キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

342,551 views

広告

万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。
油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。

油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。

この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

油揚げの栄養素について

油揚げは、元が大豆でできているので、大豆に含まれている成分と同じく、良質な植物性たんぱく質が豊富。
アミノ酸バランスもよく、血中コレステロールを下げて、動脈硬化を予防したり血圧を下げたりする働きがあります。

また、鉄や亜鉛も多く含まれているので、貧血予防やスタミナ維持にも効果アリ。そして油揚げに含まれる豊富な食物繊維は、腸内の有害物質や不要な老廃物を外へ排出する働きが期待でき、腸内環境を整えてくれます。

そのほか、血行促進作用やアンチエイジングの効能も期待できるビタミンEや、骨を丈夫にしてストレスを緩和してくれるカルシウム、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンと似た働きがあることで注目されている大豆イソフラボンも含まれており、女性に嬉しい栄養素もたくさんとれる食品です。

油揚げの油抜きと保存方法ついて

油揚げは、そのまま使うと油っぽさや油特有のえぐみが残りやすいので、油抜きをしてから使います。また油抜きすることでカロリーカットでき、調味料が油揚げに染み込みやすくなりますよ。

油抜きの方法ですが、熱湯でさっと茹でるか、ザルの上に置いた油揚げに熱湯をまわしかけて行うのが一般的なやり方。また、レンジを使う裏技として、油揚げをキッチンペーパーとラップでしっかり包んでから30~40秒レンジ加熱するやり方も簡単でおすすめ。

なお、油抜きした油揚げは、冷凍保存することができます。油分と水分をキッチンペーパーでしっかり吸いとってから、使いやすい大きさに切り、密封できるビニールに小分けにして、冷凍庫で保存しましょう。

油揚げを使った人焼きレシピ

油揚げの納豆和風ピザ

Kurashiru

油揚げレシピの最初におすすめしたいのは「油揚げの納豆和風ピザ」。なんと油揚げで、おつまみの和風ピザが簡単に作れちゃうレシピ。

作り方はまず、天板にクッキングシートを敷き、油揚げ、納豆、桜エビ、ピザ用チーズの順にのせてます。それらをトースターで焦げ目がつくくらいまで焼き、青ネギを散らして醤油を上からかければ完成。油揚げの芳ばしさと納豆チーズの組み合わせが絶妙で、酒の肴にぴったりですよ。

わが家のおつまみ!油揚げの納豆和風ピザ

材料
(2人前):油揚げ 2枚 ①納豆(50g) 1パック ①桜エビ 大さじ2 ①ピザ用チーズ 40g 青ねぎ(トッピング) 適量 しょうゆ(仕上げ用) 適量
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/ef5ebd68-a29a-4bfb-9fec-3e12a5e61ebe

油揚げキッシュ

Kurashiru

続いておすすめの油揚げレシピは「油揚げキッシュ」。土台のタルト生地を油揚げで代用して作れるキッシュレシピです。

タルト生地で作るより簡単でカロリーカットにもなりますよ。作り方は簡単。耐熱皿に油揚げを敷き詰めて、バターで炒めたブロッコリーやほうれんそうをのせ、牛乳を混ぜた卵液を流し入れてとろけるチーズも上からかけて焼いたら出来上がり。野菜の旨味がしっかりと染みた油揚げのキッシュ、ぜひランチやディナーにお試しください。

言われないと分からない!?油揚げキッシュ

材料
(1人前):油揚げ 1枚 卵 1個 牛乳 75cc ほうれん草 1束 ブロッコリー 1/4個 しめじ 1/4パック コンソメ 小さじ1 塩コショウ 少々 とろけるチーズ 適量 バター 20g
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/49e8a770-ba65-4d70-8cce-76a7db420851

広告

豚ひき肉の挟み焼き

Kurashiru

3番目におすすめする油揚げレシピは「豚ひき肉の挟み焼き」。油揚げに豚ひき肉をサンドした、たんぱく質たっぷりのおつまみレシピ。

油揚げが剥がしにくい時は、箸で表面をコロコロと押し付けながら転がしてあげると楽に剥がれます。また、使う前に油揚げの油抜きをしておくと、カリカリに香ばしく仕上がりますよ。肉だねにニラやキャベツを加え、酢醤油とラー油のタレにすれば餃子の味にアレンジも◎。

