キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

広告

うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

栄養価が高くスタミナ満点のうなぎ。うなぎには、目の働きをよくするビタミンAや、美肌や美容に効果があるビタミンB群、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果があるビタミンEなどが豊富で、美容食としても注目されています。記憶力や視力の回復をサポートするDHAや、中性脂肪を減らし、血液の流れを改善するEPAも多く含まれており、高血圧や心臓病、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞などの予防にも効果的な健康食材です。調理済みのうなぎの蒲焼きも売られており、忙しい日にも、少しのアレンジで、家庭の味に様変わりさせられるのも魅力の一つです。
この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■☆大麦入りご飯を用いた夏バテ解消ヘルシーうなぎ丼

最初におすすめする「うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選」は、 「☆大麦入りご飯を用いた夏バテ解消ヘルシーうなぎ丼」です。
手作りのたれがポイント。夏におすすめの一品です。うなぎのかば焼きは二口大にカットし、レンジで温めます。うなぎの頭部としょうゆ、みりん、日本酒、砂糖を合わせて鍋に入れ、ひと煮立ちさせて冷まします。大麦入りのご飯を圧力釜で炊き、よく蒸らします。器にごはんを盛ってネギを散らし、タレをかけます。かば焼きをのせて山椒粉をふり、ネギをトッピングしたら完成です。

☆大麦入りご飯を用いた夏バテ解消ヘルシーうなぎ丼

材料
材 料(2人分)(1)ウナギのかば焼き(市販品) 特々大1尾 (2)白(青)ネギ1/3本 (3)山椒(粉)瓶入り 小さじ1ぱい <かば焼きのたれ> (1) 鰻の頭部1切れ(2)しょうゆ(濃口)大さじ2はい (3)みりん 大さじ2はい (4)日本酒 大さじ2はい (5)砂糖 大さじ1ぱい
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1840006676/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■いんげんとゴボウも入れて、うなぎの散らし寿司~♪

楽天レシピ

2番目におすすめする「うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選」は、 「いんげんとゴボウも入れて、うなぎの散らし寿司~♪」です。
食べ応えばっちりな一品です。いんげんは斜めにスライスして塩茹でし、水気を切ります。鍋に薄い乱切りにしてあく抜きをしたゴボウと水、砂糖、酢を入れ、一煮立ちさせて煮ます。かために炊いたごはんに、砂糖、酢、塩、野菜を加えて混ぜます。フライパンにクッキングシートを敷いて、食べやすい大きさに切ったうなぎ、酒と添付のタレを入れて蒸します。皿に寿飯を盛り、うなぎを乗せて完成です。

いんげんとゴボウも入れて、うなぎの散らし寿司~♪

材料
(2人分) うなぎの蒲焼1尾 ☆添付のうなぎのタレ(山椒入り)10cc 米1.5合 砂糖大さじ2 酢大さじ2 塩小さじ1 いんげん2本(48g) ゴボウ1/2本 ☆ゴボウ用 砂糖小さじ1 ☆ゴボウ用 酢小さじ1 ☆うなぎ用酒大さじ2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1600011349/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■カリっと焼き上げた鰻丼

楽天レシピ

3番目におすすめする「うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選」は、 「カリっと焼き上げた鰻丼」です。
外はさっくり、中はジューシー。うなぎのうまみが詰まった一品です。鍋にみずとしょうゆ、酒、みりん、砂糖を入れて味を調え、たれを作ります。うなぎは四等分に切ります。ガスコンロの上に網をセットし、強火で1分ほど外を焼き、弱火にして2分ほど、中まで火が通るように焼きます。器にご飯を盛り、うなぎをのせてタレをかけたら出来上がりです。

カリっと焼き上げた鰻丼

材料
(2人分) 鰻一匹 醤油大さじ2杯 酒大さじ1杯 みりん大さじ1杯 砂糖大さじ2杯
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1170004092/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■キュウリと和えるだけ 鰻ざく

楽天レシピ

4番目におすすめする「うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選」は、 「キュウリと和えるだけ 鰻ざく」です。
おつまみにもおすすめ。うなぎの端っこをアレンジしたレシピです。レモンがポイント。さわやかな味わいが一品です。きゅうりは小口切りにして塩を振って5分ほど置き、水気を絞ります。うなぎの蒲焼きは温め、ざく切りにします。きゅうりとうなぎをボウルに入れて、すし酢とレモン汁で和えたら出来上がりです。

