キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

おしゃれなお盆・トレー22選:普段の食卓をおしゃれに演出

広告

おしゃれなお盆・トレー22選:普段の食卓をおしゃれに演出の商品一覧

もっと見る

和盆デザインのトレー

■半月膳 半月ランチョンマット 朱・溜 001-002sa

トレーのサイズ:39×35×0.7cm

https://item.rakuten.co.jp

続いてのおしゃれお盆・トレーは「半月膳 半月ランチョンマット 朱・溜 001-002sa」。
自宅で本格的な和膳を演出できる半月のトレー型ランチョンマット。
表面の特殊塗料による滑り止め効果で、縁がなくとも滑り落ちにくく安全性◎。また、裏面もザラザラな加工がされています。
正月のほか、お食い初めにも活用できることで人気。カラーは赤塗と溜塗の2色。イメージに合ったものが選べますよ。

半月膳 半月ランチョンマット 朱・溜 001-002sa

参考価格
1,620円

■半月プレイスマット 折敷 リバーシブル shima-52

トレーのサイズ:36cm×30cm×高さ1.5cm

https://item.rakuten.co.jp

次に紹介するおしゃれお盆・トレーは「半月プレイスマット 折敷 リバーシブル shima-52」。
このトレーは、両面使えるのリバーシブル。片面は華やかなゴールド、もう片面は重厚感あるブラックとそれぞれ違った印象でテーブルコーディネートを演出できるのが魅力です。
高級感のあるデザイン性ながら、食器洗浄機OK。安心安全な日本製な点もおすすめのポイントです。

半月プレイスマット 折敷 リバーシブル shima-52

参考価格
3,240円

■紀州漆器 ノンスリップ加工 両面盆001-3450

トレーのサイズ:約36×32×1.5cm(半月膳)、約39×27.8×1.2cm(長角膳)

https://item.rakuten.co.jp

8番目におすすめするおしゃれお盆・トレーは「紀州漆器 ノンスリップ加工 両面盆001-3450」。
400年以上の伝統がある「紀州漆器」の技術で作られる両面使用できる半月トレー。
黒面には木目加工がされている上、滑り止めつき。
裏の赤面は布目の模様が入っています。活用シーンや据えるものによって使う面が選べおすすめ。
日々のランチョンマット代わりに使用するだけで、食卓が華やぎますね。

紀州漆器 ノンスリップ加工 両面盆001-3450

参考価格
0円

■【象彦】梅文様 梅形吹上盆 ume_hukiage

トレーのサイズ:径26.5×1.5cm

https://item.rakuten.co.jp

9番目に紹介するおしゃれお盆・トレーは「【象彦】梅文様 梅形吹上盆 ume_hukiage」。
京の老舗漆器店「象彦」の梅をかたどったシルエットに梅文様がプリントされたトレーです。
裏面にも象彦のロゴが金色でプリントされていて細部までデザイン性にこだわった作り。デザイン性だけでなく、ふちの梅の花弁を立ち上がらせているため、持ちやすさにも工夫がされています。
トレーとしてランチョンマットにも使用できますよ。

【象彦】梅文様 梅形吹上盆 ume_hukiage

参考価格
4,000円

■四つ葉プレイスマット 折敷 リバーシブル ブラック・レッド 漆器 shima-61

トレーのサイズ:29.5cm×29.5cm×高さ0.5cm

https://item.rakuten.co.jp

10番目のおしゃれお盆・トレーは「四つ葉プレイスマット 折敷 リバーシブル ブラック・レッド 漆器 shima-61 」。
和テイストでありながらクローバー型をかたどったユニークなトレーは、両面使えるリバーシブルタイプ。色々なシーンで活用できますね。
正月などのイベントの際も、トレーに乗せるだけでテーブルコーディネートが完成。モダンなデザインのため、和食のみならず和洋菓子などを載せてもおしゃれに演出できますよ。

<四つ葉プレイスマット 折敷 リバーシブル ブラック・レッド 漆器 shima-61

参考価格
3,780円

広告

その他 に関連する記事

  • おしゃれエプロン15選:料理好きのあなたにおすすめ!

