キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

女性必見!美肌効果があるルッコラの人気レシピ20選

広告

女性必見!美肌効果があるルッコラの人気レシピ20選

春と秋が旬のルッコラは、ごまの様な香りとピリッとした辛みがくせになる緑黄色野菜で、地中海沿岸の原産です。ルッコラの香りを活かして生のままサラダで食べたり、カルパッチョ、ピザ、生ハムと一緒に食べるのもおすすめ。さっと炒めて炒め物やパスタの具材にしたり、お浸しにしても美味しいですよ。

この記事では、ルッコラの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、サンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ルッコラの栄養素について

ルッコラは、地中海地方原産のアブラナ科の緑黄色野菜で、ごまのような香りとピリッとした辛みが特徴。
β-カロテンやビタミンC、ビタミンEが豊富で、どれも抗酸化作用を持つ栄養素です。β-カロテンは粘膜や皮膚の調子を整えてくれます。ビタミンCは肌にハリをもたせ、ビタミンEは血管や肌の老化を防ぐ働きがあるので、美肌効果が期待できますよ。

美肌以外にも、βカロテンとビタミンCとの相乗効果は、病気や老化の原因となる活性酸素の発生を抑える作用、免疫力向上、感染症の予防にも効果があると言われています。また、ルッコラを食べた時に感じる辛みは、グルコシノレートという成分で、デトックス効果があり、アルコールを飲んだ時など肝臓に負担をかけにくくする働きもあります。

ルッコラの選び方・保存方法について

ルッコラの旬は、4月~7月、10月~12月。
茎がしっかりしていて、葉先までピンと張っているもの、つやがあるものを選びましょう。葉は淡い緑でギザギザのないものが若芽で食べやすいです。緑が濃いものは、風味が強く、辛みが強い場合もあるので注意しましょう。

ルッコラの保存方法は、根を切らずにつけたまま保存すると日持ちしますよ。乾燥しないように水分を保つことがポイント。ルッコラを塗れたキッチンペーパーで包み、ビニール袋などに入れて野菜室で保存しましょう。保存の際には、寝かせるのではなく立てて保存するのが良いです。冷蔵庫で4~5日程、保存することが可能。それ以上保存したい時は、加熱処理をして冷凍保存がおすすめです。冷凍の際は、金属製のトレーなどに乗せて急速冷凍しましょう。

ルッコラのサラダレシピ

■焼肉風カルビサラダ大葉巻

楽天レシピ

最初におすすめするルッコラのレシピは「焼肉風カルビサラダ大葉巻」。ルッコラなど野菜をたっぷり取れますよ。
作り方は、ビニール袋にコチュジャン、にんにく、醤油などを入れて混ぜ、肉を30分以上漬け込みます。フライパンに油をしき、肉を焼きましょう。洗って水気を切ったルッコラやレタスなどを皿に広げ、焼けた肉で大葉やかいわれ大根を巻き、皿に盛ります。残った漬け汁をフライパンに入れて一煮立ちさせ、上からタレをかけてください。白ごまを振って出来上がり。コチュジャンの効いたタレが食欲をそそります。

野菜をいっぱい食べられる!焼肉風カルビサラダ大葉巻

材料
(2〜3人分)牛肉(カルビ焼肉用)300g位★コチジャン小さじ1★大蒜チューブで3cm位★お酒大さじ1★砂糖大さじ2★醤油大さじ3★ブラックペッパー少々大葉肉の枚数分かいわれ大根1パックベビーリーフ2/1袋ルッコラ2/1袋レタス1枚白ゴマ適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1180007872/

■ツナとルッコラのサラダ

楽天レシピ

続いておすすめのルッコラのレシピは「ツナとルッコラのサラダ」。レモン汁の爽やかさと粉チーズの香りがよく合うヘルシーなサラダです。
作り方は、ルッコラを洗って食べやすい大きさに切り、水気を切ります。ボウルに、汁気を切ったツナ、レモン汁、粉チーズ、オリーブオイルなどを入れて混ぜ合わせます。ルッコラを入れて和えます。お皿に盛り、粉チーズをお好みの量振りかけたら出来上がり。ブラックペッパーを使うと、ピリッとした良いアクセントになりますよ。

