キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

おでんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

広告

おでんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

[PR]

冬になるとコンビニエンスストアのレジコーナーに並び、いい香りで食欲をそそるおでん。いろいろな具材を一気に食べられる昔から親しまれてきた出汁をメインにつかう鍋料理の一つです。おでんと呼ばれている由来は豆腐田楽の田楽に「お」をつけたおでんがくという言葉が由来であり、なんとその歴史は1200年以上にもなるといわれています。また、味付け自体は薄めのものが多いので、具材の選び方しだいではダイエットメニューに早変わりする優秀な鍋でもあります。
この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

夫婦関係を修復したい…
夫婦問題でお悩みの方へ

夫婦カウンセラーの存在をご存知ですか?
探偵に依頼した人の中の約70%が復縁しています(※)。
探偵調査で真実を知り、今後の解決方法を冷静に考えることが大切です。
夫婦関係を再スタートするためにも、再構築のノウハウが豊富な夫婦問題の専門カウンセラーに相談してみませんか?

■時短!さつまいも入り塩おでん

楽天レシピ

最初におすすめする「おでんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選」は、 「時短!さつまいも入り塩おでん」です。
さつまいもは1センチの輪切りにし、水にさらしてから水気をとります。大根は皮をむいて半月切りにし、電子レンジで加熱します。厚揚げは油抜きをしてこんにゃくは下茹でして、はんぺん、えりんぎは食べやすい大きさに切ります。鍋に出汁、塩、みりんと具材をいれてふたをし、火にかけて沸騰したらさつまいもが柔らかくなるまで煮ます。仕上げに枝豆を加えたらできあがりです。

時短!さつまいも入り塩おでん

材料
(2人分)大根1/2本(400g)さつまいも小1本(160g)厚揚げ(絹揚げ)小1枚(150g)こんにゃく1/2枚はんぺん1/2枚えりんぎ1本冷凍枝豆(解凍してさやから出す)40粒アクアクララのお水で取った出汁400cc塩小さじ1杯みりん大さじ2杯
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1980025657/

■おでんつゆの残りで・・ニラ玉豆腐のスープ

楽天レシピ

2番目におすすめする「おでんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選」は、 「おでんつゆの残りで・・ニラ玉豆腐のスープ」です。
おでんの残ったつゆに水をたして火にかけます。豆腐とニラをいれて煮ていきます。わかめも加えてひと煮たちさせたら溶きたまごを回し入れ、卵が煮えて浮かんで来たらできあがりです。おでんを作るときはどうしてもだしが残りがちですが、だしをつかってスープを作れば時短にも節約にもなる一石二鳥のスープレシピです。ご飯を入れて雑炊にしてもおいしいですよ。

おでんつゆの残りで・・ニラ玉豆腐のスープ

材料
(4人分)おでんつゆの残りお玉3杯分水お玉1杯分豆腐ツインパックの1つニラ1/4束わかめひとつまみたまご2個
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1600016044/

広告

■真っ黒つゆと黒はんぺんの静岡おでん(ご当地おでん)

楽天レシピ

3番目におすすめする「おでんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選」は、 「真っ黒つゆと黒はんぺんの静岡おでん(ご当地おでん)」です。
先にかつおだしをひと煮たちさせ、調味料をいれて味を整えておきます。黒はんぺん、さつま揚げなどの練り物は熱湯をかけ油抜きして串にさします。こんにゃくは水から茹で、大根は適当な大きさに切ります。米のとぎ汁で茹でるのがポイントです。牛スジは2センチに切り茹でます。鍋にで牛スジを醤油で煮て、かつおだしへ串をさし、30分ほど煮たら完成です。

真っ黒つゆと黒はんぺんの静岡おでん(ご当地おでん)

材料
(4人分)(つゆ)かつおだし1.5リットル醤油150cc砂糖大さじ1・1/2酒大さじ1・1/2みりん大さじ1・1/2塩少々(具材)はんぺん4個牛すじ300g大根1/2本こんにゃく1枚ゆで卵4個さつまあげ4枚ちくわ4個昆布4枚その他好みの練り物お好み(トッピング)いわし粉適量青海苔適量*竹串*具材に合わせて
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1460003520/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■意外でしょ 案外早煮え ちくわぶのおでん

楽天レシピ

4番目におすすめする「おでんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選」は、 「意外でしょ 案外早煮え ちくわぶのおでん」です。
鍋にお湯を張り、ちくわぶを4センチ程度に切り分けたら鍋に入れ、5分茹でます。ちくわぶは下茹ですると味がしみやすくなりますよ。ネギとおでんの食材を適当な大きさに切ったら熱湯にさらして油抜きをします。鍋にスープの素をいれてちくわぶを鍋の下へいれたら上に他の具材を重ねていき、全体に味が染みるまで煮れば完成です。お好みで薬味もご一緒にどうぞ。

