キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ7選

広告

モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ7選

モロヘイヤはエジプトを中心とする中近東で広く食べられている野菜で、幼葉を野菜として利用します。オクラやつるむらさき同様にぬめりのある野菜の代表格で、葉は刻むと独特のぬめりが出ます。アラビア語で「王様だけのもの」という意味を持つほど、栄養バランスに優れた野菜として注目されています。モロヘイヤにはカルシウム・カリウム・鉄などミネラル分が多く含まれていて、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEも豊富でシミやシワを防ぎ、細胞や血管の老化を防ぐ効果がありアンチエイジングも期待できる優れた野菜です。お浸しや和え物、スープなどによく使われ、緑色がきれいで色々とアレンジを楽しめます。
この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■モロヘイヤとトマトのスープ

クックパッド

最初におすすめする「モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「モロヘイヤとトマトのスープ」です。
栄養バランスばっちりのモロヘイヤとトマトのスープのレシピ。作り方はモロヘイヤを熱湯で軽く茹でて水気を絞って細かく刻み、トマトと豚肉は食べやすい大きさに切ります。鍋にオリーブオイル・にんにく・鷹の爪をいれて・香りが出るまで熱っし、豚肉を炒めてトマトを入れて蓋をし、中火で蒸し焼きにします。水とコンソメを入れて煮て、モロヘイヤを加えたら完成。栄養バランスのいい一品で、体が温まりますよ。

モロヘイヤとトマトのスープ

材料
(4~6人分) モロヘイヤ1把 トマト大3個 豚肉小間切200g にんにく 1片 コンソメ 2個 塩少々 オリーブオイル 大匙1 鷹の爪 1−2本 水500cc前後
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/1520640

■レンジ蒸し鶏✿モロヘイヤあん

クックパッド

2番目におすすめする「モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「レンジ蒸し鶏✿モロヘイヤあん」です。
彩がきれいな蒸し鶏のレシピ。作り方は鶏肉に塩としょうがをすりこみ、酒をふりかけラップをしてレンジで加熱します。トマトを角切りにしてモロヘイヤはかたい茎を取り除き、熱湯でさっと茹でて水でしめて水気を切って細かく刻みます。ボウルに刻んだモロヘイヤとぽん酢を入れて、鶏肉の蒸し汁も加えて混ぜ合わせます。お皿にモロヘイヤあんを敷いて、鶏肉とトマトをのせたら完成。火を使わずに簡単に作れる一品で、ヘルシーな仕上がりもうれしいですね。

レンジ蒸し鶏✿モロヘイヤあん

材料
(2人分) 鶏むね肉1枚 モロヘイヤ1/2束 トマト1/4コ 塩少々 しょうが(チューブ) 2~3cm タカラ 料理のための清酒大さじ1 ぽん酢大さじ1
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/607589

広告

■ねばねば冷たい茶碗蒸し

クックパッド

3番目におすすめする「モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「ねばねば冷たい茶碗蒸し」です。
ねばねば野菜を使った冷たい茶碗蒸しのレシピ。作り方はオクラを1cmの小口切りにして、モロヘイヤはきれいに洗って適当にカットして器にいれておきます。卵を溶いて顆粒だし・酒・塩・醤油・水を入れて混ぜて濾し、モロヘイヤの入った器に卵液をいれ、最後にオクラをのせて蒸したらできあがり。とろっとした粘りのある食感を楽しめて、いつもとは違う茶わん蒸しを作りたい時にもおすすめです。

ねばねば冷たい茶碗蒸し

材料
(4人分) オクラ4~6本 モロヘイヤお好きなだけ。 卵2個 顆粒だし 小さじ2 水400cc 酒小さじ2 塩小さじ1/2 醤油2、3滴
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/3994791

■茹でなくてOK!モロヘイヤお好み焼き

クックパッド

4番目におすすめする「モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「茹でなくてOK!モロヘイヤお好み焼き」です。
栄養満点のモロヘイヤ入りのお好み焼きのレシピ。作り方はモロヘイヤを小さく刻んで、粉・卵・水で生地を作り残りの材料を全て入れて混ぜます。フライパンに油を熱し生地を入れて焼き、蓋をして弱火で蒸し焼きにしたらできあがり。栄養バランスのいいレシピで、野菜不足の方にもおすすめです。お好み焼きなので食べやすく、子供も喜んで食べてくれますよ。

茹でなくてOK!モロヘイヤお好み焼き

材料
モロヘイヤ(葉のみ)一束お好み焼き粉100g卵1個水130cc干しえび適量ちくわ2本
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2723466

