キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

えのきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

広告

えのきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

えのきはキシメジ科エノキタケ属に属する食品で、本来はえのきたけと呼ばれています。鍋ものの具材や和え物などに使われることが多いえのきは、エノキやナラの広葉樹に寄生しますが、人口栽培が主流のため年間を通して店頭で購入できます。選び方のポイントは、傘が小ぶりで軸に張りが有る物を選びましょう。保存方法は、未開封ならそのまま冷蔵庫の野菜室で保存してください。開封したものは、ラップなどで包み冷蔵庫に入れるか食べやすい大きさに切り、密閉袋に入れ冷凍庫に入れ保存しましょう。えのきを調理するときは、歯ごたえを生かすために加熱しすぎに注意してください。
この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■★3種のキノコのコンソメバターライス★

楽天レシピ

最初におすすめする「えのきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選」は、 「★3種のキノコのコンソメバターライス★」です。
えのきなどを使って作るご飯レシピ。はじめに具材となる材料をそれぞれの大きさに準備します。バターとにんにくを入れたフライパンで玉ねぎを炒め、椎茸・しめぎ・えのきを加えてコンソメで味付けしましょう。あとはご飯を加え、胡椒と塩で味を調えてください。皿に盛り付けた後にパセリを散らすと彩りが良くなります。えのきなどから出てくる水分を飛ばすことがポイントです。

★3種のキノコのコンソメバターライス★

材料
(4人分)ご飯茶碗4杯分玉ねぎ1/2個椎茸3枚しめじ1/2株えのき1株〜1/2株おろしニンニク小さじ1バター20g顆粒コンソメ大さじ2ブラックペッパー5〜6振り位塩しょうしょう乾燥パセリ少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1510019655/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■ヘルシーでコクうま!焼ききのこの中華風炊き込みご飯

楽天レシピ

2番目におすすめする「えのきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選」は、 「ヘルシーでコクうま!焼ききのこの中華風炊き込みご飯」です。
まいたけ・しめじ・えのきを使って作る中華風炊き込みご飯のレシピ。まず炊飯器の中に洗米した米と水を入れ浸漬します。まいたけ・えのき・しめじをそれぞれの大きさに準備し、油を入れたフライパンで炒めます。炊飯器の中に調味料と炒めた具を入れ炊飯し、炊き上がったら器に盛り付けましょう。あとは小口切りのねぎを散らせば完成。炊飯するときの水は、調味料の分量を減らしています。

ヘルシーでコクうま!焼ききのこの中華風炊き込みご飯

材料
(2人分)お米2合アクアクララのお水炊飯器2合目盛りから大さじ2減らした分量まいたけ1パック(100g)ぶなしめじ1パック(100g)えのきたけ1/2パック(50g)青ねぎの小口切り適量A.オイスターソース大さじ1杯A.しょうゆ大さじ1/2杯A.酒大さじ1/2杯A.しょうが・おろし小さじ1/2杯
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1980025692/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■温まる☆きのこ雑炊

楽天レシピ

3番目におすすめする「えのきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選」は、 「温まる☆きのこ雑炊」です。
えのきとしめじを入れて作るご飯レシピ。まず石づきを切り落としたしめじをほぐし、えのきは半分の長さにカットしてほぐします。次に鍋の中に調味料・えのき・しめじを入れ加熱し、ご飯を加えて煮ましょう。あとは溶き卵を流し入れ、器に盛り付けたら海苔とネギをトッピングして完成。温かいご飯を使うので、調理時間が短くて済みます。簡単なレシピなどで忙しい朝にもピッタリです。

温まる☆きのこ雑炊

材料
(1人分)温かいご飯軽め1膳しめじ1/2株えのき1/4株*だし汁2カップ*酒、醤油各大さじ1*みりん大さじ1/4*塩少々卵1個もみ海苔、青ネギ小口切り各少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1780015378/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■いなりずし~雑穀ときのこの炊き込みごはん

楽天レシピ

4番目におすすめする「えのきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選」は、 「いなりずし~雑穀ときのこの炊き込みごはん」です。
えのき入りの炊き込みご飯を油揚げに詰めて作る一品。このレシピのポイントは、通常すし飯を油揚げに詰めて作るところを、えのき入りの炊き込みご飯に変えて作っているところです。油揚げの味付けは基本的な調味料を使っているので、時間に余裕が有る方はお試しください。市販の味付き油揚げを使うと、炊き込みご飯だけの準備だけになるので、より手軽にレシピを楽しめますよ。