レモンでさっぱり♪ツナとルッコラのサラダ✿

材料
(2~4人分)ルッコラ1袋(3~4わ)ツナ(ノンオイルタイプ)1缶(70g)レモン汁大さじ1塩2~3つまみ胡椒・すりおろしにんにく各少々粉チーズ2ふりオリーブオイル大さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1760021487/

広告

■ルッコラとトマトの簡単サラダ

楽天レシピ

次に紹介するルッコラのレシピは「ルッコラとトマトの簡単サラダ」。ルッコラの緑とトマトの赤が映える簡単でおしゃれなサラダです。
作り方は、ルッコラとトマトをよく洗い、食べやすい大きさに切ります。ボウルにポン酢とオリーブオイルを入れて混ぜ合わせ、水気を切ったルッコラとトマトを入れて和えたら出来上がり。クリームチーズや細切りチーズなどを一緒に加えるのもおすすめです。お好みで黒胡椒を振っても◎。

ルッコラとトマトの簡単サラダ

材料
(3~4人分)ルッコラ1束(100g)トマト1個ポン酢大さじ2オリーブオイル大さじ3お好みで黒胡椒適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1860004327/

広告

野菜 に関連する記事

  • ニラ料理のレシピ・【人気の作り方のみ20選】:卵や豚肉との相性バツグン!

    独特の強い香りが特徴で、スタミナ食材としても知られる緑黄色野菜の「ニラ」。ニラ玉、レバニラ炒め、チヂミなど、中華料理や韓国料理でよく登場するお馴染みの食材ですね。栄養豊富で価格も安く、一年中手に入ることから、様々な料理に利用できる万能食材でもあります。暑さで食欲が出ない夏や、冷えで体調を壊しやすい冬、スタミナをつけたり、体を温め血行を促進するニラの効用を是非活用したいですよね。 そこで今回のまとめでは、レシピサイトで人気のニラ料理のレシピを集めました。おかずレシピ、チヂミレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・パスタレシピに分けて、様々なレシピを紹介します。3分で調理可能な時短レシピもありますので、是非、チェックしてみてください。

  • 【オクラ料理の作り方】人気のレシピのみ20選まとめ:オクラのいろいろな食べ方を紹介

    独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。鹿児島県で最も多く栽培されています。輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

  • 【ごぼうのレシピ】人気で美味しい作り方のみ20選まとめ:食物繊維たっぷりのごぼうをたくさん食べよう

    食物繊維豊富な野菜としてや、体を温めてくれる根菜の代表として知られる、土の香りがたまらない「ごぼう」。日本では青森や北海道などで多く生産され、晩秋から冬に旬を迎える滝野川ごぼうや、春先に旬を迎える「若ごぼう」など様々な品種があります。 ごぼうのうまみを楽しめるレシピを自宅で手軽に作れたら、毎日のご飯作りが楽しくなりますね。パスタや煮物など作ってみたいと思える定番料理から、斬新なアイディアが光る個性派料理まで、カテゴリーに分けてわかりやすく紹介していきます。忙しい日にパパッと作れるレシピもたくさんあるので、要チェックです。

  • 【玉ねぎを使った料理】人気で美味しいレシピのみ20選まとめ:いろんな料理が楽しめる!

    玉ねぎは常温で2か月以上も保存できる便利な野菜です。常備野菜としてどの家庭でも欠かさず買われている野菜のひとつではないでしょうか。北海道で日本の生産量の約半分が作られており一年を通して手に入りますが、春には採れたてで柔らかく甘い「新玉ねぎ」が店頭に並びます。 定番野菜の玉ねぎですが、味噌汁やカレー、肉じゃがなどの定番料理に使うだけになりがちです。そこで今回は玉ねぎを使ったレシピを、おかず、煮物・煮込み、ごはん・パスタ、スープ・味噌汁のカテゴリーに分けて紹介します。

  • 【トマトを使った料理】人気レシピ厳選まとめ:サラダやパスタなどのレシピを紹介

    トマトはナス科トマト属の1年生果菜です。インカ帝国で古くから栽培されていた歴史の古い野菜ですが、外国に伝わり食用として栽培されるようになったのは、比較的最近のことです。現在では世界中で約8000の品種があり、日本でも120種ほどが栽培されています。夏野菜のイメージですが高温多湿を嫌うので、旬の時期は春~初夏と、秋~初冬。熊本県で最も多く栽培されています。生のままでも食べられるため、カットしてそのまま食べたりサラダにしたりする程度になってしまいがちなトマトは実は加熱調理にも適した万能野菜なのです。そこでトマトのサラダ、スープ、おかず、パスタ・ごはんレシピのカテゴリに分けてトマトレシピをたっぷり紹介します。

