キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

大豆レシピ20選:和洋中どの料理とも相性バツグン!

45,217 views

広告

大豆レシピ20選:和洋中どの料理とも相性バツグン!

大豆は調味料の原材料や加工食品として昔から利用されてきました。

肉や卵に匹敵する良質なたんぱく質を多く含んでおり、主菜として摂取することを厚生労働省が勧めているほど。
しかし大豆を主菜にするとなると、その調理法は案外思いつかない食材でもあります。
大豆を美味しく沢山食べられるレシピがあったら嬉しいですよね。

この記事では、大豆の基礎知識に加え、和風レシピ、洋風レシピ、中華レシピ、大豆ミートを使ったレシピにカテゴリを分けて紹介しています。
たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

大豆の健康効果について

大豆には人間の健康維持に効果的な栄養素がたくさん含まれています。

・筋肉や内臓を作り出すのに重要な成分であるたんぱく質。
・おなかの調子を整えてくれる大豆オリゴ糖。
・血液中のコレステロール値を下げる効果があると言われる不飽和脂肪酸。
・血液中のコレステロールを体の外へ排出してくれるレシチン。
・エネルギー代謝や身体の健康を保つのに必要なビタミンB群。
・動脈硬化の原因になる過酸化脂質の生成を抑制する大豆サポニン。
・女性ホルモンに似た働きをし、カルシウムが骨から溶け出すのを防ぐ効果のある大豆イソフラボン。

他にもミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。
さらに大豆は発酵させることによって栄養素が増えるのです。大豆を上手に摂取して、健康維持に役立てましょう。

大豆ミートについて

大豆ミートは大豆の成分を加工して作った食品。お湯でもどすとお肉のような食感になります。

大豆には良質なたんぱく質が豊富に含まれているので栄養面においてもお肉に変わる食材として注目されています。
しかも低カロリーで、ミネラルや食物繊維が豊富。

調理法も簡単で、まず乾燥した状態の大豆ミートをお湯でもどして水洗いをして絞ります(水洗いから絞る行程を2、3回繰り返します)。
後は大豆ミートのタイプに合わせた調理をするだけ。

初心者でも調理がしやすいミンチタイプ。バラ肉タイプやスライスタイプ、手羽先タイプやフィレタイプなどさまざまなタイプに加工されているので調理のバリエーションも広がります。
100パーセント大豆だけで作られたものから、植物性たんぱくがつなぎに入っている加工調理しやすいもの、有機大豆を使用したものなどがあります。

和風の大豆レシピ

■五目豆の煮物

Kurashiru

大豆レシピの最初におすすめしたいのは「五目豆の煮物」。
お弁当のおかずとしても人気の根菜と大豆の煮物です。

にんじん、レンコン、ゴボウ、こんにゃくを一口大に切り、鍋に入れます。水切りした大豆と調味料も入れたら落し蓋をして煮てください。汁気が減ったら味をととのえて完成。
食材は大豆と同じくらいの大きさにカットし、こんにゃくは表面に細かく切れ目を入れてあらかじめ茹でると、臭みが取れて味が染みやすくなりますよ。

簡単常備菜!野菜たっぷり五目豆

材料
(2人前)大豆の水煮100gにんじん1/3本レンコン100gゴボウ1/3本こんにゃく1/2個お湯適量水300ml顆粒和風だし小さじ1砂糖大さじ2酒大さじ1みりん大さじ1しょうゆ大さじ2
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/e94b2557-c845-473d-85e2-559e51ca2b27

■大豆入りきんぴら

Kurashiru

次に紹介する大豆レシピは「大豆入りきんぴら」。
いつものきんぴらごぼうに一工夫。大豆を入れたアレンジレシピです。

ごぼう、にんじんを千切りにして熱したフライパンで炒めます。大豆と砂糖、酒、みりん、しょうゆ、水を加えて、汁気が無くなるまで炒れば完成。
野菜を同じ太さでそろえると、味が均一に調います。ごぼうの皮付近は風味が強いので、包丁の背でこそぐ程度にしましょう。アクがあるので、切ったら水にさらしてくださいね。

プラスワン!大豆入りきんぴらごぼう

材料
(4人分)大豆の水煮缶100gゴボウ1/2本にんじん1/4本鷹の爪1本サラダ油大さじ1ごま油小さじ1砂糖大さじ2酒大さじ1みりん大さじ1しょうゆ大さじ2.5水大さじ3
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/91809b50-3b1a-4b78-871a-5c9df30086e0

