キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

【玉ねぎを使った料理】人気で美味しいレシピのみ20選まとめ:いろんな料理が楽しめる!

31,903 views

広告

【玉ねぎを使った料理】人気で美味しいレシピのみ20選まとめ:いろんな料理が楽しめる!

玉ねぎは常温で2か月以上も保存できる便利な野菜です。常備野菜としてどの家庭でも欠かさず買われている野菜のひとつではないでしょうか。北海道で日本の生産量の約半分が作られており一年を通して手に入りますが、春には採れたてで柔らかく甘い「新玉ねぎ」が店頭に並びます。

定番野菜の玉ねぎですが、味噌汁やカレー、肉じゃがなどの定番料理に使うだけになりがちです。そこで今回は玉ねぎを使ったレシピを、おかず、煮物・煮込み、ごはん・パスタ、スープ・味噌汁のカテゴリーに分けて紹介します。

玉ねぎの栄養素について

栄養が豊富なことで知られる、玉ねぎ。女性に不足しがちなビタミンやミネラルが多く含まれています。特にビタミンBの一種で、お腹の胎児の病気を防ぐ効果がある葉酸が豊富なので、妊娠中も積極的に食べたい野菜です。

玉ねぎを切ると目が染みて涙が出るのは、硫化アリルという成分によるものです。この硫化アリルは血液内の血小板の凝固作用を抑制し、血液をサラサラにし、決戦もできにくくする効果があります。
生の玉ねぎを食べた時に辛みを感じるのは、硫化プロピルという成分によるもの。血糖値を下げ、糖尿病予防に効果的です。
もう1つの苦み成分、ケルセチンは、脂肪吸収疎外効果が高く、体内の脂肪を外に排出してくれます。

美容と健康、特に血液をサラサラにして成人病を予防するためにどんどん食べたい野菜です。

玉ねぎの調理法について

玉ねぎを料理するときに困ってしまうのが、切った時に目に染みてしまうこと。これは包丁などで切ることにより硫化アリルが発生するためです。対策は切る前に冷蔵庫で玉ねぎを冷やすか、レンジで丸ごと軽く加熱するか、包丁を濡らすかすると防げるので、お試しあれ。

生でスライスして食べるとシャキシャキした食感が楽しめますが、辛みが気になる時も。辛みの成分は水溶性なので、水にしばらくさらしておくことで辛みを和らげられます。半分に切って皮をむいたら、繊維にそって切ります。
生で食べる時には繊維に直角に切ると、ドレッシングなどの味がよく絡みますよ。

加熱することでぐっと甘みが出て、肉や野菜の臭みを取る効果もあるので、生で食べる以外にも、煮たり炒めたり焼いたりと調理法を選ばず大活躍します。

玉ねぎのおかずレシピ

■玉ねぎ焼売

クックパッド

最初におすすめする玉ねぎレシピは「玉ねぎ焼売」。材料は、何とたまねぎだけ。皮さえ無しで簡単にできる、斬新な焼売レシピです。

みじん切りした玉ねぎ、片栗粉、塩こしょう、ごま油を全てボウルで混ぜ、スプーンですくいラップを使って一口大の茶巾絞りにします。ラップを外さないまま耐熱皿に並べ、レンジで加熱。玉ねぎが透き通ったら出来上がり。からししょうゆで食べれば、肉無しでも焼売そのもののモチモチ感に驚きます。

玉ねぎだけで絶品!もちもち皮なし焼売

材料
(一口サイズ 3個):玉ねぎ1/4個 塩一つまみ 黒胡椒適量 ごま油 少々 本葛粉または片栗粉大さじ1
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2213259

■納豆と玉ねぎのフライパン焼き

クックパッド

次に紹介する玉ねぎレシピは「納豆と玉ねぎのフライパン焼き」。焼くと香ばしくなる納豆と、焼くと甘くなる玉ねぎの絶妙なハーモニーが楽しめるフライパン焼きのレシピです。

ボウルにさいころ状にカットした玉ねぎ、納豆、片栗粉、酒を入れて混ぜ合わせます。納豆付属のたれがあれば、入れるとよりおいしくなります。油を熱したフライパンに一気に流し入れ、両面こんがり焼いたら出来上がり。
からししょうゆやポン酢をつけていただきます。

