キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

しめじの人気レシピ20選:いろんな料理に合う!万能きのこ

広告

しめじの人気レシピ20選:いろんな料理に合う!万能きのこ

しめじは、北海道から沖縄のほとんどの地域で生産されているきのこ。
生産量が最も多い地域は、長野県で全体の約4割を占めています。人工栽培されているきのこには、旬と言える時期は特にありません。天然のきのこなら、旬は9月下旬から11月初旬。

いつでも手に入りやすいしめじは栄養たっぷり。そんなしめじですが、どんな料理にしようか迷うことはありませんか?

この記事では、しめじの基礎知識に加え、しめじのおかずレシピ、サラダレシピ、スープレシピ、ごはん・麺レシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじの栄養素について

多くの家庭で愛されているしめじは、種類も栄養素も豊富。
中でもぶなしめじには、健康維持に不可欠な、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンB1,B2,B6、ナイアシンなどのビタミンや、カリウム、鉄などのミネラルなどを含んでいます。

美容を促進する食物繊維やアミノ酸も豊富に含んでおり、健康面、美容面で多くの効果◎。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、疲労回復やストレス対策に役立ちます。食物繊維の包含量は3.7g/100gとかなり高く、便秘を解消し肥満予防効果も。

メラニン色素の生成を抑制するチロシナーゼ阻害物質が含まれているため、女性にうれしい美肌、美白効果も期待できます。しめじの簡単なレシピをマスターして、毎日のメニューに積極的に取り入れて健康を維持したいですね。

しめじの調理法について

しめじはクセがなく、食感も良いのでいろいろな料理に活用できる食材。
炊き込みご飯や、煮物、天ぷらなどの和食や、ソテーや酢の物、パスタなど洋食や中華にも良く合いますよね。
しめじの栄養素は、水溶性で加熱しすぎると溶け出してしまうので、手早く調理し、スープも一緒にいただくとよいでしょう。

しめじはいたみやすいので、保存方法を理解しておくことは大切。ぬれるといたみやすいのでよく注意し、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存することができます。しめじを2-3日、天日干しすると、簡単に干ししめじができちゃいます。干ししめじは栄養価がアップし、香りも良くなるのでおすすめ。冷凍すると、壊れた細胞から旨味のもとがあふれてくるので、美味しさがUP。長期保存もできるので大変便利です。

しめじの人気おかずレシピ

■しめじ味噌マヨ

楽天レシピ

はじめに紹介するしめじレシピは「しめじ味噌マヨ」。
おつまみにも、お弁当にもぴったりのしめじ料理を紹介。

酒を加えて強火で炒めたあと、砂糖、味噌、マヨネーズを加えて味噌が少し焦げるまで炒めます。味噌を少し焦がすことで、甘味噌の風味が一層よくなりますよ。
マヨネーズも加え濃い目の味付けなので、冷めてもGOOD。
レシピもシンプルなので、急な来客でおつまみが必要なときや、お弁当にあと一品欲しいときにも最適。

常備菜 アレンジ自在 しめじ味噌マヨ

材料
(4~6人分):しめじ2パック 酒大さじ2 ☆みりん大さじ1 ☆砂糖大さじ1 ☆みそ大さじ2 ☆マヨネーズ大さじ1 塩、胡椒各少々 七味唐辛子 お好みで少々
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1140019474/

<PR> インスタで話題のサプリメントが限定価格!

■なすとしめじの味噌煮

楽天レシピ

続いておすすめのしめじレシピは「なすとしめじの味噌煮」。
冷めても美味しい、しめじの蒸し煮料理。

作り方は簡単。まず、なすを食べやすい大きさに切り、しめじを小房に分けます。分量の調味料を加え8分蒸し煮すれば出来上がり。
シンプルで簡単なのに、見た目も美しい和風レシピ。蒸し煮をする時に、水を使わず野菜の水分だけで調理するので、コクがあり食欲も進みます。しめじを水で洗わないで調理することで、味や風味を損ねないようにしましょう。ごま油を加えてさらに美味しさアップ。

冷めても美味しい なすとしめじの味噌煮

材料
(3人分):なす4本 しめじ100g みそ大さじ1と1/2 砂糖大さじ1 みりん大さじ2 ごま油大さじ1 しょうゆ小さじ1/2 酢大さじ1 たかの爪適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1950000036/

<PR> インスタで話題のサプリメントが限定価格!

