キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

広告

キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

程よい酸味と辛味のあるキムチ。単独で食べるのはもちろんのこと、野菜と一緒にしても、肉と一緒に炒めても、ご飯にのせてもよく合いますよね。もともとキムチは、朝鮮半島の厳寒期に備えて作られた非常食で、野菜を塩漬けしたものが始まりと言われています。これに香辛料やニンニク、山椒などが加えられ、現在の姿に進化してきました。味わいが特徴的なのはもちろんですが、乳酸発酵によるうま味もキムチならではの味わいです。そして、香辛料にはカプサイシンが含まれているため、体を温めてくれる効果もあります。乳酸菌もたっぷり入っているため、腸内環境を整えるのにも最適です。
この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

夫婦関係を修復したい…
夫婦問題でお悩みの方へ

夫婦カウンセラーの存在をご存知ですか?
探偵に依頼した人の中の約70%が復縁しています(※)。
探偵調査で真実を知り、今後の解決方法を冷静に考えることが大切です。
夫婦関係を再スタートするためにも、再構築のノウハウが豊富な夫婦問題の専門カウンセラーに相談してみませんか?

■栄養満点!腹いっぱい!納豆キムチーズサンド

楽天レシピ

最初におすすめする「キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「栄養満点!腹いっぱい!納豆キムチーズサンド」です。
とろみのある納豆とキムチがよく合う。まろやかな味わいの納豆キムチのサンドイッチです。はじめに、食パンにマヨネーズを塗ります。納豆にたれを入れたらよく混ぜましょう。キムチは納豆の上に乗せてください。そこへ納豆ものせたら広げてください。もう片方のパンにチーズやのりをのせたらトースターで焼き、サンドすれば完成です。

栄養満点!腹いっぱい!納豆キムチーズサンド

材料
(1~2人分) 食パン(5~8枚切)2枚 マヨネーズ大さじ1 納豆(45g)1パック 納豆に添付のたれ1袋 キムチ大さじ1 とろけるスライスチーズ1枚 味付け海苔3枚
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1310007031/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■おつまみに♡おやつに♡一口ピザ♡簡単キムチーズ

楽天レシピ

2番目におすすめする「キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「おつまみに♡おやつに♡一口ピザ♡簡単キムチーズ」です。
おやつにも、おつまみにもピッタリなキムチの入った一口ピザのレシピです。はじめに、餃子の皮にキムチをのせます。一気にのせすぎると餃子の皮がふやけてしまうので気を付けてくださいね。次に、キムチをのせた餃子の皮の上にお好みでチーズをのせてください。最後にオーブントースターでチーズが溶けるくらいまで焼いたらできあがりです。

おつまみに♡おやつに♡一口ピザ♡簡単キムチーズ

材料
(2人分) 餃子の皮6枚 ピザ用チーズ大さじ5 キムチ大さじ5
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1760016246/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■おつまみ・おやつにも☆キムチとニラのチヂミ

楽天レシピ

3番目におすすめする「キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「おつまみ・おやつにも☆キムチとニラのチヂミ」です。
さっと簡単にできる、おやつ。キムチとにらのチヂミです。まずはじめに、にんじんは千切り、にらは5センチ幅にカットします。ボウルにカットしたにんじん、にら、キムチ、チヂミ粉、水をいれたら全体をよく混ぜ合わせてください。フライパンにごま油をひいたらチヂミの液を流しいれ、両面を押し付けながらしっかり焼きます。お皿に移せば完成です。

おつまみ・おやつにも☆キムチとニラのチヂミ

材料
(1人分) チヂミ粉60g 水90ml キムチ60g ニラ30g 人参20g ごま油大さじ2分の1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1080016913/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■春巻の皮で作る‼︎和風キムチピザ

楽天レシピ

4番目におすすめする「キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「春巻の皮で作る‼︎和風キムチピザ」です。
春巻きの皮で作る和風キムチピザのレシピです。おかずにもおやつにもどうぞ。はじめに、お皿にラップをしいたら春巻きの皮をのせます。そこへ溶き卵を塗ってください。さらに海苔をのせたら卵液をぬり、春巻きの皮を重ねます。大葉やキムチも挟んだらチーズをのせます。最後にオーブントースターで程よく焼いたらできあがりです。

春巻の皮で作る‼︎和風キムチピザ

材料
(1〜2人分) 春巻の皮3枚 溶き卵大さじ3 海苔6枚 大葉4〜6枚 醤油少々 キムチ30g ピザ用チーズ(国産)50g
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1670018576/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■キムチいももち

