キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

餃子を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

広告

餃子を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

中国料理の中でも特に人気が高いのが餃子です。日本で食べられるようになったのは100年ほど前からで、今や日本人の食生活の中にしっかり定着しています。庶民的で身近な料理として愛されており、宇都宮餃子や浜松餃子など日本各地に餃子の名産地が生まれているほどです。中国では餃子を主食として食べ、主に水餃子が主流ですが、日本ではご飯に合わせるおかずとして位置づけられ、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子、揚げ餃子と様々な調理法で食べられています。家で手作りする家庭も多いですが、冷凍食品やチルド品も多く販売されているため、いつでも手軽に食べられます。皮をパリパリに焼いて食べる焼き餃子は特に人気で、メジャーな食べ方といえるでしょう。
この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

■餃子の皮で、小籠包

楽天レシピ

最初におすすめする「餃子を使った人気レシピ【焼く編】」は、 「餃子の皮で、小籠包 」です。
餃子の皮を使って肉汁あふれる小籠包を作ります。スープを固めて煮こごりを作り、あんの中に混ぜて餃子の皮で包むと、蒸したときに煮こごりが溶けて小籠包特有のジューシーな肉汁が味わえます。煮こごりを作るのは少々手間がかかるかもしれませんが、このひと手間がおいしくできるポイントです。餃子の皮ももちもちで、食べごたえも十分。餃子の皮は厚めで大きいものを使うと破れにくくて作りやすいですよ。

餃子の皮で、小籠包

材料
(10人分)【ジュワっと染み出るスープ】バター大さじ1玉ねぎ(みじん切り)1/2個ねぎ(みじん切り)1/2本水2カップウェイパー大さじ1と1/3粉セラチン12g【餡】豚ひき肉270gたけのこ水煮(みじん切り)50g干し椎茸(お湯で戻し、みじん切り)4枚皮付き生姜(すりおろす)1片すりおろしにんにく1片【調味料】ごま油大さじ1ウェイパー小さじ1と1/3オイスターソース小さじ1紹興酒小さじ2【皮】餃子の皮50枚のり代わり・水30ml【蒸す用】白菜やキャベツなど1/2個分
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1200007615/

■ツナポテトのカリッとチーズ焼き♪

楽天レシピ

2番目におすすめする「餃子を使った人気レシピ【焼く編】」は、 「ツナポテトのカリッとチーズ焼き♪」です。
餃子の皮でツナポテトを包み、くるくると巻いてパリッと焼きます。ツナポテトは火の通りを心配しなくてもいいので、外側の皮がパリパリに焼けたらできあがりです。コロコロと転がしながら全体に焼き色をつけましょう。くるっと巻くだけなのでとても簡単です。子どもと一緒に作るのも楽しいですね。餃子の皮が余った時にさっと作れるおつまみとしてもおすすめです。

ツナポテトのカリッとチーズ焼き♪

材料
(4〜5人分)餃子の皮20枚じゃがいも 男爵芋使用大1個●ツナ缶 油漬けタイプ1缶(80g)●マヨネーズ大さじ2●こしょうパルメザンチーズ小さじ1くらい岩塩&黒こしょう適量オリーブオイル適量
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1790004378/

広告

■中華街に行かずともお手軽に出来る!焼き小籠包

楽天レシピ

3番目におすすめする「餃子を使った人気レシピ【焼く編】」は、 「中華街に行かずともお手軽に出来る!焼き小籠包」です。
おもてなし料理としてもおすすめのレシピです。難しく手間がかかるように見えますが、材料を混ぜて餃子の皮で包み、蒸し焼きにするだけ、と意外に簡単にできますよ。食べたときにジュワッとあふれるスープは、スープをゼリー状に固めて具材に混ぜ込みます。このとき手で混ぜると、ゼリーが溶けてしまうことがあるので木べらなどを用いるようにしましょう。小籠包の底に焼き色を付けてから水を入れて蒸し焼きに。

中華街に行かずともお手軽に出来る!焼き小籠包

材料
(3~4人分)餃子の皮(大判)40枚○水250ml○クックゼラチン5g○鶏がらスープの素大さじ1★豚ひき肉220g★椎茸2枚★長ネギ1/2本★醤油・胡麻油・酒各小さじ2★オイスターソース小さじ1★ショウガ・ニンニク(共にすりおろし)各小さじ1/2★塩・胡椒各少々①胡麻油大さじ1×2水30ml×2②胡麻油小さじ1×2青ネギ(小口切り)大さじ1×2☆醤油大さじ2☆酢大さじ4ショウガ(せん切り)1片
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1030011093/

■巻くだけ♪納豆棒餃子

楽天レシピ

4番目におすすめする「餃子を使った人気レシピ【焼く編】」は、 「巻くだけ♪納豆棒餃子 」です。
具は納豆、という変わり種餃子はいかがでしょう。納豆のねばつきを取るために、フライパンで炒めてから材料と混ぜ、餃子の皮に乗せてくるくると棒状に巻いていきます。蒸し焼きにしてから水分を飛ばしてパリッと焼き上げましょう。具材を納豆にすることでカロリーの少ないヘルシーな餃子ができあがりました。簡単メニューで節約にもなりますよ。