意外でしょ 案外早煮え ちくわぶのおでん

材料
(4人分)おでんファミリーパックだし付き1パックちくわぶ1パック150g入り長ねぎほぼ1本かぶる位のお湯600ml位だしをとくお水900ml
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1220011105/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■めんつゆで簡単☆我が家のおでん

楽天レシピ

5番目におすすめする「おでんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選」は、 「めんつゆで簡単☆我が家のおでん」です。
こんにゃくは格子状に切込みをいれます。こんにゃくは下茹でし、卵も茹でておきます。具材を適当な大きさにカットし、熱湯をかけて油抜きをしたら大きめの鍋に水を入れ火をかけます。沸騰したらめんつゆをはじめとして調味料を加えて味を整えます。全体に火がとったらか完成です。一度冷ましてから1日寝かせて食べると味が具材に染みて美味しく食べられます。お好みでからしをどうぞ。

めんつゆで簡単☆我が家のおでん

材料
(5人分)大根10cmこんにゃく1枚茹で卵5個結び昆布5本魚河岸揚げ1袋はんぺん2袋お好きな練り物10種類程度=======スープ=======水1.2L●めんつゆ(3倍濃縮)100ml●お酒大さじ5●みりん大さじ5●塩適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1070013777/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

おでん に関連する記事

  • おでんを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    冬になると食べたくなるのがおでん。素朴な味わいで華やかさはありませんが、食べるとなぜかほっとするやさしい味が人気です。おでんの元祖は、室町時代に流行した豆腐田楽と言われています。その後進化を続けて江戸時代には今のような、煮込むタイプに変わり家庭でも食べられるようになりました。おでんは他の鍋料理と違い、人によってそれぞれの好みの具材があるのが特徴です。ちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなどさまざまな種類を楽しめて、屋台やコンビニエンスストアでも好みの具材のみ選ぶことができるのも魅力ですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おでんを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    寒い冬に体が温まる料理として人気なのがおでんです。おでんの元祖は、室町時代に流行した豆腐田楽と言われています。その後進化を続けて江戸時代には今のような、煮込んで汁の多いおでんに変化しました。昭和初期頃まではおでんは屋台や専門店で食べるのもので、家庭では食べられていませんでしたが、戦後に練り製品が販売されるようになると家でも食べられるようになりました。おでんはちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなどさまざまな種類を楽しめて、低カロリーなことからダイエット中のメニューとしても人気があります。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おでんを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

    寒さが厳しくなると恋しくなるホッとする味わいの「おでん」。それぞれの家庭の味があるのはもちろん、地域によっても味付けや使われている具材が様々です。出汁を取るのに使われる昆布には旨味成分グルタミン酸が含まれ魚介や野菜の旨味成分を引き立て、塩分控えめでも美味しい出汁が取れるんです。魚のすり身でできているつみれやはんぺん、さつま揚げはタンパク質が多く、不足しがちな魚の栄養を摂取できます。昆布や大根、こんにゃくは食物繊維やミネラルが豊富であるなど色々な栄養が取れるのも魅力の一つです。出汁の効いた具材の旨味たっぷりのおでんの汁はうどんやそば、そうめんなどの麺類と相性抜群。麺レシピを活用すれば、残ったおでんのつゆと具材が大活躍します。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おでんを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    子どもからお年寄りまで人気のあるおでん。華やかさはないながらも、ほっとする味わいで冬になると食べたくなる煮物料理です。おでんは昭和初期頃までは屋台や専門店で食べるのが一般的で、家庭では食べられていませんでしたが、戦後に練り製品が販売されるようになると家でも食べられるようになりました。ちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもなどたくさんの種類があり、他の鍋料理と違ってコンビニエンスストアで気軽に買えるのも魅力です。たくさん食べても使われている具材が低カロリーのものが多いため、ダイエット中でも安心して食べられるのもうれしいですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おでんを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    冬の風物詩と言ってもいいほどよく食べられる、冬の人気料理がおでんです。煮物料理を代表する1つで、おでんの元祖は室町時代に流行した豆腐田楽と言われています。派手さなくとも食べるとほっとするやさしい味わいで、体を芯から温めてくれます。ちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなどさまざまな種類を楽しめるのも魅力で、人によって好みのおでんの具材があるのも特徴です。ボリュームがあって食べ応えがありながら、油を使わず具材自体も低カロリーなものが多いため、ダイエット中の方にも人気があります。残ったおでんでリメイク料理を作ったり、お酒のおつまみにしたりと色々と楽しめるのもいいですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社