キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

広告

ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

牛乳は「完全栄養食品」と呼ばれ、栄養バランスが優れています。その牛乳を原料としたヨーグルトは、牛乳の栄養素がそのまま引き継がれます。さらに発酵という過程が加わることで、人間に吸収されやすくなり、多く含まれる乳酸菌のはたらきもアップしますよ。整腸作用や美白効果があり、女性は特に日常的に食べておきたい食品です。そのまま食べてもおいしいですが、形を変えて料理に活用できます。肉にヨーグルトを漬けると、乳酸菌のはたらきで肉がやわらかくなります。普段の料理にヨーグルトを使ったひと手間を加えてみましょう。また、ヨーグルトを使ったソースや生地に練りこんだお菓子など、バリエーションの豊かなレシピがたくさんあります。
この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■タンドリー風味チキンスティック

楽天レシピ

最初におすすめする「ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選」は、 「タンドリー風味チキンスティック」です。
パーティーにもおすすめなタンドリー風味のチキンです。鶏もも肉はスティック状に切ります。ヨーグルトやカレー粉など調味料を全て混ぜ、鶏肉を半日ほど漬け込みます。漬けた鶏肉の余分な水分をふき取り、水溶き小麦粉にからめたらパン粉やフレークなどお好みの衣をつけてカラッと揚げます。ヨーグルトに漬けることで、ジューシーでやわらかい鶏肉になります。

タンドリー風味チキンスティック

材料
(4人分人分)鶏もも肉2枚☆ヨーグルト*無糖大4☆カレー粉大1弱☆塩こうじ大2☆ママレード大1/2☆にんにく:すりおろし小1or1かけ小麦粉*水溶きカップ1/2油適量衣(パン粉やフレークなど)カップ1~2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1380009238/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■鶏胸肉のやわら〜かフライ

楽天レシピ

2番目におすすめする「ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選」は、 「鶏胸肉のやわら〜かフライ」です。
鶏むね肉がびっくりするほどやわらかくなるフライのレシピです。鶏むね肉を一口大に切ったら、ヨーグルトと調味料を混ぜたたれに漬け込みます。漬けたむね肉にパン粉をつけて、フライパンで両面揚げ焼きします。むね肉を朝に漬けて、夜揚げるとふっくらでやわらかい食感になりますよ。漬けて焼くだけなのでとても簡単です。おつまみにもぴったりです。

鶏胸肉のやわら〜かフライ

材料
(3~4人分)鶏むね肉2枚★ヨーグルト大さじ2★塩小さじ1★胡椒小さじ1★にんにく(チューブ)小さじ1パン粉大さじ3油大さじ3
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1960005695/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■柔らかとんかつ&手作りソース

楽天レシピ

3番目におすすめする「ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選」は、 「柔らかとんかつ&手作りソース」です。
時間をかけただけ、とびきりのとんかつとソースができあがりますよ。豚ロース肉は筋切りをしてからヨーグルトに30分以上漬け込みます。漬け終わったらペーパーでふき、衣をつけたら、油に入れてから火をつけ、色がつくまで弱火で揚げて取り出します。油の温度が上げて再び揚げます。とんかつは二度揚げがおいしさのポイントです。手作りソースをつけて、どうぞ。

柔らかとんかつ&手作りソース

材料
(4人分)豚ロース4枚プレーンヨーグルト大さじ1塩コショウ少々小麦粉少々溶き卵1個パン粉適量★ソースニンニクすりおろし1/2分ジャム(リンゴかあんず)又はハチミツ大さじ1と1/2ウスターソース40CCケチャップ50CC醤油大さじ1粒マスタード小さじ1~2バター(最後に投入)10g
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1540015846/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■干し椎茸のもっちり美味しいチーズフライ

楽天レシピ

4番目におすすめする「ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選」は、 「干し椎茸のもっちり美味しいチーズフライ」です。
チーズ入りの衣をつけて揚げる干ししいたけのフライです。ジッパー付きの袋に干ししいたけを入れて、ヨーグルトを加え、外からもみながら、ヨーグルトをまぶします。そのまま冷蔵庫で7~8時間置きます。袋から取り出したら、石づきを切り、かさ裏に本返しをなじませ、粉チーズ入りのパン粉をまぶし、オリーブオイルで揚げます。お弁当のおかずにもおすすめですよ。

干し椎茸のもっちり美味しいチーズフライ

材料
(1人分)干し椎茸3枚(10~12g)無糖ヨーグルト60~70g本返し小さじ1/5白胡椒少々粉チーズ大さじ1細目パン粉15gエキストラバージンオリーブオイル300ccにんにく1/2片
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1880012032/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■ヨーグルト浸けの鶏唐揚げ

