キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

箸休めにちょうどいい!ピクルスのレシピ・作り方20選

31,096 views

広告

箸休めにちょうどいい!ピクルスのレシピ・作り方20選

ピクルスは、野菜や果実などを酢漬けにした保存食。
特に、煮沸などを行ったものなら、自家製のものでも数ヶ月以上保存ができます。甘酸っぱい味が口の中をさっぱりさせてくれるので、ちょっとした箸休めや、おつまみにも最適。
新鮮な野菜が手に入った時に常備菜として作っておくと、野菜不足の献立や彩りが足りない時に、とっても便利ですよ。

この記事では、ピクルスの基礎知識に加え、いろいろなピクルスレシピ、子どもも食べやすいピクルス、ピクルス・ピクルス液を使ったレシピにカテゴリを分けて紹介しています。
たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


ピクルスの保存方法について

ピクルスなら、どれでも長期保存ができると思っている方も多いようですが、自家製の場合には、きちんと殺菌をして作らないと長期の保存はできません。まずここでは、ピクルスを長期保存するための、作り方のポイントを紹介していきます。

まず1つ目のポイントは、野菜を煮沸して殺菌することです。野菜を鍋へ入れ、再沸騰してから5分~10分煮ます。
長すぎると野菜の食感が悪くなるので注意しましょう。次に、平らな容器へ移して、できるだけ早く温度を下げます。この時、落下菌の混入を防ぐため、素早くラップをすることもポイント。直ぐに調理しない場合は冷蔵庫へ入れましょう。
さらに、瓶に詰めたら、その瓶ごと10分ほど煮沸します。粗熱が取れたら脱気をすることも忘れずに。
真空状態にすることで、より細菌の繁殖が防げます。
ぜひ、これらのポイントを抑えて、長い間安心して楽しめるピクルスを作って下さいね。

ピクルスの保存容器について

ピクルスを長期保存するためには、実は先ほど紹介した「殺菌」だけでなく「適切な保存容器選び」も大切です。
ここでは、ピクルスを保存するためのおすすめ容器を紹介します。

まず必要な条件として、ピクルス液には大量の酢が含まれるため、酸に強い素材でなければいけません。
また、香りが強い食品なので、におい残りの少ないものがGOOD。
さらに、煮沸と密閉ができ、蓋を開けなくても中の状態を確認できるものが最適です。

この条件を全て満たすのが「ガラスの保存瓶」です。中でも、ゴムパッキンで密閉ができる、本体も蓋もガラス製のものがおすすめ。
例えば、世界一の歴史を誇るイギリスの「キルナー」や、フランスの老舗ブランド「ル・パフェ」の密閉瓶は、キッチンに飾っておきたくなる程のおしゃれなデザインが人気。
シンプルで可愛いドイツの「ウェック」や、日本生まれの「セラーメイト」も機能性が高くおすすめです。

いろいろな食材のピクルスレシピ

■絶品ピクルス

クックパッド

はじめに紹介するピクルスレシピは「絶品ピクルス」。クックパッドの雑誌にも掲載された人気のレシピ。
マイルドな味付けが魅力です。まず、野菜をカットし、ミニトマトは穴をあけましょう。
ピクルス液の材料を鍋へ入れて沸騰させて下さい。ここへ人参等の固い野菜を入れて数分煮ます。
他の野菜を加えて再沸騰したら火を止めましょう。ミニトマト、きゅうりを入れて1分放置。
瓶に詰めて冷やしたら完成です。唐辛子の量はお好みで調整しましょう。

絶品やみつき!美味しいピクルス☆簡単保存

材料
(15cm保存容器 2個分)カリフラワー1/2株 人参1本 セロリ1本 パプリカ(赤・黄)1個 きゅうり1本 ミニトマト1パック ピクルス液 酢orワインビネガー1CUP(200cc) 白ワインor酒1CUP 砂糖大さじ3 粒コショウ小さじ1 1/2 塩小さじ1 1/2 ローリエ 1枚 唐辛子 1本 にんにく 1かけ
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2508274

■セロリのピクルス

楽天レシピ

2番目におすすめするピクルスレシピは「セロリのピクルス」。セロリが苦手な方でも食べやすい人気のレシピ。
家にある調味料で簡単に作れます。まず、セロリを瓶の長さにカットして1cm幅に切って下さい。
ザルに移し、塩をまぶして5分放置。水洗いして、水気を切りましょう。
次に、鍋で酢、砂糖、塩を温め、沸騰したら火を止めます。セロリを入れた保存瓶へ注ぎ、蓋をして下さい。
冷蔵庫へ入れて3日位で完成。ピクルス液は沸騰したらすぐに火を止めるのがポイント。

セロリのピクルス

材料
(2~3本分)セロリの茎2~3本 酢200cc 砂糖大さじ2 塩小さじ1/3
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620005421/

広告

■カリフラワーのカレー風味ピクルス

Kurashiru

次に紹介するピクルスレシピは「カリフラワーのカレー風味ピクルス」。ニンニクの効いた酸っぱ辛い味が、お酒によく合うピクルス。
カリフラワーは一口大にして軽く下茹でし、水気を切っておきましょう。
ピクルス液の材料を鍋へ入れ、強火で沸騰させて下さい。
保存袋にカリフラワーとピクルス液、ニンニク、鷹の爪を入れます。
冷めたらよく混ぜて空気を抜き、冷蔵庫で半日程置けば完成。
カリフラワーは包丁を軽く入れ、あとは手で裂くように割るのが作り方のコツ。

カリフラワーのカレー風味ピクルス

材料
(2人前)カリフラワー1/2個 水1000ml 塩小さじ2 ニンニク1片 鷹の爪1本 酢100ml 水50ml はちみつ小さじ1 塩小さじ1 カレー粉大さじ1
レシピ詳細
https://www.kurashiru.com/recipes/a1c07817-c854-4e82-8010-2ff04d383d63

広告

その他 に関連する記事

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • プリンの人気レシピ・作り方:プリンがおうちで簡単に作れちゃう!

    子供も大人も大好きなプリン。実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 手作りピザレシピ・作り方20選:パーティにもってこいピザ!

    イタリア料理のピザは、ニューヨークでイタリア人移民が専門店を出したことをきっかけに、世界中に広まっていきました。お店のピザの本格的な味や、宅配ピザの手軽さも魅力。 そんなピザですが、おうちで簡単に手作りすれば、好みの具材が乗った熱々のピザが食べられ、ホームパーティーにもぴったりですよね。 この記事では、ピザの歴史や余ったピザの保存方法と温め方の紹介、さらに、オーブン・トースター・フライパン・ホットプレートで作れるピザのカテゴリに分けてレシピもたっぷり紹介しています。たくさんあるレシピの中でも、本当に簡単に作れる人気のものばかりを選んでいますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • チヂミの簡単レシピ・作り方まとめ:人気の韓国料理チヂミを紹介

    チヂミは、たっぷり野菜が入ったモチモチの生地をゴマ油で薄くカリッと焼き、酢醤油などのタレを付けて食べる人気韓国料理。 実は市販のチヂミ粉を買わなくても、余った野菜と家にある材料だけで簡単に作れるところがチヂミの最大の魅力。 野菜嫌いの子供でも喜んで食べてくれて、節約にもなる嬉しいメニューです。 この記事では、チヂミの基礎知識に加え、ニラチヂミ、チーズチヂミ、キムチチヂミ、じゃがいもチヂミ、納豆チヂミ、変わり種チヂミ、チヂミのタレにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社