納豆と玉ねぎのフライパン焼き

材料
(2人分):納豆(小粒)1パック 玉ねぎ(小)1/2個 酒大さじ1 片栗粉 大さじ2 オリーブオイル 大さじ1
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2955325

広告

■豚の生姜焼

クックパッド

次に紹介する玉ねぎレシピは「豚の生姜焼」。クックパッドのレシピ本にも多数掲載された大人気レシピです。定番料理の豚の生姜焼き。玉ねぎも一緒に調理することで、簡単に甘さと食べごたえをプラスできます。

酒、しょうゆ、しょうがで下味を付けた豚肉をフライパンで炒め、スライスした玉ねぎも加えさらに炒めます。しょうがやしょうゆなどを合わせたたれを加え、とろみが出るまで煮詰めて完成です。

玉ねぎも一緒に✿豚の生姜焼✿

材料
(2~3人分):豚肉(切り落とし)250~280g 下味:酒大さじ1 生姜汁小さじ1 しょうゆ小さじ1 玉ねぎ1/2~1コ 小麦粉・サラダ油適宜 ■ <合わせ調味料> 砂糖大さじ1 みりん 大さじ2 酒大さじ2 しょうゆ大さじ3 生姜すりおろし小さじ1 ごま油 小さじ1/2
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/1090634

広告

玉ねぎ に関連する記事

  • 新玉ねぎレシピまとめ!旬の春に食べたいレシピ20選

    新玉ねぎとは、白玉ねぎや黄玉ねぎを早採りして、収穫後にすぐ出荷されたもので、旬は主に3〜5月頃。 春が旬の新玉ねぎは、水分が多くて柔らかいので、生のままでも美味しく食べられるのが特徴。みずみずしく、辛味が少ないので、スライスして生のままサラダなどに入れたり、加熱すると更に甘みが増して美味しい野菜です。 この記事では、新玉ねぎの基礎知識に加え、焼いて食べるレシピ、炒めて食べるレシピ、煮て食べるレシピ、生で食べるレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • デトックス効果でスッキリ!玉ねぎダイエットのおすすめレシピ20選

    健康面やダイエット効果の高い玉ねぎを毎日食べるだけのダイエット法に玉ねぎダイエットがあげられます。カロリーも低く、いろんな調理法を楽しめるので飽きずに続けられると人気でしょう。玉ねぎダイエットは食事制限や置き換え法と違い、毎日の食事に玉ねぎを使うだけでデトックスやむくみの解消などの効果が得られます。 この記事では、<玉ねぎ ダイエット>の基礎知識に加え、サラダ、スープ、おかずにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    生活習慣病や血液をサラサラにする効果がある「アリシン」を豊富に含む玉ねぎは、一年を通してスーパーで見かけ、比較的安定した価格で購入でき、長期保存にも適しているため日常に身近な食材です。玉ねぎ独特の辛みの元である「硫化アリル」は、空気に触れることで「アリシン」に変化します。水にさらしてしまうと栄養が流出してしまうので注意しましょう。煮込むときも油で少し炒めてから煮込むことでアリシンの流出を防ぎ、無駄なく栄養が取り入れられますよ。辛みが気になる方は「新玉ねぎ」がおすすめです。通常の玉ねぎより水分が多く辛みが抑えられ、甘みを感じられます。新玉ねぎは日持ちがしませんので新鮮なうちに調理してください。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    玉ねぎは色々な料理に使われる人気の野菜です。生で食べると独特の辛みがありますが、炒めると甘みが出て食べやすく他の食材を引き立ててくれます。和食・洋食・中華などどんな料理にも合わせやすく、低価格で1年を通して食べられる便利な野菜です。玉ねぎには色々な種類があり、黄色種の辛たまねぎ・辛みが少ないサラダタマネギ・赤紫色をした赤玉ねぎなどがあり、料理に合わせて選んで使うことができます。玉ねぎに含まれるケルセチンは強い抗酸化作用があり、血液をさらさらにする効果があります。アレンジが効きやすい玉ねぎはたくさんのレシピや調理法がありますが、その中でも今回は玉ねぎを使った煮るレシピをご紹介します。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 寒い冬に作りたい!おすすめの寄せ鍋レシピ20選