広告

今週のおすすめ記事

  • 免疫力アップにも☆キャベツのおすすめダイエットレシピ20選

    キャベツは春、夏秋、冬と3回の旬を迎える一年中人気のアブラナ科の野菜です。ビタミンや葉酸を多く含み栄養価も高くダイエットにも人気でしょう。どんな食材や調理法にも合い、千切りのサラダや炒め料理、煮込み料理などのレシピがあります。作り方次第でいろんな料理になる万能な食材でしょう。 この記事では、キャベツのダイエット効果や栄養に加え、キャベツのサラダレシピ、キャベツのスープレシピ、キャベツの大量消費レシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    子どもが大好きな果物として人気のりんご。皮のままでも食べられてほどよい酸味と甘みが食べやすく、お菓子によく使われます。デザートだけでなく料理にも使うことができ、肉料理と相性抜群です。その他にもソースやマリネ液などにもよく使われ、デザートから料理まで幅広く使える万能な果物です。「1日にりんご1個食べると風邪を引かない」と言われるほど、りんごには体にいい栄養素が含まれています。りんごには胃腸の働きをよくする有機酸、高血圧に効果があるカリウムなどが含まれ、りんごの皮にはポリフェノールが豊富に含まれています。普段は生で食べることが多いりんごですが、 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【唐揚げのレシピ】人気で美味しい作り方を20選まとめ:下味のつけ方からアレンジまで!

    唐揚げと言えば、日本特有の調理法で老若男女に大人気。唐揚げは鶏肉の唐揚げに代表されるように食材に片栗粉や小麦粉をまぶして油で揚げた料理です。魚の唐揚げや野菜の唐揚げなども、全て唐揚げに分類されます。揚げたてはもちろん冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにも好まれます。 そんな人気の唐揚げですが、家庭で作るとなると鶏肉一辺倒でマンネリになりがちだったり、パサついたりべたついたりしてうまく調理できなかったりしがちです。そこで今回は、唐揚げのおいしいレシピ・作り方をまとめました。人気の鶏もも肉唐揚げ、〇〇の唐揚げ、唐揚げのごはん、唐揚げのアレンジのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

  • 鮭を使った今人気のレシピ・作り方厳選20:定番のホイル焼きからアレンジまで

    日本の食卓に欠かせない鮭は、子供から大人まで幅広い世代に人気がある魚です。夏の終わりから秋にかけて旬をむかえますが、年間を通して手頃な価格で手に入るため、使いやすく家計にもやさしい食材です。鮮やかな赤い身の色をしていますが、それは赤い色のエビやカニをエサにしているためで、実は白身魚に分類されています。シンプルにムニエルにしたり、野菜やキノコ類とともにホイル焼きにしたり、クリームとからめてパスタソースにしたりと、調理方法や料理ジャンルを問わないバリエーションの豊富さも魅力のひとつです。そんな万能な食材の鮭を使う定番レシピからアレンジレシピまで幅広く紹介します。

  • 女性必見!美肌効果があるルッコラの人気レシピ20選

    春と秋が旬のルッコラは、ごまの様な香りとピリッとした辛みがくせになる緑黄色野菜で、地中海沿岸の原産です。ルッコラの香りを活かして生のままサラダで食べたり、カルパッチョ、ピザ、生ハムと一緒に食べるのもおすすめ。さっと炒めて炒め物やパスタの具材にしたり、お浸しにしても美味しいですよ。 この記事では、ルッコラの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、サンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

  • 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

    どの家庭にもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、卵ですよね。スーパーでよく特売商品として並ぶほど、安くて家計にも優しい栄養価の高い食材です。メイン料理にもサブ料理にもなれる卵は和食や洋食、スイーツなどにも利用され、バリエーション豊かな万能食材として人気があります。献立にうまく取り入れられれば料理のレパートリーはいくらでも増えていくと言っても過言ではありません。 今回は卵の栄養素や調理法、簡単にできるおすすめレシピをいくつか紹介します。いつも同じような卵料理ばかり作ってしまう方は、ぜひレシピを参考にしてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

広告

商品を探す

キッチン用品を探す

野菜 に関連する記事

今週のおすすめ記事

広告

運営会社