キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

デザートや料理に使えるゼラチンの人気のレシピ20選

広告

デザートや料理に使えるゼラチンの人気のレシピ20選


ゼラチンは口どけがよく、やわらかくプルンとした食感が特徴で、冷たいスイーツ作りには欠かせない材料ですよね。ゼリーやお菓子作りで馴染みの深いゼラチンですが、実はお料理にも使えるんですよ。
近年、コラーゲンが手軽に摂れると人気のゼラチン、これを機にもっと色々な料理に取り入れてみませんか?

この記事では、ゼラチンの基礎知識に加え、ケーキ、プリン、ゼリー、おかずにカテゴリを分けて紹介しています。
たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ゼラチンについて

ゼラチンは、弾力性と粘性が強く、ぷるぷるとした柔らかい食感が特徴で、ゼリーやババロアなどのスイーツによく使われています。また、泡を抱き込む性質があるので、ふわふわしたムースやマシュマロなどにも使われています。
そして、体温で溶けるので、アガーや寒天などの他の凝固剤と比べても、口溶けの良さは一番です。

そんなゼラチンの原料は、牛や豚の骨や皮に含まれているコラーゲンからできています。
つまり、コラーゲンからできたゼラチンを摂ることは、コラーゲンを摂取するのと同じことと言えます。
高血圧の防止や骨粗鬆症の軽減などにも効果があるといわれ、皮膚の若返りや肌の保湿性を高める美容効果も期待できます。
このように、ゼラチンは美容や健康分野でも注目され、さらなる研究が求められています。

ゼラチンの使い方について

ゼラチンには、薄い板状の板ゼラチン、粉状の粉ゼラチン(粉末ゼラチン)、顆粒状の顆粒ゼラチンがあります。
その中で一般的には、計量しやすく扱いやすい粉ゼラチンがよく使われます。
ゼラチンの分量は、他の材料の分量の2~3%が目安です。粉ゼラチンは冷たい水でふやかしてから使います。ふやかす時の水の分量は粉ゼラチンの約4~5倍です。
水の中に粉ゼラチンを振り入れて少し置き、全体に水分を吸ってまだらになっていなければ大丈夫です。
その後、固めたい材料に溶かして使いますが、溶かす温度がポイントです。ゼラチンはタンパク質でできているため、熱すぎるとタンパク質が変質し、固まりにくくなってしまいます。火にかける際は適温の50~60度くらいになるように注意し、溶けたらすぐに火からおろすようにしましょう。

ゼラチンを使ったケーキレシピ

■かぼちゃの豆乳チーズスティック

楽天レシピ

最初におすすめするゼラチンを使ったレシピは「かぼちゃの豆乳チーズスティック」。体にやさしい、かぼちゃと豆乳のヘルシーなチーズスティックケーキ。
かぼちゃは皮を除いてから同じ大きさに薄くカットし蒸して裏ごしします。
ゼラチンは水を入れて混ぜ、電子レンジで20秒ほど温めてからかぼちゃの豆乳チーズ生地へ加えます。
土台の生地に抹茶をプラスすることで、かぼちゃの皮のように見立てることができるレシピです。

冷やして作る♡かぼちゃの豆乳チーズスティック♪

材料
(2~3人分)かぼちゃ(皮なし)150g豆乳チーズ100gA:メープルシロップ大さじ1~2A:豆乳大さじ1ゼラチン5gクラッカー10枚B:メープルシロップ大さじ1B:抹茶小さじ1/2B:菜種油小さじ1●寒天型(11cm×14cm)1ヶ
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1740003263/

■レアチーズケーキ

楽天レシピ

続いておすすめのゼラチンを使ったレシピは「レアチーズケーキ」。ハンドミキサーで混ぜていくだけで作れるレアチーズケーキの作り方。
土台の生地は、砕いたビスケットと溶かしバターを混ぜて作り、型に敷き詰めます。
レアチーズ生地は、ミキサーでクリームチーズを練り、砂糖やヨーグルト、レモン汁を入れて混ぜ、ゼラチン、生クリームも加えてよく混ぜます。あとは型に流して冷やし固めて完成。
ゼラチンは、電子レンジで温めてから生地に加えましょう。

普通のレアチーズケーキ

材料
(8人分)クリームチーズ1箱(200g)砂糖40gプレーンヨーグルト100gレモン果汁大さじ2生クリーム1パック(200cc)ゼラチンパウダー2袋(10g)水大さじ4ビスケット70gバター40gミントの葉(あれば)8つ
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1370008888/

