キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

広告

こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

弾力があり、ぷりぷりとした歯ごたえが特徴のこんにゃく。こんにゃくは約97%が水分でできています。含まれている栄養は少ないのですが、低カロリーな食材で100g食べても7キロカロリーです。こんにゃくは、こんにゃくいもに含まれているコンニャクマナンという水溶性の食物繊維を凝固して作られています。食物繊維は体内で消化されないため、動脈硬化の原因となるコレステロールを吸着し一緒に排出する作用があります。コンニャクマナンは体内の水分を吸って膨らむので、腸内環境を整える働きがあります。満腹感も得られるため、ダイエットにも最適な食材です。こんにゃくは下茹でをすると臭みが抜け、味が染みやすくなります。
この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■おやつにお弁当に!玉こんにゃくの甘辛煮

楽天レシピ

最初におすすめする「こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「おやつにお弁当に!玉こんにゃくの甘辛煮 」です。
玉こんにゃくを水洗いして、ポリ袋に玉こんにゃく、しょうゆ、みりん、白だし、砂糖を入れて2時間〜3時間つけ置きします。鍋またはフライパンで汁気がなくなるまで煮詰めます。おかかと青のりを器に入れ、ラップをかけずに600Wのレンジで40秒加熱、水分を飛ばしてふりかけを作ります。すりつぶしながら玉こんにゃくにふりかけたら完成です。

おやつにお弁当に!玉こんにゃくの甘辛煮

材料
(2〜3人分)玉こんにゃく1袋《調味料》しょうゆ大さじ3みりん大さじ3白だし大さじ1さとう小さじ1《ふりかけ》おかか1袋青のり少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1150012125/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■ヘルシーなおやつ さしみコンニャクのあんみつ風

楽天レシピ

2番目におすすめする「こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「ヘルシーなおやつ さしみコンニャクのあんみつ風」です。
こんにゃくにかけるだけの簡単レシピ。こんにゃくで作るヘルシースイーツです。こんにゃくはよく洗い、水気を切ります。器に入れて、黒蜜、あんこ、きなこをかけたら完成です。こんにゃくは板こんにゃくではなく、とろっとしたさしみこんにゃくを使うのがポイントです。作者さんがダイエット中のおやつとして考案したという一品です。

ヘルシーなおやつ さしみコンニャクのあんみつ風

材料
(1人分)さしみコンニャク1人前黒蜜大匙1~あんこ適宜きなこ適宜
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1820007620/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■ヘルシー★糸こんにゃく入りたこ焼き

楽天レシピ

3番目におすすめする「こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「ヘルシー★糸こんにゃく入りたこ焼き」です。
たこの代わりにウィンナー。こんにゃくで作るたこ焼きレシピです。鍋に水、糸こんにゃくを入れて、あく抜きをします。沸騰したら、ざるに取り細かく切ります。ウインナーは、5ミリくらいに切り、きゃべつも細かく切ります。お好み焼きの粉と水を軽く混ぜ合わせ、具材を入れ混ぜます。たこ焼き器に流し入れ、両面が焼けたら出来上がりです。ソースはポン酢でヘルシーに。

ヘルシー★糸こんにゃく入りたこ焼き

材料
(2人分)お好み焼の粉1カップ水(還元水)100cc糸こんにゃく1/4ウインナー2本きゃべつ1枚青海苔少々かつお節少々~~たこ焼きのソース~~ポン酢お好みで
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1140005400/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■ヘルシーすぎるチョコ風ボール♡

楽天レシピ

4番目におすすめする「こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「ヘルシーすぎるチョコ風ボール♡」です。
甘い物が食べたいときにおすすめなおやつレシピです。こんにゃく玉は、一度あくをぬき、水を変えて、三温糖を入れて中火で3分ほど煮ます。水切りをして、キッチンペーパーでさらに水分をふき取ります。調節ココア、てんさい糖、薄力粉を器に入れて混ぜ、低脂肪牛乳後を加えてレンジで20秒ほど加熱します。こんにゃくをチョコクリームに絡ませたら出来上がりです。