キュウリと和えるだけ 鰻ざく

材料
(3人分) キュウリ2本 鰻蒲焼き4cm分くらい すし酢大さじ1 レモン汁(ポッカ)小さじ1/2 塩小さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1060010781/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■うなぎ白焼きぱりぱり焼き

楽天レシピ

5番目におすすめする「うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選」は、 「うなぎ白焼きぱりぱり焼き」です。
パクチーがアクセントになった一品。レンジでできる簡単レシピです。パクチーは刻みます。うなぎの白焼きに料理酒を振り、200℃のトースターで30分ほど焼きます。さらに、トースターの温度を250℃に上げ、5分ほど焼きます。うなぎを食べやすい大きさに切り、かば焼きのたれをかけ、パクチーを散らしたら出来上がりです。

うなぎ白焼きぱりぱり焼き

材料
(2人分) うなぎ白焼き2尾 料理酒約大2 かば焼きのたれ約大4 パクチー2本
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1470014125/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

うなぎ に関連する記事

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    私たちが最もうなぎを身近に食べるときは「土用の丑の日」ではないでしょうか。この習慣が始まったのは江戸時代、医者であり発明家だった平賀源内が鰻屋から商売の相談を受け、「丑の日」に「う」のつく食べ物を食べると夏やせしないと言われたことから「本日丑の日」と書いて店先に出すことを提案したところ大変繁盛した、という有名な話から、「暑い日が続く夏には元気が出るようにうなぎを食べよう」という習慣がうまれました。実際にうなぎにはビタミンAが特に豊富に含まれ、ウイルスや最近への抵抗力を強くして免疫力を高めてくれる効果が期待されます。他にも、ビタミンB群、D、Eや、DHA、EPA、カルシウ、亜鉛なども豊富に含むため、暑さで疲れやすい季節には積極的に食べると良い栄養がぎゅっと凝縮されていますね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    うなぎといえば「高級品」のイメージがありますが、「食べるとスタミナがつく」と言われるように、とても栄養価が高い食材です。うなぎに含まれるビタミンAは、免疫力をアップするはたらきがあり、風邪予防に効果があります。また、ダイエットに効果的なEPA(エイコサペンタエン酸)、脳の神経細胞を活性化するDHA(ドコサヘキサエン酸)、肌トラブルの改善やストレス解消を促すビタミンB群など、様々な栄養が含まれています。「かば焼き」で食べるのがポピュラーですが、ぜひ、さまざまな料理に取り入れて、積極的に食べたいものです。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    うなぎはスタミナ満点ですので夏バテ解消に良く、年齢問わず子供から大人まで人気がある食材です。栄養面ではビタミンA、ビタミンB2が豊富に含まれていますので滋養強壮、視力回復にも効果的です。うなぎにはレチノールという動物性ビタミンAが含まれていますので過剰摂取にならないよう、特に妊娠初期の妊婦は食べすぎに注意が必要です。うなぎと言えば蒲焼を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。うなぎの蒲焼を使って揚げたアレンジレシピが数多くありますので厳選して紹介します。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    一般にうなぎと言われているものはニホンウナギのことを示し、中国やオーストラリアからの輸入が多いのが現状です。夏バテに効くと言われているうなぎには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。中でもビタミンAが多く含まれており、うなぎを100g食べると1日に必要とする量を摂ることが出来ます。うなぎの食文化は日本各地でも異なり、例えば関東では蒲焼きや白焼きがあります。中部では名古屋のひつまぶしが有名ですよね。また九州の福岡県柳川市には、ご飯にウナギのタレを絡めてウナギの蒲焼きをのせ蒸す「せいろ蒸」があります。手ごろな価格で購入できる輸入うなぎを使ってうなぎ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    土用の丑の日にうなぎを食べる風習が日本にはありますが、うなぎには他の魚に比べて他を寄せ付けないくらいにビタミンAの含有率が多く、100gで成人の1日に必要な量を保有しています。ビタミンAは目の働きを良くしたり、がんを抑制する働きをしてくれる栄養素で、一般的な魚のビタミンAは内臓に集まるので処理されがちです。しかし、うなぎは体全体にビタミンAがいきわたっているのでどの部分を食べても栄養が摂れます。また、ビタミンA以外にもコレステロールや中性脂肪など血管や血液に関する病気の予防にも効果があるEPAや美肌や老化防止の効果が期待できるビタミンEが多く含まれているので日々の生活に取り入れたい食材ですよね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社