キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

おしゃれなピッチャー21選 :水でもお茶でもおしゃれに。

広告

おしゃれなピッチャー21選 :水でもお茶でもおしゃれに。

水やお茶など、ドリンクを提供するときに活躍するピッチャー。
主にプラスチック製のものや、耐熱ガラス製のものが販売されています。近年では保温・保冷効果に優れた機能的なピッチャーもありますよ。
使う頻度も多いので、使いやすさはもちろん、リビングやキッチンに置いたときおしゃれなデザインのものだと嬉しいですよね。

この記事では、冷水用、保温機能付き、横置き可能をカテゴリに分けて紹介します。さまざまなピッチャーの中でも、特におすすめの商品を厳選しているので、ぜひ参考にしてください。※価格は2017年10月に算出されたものです。

おしゃれなピッチャー21選 :水でもお茶でもおしゃれに。の商品一覧

もっと見る

ピッチャーの上手な選び方

ピッチャーは、ガラス製・プラスチック製・陶器製などが主な材質。
ガラス製は保冷性が高く、耐熱ガラスのものもあります。容器が透明なので、デトックスウォーターや紅茶などを入れるだけでおしゃれさを演出。
プラスチック製のピッチャーは、軽くてデザインが豊富。万が一倒してしまっても壊れにくいので、子どものいる家庭におすすめです。
陶器製は、保温性が高く、インテリアとしてもおしゃれですよ。

ピッチャーの使い方・手入れの方法など

レストランやカフェでよく見かけるピッチャー。自宅で使ってもとても便利なんですよ。
普段使いでお茶を入れたり、水と一緒にレモンやミントを入れてフレーバーウォーターを入れるだけでグッとおしゃれな空間に。
フルーツを入れてサングリアやティーパンチを入れれば、パーティーの時にも喜ばれますよ。
ドリンクだけでなく、花瓶のように花を飾ってインテリアにしてもGOOD。

冷水用ピッチャー

■【ヴィヴ 】 麦茶ポットE50820145

ピッチャーの容量:1.1ℓ

https://item.rakuten.co.jp

最初に紹介したいピッチャーは「【ヴィヴ 】 麦茶ポットE50820145」。
人気のある「ヴィヴ」ブランドのピッチャー。蓋のカラーが11色と豊富なので、自分のお気に入りを見つけられるますよ。
本体はガラスのように見える特殊素材、メタクリル樹脂を使用。割れにくく、耐熱・耐冷性にも優れています。容量は、冷蔵庫のサイドポケットにちょうど入る1.1リットル。邪魔にならず使いやすいのもおすすめのポイント。

【ヴィヴ 】 麦茶ポットE50820145

参考価格
950円

■【HARIO(ハリオ)】 耐熱ガラス 冷蔵庫ポット RPLN-14-OW

ピッチャーの容量:1.4ℓ

https://item.rakuten.co.jp

2番目におすすめするおしゃれピッチャーは「【HARIO(ハリオ)】 耐熱ガラス 冷蔵庫ポット RPLN-14-OW」。
日本の人気の耐熱ガラスメーカー「ハリオ」のピッチャー。品質の良さはもちろん、耐熱ガラスなので熱湯でもOK。
シンプルなデザインとスリム設計のピッチャーで冷蔵庫のドアポケットにもスッキリ収納できて便利です。スリムなのに容量1.4Lも嬉しいですね。取っ手が大きいので、男性の手でもすっと奥まで入るので持ちやすさバツグン。洗いやすさも配慮されたおすすめのピッチャーです。

【HARIO(ハリオ)】 耐熱ガラス 冷蔵庫ポット RPLN-14-OW

参考価格
630円

■【イワキ】 スクエアサーバー K296K-SV

ピッチャーの容量:1ℓ

https://item.rakuten.co.jp

続いてのピッチャーは「【イワキ】 スクエアサーバー K296K-SV」。
耐熱ガラス食器などで有名な「イワキ」のピッチャーです。
取っ手なしのピッチャーで、女性でも掴みやすい形状。本体はスクエア型で、冷蔵庫のポケットにもすっきりと収まりやすく、おすすめですよ。
耐熱ガラスなので、熱湯を入れてもOK。容量は1L。軽くて使いやすく、シンプルな形なので洗いやすいのも人気のポイント。