楽天レシピ

5番目におすすめする「ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選」は、 「ヨーグルト浸けの鶏唐揚げ」です。
ヨーグルトに漬けてやわらかくなった、から揚げのレシピです。鶏肉は一口大に切り、ヨーグルトに下味の調味料を混ぜたものに3時間ほど漬け込みます。かたくり粉をまぶしてきつね色になるまで揚げたらできあがりです。タンドリーチキンのアレンジレシピだそうです。ヨーグルトのおかげでやわらかくジューシーになりました。

ヨーグルト浸けの鶏唐揚げ

材料
(2人分)鶏もも肉100gヨーグルト50gにんにく1片しょうが1片ごま油大さじ1しょうゆ大さじ1片栗粉適量揚げ油適量スイートチリ適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1510009029/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

ヨーグルト に関連する記事

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    朝食やおやつとして身近なヨーグルト。買い置きしていたら期限間近、なんて事も多いのではないでしょうか。ヨーグルトはお腹に良いと言うイメージが強いですが、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、カルシウムなどのミネラルなど、栄養バランスもバッチリ。栄養たっぷりのヨーグルト、余らせたままではもったいないですよね。そんな時は、煮る調理法で料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。ヨーグルトといえば乳酸菌ですが、煮る時の熱で死滅して、効果がないのでは、と心配になるかもしれません。ですがご安心を。死んだ乳酸菌にも、腸の善玉菌のエサになり、腸内環境を整える作用があるんです。ヨーグルトは毎日摂り続ける事で効果が得られるので、煮るレシピも活用しながら楽しく続けたいですね。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ヘルシーな食材としてよく挙げられるヨーグルト。手軽に食べることができ、朝食やおやつによく食べられています。ヨーグルトは乳に乳酸菌を混ぜて発酵させて作る発酵食品で、約7000年前から作られている歴史の長い食べ物です。世界各地にその地域特有のヨーグルトがありますが、日本でヨーグルトが一般に普及したのは太平洋戦争後になってからです。ヨーグルトはタンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2など、人間の体に必要な栄養素が豊富に含まれています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、消化を促進し便通を整える効果があります。そのまま食べるのはもちろん、お菓子やソースなどにも使えて色々とアレンジが効くのも魅力です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ヨーグルトは栄養価が高く低カロリーですので幅広い年齢層の方々に人気です。冷蔵庫に必ず常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。調理する際は増粘多糖類やアセスルファムK、スクラロース等の甘味料が入っていないプレーンタイプのものを使います。隠し味として使うことができるヨーグルトですが、ケーキ等に入れるとしっとりとした食感に仕上げることができます。また、お肉にヨーグルトを漬けると柔らかくなりますのでお試しください。そのまま食べても美味しいヨーグルトですが、いろいろな料理に活用できますよ。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    健康的な食材として人気のヨーグルト。価格も比較的安いので、日常的に取り入れられる健康食品です。ヨーグルトは乳に乳酸菌を混ぜて発酵させて作る発酵食品で、世界各地にその地域特有のヨーグルトが存在します。ヨーグルトの歴史は長く、約7000年前から作られていた記録が残っています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、消化を促進し便通を整える効果があり便秘解消に役立ちます。その他にもタンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれていて、お子さまのおやつにもおすすめです。ヨーグルトはそのまま食べる以外にも、お菓子や料理、ドレッシングなどさまざまな料理に使える便利な食材です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    健康に良い食品としておなじみのヨーグルト。タンパク質やカルシウムなどのミネラル、ビタミンAやビタミンB群も含み、普段の食事で不足しがちな栄養を補うのに最適です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで便秘解消はもちろん、免疫力を高めたり美肌効果や生活習慣病の予防にも役立ちます。ヨーグルトはお菓子作りだけではなく様々な料理にも活用できるんです。肉をヨーグルトに漬け込むことでやわらかくなるほか、肉料理に使うとヨーグルトのさわやかな酸味でさっぱりと食べられます。サラダのドレッシングに加えるとまろやかなコクをプラスして風味もよくしてくれますよ。料理にも取り入れながら継続することで健康的な美腸づくりにお役立てください。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【手羽元で今人気のレシピとは】美味しいレシピだけ20選まとめ:煮物に唐揚げに大活躍の手羽元レシピ

    スーパの鶏肉コーナーでもよく見かける手羽元、大根の煮物やからあげ、スープなど日本でもなじみの料理がたくさんありますよね。手羽元は安くて手軽な食材で、美容や健康にとっても良い栄養素がたっぷり含まれています。肌がプルプルになる美肌効果も期待できる食材として女性にも注目されています。ですが、定番の料理以外ではどのように使っていいかよくわからないといくこともありますよね。今回はそんな手羽元を使ったおすすめレシピをいくつか紹介していきたいと思います。手羽元レシピがマンネリしている方や買ってみたけど調理の仕方がわからない方など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社