キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

23,739 views

広告

ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ


ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。
近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。
生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。

この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。
たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

温野菜を作る際に気をつけること

温野菜の調理法は茹でたり、蒸したりが主になります。ですが、野菜によっては大事な栄養素が流れ出てしまう原因にもなります。野菜ごとに、栄養素が流れ出ない調理法がありますので、温野菜を作るときに注目してみてください。

温野菜でよく登場する、人参やブロッコリーは、茹でるより「蒸す」「揚げる」「焼く」がおすすめです。緑黄色野菜は、水に溶けやすい水溶性ビタミンを多く含んでいますので、茹でると栄養素が溶けてしまいます。

ビタミンCが多く含まれているジャガイモはでんぷんを多く含んでいるので、加熱してもビタミンCが失われません。ですが、切ってから茹でると、ゆで汁にビタミンCが溶けてしまいますので注意です。

水に溶けやすい「トリスルフィド」という成分を含む玉ねぎは加熱をすると効果が高まります。

温野菜に適している野菜・美味しい食べ方

温野菜では、野菜を加熱して食べます。加熱することで、野菜本来の風味や甘さが増したり、嵩が減るのでたくさん食べられたりします。
温野菜にすると美味さが増す、人参やかぼちゃ、カブ、ジャガイモ、さつまいも、キャベツ、ブロッコリーなどはおすすめです。苦手な野菜も温野菜にすると、旨味が増し、柔らかく食べやすくなりますね。

温野菜にする時は、食べやすいように一口大に切ったり、繊維や芯がある野菜の場合は、先に切れ目を入れておくなどすると、食べやすく、美味しく食べられます。
温野菜は、野菜を加熱しただけでも美味しく食べられますが、ディップソースやドレッシング等を工夫すると、さらに美味しくなります。市販のドレッシングも美味しいですが、自分でソースをアレンジしても良いですね。

温野菜に合うドレッシングレシピ

■温野菜の明太マヨソース

クックパッド

最初におすすめする温野菜レシピは「温野菜の明太マヨソース」。明太マヨソースがくせになる!温野菜のレシピです。
作り方はとても簡単です。ヤングコーン、ブロッコリー、かぼちゃ、ジャガイモ、茹で卵を食べやすい大きさに切り、野菜を茹でます。マヨソースはあらかじめ、辛子明太子の身をそいでおき、マヨネーズと合わせておきます。
茹でた野菜、茹で卵を盛り付け、ソースをかけたら完成です。明太マヨソースと野菜の相性◎

温野菜の明太マヨソース

材料
(4人分) ヤングコーン1缶 ブロッコリー(小房に切る)1株 かぼちゃ(一口大に切る)1/8個 じゃがいも(一口大に切る)4個 ゆで卵(4等分)2個 ■ ソース(合わせておく) 辛子明太子(身をそいでおく)1腹(30g程度) マヨネーズ50g
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/4166655

■温野菜とチーズみそディップソース

クックパッド

2番目におすすめする温野菜レシピは「温野菜とチーズみそディップソース」。お酒の肴にも合う、春野菜を使った身体に良い温野菜のレシピです。ラディッシュやトマトなど生で食べる野菜は生でもOKです。
作り方は、春野菜をそれぞれ食べやすい大きさに切り、蒸したら、お皿に盛り付けます。
次に、カッテージチーズと味噌をよく混ぜ合わせてソースを作れば完成です。
チーズと味噌の相性が良く、ホームパーティーにもおすすめなレシピです。

温野菜とチーズみそディップソース

材料
(4人分) 春野菜 (菜の花、いんげん、かぶ、椎茸、紅芯大根、ラディッシュ、ミニトマトなど)お好みの量 ■ チーズみそソース カッテージチーズ(裏ごしタイプ) 大さじ4 減塩味噌大さじ2
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/4400624

広告

■クリームチーズで温野菜のバーニャカウダ風味

Kurashiru

3番目におすすめする温野菜レシピは「クリームチーズで温野菜のバーニャカウダ風味」。パーティーにぴったり、見た目も鮮やかな温野菜のバーニャカウダ風サラダのレシピです。
温野菜はレンジでチンするだけなので、とても簡単にできちゃいます。
まず、野菜をそれぞれ食べやすい大きさに切り、レンジで加熱します。
次にクリームチーズとマヨネーズ、牛乳、おろしニンニクを混ぜソースを作り、盛り付けたら完成です。
ソースの固さは牛乳で調節できます。

クリームチーズで温野菜のバーニャカウダ風味

材料
(1人前) アスパラガス (50g)2本 にんじん (50g)1/3本 じゃがいも (中)1/2個 クリームチーズ50g マヨネーズ大さじ1 すりおろしニンニク少々 牛乳20ml しょうゆ小さじ1 オリーブオイル大さじ1
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/ebde3a7c-7ee9-4e4c-a053-645b14cf4f65

