キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選

広告

コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選

家に常備しておくと便利なコンビーフ。料理にもさっと利用でき、重宝する食材の1つです。コンビーフは英語で「塩漬けの牛肉」という意味です。実際は、牛の塩漬け肉をフレーク状にして牛脂で固めたもののことです。日本で普及しているものは、牛肉の塩漬けを蒸し煮し、調味料や牛脂を混ぜて缶に詰めたもので、保存がききます。コンビーフには味が付いており、余分な味付けの必要がないため、料理に利用すると楽ちんですよ。栄養的には、牛肉に含まれる栄養素とほぼ変わりません。鉄や亜鉛が豊富に含まれているので、貧血の予防や記憶力を高めるという効能があります。ただ、カロリーが高めなので、食べすぎには注意してくださいね。
この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■コンビーフ入りクロケット

Kurashiru

最初におすすめする「コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選」は、 「コンビーフ入りクロケット」です。
クロケットとは小さな丸い揚げものです。コンビーフを使ったレシピです。パン粉はめん棒などでたたいて細かくしておきましょう。レンジを使ってベシャメルソースを作ったら、牛乳を加えて再びチンします(2回繰り返す)。つぶしたじゃがいもやコンビーフなどを混ぜたら、分けて丸め、衣をつけて揚げます。チーズをプラスするなどアレンジを楽しみましょう。

コンビーフ入りクロケット

材料
(2人前)じゃがいも(計300g)3個水(じゃがいも用)大さじ2コンビーフ70gパセリ(生)2g塩少々ベシャメルソース薄力粉10g有塩バター10g①牛乳50ml②牛乳50ml塩こしょうふたつまみ溶き卵1個分サラダ油(手に塗る用)大さじ1パン粉45g揚げ油適量
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/835b00a0-5198-4bab-bace-79f722b3fce0

■簡単コンビーフコロッケ♡

楽天レシピ

2番目におすすめする「コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選」は、 「簡単コンビーフコロッケ♡ 」です。
揚げずに作るコンビーフを使ったコロッケのレシピです。じゃがいもをゆでてつぶしたら、コンビーフを混ぜます。6等分に分けて丸めたら衣をつけて揚げ焼きにします。中身は火が通っているので、衣がきつね色になったら完成です。揚げていないので、かなりカロリーダウンでき、ヘルシーですよ。味付けいらずで揚げる手間もなく、とても簡単です。

簡単コンビーフコロッケ♡

材料
(2人分)じゃがいも3個コンビーフ1缶油大さじ2卵1個パン粉大さじ3
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1230017337/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■お弁当にコンビーフのカツ

楽天レシピ

3番目におすすめする「コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選」は、 「お弁当にコンビーフのカツ」です。
コンビーフをそのままカツにするという、ありそうでなかった斬新なレシピです。薄力粉、卵、牛乳を混ぜた液に、薄くのばしたコンビーフをつけ、パン粉をまぶしてきつね色にカラッと揚げるだけ、と作り方はとても簡単です。衣に牛乳を混ぜるのが、おいしく作るコツです。大人は粒マスタード、子どもはケチャップをつけて召し上がってください。

お弁当にコンビーフのカツ

材料
(2人分)コンビーフ200gA薄力粉大さじ2A牛乳大さじ1と2分の1A卵2分の1個パン粉適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1930007750/

■玉ねぎたっぷり ほくほくコンビーフコロッケ

Kurashiru

4番目におすすめする「コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選」は、 「玉ねぎたっぷり ほくほくコンビーフコロッケ」です。
玉ねぎがたっぷり入った、甘みのあるコロッケです。じゃがいもはレンジでチンしてつぶし、調味料や生クリームを加えて混ぜます。フライパンで、コンビーフとみじん切りにした玉ねぎを炒めたら、じゃがいもと混ぜます。冷えてから6等分し、成形してから衣をつけて揚げます。玉ねぎのシャキシャキした食感も感じることができますよ。パンにはさむのもおすすめです。

玉ねぎたっぷり ほくほくコンビーフコロッケ

材料
(2人前)じゃがいも(計350g)3個玉ねぎ1/2個コンビーフ100g①生クリーム大さじ1①マヨネーズ大さじ1①コンソメ顆粒小さじ1/2①塩こしょうふたつまみ衣薄力粉20g溶き卵1個分パン粉30g揚げ油適量中濃ソース大さじ3パセリ(乾燥)小さじ1/2
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/adb0dc36-436e-403a-8d8b-b354abef60d4

広告

■チーズがとろり ハッシュドポテトグラタン

Kurashiru

5番目におすすめする「コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選」は、 「チーズがとろり ハッシュドポテトグラタン」です。
子どもも大喜びな、コンビーフ入りのポテトグラタンのレシピです。じゃがいもはレンジでチンして、粒を残してつぶし、薄力粉と塩を混ぜます。一口大の俵型に整えたら、少なめの油でカリッと揚げて、コンビーフと一緒に耐熱皿に入れ、ピザ用チーズを散らしてからトースターで焼きます。とろとろのチーズがたまりません。おもてなし料理にもおすすめです。