    エプロンというと、主婦(夫)が家庭で家事をする際に、もしくは仕事で身につけるというイメージが強く、さらに一人暮らしの人などを中心に、最近はノーエプロンで家事をこなす人も増えているそうです。 そこで今回は、思わずエプロンがしてみたくなる、誰かにプレゼントしたくなる、おすすめの人気おしゃれエプロンを集めました。洋服を汚れから守るため、家事などの気分を上げるため、実はおしゃれな人ほどエプロンをしています。料理や掃除をする時だけではなく、DIYやガーデニング、大工作業、そして自転車、バイク、車いじり用など、ライフスタイルに合ったエプロンが必ず見つかるはずです。※価格は2017年6月に算出されたものです。

  • 人気テーブルクロス14選:これさえあれば食卓がグッと華やか!

    テーブルを傷や汚れから守りたい、古くなったテーブルを隠したい、料理に合わせてコーディネートを楽しみたいといった場面で活躍するテーブルクロス。テーブル全体を覆ものや、天板にぴったりとセットできるものがあり、円形、正方形、長方形、など素材や形、飾り方も多種多様です。今回は数あるテーブルクロスのなかから、人気のおすすめ品14選をご紹介します。用途や部屋の雰囲気に合わせて検討してみてください。シーンや料理によって使い分ければ、家ごはんが一気にお店のようなワンランクアップした雰囲気になるでしょう。なお、価格は2017年7月に算出されたものです。

  • ランチョンマット24選:インスタ映えするおしゃれなものを紹介

    毎日何気なく食べている、家での食事。 見慣れたメニューと食器で、ついつい、いつもと同じ時間を過ごしてしまいがちです。 でもたまには家でも、レストランやカフェのようなおしゃれな食事をしたいと思いませんか? おしゃれなメニューなんて作れない、小洒落た食器なんて持ってない、買い揃えたら高いと思っているあなた。そんなあなたにおすすめのアイテムがランチョンマットです。 収納場所も取らずに値段も手頃なので、シーンによって使い分けられます。いつもの見慣れた食事も、おしゃれなおうちごはんに大変身です。インスタでよく見かけるおしゃれな食卓になれる、おすすめの人気ランチョンマットを紹介します。

  • 調味料入れ30選:キッチン周りがスッキリ・おしゃれ空間に!

    「もっと使いやすい調味料入れがあれば……」「調味料入れを買い替えてキッチンの雰囲気を変えたい」このように考えている方は意外と多いのではないでしょうか。最近、おしゃれな調味料入れに人気が集まってきています。この機会に調味料入れを一新してみませんか。毎日使うものだからこそおしゃれに。素敵な調味料入れがあると食卓もキッチンも明るくなって、自分好みの調味料入れは、料理をさらに楽しませてくれます。どの調味料入れにするか悩んでいる方は必見です。この記事では、キッチン周りをスッキリとおしゃれにしてくれる、おすすめの調味料入れを紹介します。

  • コースター30選:コースターでさりげないおしゃれを演出

    コースターには珪藻土のコースター、瓦や石のコースター、形を変えられるコースターなどいろいろな種類があります。 素早い吸収力や高い耐久性、自然乾燥ができるなどいろいろな便利な機能のあるコースターもあります。湯のみやマグカップなどに合う定番のコースターの他に、ワイングラスやカクテルグラスなどに合うおしゃれなコースターもありますね。 さらに、コースターとして使う他に菓子やスイーツのお皿として使ったり、アクセサリートレイやキャンドルホルダーとして使ったりなどいろいろな使い方もできます。 今回はそんな中からおすすめの人気のコースターを紹介します。※価格は2017年7月に算出されたものです。

広告

今週のおすすめ記事

  • おいしい水と暮らしたい!おすすめの整水器15選

    小さなお子様がいるご家庭などで大活躍している整水器。 不純物を取り除いた後電気分解して水の性質を変える機械なのですが、据え置きタイプやアンダーシンクタイプなどその種類は様々です。作り出される水の種類によっては胃や腸の環境を整えてくれる効果があるので、ぜひ家庭に一つは欲しいものですね。

  • エスニックな味をおうちでも!人気のガパオライスレシピ・作り方

    ガパオとはタイ料理のスパイスとして用いられるホーリーバジルのこと。 牛、豚、鶏肉とホーリーバジルをナンプラーと炒め、目玉焼きをのせた料理をパットガパオ呼びます。日本で食べられているガパオライスは、このパットガパオに白飯を添えたもの。タイでは日本のカレーと同じように庶民に親しまれているメニューです。 この記事では、ガパオライスの基礎知識に加え、お手軽メニューやヘルシーな作り方を紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 女性必見!美肌効果があるルッコラの人気レシピ20選