広告

■みょうがとモロヘイヤの鶏スープ

クックパッド

5番目におすすめする「モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選」は、 「みょうがとモロヘイヤの鶏スープ」です。
あっさりとした仕上がりの、みょうがとモロヘイヤの鶏スープのレシピ。作り方はみょうがを刻んで、モロヘイヤは茎から葉をちぎっておきます。鍋に湯を沸かして、みょうが・もやし・モロヘイヤの刻んだ茎・鶏ガラスープ顆粒を入れ、沸騰したしたら火を止めてモロヘイヤの葉を加え、蓋をして蒸らしたらできあがり。素材の味を活かしたシンプルな味わいで、いろいろな料理によく合います。

みょうがとモロヘイヤの鶏スープ

材料
(1人分) みょうが1個 モロヘイヤの葉5~6枚 もやし10本程度 水180cc 鶏ガラスープ顆粒小さじ1杯
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/4670526

広告

モロヘイヤ に関連する記事

  • モロヘイヤのレシピ20選!実はあまり知らないモロヘイヤの食べ方

    モロヘイヤの歴史は古く、クレオパトラの時代から親しまれています。 原産地はインドで、アラブ語で“王様の食べる野菜”という意味があり、栄養価の高い野菜として知られる食材。特にアラブ圏では、古くから主にスープとして調理されています。モロヘイヤは、乾燥に強く、丈夫な植物なので、自宅でも育てることができますよ。 この記事では、モロヘイヤの基礎知識に加え、モロヘイヤの炒めものレシピ、焼きものレシピ、和えものレシピ、スープレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ビタミンE、B2、C、カルシウム、鉄、葉酸、食物繊維など、含有量が野菜の中でもトップクラスのモロヘイヤ。アラビア語で「王様だけのもの」という意味をもつモロヘイヤは、かつて重病を患った古代エジプトの王様がモロヘイヤのスープで快癒したという伝説からついたとも言われています。栄養価の高い食材として重宝されていたモロヘイヤは、絶世の美女、クレオパトラも愛して止まなかったとか。モロヘイヤには多くの栄養素を豊富に含み滋養満点で美容効果に効果大の野菜なのです。収穫から時間が経つと葉が固くなり食感が悪くなるので、食べきれないときはサッと茹でて水分を拭き取ってからラップで包み冷凍保存すると長持ちしますよ。家族みんなで食べて元気な毎日を送りましょう。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    独特の粘りがあることで知られているモロヘイヤ。エジプトや中近東でよく使われ、アラビア語で「王様だけのもの」という意味があります。そう呼ばれるだけにモロヘイヤには豊富な栄誉素が含まれており、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEといった高抗酸化ビタミンが豊富で、活性酸素の働きを抑えます。その他にもカルシウムや疲労回復効果のあるビタミンB1も豊富で、夏バテにも効果があります。細胞や血管の老化を防ぎ、アンチエイジングにも効果を発揮します。体にいい栄養素がたくさん含まれたモロヘイヤは、ぜひ料理に取り入れたいですね。今回はモロヘイヤを使った煮るレシピに注目してお届します。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    モロヘイヤはつるむらさきやオクラと並んで、ぬめりのある野菜の代表格になっています。アラビア語で「王様だけのもの」という意味があり、カルシウム・カリウム・鉄などミネラル分が多く含まれている栄養価の高いスーパーフードです。ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類も多く含まれ、細胞や血管の老化を防ぐ効果がありアンチエイジングも期待できるので、女性にとってうれしいですね。モロヘイヤは若い葉や茎を食べる野菜で、成熟した茎や種子などに毒性を持つため注意が必要です。スーパーで買えるモロヘイヤは安心して食べられますが、家庭菜園で育てている場合は成熟した茎や種子は食べないようにしましょう。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    若い葉や茎を食べるモロヘイヤ。旬は6月頃から9月頃です。モロヘイヤの実には有害な成分が含まれているので、家庭菜園の物を使う場合には気を付けてください。スーパーで一般的に売られているモロヘイヤは安全なので安心して食べて大丈夫。そんなモロヘイヤはβカロテンやビタミンC、ビタミンE、カルシウムなどの栄養を多く含んています。βカロテンには免疫力をアップする働きと生活習慣病から守る働きがあります。モロヘイヤに含まれるβカロテンの量はほうれん草などの約2倍以上、カルシウムは魚であるめざしよりも多いのです。生のままでも食べられますが、炒めるなどの調理をして食べることがおすすめです。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社