クックパッド

5番目におすすめする「キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「キムチいももち」です。
何個でも食べられちゃう。もちもちの食感とキムチバターがよく合う。おやつにもピッタリないももちです。まず、じゃがいもは洗って水気がついたままラップに包んだらレンジで加熱します。加熱したじゃがいもは皮をむいたら潰してください。そこへキムチ、万能ねぎ、片栗粉、塩を加えたら混ぜ合わせて成型します。バターで焼いたら完成です。

キムチいももち

材料
(2人分(直径6㎝のもち6個分)) ご飯がススムキムチ(細かく刻む)100g じゃがいも2個(250g) 万能ねぎ(小口切り) 1本 (A)片栗粉 大さじ5 (A)塩小さじ1/4 バター15g
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/3820180

広告

キムチ に関連する記事

  • キムチを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    キムチは韓国が発祥の漬物で、白菜・塩・唐辛子・にんにくなどを使っています。日本で作られている和風キムチは浅漬けに調味液を使ってキムチ風に仕上げて、日本人の口に合うように作られています。韓国式のキムチは魚介の塩辛が発酵したものを使用しているため、独特の発酵臭があります。キムチはそのまま食べるのはもちろん、スープや炒め物にもよく合いピザの具材にも使われて洋風の料理にも使われます。キムチは発酵食品なので体によく、キムチに含まれる乳酸菌はヨーグルトの100倍と言われています。好き嫌いが分かれるキムチですが、体にいい栄養素を多く含んでいるのでぜひ料理に取り入れましょう。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

    キムチは発酵食品です。様々な栄養が豊富に含まれています。キムチにはダイエット効果があります。唐辛子の成分であるカプサイシンが脂肪を燃焼する効果があります。また食物繊維が豊富に含まれているため便秘解消にも効果的です。キムチは発酵食品ですので乳酸菌が含まれています。キムチの漬け汁にも乳酸菌が含まれていますので汁ごと料理に使うと良いです。キムチは辛くてクセになる食材です。そのままでもおいしく召し上がることができますが、炒め物や鍋などの煮込み料理などにもよく合う食品です。中でも煮るレシピは豊富にありますのでおすすめです。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    キムチは朝鮮半島の保存食であり、厳寒期に備えて作られるようになりました。白菜などの野菜・唐辛子・にんにく・魚介塩辛などを使った発酵食品で、独特の臭いと味がするため好き嫌いが分かれることもあります。唐辛子を大量に使っているためかなり辛く、乳酸発酵による酸味とうま味がご飯によく合います。キムチに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。その他にもビタミンB群や食物繊維も豊富で、体にいい栄養素を多く含んでいるのでぜひ毎日の食事に取り入れたい食材です。豚キムチやキムチ鍋などキムチを使った人気料理も多く、和の食材だけでなくチーズやマヨネーズなどともよく合い、色々なアレンジを楽しめるのも魅力です。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    日本でも今や一般的に食べられるキムチ。キムチには乳酸菌が豊富に含まれていますが、キムチの乳酸菌は植物性乳酸菌で、動物性乳酸菌よりも酸に強く、胃を通り抜けて生きたまま腸に届きやすいという利点があります。そのため腸の善玉菌を増やして、腸内環境を整える効果があるんです。腸の調子と免疫力は関係するため、腸内環境が良ければ、免疫力保持につながります。また、糖質や脂質の代謝を促すビタミンBや整腸作用のある食物繊維も多く含まれているので、ダイエットや便秘に悩む人にはおすすめです。生で食べられるキムチは、サラダにトッピングするのもおすすめです。マンネリしがちなサラダに、ほど良いアレンジを効かせてくれます。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    キムチは白菜などの野菜を塩漬けして唐辛子や香味野菜などで漬け込み発酵させた食品です。唐辛子の辛味が特徴的で、そのまま食べるのはもちろん、寒い冬には鍋やスープに入れて食べると体も温まりますよね。キムチに含まれる乳酸菌は植物性の乳酸菌で、胃酸に強く生きたまま腸に届くことから、腸内環境を整えてくれる作用が知られています。熱にも強いとされていますが、生きた菌を体内に取り入れるにはなるべく50度を超えない調理方法をおすすめします。キムチと他の野菜を併せ腸活にチャレンジしてみてくださいね。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社