったレモンならラップに包み、冷蔵保存して下さい。冷凍の場合は、スライスした状態で小分けにして冷凍しておくと、使う時に便利です。今回はレモンを焼くをテーマにしたレシピをご紹介します。レシピを参考に手作り料理を楽しんで下さい。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    爽やかな香りがどんな料理もワンランクアップさせてくれるレモン。レモンの香りがするだけで食欲も増進しますよね。温暖な気候を好むレモンは輸入品が多いですが、日本でも瀬戸内海に面した広島県や愛媛県を産地として流通しています。レモンの最も注目する栄養はビタミンCやクエン酸です。ビタミンCには、美肌効果や免疫力アップに効果的で、クエン酸は疲労回復に期待できます。他にもポリフェノールやカリウム、レモンの皮には「リモネン」と呼ばれる香り成分が含まれ、リラックス効果に期待できます。朝レモンを取り入れることで交感神経が刺激されて体内時計をリセットしてくれますよ。寝起きにレモンの香りでスッキリと目覚めてくださいね。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    レモンに香りには気持ちをリラックスさせる効果があります。この柑橘類特有の香りは皮に含まれているリモネンという油成分によるもので物忘れ防止、抜け毛予防、脳の細胞を活性化させ集中力を高める働きがあります。また、レモンに含まれているビタミンCの豊富さは柑橘類の中ではトップクラスです。クエン酸も豊富に含まれていますので疲労回復効果があるとされています。レモンを選ぶときはツヤとハリがありヘタが枯れていないものを選びましょう。海外産のレモンの皮には防カビ剤が付いているので皮ごと使う場合はしっかりと洗ってくださいね。普段の食卓にレモンを活用してみてくださいね。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社