キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

12,748 views

広告

にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

にんにくは独特な香りが特徴的で非常にパワーがある食材です。にんにくには免疫力をアップさせる働きやがん予防、疲労回復効果などがあります。女性に嬉しい効果には冷えの改善、アンチエイジング、美肌があります。にんにくを摂取すると交感神経が刺激されるので全身に血液が流れて体が温まり、血流が良くなることで美肌効果が現れます。またにんにくには抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果があり老化を予防する働きがあります。にんにくを使った料理は香りが良く食欲が増します。がっつりと食べたい方や体力を付けたい方にうってつけの食材です。
この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■男子ウケ抜群!がっつりステーキ丼

楽天レシピ

最初におすすめする「にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選」は、 「男子ウケ抜群!がっつりステーキ丼」です。
牛ステーキ肉を使った丼のレシピです。にんにくを使っているのでがっつりと食べたい方におすすめです。息子さんや旦那さんが喜ぶメニューなのでぜひ作ってみてください。ステーキ肉におろしたにんにく、塩、ブラックペッパーをよくすり込みます。サラダ油を塗り30分程度休ませたらフライパンで焼きます。ウスターソースなどの調味料を加えさっと焼いたら完成です。

男子ウケ抜群!がっつりステーキ丼

材料
(1〜2人分) ご飯丼1〜2杯分 牛ステーキ肉約200g おろしニンニク小さじ1 塩少々 ブラックペッパー少々 サラダ油大さじ1 万能ネギ1/2本位 ◎ウスターソース大さじ1 ◎醤油大さじ1 ◎みりん大さじ1 ◎酒大さじ1 ◎はちみつ大さじ1 ◎酢小さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1510019634/

■がっつり!豚肉丼(生姜焼き)

楽天レシピ

2番目におすすめする「にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選」は、 「がっつり!豚肉丼(生姜焼き)」です。
豚肉とネギを使った丼のレシピです。ボリュームたっぷりでがっつりと食べたい方にぴったりのメニューです。簡単に作ることができるのでぜひ作ってみてください。豚肉は食べやすい大きさに切り小麦粉をまぶしてフライパンで焼きます。みりん、すりおろしたにんにくなどの調味料を入れ、タレがお肉に絡んだらご飯の上に盛って出来上がりです。

がっつり!豚肉丼(生姜焼き)

材料
(3人分) 豚薄切り肉250g 小麦粉適量 長ねぎ(白い部分)1本 ☆みりん大さじ2 ☆醤油大さじ4 ☆すりおろしニンニク1片分 ☆すりおろし生姜2片分 ご飯丼3杯
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1120002035/

広告

■ガッツリ!茄子と鶏肉のニンニク味噌炒め

楽天レシピ

3番目におすすめする「にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選」は、 「ガッツリ!茄子と鶏肉のニンニク味噌炒め 」です。
鶏肉やナスなどの野菜を使ったにんにく味噌炒めのレシピです。にんにくを使っているのでスタミナ満点です。がっつりと食べたい方におすすめなのでぜひ作ってみてください。フライパンに鶏肉やナス、ピーマンなどの野菜を入れて焼いたらにんにく、味噌などの調味料を入れて絡めます。すりごまをたっぷりと入れて軽く混ぜ合わせたら出来上がりです。

ガッツリ!茄子と鶏肉のニンニク味噌炒め

材料
(2人分) 鶏肉250-300g 茄子2本 ピーマン2個 ★味噌大さじ1 ★酒大さじ2 ★醤油小さじ2 ★砂糖小さじ1 ★おろしニンニクチューブ可)大さじ1 すりごまひとつまみ
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1990030861/

■鶏の手羽元ではちみつ醤油照り焼き♡

楽天レシピ

4番目におすすめする「にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選」は、 「鶏の手羽元ではちみつ醤油照り焼き♡」です。
手軽な価格で購入できる鶏の手羽元を使ったおかずのレシピです。にんにくチップを使っているので風味が良くがっつりと食べることができるメニューです。ご飯によく合うのでぜひ作ってみてください。ポリ袋に乾燥にんにくチップ、酒、蜂蜜、醤油を入れて軽く混ぜ合わせたら鶏手羽元を入れて揉み込み、フライパンでしっかりと焼いて完成です。

鶏の手羽元ではちみつ醤油照り焼き♡

材料
(2~4人分) 鶏手羽元8本 酒大さじ1 はちみつ大さじ1 醤油大さじ2 乾燥にんにくチップ4~6枚
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1220014243/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■ピリッと旨い 花椒で炒めたナスと豚バラ丼

