キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

いろんなタレで試したい 魚別漬け丼のレシピ・作り方20選

54,893 views

広告

いろんなタレで試したい 魚別漬け丼のレシピ・作り方20選

「漬け丼」とは生の魚介類の切り身をしょうゆ、みりん、酒などで作ったタレに漬けこんだものをごはんの上に乗せた料理です。マグロのイメージが強いですが、白身、赤身は問いません。臭みが強いものは生姜やにんにくも一緒に漬けこみます。漬けはまだ冷凍技術が発達していなかった時代に魚介類の保存方法として考案されたものです。
この記事では、漬け丼の基礎知識に加え、まぐろ、サーモン、あじ、かつお、さんまにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

漬け丼の日持ちについて

スーパーで買ってきた刺身の消費期限は当日、もって翌日だと思います。そのまま冷凍すると残念ながら味は落ちてしまいます。しかし生の魚介類でもタレに漬けこんで「漬け」にすることで、美味しく、さらに日持ちをさせることができます。だいたい2~4日ほど保存できると言われています。が、長い期間保存できるほど塩分の強いタレではないので、できるだけ早く食べるのをおすすめします。
表面だけ熱湯とかけて漬ける方法もありますが、中まで熱が入るわけではないので、同じです。刺身は空気に触れたり包丁で切ったところから雑菌がつくので、切り身よりも冊の方が保存状態は良いです。保存期間を少しでも長くしたいのなら空気に触れる面は少なくしてください。またタレに漬けこんだ刺身をラップに包んで冷凍保存することも可能です。

漬け丼のたれの作り方について

漬け丼のタレの基本は醤油、みりん、日本酒です。特別な調味料ではなく家庭にある調味料で作れますね。お好みによって砂糖、ごま油、臭み取りにニンニクや生姜を入れることもあります。醤油2:みりん1:日本酒1の割合でタレを作り刺身が浸かるようにします。アルコールが苦手な方や風味が残るのが嫌な方はみりんと酒は鍋で沸騰させ煮切ってアルコールを飛ばします。
刺身の種類によってタレの濃さを変えたり、味噌を入れてコクをプラスしたり、ナンプラーを入れてエスニック風にしたり…と漬ける刺身とタレとの組み合わせは何通りにもなります。タレさえ作ってしまえば、あとは漬けこむだけなので簡単で、ごはんに乗せれば豪華な一品になりますよ。ぜひお気に入りの漬け丼を見つけてみて下さい。

まぐろの漬け丼レシピ・作り方

■シンプルな醤油のマグロの漬け丼

楽天レシピ

ねっとりマグロの簡単漬け丼レシピ。鍋にみりんを入れて煮切ります。煮切ったらしょうゆを入れて冷まします。ボウルに切ったマグロと冷めた漬け汁を入れて空気を抜くようにラップをし、冷蔵庫で1時間漬け込みます。丼にごはん、刻みのりをのせ、マグロを並べます。ネギ、ごまを散らせば完成です。レシピのポイントはぴったりラップをすることで味が染み込みやすくなります。

やみつき!マグロの漬け丼

材料
(2~3人分)マグロ100g~150g みりん大2 醤油大4 きざみのり適量 ねぎ適量 ごま適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1070012944/

■まぐろとアボカドの漬け丼

楽天レシピ

アボガドとごま油の相性ばっちり!簡単マグロの漬け丼レシピ。ごま油、醤油を混ぜ合わせます。丼にごはんを盛り、刻みねぎを散らします。マグロを1枚ずつタレにつけながら、ごはんの上に並べます。切ったアボガドをタレに入れて絡めます。アボガドをタレと一緒にごはんの上に乗せ、刻みねぎを散らせたら出来上がりです。お好みでわさびを添えてください。

まぐろとアボカドの漬け丼

材料
(1人分)ご飯1膳分 まぐろの切り身5切れ アボカド1/4個 刻みのりふたつまみ 刻みネギ大さじ1/2 醤油小さじ3 ごま油小さじ1 わさび少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1120005983/

広告

■マグロのワサビ漬け丼

楽天レシピ

わさびがポイント!大人に人気の簡単漬け丼レシピ。醤油、わさび、酒を合わせ、マグロを浸け、冷蔵庫で30分置いておきます。マグロを浸けている間に酢飯用の調味料を温かいご飯と混ぜます。酢飯に味付けのりを敷き、マグロを並べます。最後に貝割れ大根を乗せれば出来上がりです。レシピのポイントは酢飯の調味料を混ぜる時は温かいご飯に混ぜるようにしてください。