巻くだけ♪納豆棒餃子

材料
(3人分)炒め油・焼き油大さじ1納豆2パック●豚挽き肉200g●みじん切りした長ネギ1本分●みじん切りしたニンニク1片分●オイスターソース小さじ1●顆粒鶏ガラスープの素小さじ1●ごま油小さじ2餃子の皮30枚水50ml
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1110012332/

広告

■中華街で食べたあの肉まんの具を思い出す焼き餃子

楽天レシピ

5番目におすすめする「餃子を使った人気レシピ【焼く編】」は、 「中華街で食べたあの肉まんの具を思い出す焼き餃子」です。
考案したユーザーさんが思い出の肉まんの具を餃子のレシピに変えて再現しました。効率よく餃子を作るには、バターナイフを利用すると早いようですよ。「魔法の餃子の羽粉水」でパリパリの羽つき餃子ができあがります。おいしい餃子の並べ方・焼き方もわかりやすく載っているので参考にしてくださいね。つくったよレポートのユーザーさんからもおいしいと高評価です。

中華街で食べたあの肉まんの具を思い出す焼き餃子

材料
(餃子大好き2人分) 餃子の皮40枚w 豚ひき肉150g ニラ1/3本 キャベツ70g 干ししいたけ(ホール)4個 くわい20粒 *正油・ごま油・酒・オイスターソース各小さじ2 *塩・砂糖各小さじ1 魔法の餃子の羽粉水小麦粉大さじ1水1カップ 焼く時用のごま油大さじ2
レシピ詳細
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1220005009/?l-id=recipe_list_detail_recipe

広告

餃子 に関連する記事

  • 餃子を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    様々な具材を包む餃子は「完全食」とも言われることをご存知でしょうか。具体的な理由として、餃子の皮・ひき肉・白菜やニラやネギなどの野菜を多く使うことから、炭水化物、タンパク質、ミネラルをバランスよく取れ、私たちが健康な身体を維持するために必要な栄養素がぎゅっと凝縮されていることから注目されるようになりました。また、風味付けのニンニクやショウガは代謝をアップしてくれる効果も期待され男女共に嬉しいですね。焼く、蒸す、茹でるなど、様々な料理にアレンジができる餃子は具材によってレシピのバリエーションが多様で、お好みに合わせて料理を楽しみたいですね。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    餃子は年齢問わず好まれているメニューです。ひき肉、白菜、キャベツ、ニラが入った具材を餃子の皮で包んで焼いたものが一般的です。餃子は焼き餃子が主流ですが揚げ餃子もパリッとした食感で人気があるメニューです。中に包む具材によってアレンジすることができますのでバリエーションが広がります。玉ねぎやツナを包んだ揚げ餃子、じゃがいもと明太子を包んで揚げたサモサ風の揚げ餃子などがあります。またバナナやチョコを餃子の皮で包んで揚げたお菓子もありますので子供にもおすすめです。餃子の揚げるレシピが沢山ありますので厳選してご紹介します。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ8選

    餃子はおつまみやご飯のおかず、ラーメンのお供にもなる料理です。定番の具材は豚ひき肉やニラ、にんにく、しょうが、キャベツなどがあり、お肉も野菜も食べられます。そのため、栄養バランスも良いのが特徴。にんにくが入った料理はスタミナがつくとも言われ、元気になりたいときにもぴったり。入れる具材や調理法によって味わいが変わるため、好みの味にしやすいのもポイントです。また、餃子はフライパンで焼いた焼き餃子のほか、鍋で煮るスープ餃子など、さまざまな種類がありますが、実はレンジで調理もできます。レンジを使えば鍋などを使わずに調理でき、時短で洗い物も少なくできます。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    焼いても、蒸しても、スープに入れても美味しい餃子。一見するとカロリーが高そうなイメージですが、餃子の皮=炭水化物、肉=タンパク質・脂質、野菜=ビタミン・ミネラルと、5大栄養素を含む栄養バランスが整った「完全食」であり、健康を気にする方やダイエット中の方におすすめしたい料理の一つです。さらに、ダイエット中などでカロリーを抑えたいときは油で焼くのではなく、蒸し餃子や、水餃子でいただくことでよりヘルシーに美味しく取り入れることができます。中の具材次第で味も風味も大きく変化する餃子をお好みでアレンジしたり、子供と一緒に餃子を包んだりと料理を楽しみましょう。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    有名専門店やご当地グルメなども生まれ、広く親しまれている餃子。主に中国発祥のものにヒントを得て、日本独自の発展を遂げてきた料理です。中国では柔らかい水餃子を主食として食べるのが主流だと言いますが、日本ではパリッとした焼き餃子をご飯のお供にするのが人気ですね。出来合いの冷凍品も多く出回っていて常備しやすい他、つい一気に手作りして余らせがちだという人もいるのではないでしょうか。一般的な餃子は材料のバランスが良く、他の調味料をつけても成り立つ味つけであることがほとんど。よって、アレンジの幅が大変広げやすい料理でもあります。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社