【イワキ】 スクエアサーバー K296K-SV

参考価格
1,278円

広告

グラス・コップ・ポット に関連する記事

  • おすすめタンブラー14選:コーヒー好きには欠かせないタンブラー

    数あるグラスの中の一つで、シンプルで汎用性の高いグラスを指す「タンブラー」。最近は、ただ飲み物を飲むものではなく、アクセサリーやインテリアの一貫として、見た目にもこだわりを持って選ぶ人が多くなっています。贈り物にも利用することが多く、ペアのものなども良く見かけますね。機能性も充実したものが多く、蓋つきでこぼれにくかったり、持ち運びができるものも人気です。また、熱いものは熱く、冷たいものは冷たく、そして、手に熱さが伝わりにくかったり、水滴が付きにくいなど快適に飲み物を楽しむことができるものもあります。 そこで、今回はコーヒー好きの人にはもちろん、さまざまな飲み物を楽しむことができるおすすめのタンブラーを紹介します。※価格は2017年6月に算出のものです。

  • おすすめの水筒20選:売れてる水筒を用途別に紹介

    水筒を選ぶポイントはいろいろありますよね。保冷効果や保温効果がある水筒なのか、どれくらいの容量が必要なのか、人気の直飲みタイプかコップタイプかなど。オフィスのランチ用なのか、スポーツ用なのか、使い道によっても選ぶ水筒は違ってきます。保冷や保温が長時間持続するものや、氷が入るサイズの飲み口のもの、ワンタッチでフタを開けられるものなど、便利な機能がある水筒もたくさんあります。今回は持ち運びに便利な水筒、大きめサイズの水筒、子供向けの水筒の、3つの用途別に、おすすめの水筒をご紹介したいと思います。なお、価格は2017年6月に算出されたものです。

  • 人気のグラス34選:ディナーをおしゃれにしたいあなたにおすすめ

    いつものディナーに美味しいお酒をプラスしたら、食事がもっと美味しくなりますよね。ビールやワイン、日本酒など、そのお酒によって適切なグラスは変わるものです。香りが高くなったり、口当たりが良くなったり。 また、名前やメッセージを刻印して世界にひとつだけのオリジナルグラスを作ることも。自分用にはもちろん、贈り物としても喜んでもらえそうです。そこで今回は、様々なグラスの中でも人気であり、おすすめのおしゃれでオリジナリティ溢れるグラスをまとめました。いつもの食事に新しいグラスをプラスして更に楽しい食卓にしませんか。

  • おしゃれ&かわいい人気カップを用途別に大紹介!

    忙しい毎日。お気に入りのカップでホッと一息付く瞬間は小さな幸せを感じますよね。日常的に使うものだからこそ、素材やデザイン、機能性にまでこだわりたいものです。 とは言え、なかなか気に入ったカップに出会えなかったり、贈り物にはどんなカップが良いのか悩んでしまったりすることも多いのではないでしょうか。 この記事では、カップの人気ブランドやお手入れの方法について説明した後、マグカップ、スープカップ、 ティーカップ、 コーヒーカップ、 その他のカップのカテゴリに分けて紹介します。さまざまなカップの中でも、特におすすめの商品を厳選しているので、ぜひ参考にしてくださいね。※価格は2017年10月に算出されたものです。

  • おしゃれマグカップ29選:自分用にもプレゼントにもピッタリ

    毎日誰もが利用するマグカップ。 コーヒーや紅茶などの飲み物を飲んだり、時には、スープやデザートなどの器に使ったりと、様々な用途に使うことができる使い勝手の良さが人気ですよね。 一口にマグカップといっても素材や形、デザインなども様々で、耐熱性に優れていたり、水滴がつきにくかったり、蓋つきであったりと特徴があり、オフィスなどにおすすめのもの、持ち運びに便利なもの、飾っておくだけでも気分が上がるものなど様々です。 自分が便利に使うのももちろんですが、結婚式の引き出物や贈り物、ちょっとしたプレゼントなどにもピッタリです。でもどれがよいのか迷ってしまいますね。そこで今回は、自分用にもプレゼントにも使えるおしゃれなマグカップを29選紹介します。(価格は2017年7月に算出されたものです)

今週のおすすめ記事

  • おいしい水と暮らしたい!おすすめの整水器15選

    小さなお子様がいるご家庭などで大活躍している整水器。 不純物を取り除いた後電気分解して水の性質を変える機械なのですが、据え置きタイプやアンダーシンクタイプなどその種類は様々です。作り出される水の種類によっては胃や腸の環境を整えてくれる効果があるので、ぜひ家庭に一つは欲しいものですね。

