キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

広告

カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

ほんのりと甘みを感じ、肉厚なカリフラワーは食べ応えもあってサラダに入っているだけでボリュームアップしますね。白色のカリフラワーが一般的ですが、他にもオレンジ色、紫色、黄緑色などカラフルな品種も店頭に並ぶようになりました。低カロリー・低糖質だけど食べ応えがあるため近年ではダイエットの面でも注目され、パラパラに炒めた「カリフラワーライス」をご飯代わりにカレーライスやチャーハンに取り入れられることもあります。ビタミンやカリウム、食物繊維を豊富に含むため、まさに美容には欠かせない野菜ですね。つぼみが引き締まっていて、こんもりとしているカリフラワーが美味しい証拠です。長期保存する場合は冷凍保存も可能ですよ。
この記事では、「カリフラワー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■濃いめのソースと合います♪チーズ・イン・ハンバーグ

楽天レシピ

最初におすすめする「カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「濃いめのソースと合います♪チーズ・イン・ハンバーグ」です。
子供の大好きなハンバーグのレシピです。みじん切りにした玉ねぎをバターで炒めて冷ましたら、挽肉、パン粉、塩、胡椒、ナツメグとよく捏ねて丸めたら凍らせたチーズをのせて包み、蒸し焼きをして器に盛ります。ケチャップ、赤ワイン、水、ウスターソース、醤油、バターを煮立たせたソースをかけて完成です。カリフラワーやトマトを添えてくださいね。

濃いめのソースと合います♪チーズ・イン・ハンバーグ

材料
(3人分) A.合いびき肉300g A.塩小さじ1/5 A.こし・ょうナツメグ各少々 A.溶き卵1個 B.パン粉大さじ4と1/2 B.牛乳大さじ3 C.玉ねぎ80g C.バター8g ピザ用チーズ60g サラダ油大さじ1/2 D.トマトケチャップ大さじ4と1/2 D.赤ワイン・水各大さじ1と1/2 D.ウスターソース大さじ1 D.しょうゆ小さじ1と1/2 D.バター6g ブロッコリー・カリフラワー各50g プチトマト6個
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1810013266/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■[ル・クルーゼ公式] ゴロゴロ蒸し野菜とディップ

楽天レシピ

2番目におすすめする「カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「[ル・クルーゼ公式] ゴロゴロ蒸し野菜とディップ」です。
栄養満点な蒸し野菜を2種類のディップソースでいただきます。「タルタルディップ」は、玉ねぎとセロリを塩もみし、ゆで卵、マヨネーズ、マスタードと和えて黒胡椒で味を調えたら完成です。「お豆腐ディップ」は、茹でた豆腐の水を切り、潰しながら白ゴマペースト、白味噌、柚子胡椒、醤油と和えて完成です。カリフラワー、かぼちゃ、人参、かぶなどお好みの蒸し野菜で。

[ル・クルーゼ公式] ゴロゴロ蒸し野菜とディップ

材料
(4人分人分) キャベツ1/8個 さつまいも1/2本 にんじん1/2本 かぼちゃ1/8個 長いも1/3本 カリフラワー1/4株 かぶ2個 いんげん4本 トマト小4個 <タルタルディップ> ・玉ねぎ1/8個 ・セロリ5cm ・ゆで卵1個 ・マヨネーズ大さじ4 ・マスタード大さじ1 ・塩適宜 ・ブラックペッパー適宜 ・パセリ適宜 <お豆腐ディップ> ・豆腐1/4丁 ・白ごまペースト大さじ1 ・白味噌大さじ1と1/2 ・柚子こしょう小さじ1 ・しょうゆ大さじ1/2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1940012031/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■たまにはこんなお弁当♪まあるい蒸しパン

楽天レシピ

3番目におすすめする「カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「たまにはこんなお弁当♪まあるい蒸しパン」です。
おかず系の蒸しパンのレシピです。見た目も可愛らしく、お弁当にもおすすめです。シリコンカップに全粒粉、水、チーズ、コーン、ピーマンを入れて蒸し、中まで火が通ったら完成です。お弁当箱の真ん中に入れ、カリフラワーや人参、唐揚げ、プチトマトなど彩りよく詰めたら子供も大満足ですよ。シリコンカップのため生地がくっつきにくく食べやすいのも嬉しいですね。

たまにはこんなお弁当♪まあるい蒸しパン

材料
(1人分) 全粒粉(蒸しパン8個分)100g 水80cc スライスチーズ1枚 冷凍コーン少々 ピーマン少々 カリフラワーとニンジンのカレースープ煮少々 鶏の唐揚げ1個 プチトマト1個
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1790000221/?l-id=recipe_list_detail_recipe

■カリフラワーと金時人参の紅白蒸し

楽天レシピ

4番目におすすめする「カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「カリフラワーと金時人参の紅白蒸し」です。
シンプルな蒸し料理です。はじめに鳥手羽元をフォークで刺して塩をすり込み10分程置いて出てきた水分を拭き取ります。蒸し器に鳥手羽元と金時人参を並べて強火で15分程蒸したら、長ネギとカリフラワーを加えてさらに10分程蒸して完成です。熱々のうちに塩をかけるか、ポン酢をつけていただきます。竹串がすっと通るくらい蒸してくださいね。