広告

■ブロッコリーとしめじのわさび醤油炒め

楽天レシピ

3番目におすすめするしめじレシピは「ブロッコリーとしめじのわさび醤油炒め」。
練りわさびを使った、ブロッコリーとしめじの和風料理です。

ブロッコリーをさっと塩茹でし、フライパンでしめじを軽く炒めます。ブロッコリーを加え、分量のわさび醤油を使って手早く炒めます。ブロッコリーは時間をかけると軟らかくなり過ぎて、食感や味が落ちてしまうので、手早く調理することがポイントです。ブロッコリーの鮮やかなグリーンが美しい食欲をそそるレシピです。

ブロッコリーとしめじのわさび醤油炒め(我が家の味)

材料
(3人分):ブロッコリー1房 しめじ1房 醤油大匙2 練りわさび小匙2 酒大匙1 サラダ油適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1430000526/

<PR> インスタで話題のサプリメントが限定価格!

広告

しめじ に関連する記事

  • キノコキトサンが脂肪を燃焼!きのこダイエットのおすすめレシピ20選

    きのこと言えば、低カロリーで食物繊維が豊富なためダイエットには欠かせない食材ですね。それ以外にも、きのこにはキノコキトサンという成分があります。それはコレステロールや中性脂肪を減らし、脂肪燃焼効果があるという優れもので、それだけでサプリメントになるほど。そのため、最近きのこダイエットというのが人気です。 この記事では、<きのこ ダイエット>の基礎知識に加え、エリンギ、えのき、しめじ、しいたけ、きくらげ、マッシュルーム、色んなきのこにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね

  • 【しいたけ】おすすめで人気のレシピ厳選20:肉詰めや煮物などのしいたけレシピオールガイド

    私たち日本人に最もなじみの深いきのこのひとつであるしいたけ。 生のしいたけはもちろん、乾燥した干ししいたけなども大変身近で、一年を通して口にすることが多い食材です。 しいたけの旬は、春と秋と年に2回あり、春は3~5月、秋は9~11月。 主要産地は群馬県、北海道、岩手県などが有名です。 しいたけには原木栽培と菌床栽培があり、くぬぎやしいの木にしいたけ菌を植え込んで作る原木栽培は、おがくずに米ぬかを混ぜて固めた培地に植える菌床栽培に比べ、肉厚で濃厚な味が楽しめます。 手軽に手に入るうえ、肉詰めや煮物などレシピも無限大なので、いろいろと調理して美味しく食べたいですね。 今回はそんなしいたけを使って簡単に作ることのできるおすすめレシピを、5つのカテゴリーに分けて紹介します。

  • たけのこの人気レシピまとめ:たけのこの煮物や炊き込みご飯など

    春の訪れを告げる野菜として、食感と香りが楽しめるたけのこ。あっという間に成長してしまうので、一番おいしい旬を逃さないようにしたいもの。柔らかい穂先やシャキシャキした根元との食感の違いが魅力のたけのこは、煮ても焼いても炊いても、その滋味なうまみが感じられる、大人がじっくり味わえる食材です。今回は、たけのこの栄養素やおいしく食べるための下処理などの調理方法だけでなく、炊き込みご飯や煮物、メインになるおかずなど、カテゴリに分けてレシピを紹介していきます。簡単レシピからボリュームおかずまで、ぜひ試してみてください。