いなりずし~雑穀ときのこの炊き込みごはん

材料
(10コ分)人分)米3合雑穀米米3合分えのき1株醤油・和風だしの素(炊き込みごはん用)大さじ3/小さじ1油揚げ5枚水400cc醤油・みりん/和風だしの素各大さじ2/小さじ1/2砂糖(甘めがお好みの方は多めに)小さじ2~大さじ1千切りしょうがの甘酢漬けふたつまみ(大さじ2位)
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620005302/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■食物繊維たっぷり!きのこ丼

楽天レシピ

5番目におすすめする「えのきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選」は、 「食物繊維たっぷり!きのこ丼」です。
えのきとひらたけを使って作るご飯レシピです。作り方は具材となる材料をそれぞれの大きさに準備します。油を引いたフライパンで豚肉・玉ねぎ・えのき・ひらたけ・千切り生姜を順番に入れて炒め、だし汁と調味料を加え煮ます。あとは器にご飯と具を盛り付けたら、温泉卵と小口切りのわけぎを散らして完成。舞茸・えのき・ひらたけを使い、ヘルシーにボリュームアップした一品です。

食物繊維たっぷり!きのこ丼

材料
(2人分)舞茸1/2パックえのき1/2パックひらたけ1/2パック玉ねぎ1/2個豚こま切れ肉150gごま油大さじ1だし汁1カップしょうゆ大さじ1.5みりん大さじ1酒大さじ1しょうが1かけごはん2杯温泉卵2個わけぎ適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1360014926/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

えのき に関連する記事

  • えのき料理の人気レシピまとめ:厳選した人気えのきレシピを紹介

    天然のえのきの旬は10月~11月ですが、今はほどんどが人工栽培となっているのでスーパーに行けば年中買うことができる食材。 えのきはサッと加熱して調理すればシャキッとした歯ごたえが楽しめ、煮て調理すればトロっとした食感が味わえます。価格も比較的リーズナブルな上、いろいろな料理に使える使い勝手のよさが人気の1つ。 この記事では、えのきの基礎知識に加え、えのきのおかずレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・麺レシピ、汁物レシピに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キノコキトサンが脂肪を燃焼!きのこダイエットのおすすめレシピ20選

    きのこと言えば、低カロリーで食物繊維が豊富なためダイエットには欠かせない食材ですね。それ以外にも、きのこにはキノコキトサンという成分があります。それはコレステロールや中性脂肪を減らし、脂肪燃焼効果があるという優れもので、それだけでサプリメントになるほど。そのため、最近きのこダイエットというのが人気です。 この記事では、<きのこ ダイエット>の基礎知識に加え、エリンギ、えのき、しめじ、しいたけ、きくらげ、マッシュルーム、色んなきのこにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね

  • ダイエットの味方【えのきを使った料理】おすすめレシピ・作り方20選

    カロリーの低い野菜として人気のえのき。店頭販売されているえのきはほぼ人工栽培で、特に旬の時期というのはありません。ただ鍋料理に入れる食材として人気のため、秋から冬にかけて販売量が多くなります。えのきはクセのない味で匂いもきつくないので、他の食材と合わせやすくスープや炒め物など様々な料理に使える野菜です。 この記事では、えのきの基礎知識に加え、えのきのダイエット効果、えのきダイエットの方法と注意点、えのきのおすすめダイエットレシピをご飯もの・スープ・おかずのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    えのきはコリコリとした食感が特徴的です。スーパーで選ぶときは持った時に全体的に締りがあるものを選びます。またなるべく白いもの、柄の部分が太くしっかりしているものを選びます。パッケージの袋に水滴がついているものは避けた方が良いでしょう。保存方法は冷蔵庫で3日から4日です。これを超えてしまう場合は保存袋に入れて冷凍保存をしてください。えのきは生では食べられないので焼くなどして食べてください。えのきにはキノコキトサンという食物繊維が豊富に含まれています。整腸、高血圧予防、免疫力向上などの作用もあります。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    きのこは種類が豊富です。中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。きのこには食物繊維が豊富に含まれています。便秘の改善の効果があります。また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社