  • エスニックな味をおうちでも!人気のガパオライスレシピ・作り方

    ガパオとはタイ料理のスパイスとして用いられるホーリーバジルのこと。 牛、豚、鶏肉とホーリーバジルをナンプラーと炒め、目玉焼きをのせた料理をパットガパオ呼びます。日本で食べられているガパオライスは、このパットガパオに白飯を添えたもの。タイでは日本のカレーと同じように庶民に親しまれているメニューです。 この記事では、ガパオライスの基礎知識に加え、お手軽メニューやヘルシーな作り方を紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 女性必見!美肌効果があるルッコラの人気レシピ20選

    春と秋が旬のルッコラは、ごまの様な香りとピリッとした辛みがくせになる緑黄色野菜で、地中海沿岸の原産です。ルッコラの香りを活かして生のままサラダで食べたり、カルパッチョ、ピザ、生ハムと一緒に食べるのもおすすめ。さっと炒めて炒め物やパスタの具材にしたり、お浸しにしても美味しいですよ。 この記事では、ルッコラの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、サンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉料理のレシピ&作り方まとめ:お弁当のおかずにもバッチリ!

    豚肉は安く手に入る家計に優しい食材として人気ですね。豚の生姜焼きや角煮、とんかつなど日本食にかかせないもので、栄養価も高く、ビタミンB1が豊富なため疲労回復にも効果的だと言われています。これから暑い夏をむかえて夏バテになったり、なんだか元気が出ないと感じる時に豚肉料理を食べれば、疲れた体に新たなエネルギーを作り出してくれるでしょう。今回はそんな豚肉を使った数多くの料理の中から、食卓だけでなく、お弁当のおかずにも利用できるおすすめのレシピを紹介します。気になるレシピがあったらぜひ作ってみてくださいね。

  • みんなで盛り上がろう!おすすめのそうめん流し器20選

    流しそうめんといえば夏の風物詩の1つですよね。実は家庭でも、流しそうめん器さえあれば手軽に楽しめ、ちょっとしたイベント気分も味わえます。子供の友達が集まった時や、メニューに悩む夏休みのランチにもおすすめ。流しそうめん器を使うと、いつもと同じそうめんでも喜んで食べてくれるので、作る側は楽ができて、家計にも優しいですよ。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • キャベツの人気料理レシピ20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • おしゃれ食器30選:おすすめの食器で食卓を彩ろう

    普段なにげなく使っている食器ですが、食器を変えると料理をよりおいしく見せてくれ、食卓を華やかにしてくれます。普段使いできるおしゃれな食器を集めたり、来客用に少し豪華な食器をそろえてみたりと、種類が豊富で選ぶのが楽しいのも食器の魅力ですね。 食器の人気有名ブランドとして、フィンランドのガラスメーカー「イッタラ」やドイツのクリスタルブランド「ナハトマン」、イギリスの洋食器ブランド「ウェッジウッド」などがあります。これらのブランドは日本でも人気があり、おしゃれな食器が揃っています。 食器にはさまざまな種類があり、クリスタルでできた美しい食器や、電子レンジやオーブン、食器洗浄機に対応している便利なものなどがあります。この機会に、食器を新しくしてみませんか?今回はおすすめの人気の食器セットについて紹介します。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バレンタインにピッタリ!人気の手作りチョコレシピ20選

    バレンタインといえば、チョコですよね。 ブランドのチョコレートはもちろん、手作りのチョコを味や形が豊富。オリジナリティを出すのにぴったりです。 そんなチョコだからこそ、どんなチョコをあげようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 この記事では、チョコの基礎知識に加え、生チョコ、チョコケーキ、 チョコスナック、その他のチョコレシピにカテゴリを分けて紹介しています。友達・本命・家族の誰にあげても喜ばれるレシピをまとめました。1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね。

  • 人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

    手軽に食べられるどんぶりものの料理で、多くの人に好まれている牛丼。 1862年に、横浜入船町にある「伊勢熊」という居酒屋を営んでいた主人が牛の煮込みを売り出したのが始まりとされていて、当時は牛鍋と言われていました。手軽に食べられることから、明治生まれの日本のファストフードとも言われています。 牛鍋をご飯にぶっかけた「牛飯」から変化していき、現在の「吉野家」の創業者が「牛丼」と名付けて、現在の形になりました。 初めはみそ味が主流であったと言われていますが、現在では、牛肉と玉ねぎを甘辛い醤油味で煮込んでいるものが主流になっていますね。 今回は、そんな牛丼の調理法をはじめ、牛丼の定番・再現・アレンジレシピ、そして余った牛丼のリメイクレシピをカテゴリーごとに紹介します。

カテゴリーから探す

広告