楽天レシピ

5番目におすすめする「にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選」は、 「ピリッと旨い 花椒で炒めたナスと豚バラ丼」です。
豚バラ肉と茄子が組み合わさった丼のレシピです。にんにくや花椒を使っているのでピリッとした味わいに仕上がっています。がっつりと食べたい方におすすめなのでぜひお試しください。フライパンを熱しにんにく、生姜、油を入れ香りが出てきたら豚肉、なすを入れて炒めます。醤油、ウェイパー等の調味料を入れ水溶き片栗粉でとろみを付けたら完成です。

ピリッと旨い 花椒で炒めたナスと豚バラ丼

材料
(2人分) なす小3本 豚バラ肉200g 花椒大さじ2/3 にんにく1片 しょうが1片 ☆醤油大さじ1 ☆酒大さじ1 ☆ウェイパー orチキンコンソメ小さじ1 ☆水200ml 細ねぎ3本 塩、胡椒各適量 ご飯お茶碗大盛り2杯 水溶き片栗粉大さじ2強
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1140015770/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

にんにく に関連する記事

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    にんにくの多くは中国産のものが出回っていますが、日本では青森県がにんにく総生産量の多くを占めています。にんにくの旬は初夏の6月から8月ごろに収穫のピークを迎えます。選び方は粒が固い物を選ぶようにし、軽いものは避けるようにしましょう。にんにく特有の臭いはアリシンという物質です。この成分はビタミンB1の吸収助ける作用があり、疲労回復に効果があります。保存方法は、多湿や高温を避けて涼しい場所に置くようにしましょう。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    にんにくといえば「体にいい」「スタミナがつく」というイメージがあります。にんにくは玉ねぎと同じ鱗形(りんけい)という部分、つまり球根を食べます。これは地下茎の一種で、たっぷり養分を蓄えています。にんにく特有のにおいのもとになる成分が「アリシン」といい、たんぱく質の消化を促したり、代謝を高めたり、胃液の分泌を促したりします。このはたらきが疲労回復へ繋がります。また、豊富に含まれるビタミンB1と結びついて、さらに疲労回復に高い効果を発揮してくれるのです。にんにくはおもに料理の香りづけに使われますが、にんにくそのものを漬物にして食べたり、刻んで調味付けして食べたりといろいろな食べ方があります。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    疲労回復や食欲増進のイメージのあるにんにくですが、生で切ったりすりおろすと匂いも強いですよね。実はこの匂いに含まれているアリシンという成分は殺菌と抗菌効果があります。にんにくのにとっては細菌やカビだけでなく、昆虫や動物からも身を守る役割を担っています。人間の体では様々な菌から守るとも言われており、サルモネラ菌やチフス菌、更にはピロリ菌に対しても有効であるという研究報告もあがっているといわれており、期待のできる食材でもあります。そんな強力なにんにくですが、刺激もあるため、食べすぎには注意が必要です。生や加熱など、いろいろな方法でのにんにく料理に挑戦してみてください。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    風味や味のアクセントに使えるにんにく。旬は5月から10月です。良いにんにくの選び方は外側の皮の色が白くてツヤがあり、ふくらみがあって、一片ずつ隙間がなく茎にしっかり付いている物です。にんにくの香りの元は「アリシン」という成分です。この「アリシン」には強い殺菌作用があり、ビタミンB1と一緒に摂取することで、吸収されやすくなります。香りが気になる方は乳製品やタンパク質の多い食材と一緒に食べることで、においを消せるのです。にんにくにはカリウムやビタミンB2、ナイアシンなどのさまざまな栄養が含まれているので健康に良いのです。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ニンニクの風味を料理に加えるだけで食欲が増してきますよね。ニンニクの栄養効果に注目したサプリメントなども近年流通しています。加工法や調理方法によって成分が変わる特徴を持っているニンニクは、体調に合わせて使い分けることがポイントです。殺菌効果には生のままのニンニクをスライスしていただき、抗血栓・抗酸化・強壮作用にはスライスや潰したニンニクを炒めたり鍋物に入れて使います。体温上昇にはニンニクを茹でてから潰して料理に活用します。また、スライスやみじん切りにしたニンニクを油で炒めると独特の臭いを抑えて食欲のでる香りに変わりますよ。栄養効果が高いニンニクですが食べ過ぎると胃が荒れてしますので注意しましょう。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社