    寄せ鍋とは、汁を入れた鍋に野菜や魚介など様々な材料を入れて煮込む鍋料理。地方によってだしや具材が異なります。だしはかつおや昆布、きのこや貝などで取ることが多いようです。だしに塩やしょう油、酒、みそなどで味付けして野菜や肉などを楽しんだ後、シメに麺やご飯を汁に入れて楽しむのが一般的です。 この記事では、寄せ鍋の基礎知識に加え、 昆布だしの寄せ鍋、味噌味の寄せ鍋、寄せ鍋リメイクにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 温活にオススメ♡ホットスムージーの人気レシピ12選

    ホットスムージーとは、温かい果物や野菜で作るスムージーのこと。冷たいスムージーを寒い朝に飲むのは辛いですし、内臓を冷やしてしまう心配もあります。その点、ホットスムージーなら寒くても体を冷やしてしまう心配はありません。体を温めるためには夜寝る前に飲むのが効果的。夕食代わりのホットスムージーを飲むとダイエット効果が高まります。 この記事では、ホットスムージーの効果や栄養に加え、すぐに試せるレシピを紹介しています。数あるレシピの中から特におすすめのレシピを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 低カロリーでヘルシーなサラダチキンのダイエットレシピ・作り方

    サラダの具材として鶏胸肉を柔らかく蒸したサラダチキンは、2013年にセブンイレブンが発売して以降絶大な人気を誇っています。 低カロリー・高タンパクなことから今や「コンビニで手軽に買えるダイエット食品」として も有名で、サラダチキンを用いたユニークな作り方のレシピも多く考案されているそうです。 この記事では、サラダチキンのダイエット効果や栄養に加え、手作り、サラダ、その他にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【ドライフルーツの作り方】人気レシピやアレンジレシピをオールガイド

    ドライフルーツと言えば、レーズンやマンゴーは以前からよく見かけますが、最近は色々なドライフルーツが小さく刻んでミックスされて、袋入りお菓子として販売されていたり、グラノーラの中に入っていたり、様々な所で目にするようになりましたね。果物そのままよりも、持ち運びやすく、日持ちするというメリットや、甘いものが食べたい時には、お菓子よりもドライフルーツを食べたほうが美肌効果やダイエット効果があるので、注目されています。この記事では、ドライフルーツに関するマメ知識や、食べ方、アレンジレシピを紹介しています。ぜひ最後まで目を通して、あなたもドライフルーツを上手に使いこなしてみてくださいね。

  • デトックスや疲労回復にも効果絶大!りんご酢の人気ダイエットレシピ

    りんご酢は、りんご果汁を主原料にしたお酢で、酸っぱさの中にフルーティーな味わいがあります。りんご酢ダイエットは1日にりんご酢大さじ1〜2杯を摂取するという簡単な方法。ドリンクに入れたり、マリネや和え物、ドレッシングなど料理に加えて摂取しても大丈夫。りんご酢に含まれる酢酸やアミノ酸は痩せやすい身体作りに効果があります。 この記事では、りんご酢ダイエットの基礎知識に加え、ドレッシング、ドリンク、デザート、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 万能油揚げレシピ20選:おつまみにもおかずにもなるピッタリ

    油揚げとは、薄い豆乳で作った硬い豆腐を薄く切り、油で揚げたもの。 油揚げの大きさや形状、厚みは、豆腐と同じように地域によって差があり、厚揚げに対して「薄揚げ」と呼んでいる地域もあります。 油揚げの内部は網状構造なので、味がしみ込みやすく、味噌汁の具やお惣菜、煮物、いなり寿司など、さまざまな料理に用いられ、各家庭に常備されている食材の1つです。 この記事では、油揚げの基礎知識から始まり、油抜きや保存方法に加えて、油揚げを使って焼くレシピ、煮込むレシピ、炒めるレシピ、その他の調理法のカテゴリーに分けて紹介しています。ぜひ参考にされてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

    どの家庭にもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、卵ですよね。スーパーでよく特売商品として並ぶほど、安くて家計にも優しい栄養価の高い食材です。メイン料理にもサブ料理にもなれる卵は和食や洋食、スイーツなどにも利用され、バリエーション豊かな万能食材として人気があります。献立にうまく取り入れられれば料理のレパートリーはいくらでも増えていくと言っても過言ではありません。 今回は卵の栄養素や調理法、簡単にできるおすすめレシピをいくつか紹介します。いつも同じような卵料理ばかり作ってしまう方は、ぜひレシピを参考にしてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社