チーズがとろり ハッシュドポテトグラタン

材料
(2人前)じゃがいも(計200g)2個薄力粉大さじ1塩小さじ1/4コンビーフ70gピザ用チーズ50g揚げ油適量パセリ(乾燥)適量
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/eda97f0b-deda-4c2e-80ec-570950d99b52

広告

コンビーフ に関連する記事

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    コーンビーフは、塩漬けされた牛肉をほぐし、牛脂で固めて缶詰にしたもので、長期間保存でき、忙しい時や非常用のストック食材として便利です。調味料で味付けされ、加熱処理されており、そのままで食べることもできますが、塩分が多いので、野菜と一緒に食べたり、料理の材料として使用するのがおすすめです。コーンビーフは牛肉の旨味が凝縮していて、味付けもされているので、塩コショウで味を整える程度で料理の味が決まり、とっても簡単、良いお出汁が出るんです。栄養面で見ても、脂質は多いものの、高タンパクで、ナトリウムをはじめ、鉄、亜鉛などのミネラルやビタミンも豊富で、栄養価が高いのも魅力です。ぜひ、煮るのレシピを参考にしてコーンビーフを活用してみてくださいね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    コーンビーフは牛肉を塩漬けにした食品で、欧米ではロースト料理のようにして食べることが多くメインディッシュとして食べられます。日本ではコーンビーフと言えば缶詰で、1950年に国産初のコンビーフの缶詰が発売されました。ツナ缶や鯖缶のように手軽に使える魚の缶詰は多いですが、肉が缶詰になったものはあまりないためコーンビーフは使い勝手のいい食材として手軽に使えて人気です。コロッケに入れたり、炒め物やオーブン料理に使ったりなど、さまざまな料理に使うことができます。独特の風味と味わいが料理のアクセントになって、切ったり火を通す必要がなくそのまま使えるのが便利です。家にいくつか置いておくと、いざという時に役立つお助けアイテムです。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    コーンビーフは炒め物、煮物などの料理はもちろん、グラタンやパテなどの料理に重宝する食品です。そもそもコーンビーフとは塩漬けにした牛肉を示します。現在では、塩漬けして煮沸消毒の工程を踏み、油、塩、調味料などと混ぜたものになっています。コーンビーフ缶に楕円形が多いのは、面積が大きい側から肉を詰め、缶の中の空気を抜き、肉の保存性を高めるためです。コーンビーフの缶は、高温高圧で殺菌しているため開けたらすぐに食べることが出来ます。また、保存期間が長いので防災食品や登山に持って行くには便利な食品ですよ。普段の料理や災害時にも使えるコーンビーフは、家庭に常備して損はしない食品ですね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    濃厚な味わいが魅力的なコンビーフ。コンビーフを英語表記するとCorned Beefで、直訳すると塩漬けした牛肉という意味となります。作る際は余分な脂味や筋を除いたあと塩漬けされるため、柔らかく濃厚な味わいに仕上がります。塩漬けのシンプルな味付けなので、和洋中問わずに使いやすい具材でもありますよね。グラタンなどの中にいれてもクリームの濃厚さに加えまろやかになりますし、そのまま野菜やパンに合わせて食べても塩っ気が加わりおいしく食べられますよ。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    コンビーフとは牛肉を塩漬けにしたもので、缶切り不要で手軽に味付きの牛肉が食べられる便利な食材です。保存がきくため登山やキャンプ、非常食に重宝しそのままでも美味しく食べられます。また、炒め物や煮込み料理、サラダ、パスタ、サンドイッチなど様々な料理にアレンジできますよ。野菜や卵との相性も良く、簡単に調理できるため忙しい時にもおすすめの食材です。コンビーフの缶詰が台形状になっているのは、缶詰にする際に肉は酸素に触れると酸化してしまうため、面積の小さい方の面を下にして、缶詰内の空気を抜きながら詰めることで酸化を防ぐためです。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 【美味しいパスタの作り方】おすすめの人気レシピ20まとめ:絶品で簡単&定番どちらもまとめ!

    ランチやおもてなしなどにも大人気のパスタ。一口にパスタと言っても幅が広く、ソースや使用するパスタの種類によってそのレシピは膨大にあります。本場イタリアの味を再現しているパスタはもちろん、最近では和の食材を使用した和風のものや、エスニックなものなどアレンジを効かせたメニューもたくさんあります。簡単に作ることができて見た目にもオシャレで美味しいレシピもたくさんあります。今回は、簡単に美味しくできるパスタの人気レシピを、和風パスタ、トマトパスタ、クリームパスタ、オイルパスタ、その他のパスタと言うカテゴリーに分け、簡単につくれるパスタの調理法を紹介します。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社