カリフラワーと金時人参の紅白蒸し

材料
(3~4人分) 金時人参150g カリフラワー1/2コ 長ネギ1本 鳥手羽元4本 塩小さじ1/3
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1760012155/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

■カリフラワーの洋風茶碗蒸し

楽天レシピ

5番目におすすめする「カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「カリフラワーの洋風茶碗蒸し」です。
洋風にアレンジした茶碗蒸しです。優しいコンソメの風味が子供も食べやすく仕上がります。体調の優れないときにもおすすめです。温めた牛乳でコンソメを溶かし、卵白と卵黄小さじ1分を混ぜ合わせます。容器に牛乳と卵液を注ぎ、ベーコンとレンジで加熱したカリフラワーを入れて蒸したら完成です。白色に仕上げるために卵白で作りますが、全卵でも同様に出来ます。

カリフラワーの洋風茶碗蒸し

材料
(2~3人分人分) カリフラワー1/4個 ベーコン2枚 コンソメブイヨン1個 牛乳200g 卵白2個 卵黄小さじ1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1810002213/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

カリフラワー に関連する記事

  • カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    歯ざわりが特徴的なカリフラワーは、アブラナ科アブラナ属の食品です。同じ分類に属するブロッコリーは緑黄色野菜として扱われますが、カリフラワーは淡色野菜になります。白い花蕾(からい)のもが多く出回っていますが、最近ではオレンジ色や紫色などカラフルなカリフラワーも店頭に並ぶようになりました。選ぶときのポイントは、花蕾が締まっており、茶色く変色していない物が新鮮です。また持った時にずっしりと重みがある物を選びましょう。花蕾にはビタミンCが多く入っています。このビタミンCは鉄の吸収を助ける働きや抗酸化作用もあります。 この記事では、「カリフラワー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    カリフラワーは15世紀にイタリアとフランスで栽培され始め、日本には明治初期に渡来しました。ブロッコリーに似た形状でやさしい印象のクリーム色がきれいで、観賞用としても利用されます。ブロッコリーほど独特の味わいはなく食べやすく、スープや揚げ物、オーブン料理などによく使われます。カリフラワーにはナトリウムを排泄する役割のあるカリウムを多く含み、高血圧に効果があります。ビタミンCも豊富で、含有量はキャベツの約2倍になっています。新陳代謝を高める働きのあるビタミンB群も多く、ダイエットに適した野菜として注目されています。 この記事では、「カリフラワー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ブロッコリーによく似ているカリフラワー。ブロッコリーとはキャベツの変種という共通点を持っていますが、カリフラワーは蕾が一つの塊のようになっているのに対し、ブロッコリーは伸びた茎の先端に蕾を作るという違いがあります。白くこんもりとした花蕾が特徴的で、食用以外にも観賞用にも使われます。15世紀にイタリアとフランスで栽培され始め、日本へは明治初期に伝来しました。カリフラワーにはビタミンCとカリウムが豊富に含まれ、カリウムの体の余分な水分やナトリウムを排出する働きがありむくみ防止に役立ちます。ブロッコリーのように味や臭いにクセがないため食べやすく、スープ・炒め物・揚げ物・オーブン料理などさまざまな料理に使われます。 この記事では、「カリフラワー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ブロッコリーとよく似ている野菜がカリフラワー。ブロッコリーとはキャベツの変種という共通点を持っているため形はよくにていますが、ブロッコリーが緑黄色野菜なのに対しカリフラワーは単色野菜に分類されます。こんもりとした花蕾がインパクトがあり、食用以外にも観賞用としても使われます。白いカリフラワー以外にも、紫色やオレンジ色の種類もあり、カリフラワーの旬は冬で真夏以外はスーパーなどで購入できます。カリフラワーは体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが豊富で、高血圧やむくみ防止に効果があります。ブロッコリーに比べて味や香りにクセがなく食べやすいのも特徴です。 この記事では、「カリフラワー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    白くこんもりとした花蕾が特徴的なカリフラワー。日本へは明治初期に伝来し、15世紀にイタリアとフランスで栽培され始めたと言われています。カリフラワーはブロッコリーに似ていますが、カリフラワーは蕾が一つの塊のようになっているのに対し、ブロッコリーは伸びた茎の先端に蕾を作ります。味もブロッコリーは独特の味わいがありますが、カリフラワーはクセがなく淡白な味わいでスープ・揚げ物・炒め物などさまざまな料理に使われます。カリフラワーは体の余分なナトリウムを排出するカリウムが豊富で、むくみ防止にも役立ちます。ビタミンCも豊富に含まれているので、女性にとってうれしい野菜です。 この記事では、「カリフラワー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【手羽元で今人気のレシピとは】美味しいレシピだけ20選まとめ:煮物に唐揚げに大活躍の手羽元レシピ

    スーパの鶏肉コーナーでもよく見かける手羽元、大根の煮物やからあげ、スープなど日本でもなじみの料理がたくさんありますよね。手羽元は安くて手軽な食材で、美容や健康にとっても良い栄養素がたっぷり含まれています。肌がプルプルになる美肌効果も期待できる食材として女性にも注目されています。ですが、定番の料理以外ではどのように使っていいかよくわからないといくこともありますよね。今回はそんな手羽元を使ったおすすめレシピをいくつか紹介していきたいと思います。手羽元レシピがマンネリしている方や買ってみたけど調理の仕方がわからない方など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社