広告

■ブルーベリーレアチーズケーキ

楽天レシピ

3番目におすすめするゼラチンを使ったレシピは「ブルーベリーレアチーズケーキ」。前述のレアチーズケーキと同じ作家さんのブルーベリージャムを生かしたレアチーズケーキレシピ。
土台の生地は前述と同様にし、レアチーズ生地は、やわらかくしたクリームチーズにブルーベリージャム、ヨーグルト、レモン汁を混ぜ、レンジ加熱したゼラチン、生クリームを混ぜて冷やし固めて完成。
上にかけるソースは、ブルーベリージャムをラム酒でのばしてグッと大人味に。

ジャムで簡単!ブルーベリーレアチーズケーキ

材料
(8人分)クリームチーズ200gブルーベリージャム大さじ4ヨーグルト200gレモン果汁大さじ1生クリーム200ccゼラチンパウダー10g水大さじ4ビスケット70gバター40g≪大人のブルーベリーソース≫2人分ブルーベリージャム大さじ1ラム(またはお好きなお酒)大さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1370008595/

広告

材料 に関連する記事

  • ニラ料理のレシピ・【人気の作り方のみ20選】:卵や豚肉との相性バツグン!

    独特の強い香りが特徴で、スタミナ食材としても知られる緑黄色野菜の「ニラ」。ニラ玉、レバニラ炒め、チヂミなど、中華料理や韓国料理でよく登場するお馴染みの食材ですね。栄養豊富で価格も安く、一年中手に入ることから、様々な料理に利用できる万能食材でもあります。暑さで食欲が出ない夏や、冷えで体調を壊しやすい冬、スタミナをつけたり、体を温め血行を促進するニラの効用を是非活用したいですよね。 そこで今回のまとめでは、レシピサイトで人気のニラ料理のレシピを集めました。おかずレシピ、チヂミレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・パスタレシピに分けて、様々なレシピを紹介します。3分で調理可能な時短レシピもありますので、是非、チェックしてみてください。

  • 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

    どの家庭にもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、卵ですよね。スーパーでよく特売商品として並ぶほど、安くて家計にも優しい栄養価の高い食材です。メイン料理にもサブ料理にもなれる卵は和食や洋食、スイーツなどにも利用され、バリエーション豊かな万能食材として人気があります。献立にうまく取り入れられれば料理のレパートリーはいくらでも増えていくと言っても過言ではありません。 今回は卵の栄養素や調理法、簡単にできるおすすめレシピをいくつか紹介します。いつも同じような卵料理ばかり作ってしまう方は、ぜひレシピを参考にしてみてくださいね。

  • 【厚揚げ】人気レシピのみ20選まとめ:お弁当にもおつまみにもGOOD!

    スーパーのお豆腐コーナーに置いてある、厚揚げ。おつまみからメインにまで様々なメニューに変化する栄養たっぷりの食材です。そんな厚揚げを皆さんはいつもどんな食べ方をしていますか? 表面をカリッと香ばしく焼いて、お醤油をかけて食べるだけでもシンプルで美味しいですが、実はいろんな調理法があるんです。 今回は厚揚げレシピの中から、炒め物、煮物、スープの人気レシピをカテゴリー別に分けてご紹介していきます。普段あまり料理をしない方でも、レシピを見れば誰でも簡単に美味しく作れるヒントになると思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 【スペアリブ】人気レシピのみ20選まとめ:焼いても煮込んでも美味しい!

    見た目が豪華でジューシーなスペアリブ。アメリカではバーベキューや煮込み料理の定番ですが、あまり自宅で食べることはない人が多いのではないでしょうか? 最近ではスーパーでも気軽に手に入るようになりましたが、どのように料理していいのか、意外と知られていない食材ですよね。 そこで今回は数多くあるスペアリブのレシピの中で簡単に作れる人気のレシピをいくつか紹介します。圧力鍋、フライパン、オーブン、 炊飯器で作るレシピやBBQで使えるレシピをカテゴリーに分けてまとめてみました。自宅でのパーティやキャンプやバーベキューでぜひ作ってみてくださいね。