広告

■大豆とじゃこの炒め煮

楽天レシピ

続いておすすめの大豆レシピは「大豆とじゃこの炒め煮」。
塩分控えめで味付けシンプル。おつまみにもぴったり。大豆とじゃこの味噌炒め煮の作り方をご紹介。

フライパンでじゃこをカリカリになるまで乾煎りします。水切りをした大豆、水、みりん、味噌を入れ、水気がなくなったらいりごまを加えて完成。
じゃこの塩分とごまの風味があるので味付けは味噌だけでOK。お弁当のおかずや、おつまみとしても重宝しますね。

大豆とじゃこの味噌炒め煮✿ レシピ・作り方

材料
(2人分)大豆(水煮)120gじゃこ大さじ3(約30g)水大さじ2みりん大さじ1/2味噌大さじ1/3~1/2いりごま大さじ1/2~1
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1760023328/

広告

大豆 に関連する記事

  • 大豆を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    大豆は日本人にとって欠かせない大切な食材です。「古事記」にも大豆の記録が記載されているほど、古くから日本で栽培されて食べられてきた日本人にゆかりの深い豆です。味噌・豆腐・醤油・納豆など毎日の食卓に欠かせない食品は、全て大豆から作られています。大豆は「畑の肉」と言われるほど優れた栄養価があり、中でもタンパク質が豊富です。ベジタリアンの多くの人が、大豆食品を食べることでタンパク質を補っているほどで、国産大豆では100g中に33.8gのタンパク質を含んでいます。大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た作用があり、特に女性は積極的に摂りたい食材です。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

    大豆は栄養バランスが整っている食べ物です。また女性に嬉しい栄養が豊富に含まれています。大豆に含まれているたんぱく質は基礎代謝を上げて、脂肪を燃焼しやすい体に導いてくれる効果があります。大豆サポニンは肥満を予防する働きがあります。他に食物繊維やオリゴ糖が含まれていますので便秘の解消効果があります。大豆イソフラボンは美肌効果があります。スーパーでは水煮が売られていますので手軽に料理に使うことができます。炒め物や煮物によく合う食材です。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    大豆は日本人にとってはなくてはならない大切な食材です。味噌・豆腐・醤油・納豆など日本食の基本となる食材は、大豆から作られているものが多く、日本では縄文時代には、既に大豆は存在したと言われる歴史の長い豆です。原産地は東アジアで、18~19世紀とかなり後になってからヨーロッパやアメリカに伝わりました。大豆は畑の肉、と言われるほど栄養価が高い食材です。大豆はタンパク質が豊富で、良質な植物性たんぱく質を摂りたいときに適しています。その他にも女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボン、善玉菌を増やすサポートをするオリゴ糖など体にいい栄養素が豊富に含まれています。色々な料理にアレンジしやすく、体にもいいので積極的に料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 

  • 大豆を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    大豆は肉と同様にたんぱく質を豊富に含んでいるため畑の肉と呼ばれています。たんぱく質は内臓や筋肉などを作る重要な成分で私たちが生きていく上で欠かすことができない栄養素です。大豆にはコレステロールを下げる大豆レシチン、更年期による不調を改善したり骨粗しょう症の予防効果があるイソフラボン、ビフィズス菌を増やすオリゴ糖など多くの栄養が含まれています。大豆はシンプルな味ですので様々な料理に使われています。栄養の宝庫である大豆は毎日でも取り入れたい食材です。大豆を使ったレシピは沢山ありますが蒸す調理法のレシピをおすすめします。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    畑の肉と呼ばれ、栄養価が高いことで知られている大豆。日本での歴史は古く、弥生時代には既に栽培されていました。鎌倉時代に広く普及するまでは、大豆は貴重なタンパク源として、特別な食べ物でした。現在大豆は、そのまま豆として食べるだけではなく、みそやしょうゆ、納豆など、さまざまな加工品となって私たちの生活に密接に関わっています。大豆は、健康をサポートする食材として注目を集めており、私たちの体を構成する細胞に必要な大豆レシチンや、抗酸化パワーを持っている大豆サポニン、女性ホルモンに構造が似ていて美肌や健康維持に役立つ大豆イソフラボンなど、体にうれしい成分が多く含まれています。そんな大豆を日常の食生活に取り入れて、若々しく美しい体を手に入れましょう。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社