    春と秋が旬のルッコラは、ごまの様な香りとピリッとした辛みがくせになる緑黄色野菜で、地中海沿岸の原産です。ルッコラの香りを活かして生のままサラダで食べたり、カルパッチョ、ピザ、生ハムと一緒に食べるのもおすすめ。さっと炒めて炒め物やパスタの具材にしたり、お浸しにしても美味しいですよ。 この記事では、ルッコラの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、サンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉料理のレシピ&作り方まとめ:お弁当のおかずにもバッチリ!

    豚肉は安く手に入る家計に優しい食材として人気ですね。豚の生姜焼きや角煮、とんかつなど日本食にかかせないもので、栄養価も高く、ビタミンB1が豊富なため疲労回復にも効果的だと言われています。これから暑い夏をむかえて夏バテになったり、なんだか元気が出ないと感じる時に豚肉料理を食べれば、疲れた体に新たなエネルギーを作り出してくれるでしょう。今回はそんな豚肉を使った数多くの料理の中から、食卓だけでなく、お弁当のおかずにも利用できるおすすめのレシピを紹介します。気になるレシピがあったらぜひ作ってみてくださいね。

  • みんなで盛り上がろう!おすすめのそうめん流し器20選

    流しそうめんといえば夏の風物詩の1つですよね。実は家庭でも、流しそうめん器さえあれば手軽に楽しめ、ちょっとしたイベント気分も味わえます。子供の友達が集まった時や、メニューに悩む夏休みのランチにもおすすめ。流しそうめん器を使うと、いつもと同じそうめんでも喜んで食べてくれるので、作る側は楽ができて、家計にも優しいですよ。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キャベツの人気料理レシピ20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • おしゃれ食器30選:おすすめの食器で食卓を彩ろう

    普段なにげなく使っている食器ですが、食器を変えると料理をよりおいしく見せてくれ、食卓を華やかにしてくれます。普段使いできるおしゃれな食器を集めたり、来客用に少し豪華な食器をそろえてみたりと、種類が豊富で選ぶのが楽しいのも食器の魅力ですね。 食器の人気有名ブランドとして、フィンランドのガラスメーカー「イッタラ」やドイツのクリスタルブランド「ナハトマン」、イギリスの洋食器ブランド「ウェッジウッド」などがあります。これらのブランドは日本でも人気があり、おしゃれな食器が揃っています。 食器にはさまざまな種類があり、クリスタルでできた美しい食器や、電子レンジやオーブン、食器洗浄機に対応している便利なものなどがあります。この機会に、食器を新しくしてみませんか?今回はおすすめの人気の食器セットについて紹介します。

  • バレンタインにピッタリ!人気の手作りチョコレシピ20選

    バレンタインといえば、チョコですよね。 ブランドのチョコレートはもちろん、手作りのチョコを味や形が豊富。オリジナリティを出すのにぴったりです。 そんなチョコだからこそ、どんなチョコをあげようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 この記事では、チョコの基礎知識に加え、生チョコ、チョコケーキ、 チョコスナック、その他のチョコレシピにカテゴリを分けて紹介しています。友達・本命・家族の誰にあげても喜ばれるレシピをまとめました。1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね。

  • 人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

    手軽に食べられるどんぶりものの料理で、多くの人に好まれている牛丼。 1862年に、横浜入船町にある「伊勢熊」という居酒屋を営んでいた主人が牛の煮込みを売り出したのが始まりとされていて、当時は牛鍋と言われていました。手軽に食べられることから、明治生まれの日本のファストフードとも言われています。 牛鍋をご飯にぶっかけた「牛飯」から変化していき、現在の「吉野家」の創業者が「牛丼」と名付けて、現在の形になりました。 初めはみそ味が主流であったと言われていますが、現在では、牛肉と玉ねぎを甘辛い醤油味で煮込んでいるものが主流になっていますね。 今回は、そんな牛丼の調理法をはじめ、牛丼の定番・再現・アレンジレシピ、そして余った牛丼のリメイクレシピをカテゴリーごとに紹介します。

カテゴリーから探す

広告