広告

アスパラ に関連する記事

  • アスパラガスを使った栄養満点&いろどり鮮やかな料理レシピ20選

    春から夏が旬のアスパラガス。日本に来たのは江戸時代で、はじめは観賞用としてオランダから持ち込まれましたが、明治時代になると食用とされるようになりました。 アスパラガスには大きく2種類あり、土寄せしない「グリーンアスパラガス」と、土寄せをして育てる「ホワイトアスパラガス」です。アスパラガスは栄養が豊富で鮮やかな緑色。ホワイトアスパラガスは美しい白で、香りを楽しむ食材として知られています。 この記事では、アスパラガスの基礎知識に加え、アスパラ×ご飯、アスパラ×パスタ、アスパラ×肉料理、アスパラ×魚料理のレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    通年店頭に並ぶアスパラガスですが、春のものと冬のものとでは栄養価に違いがあることをご存知でしょうか。春に収穫されるアスパラには血流改善に効果的なルチンが、冬のハウス栽培のアスパラに比べて7倍も高く、β-カロテンは3倍も高くなります。栄養ドリンクにも多く含まれる疲労回復に効果が期待される「アスパラギン酸」や、ビタミンC、カリウムを多く含むアスパラは茹でても栄養が流出しにくいですが、加熱のしすぎはビタミンの減少の原因になるのでサッと茹でることをお勧めします。葉先のみではなく、茎にも栄養はたっぷり含まれるので1本丸ごと調理して無駄なく体に取り入れたいですね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    アスパラガスは3月から6月が旬になります。国内の産地としては北海道、長崎県、長野県などが有名です。選び方は、太さが均一で穂がしまっているものを選ぶようにしましょう。保存方法は、袋に入れたてた状態で冷蔵庫へ入れてください。購入後に茹でて冷凍保存しておくのもおすすめです。アスパラガスは、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスが出回っていますが、これらは同じ品種になります。グリーンアスパラガスの栄養成分は、ビタミンA、B1、B2、Cを多く含んでいます。ホワイトアスパラガスは、日光に当てずに育てるためグリーンアスパラガスよりも栄養価が低いですが、グリーンアスパラガスにはない食感を楽しむことができます。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    お弁当のおかずで代表的な「アスパラベーコン」など、焼いても煮ても色鮮やかなアスパラは様々な料理に色を加えます。春から初夏にかけて旬を迎えますが、輸入物も多くあり、通年を通して私たちの食卓に並びます。定番のグリーンアスパラガス、地中で育ったホワイトアスパラガスなど種類も複数あり、ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、中でもアミノ酸の一種の「アスパラギン酸」には疲労回復や、免疫力アップ、新陳代謝の促進など元気な身体を保つためには必須な栄養素が含まれます。血液中のアルコール濃度を抑制し、肝機能改善効果が期待されるGABAも含まれ、お酒のお供にも最適ですよ。繊維が多く筋っぽさが気になるので、子供には薄切りして繊維を断ち、食べやすく工夫しましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    シャキシャキした歯ごたえ、鮮やかな緑色が特徴のアスパラガス。料理に使うと彩りが良くなりますね。スーパーでは通年出回っている野菜ですが、旬は4~6月。4、5月は本州産、6月は北海道産と産地が変わります。旬のアスパラガスは、ほのかな苦みと甘みがあり、歯ごたえも良し。油との相性がいいので、オリーブオイルやごま油で炒めると風味も良く、アスパラガスにコクも出ます。アスパラギン酸が豊富で疲労回復に効果があります。代謝をサポートする役割のあるビタミンB群も豊富なので、ダイエットにも効果的。しかし、ビタミンB群は水溶性なので、ゆですぎには注意してくださいね。購入する際は太くて穂先が開いていないものを選びましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 【美味しいパスタの作り方】おすすめの人気レシピ20まとめ:絶品で簡単&定番どちらもまとめ!

    ランチやおもてなしなどにも大人気のパスタ。一口にパスタと言っても幅が広く、ソースや使用するパスタの種類によってそのレシピは膨大にあります。本場イタリアの味を再現しているパスタはもちろん、最近では和の食材を使用した和風のものや、エスニックなものなどアレンジを効かせたメニューもたくさんあります。簡単に作ることができて見た目にもオシャレで美味しいレシピもたくさんあります。今回は、簡単に美味しくできるパスタの人気レシピを、和風パスタ、トマトパスタ、クリームパスタ、オイルパスタ、その他のパスタと言うカテゴリーに分け、簡単につくれるパスタの調理法を紹介します。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社