ビールに合う!豚ひき肉の挟み焼き

材料
(2人前):油揚げ 2枚 豚ひき肉 100g 長ねぎ 1/2本 ①しょうゆ 小さじ1 ①すりおろし生姜 小さじ1 ②マヨネーズ 適量 ②七味唐辛子 適量
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/750b5d72-f0d6-4293-8047-5b402bede18e

広告

油揚げ に関連する記事

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    油揚げは豆腐を油で揚げた食品で、厚揚げとは違い薄切りになっています。普通にカットして使う以外にも、袋状になっているので稲荷ずしに使ったり、中に具を入れて巾着にしたりなど色々とアレンジが効く食材です。調理前に熱湯をかけて油抜きしてから料理に使うことが多く、うどんやそばに入れたり、炒め物やみそ汁によく使われます。油揚げは大豆から作られているので、たんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボン、記憶力を高めるレシチンなど体にいい栄養素が豊富に含まれています。価格も安いので料理のかさましや、具材を一つプラスしたい時などにも便利で主婦の強い味方です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    豆腐を揚げてつくられた油揚げですが、実は栄養満点で優秀な食材なのです。大豆たんぱく質には血圧を下げる効果があり、畑の肉とよばれているほど栄養満点なのです。また、大豆イソフラボンが豊富に含まれており、女性ホルモンと同じ働きがあることで注目されており、更年期の不調を予防したり、骨量の減少を抑制する効果もあると言われています。カルシウム、鉄分も多く含んでおり、女性は5人に1人が鉄欠乏性貧血とも言われています。そんな栄養満点の油揚げですが、揚げているためにカロリーが気になるか方もいらっしゃると思いますが、調理前にお湯で1~2分湯通しすると油分が抜けてカロリーオフできますよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    油揚げは豆腐を切って油で揚げたものですが、大豆由来の成分は豆腐と変わりません。たんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどが含まれていて、栄養満点です。大豆のたんぱく質はアミノ酸のバランスがよく、血中コレステロールえお下げて血管をしなやかにしてくれる効果があるので、動脈硬化を予防したり血圧を下げる作用があるのです。また、大豆サポニンという成分は大豆に含まれるえぐみの主成分ですが、強い抗酸化作用があります。脂質の酸化を抑制し、代謝を促進する効果があると言われています。価格もやすく手軽に手に入る食材なので、日頃のメニューに活かしてみてはいかがでしょか。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    油揚げは主役というよりは脇役として使われる食材ですが、さまざまな料理に使えて冷蔵庫に常備しておくととても助かるマストアイテムです。切って炒め物やスープの具材にしたり、炊き込みご飯に入れたり、稲荷ずしにも使えてさまざまな料理に活躍します。厚揚げと違い薄切りで中まで揚がっているので、切って袋状にして具材を詰めて巾着にするなどアレンジが効く楽しく使える食材です。油揚げの原料は大豆のため、良質なたんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンが豊富なので特に女性は積極的に摂りたいですね。肉や野菜を使わなくても油揚げを使うだけで、栄養バランスがよくなりお財布にもやさしいので気軽に使えるのも魅力です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    味噌汁に入れるとほどよい油が出てきて、さらにうま味を増す油揚げ。きつねうどんにも欠かせない食材で、煮汁を吸ってさらにおいしさが増して料理のアクセントにもなります。厚揚げと違って薄切りのため中まで揚がっていて、切ってスープや炒め物に入れたり、稲荷ずしや煮物の巾着のように具材を中に入れて使ったりと色々とアレンジを楽しめます。油揚げは大豆から作られているので、良質なたんぱく質や記憶力を高めるレシチン、女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンなど体にいい栄養素が含まれています。畑の肉といわれるほど栄養価が高いので、肉や魚の代わりとしても使えて、しかもお財布にやさしい魅力的な食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【手羽元で今人気のレシピとは】美味しいレシピだけ20選まとめ:煮物に唐揚げに大活躍の手羽元レシピ

    スーパの鶏肉コーナーでもよく見かける手羽元、大根の煮物やからあげ、スープなど日本でもなじみの料理がたくさんありますよね。手羽元は安くて手軽な食材で、美容や健康にとっても良い栄養素がたっぷり含まれています。肌がプルプルになる美肌効果も期待できる食材として女性にも注目されています。ですが、定番の料理以外ではどのように使っていいかよくわからないといくこともありますよね。今回はそんな手羽元を使ったおすすめレシピをいくつか紹介していきたいと思います。手羽元レシピがマンネリしている方や買ってみたけど調理の仕方がわからない方など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社