大人の味♪マグロのワサビ漬け丼

材料
(2人分)マグロ(刺身)200g(お好みで) 味付けのり2-4枚 貝割れ大根適量 醤油大さじ4 わさび小さじ2 酒大さじ1 ご飯2人分 白ゴマ大さじ2 (酢飯用)お酢大さじ4(酢飯用)砂糖大さじ3(酢飯用)塩小さじ1(酢飯用)昆布茶粉末(なくてもok)小さじ1/2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1550010191/

広告

丼もの に関連する記事

  • 【親子丼の作り方】人気のレシピのみ20選集めました:大人から子供まで大好きな親子丼

    親子丼は、だし汁で煮た鶏肉や玉ねぎを卵でとじてご飯にのせる定番の丼メニューですね。「親子」とは鶏肉(親)と卵(子)を使うことに由来しています。だしの味が効いた柔らかい鶏肉と、ふわふわの卵が親子丼の人気の秘密。材料も、鶏肉と玉ねぎ、卵さえあれば手軽に作れるのが魅力です。ところがいざ自宅で作ろうとすると、卵に火が通りすぎたり逆にドロドロすぎたりと、火加減がなかなか難しいものです。また、具材や味もマンネリ化しがちです。 そこで今回は失敗しない親子丼のレシピと作り方についてまとめました。親子丼の洋風レシピ、アレンジレシピ・作り方、余った親子丼のアレンジレシピ・作り方のカテゴリに分けて、変わり種の親子丼レシピもたっぷり紹介します。

  • 人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

    手軽に食べられるどんぶりものの料理で、多くの人に好まれている牛丼。 1862年に、横浜入船町にある「伊勢熊」という居酒屋を営んでいた主人が牛の煮込みを売り出したのが始まりとされていて、当時は牛鍋と言われていました。手軽に食べられることから、明治生まれの日本のファストフードとも言われています。 牛鍋をご飯にぶっかけた「牛飯」から変化していき、現在の「吉野家」の創業者が「牛丼」と名付けて、現在の形になりました。 初めはみそ味が主流であったと言われていますが、現在では、牛肉と玉ねぎを甘辛い醤油味で煮込んでいるものが主流になっていますね。 今回は、そんな牛丼の調理法をはじめ、牛丼の定番・再現・アレンジレシピ、そして余った牛丼のリメイクレシピをカテゴリーごとに紹介します。

  • ご当地別カツ丼レシピ・作り方20選:おうちでカツ丼を食べ比べ!

    カツ丼は、どんぶりに盛ったご飯の上に豚カツ等を乗せた日本の丼料理。 特に旬の時期はなく、材料は季節を問わずいつでも手にはいるので、一年を通して食べられます。どんぶり料理の中でもランキング上位に入るのではないでしょうか。 一般的なカツ丼は卵で閉じたものが多いですが、地域によってさまざまなタレ・食べ方があるのが特徴。 この記事では、カツ丼の基礎知識に加え、関東風カツ丼、福井・福島風カツ丼、岡山風カツ丼、新潟風カツ丼、名古屋風カツ丼にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • お肉なしのヘルシーレシピも紹介 丼レシピ・作り方20選

    丼とは、ご飯とおかずを一つの皿に盛った料理のことを指します。日本では、昔は主食であるご飯とおかずが別々に配膳されるのが普通でした。しかし江戸時代頃から、鰻丼や天丼を皮切りに、人々に親しまれるようになり徐々に広まっていたそうです。今では、色んなパターンで楽しむことができる料理であり、旬菜具材を使って様々な食べ方ができます。 この記事では、丼の基礎知識に加え、鶏肉、豚肉、牛肉、海鮮、天丼、肉なしにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ヘルシー丼】がっつりイケる!?ヘルシーなどんぶり物レシピおすすめレシピ・作り方20選

    日本人のソウルフードと言える丼。牛丼やかつ丼、天丼などご飯と相性のいい具材をのせた丼はボリューム満点で食べ応えがあります。丼はご飯の上に好きなものをのせるだけで簡単に作れて、自由自在にアレンジが効くので飽きずに食べられます。カロリーが高めのイメージがありますが、ヘルシーな材料を使って作ることでダイエットメニューとしても食べられます。 この記事では、丼の栄養や太りにくい丼の選び方に加え、ヘルシーな丼のおすすめレシピを野菜系・海鮮系・肉系にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください! トップ画像 1115638985 https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/pork-rice-bowl-egg-donburi-isolated-1115638985?src=f3QunYHgkHMr6Y4WTwnfuw-2-0

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社