  • えのき料理の人気レシピまとめ:厳選した人気えのきレシピを紹介

    天然のえのきの旬は10月~11月ですが、今はほどんどが人工栽培となっているのでスーパーに行けば年中買うことができる食材。 えのきはサッと加熱して調理すればシャキッとした歯ごたえが楽しめ、煮て調理すればトロっとした食感が味わえます。価格も比較的リーズナブルな上、いろいろな料理に使える使い勝手のよさが人気の1つ。 この記事では、えのきの基礎知識に加え、えのきのおかずレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・麺レシピ、汁物レシピに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこの人気レシピまとめ:秋の味覚は人気レシピで決まり!

    秋の味覚として知られるきのこ。 その種類は豊富で、それぞれ味や食感はもちろん、栄養素も種類によって異なります。そんなきのこは、旨味がぎゅっと凝縮されている食材。料理に入れるだけで、味が格段にランクアップしちゃいます。そして「焼く」「煮る」「炒める」全ての調理方法に対応できるオールラウンダー。献立に困ったときは、きのこレシピに挑戦してみてはいかがですか? この記事では、きのこの基礎知識に加え、きのこのおかずレシピ、サラダレシピ、スープレシピ、ご飯・麺レシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 【ヘルシーな肉料理の作り方】人気でおすすめのレシピ20選!これならがっつり食べられる!?

    肉は良質のタンパク質が豊富に含まれており、体の健康維持には欠かせない栄養素です。タンパク質を含む、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。様々な食材と組み合わせることによって、効率よく栄養を摂取することができます。がっつりお肉もヘルシーレシピなら安心です。 この記事では、お肉の効果や栄養に加え、お肉を使ったヘルシーなおすすめレシピを牛肉・豚肉・鶏肉にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 効率よく脂肪を燃やす!豚肉のダイエットレシピ20選

    豚肉は、日本人の食事にとって必要不可欠な身近な食材です。焼肉、しゃぶしゃぶ、炒め物、煮物など、食べ方はさまざま。洋食、和食、韓国料理など色々な使い方があり、色々な食材と合わせる料理がたくさん存在します。スーパーに行けば値段も手頃に入手できて、部位によっても合うレシピが違ったり、飽きることなく楽しめますね。 この記事では、豚肉の基礎知識に加え、豚ばら肉のレシピ、豚ロース肉のレシピ、豚もも肉のレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ケールを使ったスムージーの作り方】人気でおすすめのレシピ厳選20選

    ケールは生命力が強く1年中栽培できる野菜です。βカロテンやカルシウムが豊富で、栄養素の高い食材として人気があります。スムージーとして他の野菜や果物と一緒に飲むことで、苦味も抑えられ飲みやすくなります。作り方はとっても簡単で、ブレンダーやミキサーがあれば自宅で作ることができますよ。 この記事では、ケールを使ったスムージーの基礎知識に加え、ケールを使ったスムージーの栄養素、ケールを使ったスムージーの効果、ケールを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・豆乳やヨーグルトの入ったスムージーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おしゃれ食器30選:おすすめの食器で食卓を彩ろう

    普段なにげなく使っている食器ですが、食器を変えると料理をよりおいしく見せてくれ、食卓を華やかにしてくれます。普段使いできるおしゃれな食器を集めたり、来客用に少し豪華な食器をそろえてみたりと、種類が豊富で選ぶのが楽しいのも食器の魅力ですね。 食器の人気有名ブランドとして、フィンランドのガラスメーカー「イッタラ」やドイツのクリスタルブランド「ナハトマン」、イギリスの洋食器ブランド「ウェッジウッド」などがあります。これらのブランドは日本でも人気があり、おしゃれな食器が揃っています。 食器にはさまざまな種類があり、クリスタルでできた美しい食器や、電子レンジやオーブン、食器洗浄機に対応している便利なものなどがあります。この機会に、食器を新しくしてみませんか?今回はおすすめの人気の食器セットについて紹介します。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告