ヘルシーすぎるチョコ風ボール♡

材料
(1人分)こんにゃく玉1袋三温糖(カロリー1/2)大匙2水(還元水)ひたひた弱(チョコ風クリーム)★調節ココア小匙1★甜菜糖小匙1★薄力粉小匙1/2☆低脂肪牛乳大匙1・1/2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1140012445/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■板こんにゃくでダイエットおやつ★

楽天レシピ

5番目におすすめする「こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選」は、 「板こんにゃくでダイエットおやつ★」です。
低カロリーなおやつレシピ。こんにゃくで作るチップスです。板こんにゃくは食べやすい大きさに薄くスライスします。保存袋などに入れ、冷凍庫で1日以上凍らせます。凍ったら冷水で解凍し、水気を絞ります。コンソメと塩こしょうをもみ込んで、レンジで1分加熱します。水分が飛んでパリッとしたら出来上がりです。加熱時間は様子を見ながら調整します

板こんにゃくでダイエットおやつ★

材料
(1人分)板こんにゃく1袋塩胡椒少々コンソメ大さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1340013599/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

こんにゃく に関連する記事

  • 【こんにゃくを使ったおすすめ料理】厳選レシピまとめ20:こんにゃくを見直す!!

    こんにゃくは室町時代にはおでんの具として親しまれるようになった和食の定番食材で、最近は煮物だけでなく揚げ物やダイエットメニューにも取り入れられています。 あまり知られていませんが、こんにゃく芋は10月から11月にかけて収穫され、こんにゃくは11月~1月ごろが旬。冬の料理によく使われているのも納得ですね。 そんなこんにゃくの栄養素、簡単レシピなどを煮物や麺料理などの調理方法ごとに、カテゴリーに分けて紹介。作り置きできるレシピから、包丁を使わずに簡単に作れる一品まで幅広く取り上げているので、ぜひこんにゃく料理のレパートリーに加えてみてください。

  • こんにゃくのタイプ別に紹介!おすすめのダイエットレシピ20選

    こんにゃくと言えば、ダイエットの定番食材ですね。低カロリーなだけでなく食物繊維が豊富なので、ダイエットには最適です。その食物繊維の豊富さから「胃のほうき」とも呼ばれるほど。そのためさまざまなレシピがあります。ダイエット目的だけでなく、日々の食事、お弁当などにこんにゃくを取り入れてみてはどうでしょう。 この記事では、こんにゃくのダイエット効果や栄養に加え、板こんにゃく、糸こんにゃく、玉こんにゃくにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ダイエット用の食材としても人気のこんにゃく。こんにゃくは低カロリーで脂質や糖質がほとんどなく、食物繊維が豊富なので胃腸にやさしく便秘解消にも役立ちます。そのためダイエット中に、こんにゃくを使ってかさ増しするレシピが人気になっています。ダイエット中でなくてもこんにゃくはかさ増しするのに使いやすい食材で、しかもお財布にもやさしいのがうれしいですよね。歯ごたえがありクセのない味わいが特徴で、主に和食によく使われ冬にはおでんの主役として登場します。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    こんにゃくは低カロリーの食材ですのでダイエット中の方におすすめです。こんにゃくに含まれているグルコマンナンには食物繊維が豊富に含まれています。体内の老廃物を吸収したり体外に排出する働きがあります。また腸内環境をよくする働きがあるので便秘の方は積極的に取り入れたい食材です。他には血糖値を下げる働きや糖尿病予防の効果があります。こんにゃくにはアクがありますので下ゆでをしてから料理に使います。炒め物、煮物などに最適です。味が染み込みにくい食材ですので調理の際は手でちぎったり、隠し包丁を入れるなどすると良いです。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    こんにゃくは低カロリーでダイエットをしている方にもおすすめです。また、価格も安く手軽に手に入る家計に優しい食材です。縮んで硬くなっているものは鮮度が落ちていますので注意してください。こんにゃくは食物繊維、カルシウム、グルコマンナンが豊富に含まれいますので便秘解消効果やコレステロールを下げる効果があります。冷凍保存をすると食感が変わってしまいますので不向きとされています。炒め物や煮物に使われているこんにゃくですが蒸す料理にも使われていますので紹介します。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社