  • ささみを使ったレシピ20選!人気の作り方のみまとめ:飽きない!ヘルシーささみレシピ

    脂肪分が少なく淡白な風味が魅力のささみは、高たんぱく低カロリーのヘルシー食材として引っ張りだこの人気食材です。サラダや和え物からフライや炒め物までアレンジも自由自在で、メインディッシュだけでなく、あともう一品というときにも大活躍してくれて、もちろんお弁当のおかずにも重宝します。ビタミンB群、パントテン酸、ナイアシン、セレン、モリブデンといった体に嬉しい栄養素も豊富に含まれているので、おいしく食べながら健康的にダイエットしたい人にもぴったりです。 今回はそんなささみを使ったお料理の中から特におすすめのレシピを、フライ、焼き物・炒め物、サラダ・和え物、煮込み、ごはんといったカテゴリ別にまとめてご紹介します。

広告

今週のおすすめ記事

  • お腹いっぱい食べられる!おでんのヘルシーレシピ・作り方おすすめ20選

    これからの季節に食べたくなるおでん。たくさんの具材があるので栄養もしっかり摂取できます。作り方も材料が揃えば煮込むだけなので簡単ですよ。ただし好きなものだけを食べると栄養が偏ってしまうので、バランスよく食べるのがおすすめです。ヘルシーレシピでダイエット中の方もぜひ食事にプラスしてみてくださいね。 この記事では、おでんの効果や栄養に加え、ヘルシーなおでんのおすすめレシピを王道・洋風・冷製にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • おうちで本格的なスープを!人気のスープメーカーまとめ

    食材を入れてボタンを押すだけで、美味しいスープができるスープメーカー。 現在は、スープだけでなく、ジュースやスムージーが作れたり、野菜を刻むミキサー機能、自家製豆乳が作れるなど、複数の機能を兼ね備えた便利なスープメーカーが多数販売されています。美味しいスープを味わえて、家事の時短にもなるおすすめアイテムです。 この記事では、ゼンケン・コイズミ・バイタミックス・その他のメーカー別にカテゴリに分けて紹介します。さまざまなスープ メーカーの中でも、特におすすめの商品を厳選しているので、ぜひ参考にしてくださいね。※価格は2018年3月に算出されたものです。

  • 爽やかな香りの春菊を使ったレシピ20選

    冬に旬を迎える春菊は、爽やかな香りとほのかな苦味が人気の葉物野菜。 ビタミン類やカルシウムなど様々な栄養素が含まれ、風邪の予防にも効果があると言われています。 そんな春菊ですが、鍋料理やおひたしにするくらいで、レシピが少ないと思っている方も多いはず。 でも実は、焼く・炒める・揚げる・生など様々な調理法で楽しめるところも魅力の食材なんです。 この記事では、春菊の基礎知識に加え、春菊の炒めものレシピ、春菊の焼きものレシピ、春菊の揚げものレシピ、春菊のサラダレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • たけのこの人気レシピまとめ:たけのこの煮物や炊き込みご飯など

    春の訪れを告げる野菜として、食感と香りが楽しめるたけのこ。あっという間に成長してしまうので、一番おいしい旬を逃さないようにしたいもの。柔らかい穂先やシャキシャキした根元との食感の違いが魅力のたけのこは、煮ても焼いても炊いても、その滋味なうまみが感じられる、大人がじっくり味わえる食材です。今回は、たけのこの栄養素やおいしく食べるための下処理などの調理方法だけでなく、炊き込みご飯や煮物、メインになるおかずなど、カテゴリに分けてレシピを紹介していきます。簡単レシピからボリュームおかずまで、ぜひ試してみてください。

  • 調味料からドリンクまで 美容効果豊富なレモンのレシピ20選

    酸味のある味とさわやかな香りが印象的なレモンは、私たち日本人にとっても親しみ深い果物ですよね。その原産地はヒマラヤ山麓で、寒さに弱いため冬に暖かく夏に乾燥する地域でよく栽培されています。1700年代にレモンを含めた柑橘類が壊血病に効果的だとわかってからは、健康食品としても人気を集めています。 この記事では、レモンの基礎知識に加え、調味料、肉料理、野菜料理、スイーツ、ドリンクにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

    どの家庭にもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、卵ですよね。スーパーでよく特売商品として並ぶほど、安くて家計にも優しい栄養価の高い食材です。メイン料理にもサブ料理にもなれる卵は和食や洋食、スイーツなどにも利用され、バリエーション豊かな万能食材として人気があります。献立にうまく取り入れられれば料理のレパートリーはいくらでも増えていくと言っても過言ではありません。 今回は卵の栄養素や調理法、簡単にできるおすすめレシピをいくつか紹介します。いつも同じような卵料理ばかり作ってしまう方は、ぜひレシピを参考にしてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社