キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

【トマトを使った料理】人気レシピ厳選まとめ:サラダやパスタなどのレシピを紹介

38,717 views

広告

【トマトを使った料理】人気レシピ厳選まとめ:サラダやパスタなどのレシピを紹介

トマトはナス科トマト属の1年生果菜です。インカ帝国で古くから栽培されていた歴史の古い野菜ですが、外国に伝わり食用として栽培されるようになったのは、比較的最近のことです。現在では世界中で約8000の品種があり、日本でも120種ほどが栽培されています。夏野菜のイメージですが高温多湿を嫌うので、旬の時期は春~初夏と、秋~初冬。熊本県で最も多く栽培されています。生のままでも食べられるため、カットしてそのまま食べたりサラダにしたりする程度になってしまいがちなトマトは実は加熱調理にも適した万能野菜なのです。そこでトマトのサラダ、スープ、おかず、パスタ・ごはんレシピのカテゴリに分けてトマトレシピをたっぷり紹介します。

トマトの栄養素について

トマトは、栄養価の高い緑黄色野菜です。免疫力向上や肌の老化予防、がん予防も期待できるβカロテン、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンC、カロテンの酸化を防ぎ若々しい肌を保つビタミンEなど、ビタミンの宝庫です。さらに塩分の排出を助けるカリウム、血液を作るための鉄分、脂肪燃焼効果があるリノール酸、脳を活性化させるグルタミン酸、血管を丈夫にし動脈硬化を予防するルチンと、栄養がぎゅっと詰まっています。
近年大注目されているのがトマトの赤い色素、リコピン。体内の活性酸素が酸化するのを防ぐ抗酸化作用がとりわけ強いことが分かっています。体内が酸化しないことによって、老化予防やがん予防、美肌・美白効果などの嬉しい効果が期待できます。そんな栄養の宝庫であるトマトは様々な料理で積極的に食べたい野菜ですね。

トマトの調理法について

店頭では均一に色がついていてへたの周りに緑色の残っているもの、ずっしりと重いものを選びましょう。ピザやパスタなど、イタリア料理ではトマトを多く使い「トマトの時期には下手な料理はない」ということわざがあるほどです。それはトマトのうまみ成分であるグルタミン酸が肉や魚の旨みを引き出しているからで、肉や魚との相性が抜群なのはそのせいです。
リコピンも加熱することで体への吸収率が2~3倍にアップします。加熱すれば量もたくさん摂れ、おいしく栄養価を効率よく摂取できるのです。
日本のトマトは皮が薄いのが特徴ですが、煮込んでも皮は残りますので、気になる場合は湯むきしましょう。丸ごと冷凍保存すると、水で洗うだけで皮がつるりとむけて便利です。

トマトのサラダレシピ

■トマトと新玉ねぎのマリネ

クックパッド

トマトレシピで最初におすすめしたいのは「トマトと新玉ねぎのマリネ」。柔らかい新たまねぎの季節になったら作りたい、簡単マリネのレシピです。玉ねぎはスライサーでスライスして砂糖をもみ込み、水にさらしておきます。砂糖でもむと苦みが軽減します。トマトは食べやすい大きさに切ります。マリネ液は、酢、砂糖、塩こしょうを混ぜ合わせ、砂糖が溶けたらオリーブオイルを加えてさらに混ぜるだけ。よく絞り水気を切った玉ねぎとトマトを和えたら出来上がりです。

トマトと新玉ねぎのマリネ

材料
トマト1個 新玉ねぎ(玉ねぎ)1個 ■ マリネ液 酢大さじ2 砂糖大さじ1 塩ひとつまみ コショウ適量 オリーブオイル(サラダ油) 大さじ1 ■ 他 砂糖大さじ1
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/3147263

■トマトと胡瓜のさっぱりサラダ

クックパッド

次に紹介するトマトレシピは「トマトと胡瓜のさっぱりサラダ」。夏野菜の代表選手、きゅうりとトマトでパパッとできるさっぱりサラダの簡単レシピです。砂糖、米酢、砂糖、ごま油を混ぜ中華だれを作っておきます。スライスしたきゅうりと食べやすい大きさに切ったトマトを入れたら、トマトを崩さないようによく和えます。このままでもおいしいですが、冷蔵庫で冷やしておいて食事時に出すと、味がよく染みていてよりおいしいです。レタスや大葉を入れても。

簡単に一品!トマトと胡瓜のさっぱりサラダ

材料
(2人分):トマト1個 胡瓜1本 ■ ☆中華ダレ 醤油大さじ1 米酢 小さじ1 砂糖小さじ2 ごま油 小さじ1と1/2 白ごま適量
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2664095

広告

■ほうれん草とトマトのツナドレッシング

クックパッド

3番目におすすめするトマトレシピは「ほうれん草とトマトのツナドレッシング」。つくれぽ数何と約6000件の大人気の栄養たっぷりサラダです。茹でたほうれん草とカットしたトマトを和えるだけの簡単さも魅力です。ツナ缶やレモン果汁、オリーブオイル、にんにくなどを全て混ぜ合わせてドレッシングを作ります。ゆでて水気を切ったほうれん草と、食べやすくカットしたトマトを和えたらできあがり。ツナとにんにくが効いて食べごたえ抜群。パスタに和えてもおいしいです。

ほうれん草とトマトのツナドレッシング

材料
(3人分):ほうれん草1把 トマト大1個 ツナ小1缶 オリーブオイル 大匙2 醤油大匙1 おろしニンニク 1片 レモン汁大匙1 砂糖小さじ1 塩加減して少々 黒胡椒少々
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/240472

広告

トマト に関連する記事

  • プチトマトで彩りをプラス!おすすめのレシピを紹介

    赤や黄色の彩りがきれいな小さなトマト、プチトマトは今やお弁当やサラダ、その他様々な料理に欠かせない野菜となっています。 現在ではとても小さいものや、縦長のものなど、様々な品種がありますね。生で食べても煮ても焼いてもおいしく、栄養価の高いミニトマトは常備している家庭も多いのではないでしょうか。 この記事では、プチトマトの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、スープ、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アレンジたくさん!体に良いトマトのダイエットレシピ20選

    トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、「トマト」は緑黄色野菜の中でも栄養価が高い野菜です。生でも加熱しても食べられるので、サラダやスープなどにも使いやすく、レシピも数多くあります。リコピンが豊富なトマトは、健康や美容にはもちろん、ダイエット効果も期待できる、人気の食材なのです。 この記事では、トマトのダイエット効果や栄養に加え、スープ、煮込み、麺類にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • トマトを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    赤色の野菜代表のトマトは、「赤」が濃ければ濃いほどリコピンがたっぷり含まれ完熟した証拠です。トマトの旬は日本では6月〜8月ですが、通年見かけることができる身近な野菜の一つです。肌や血管の老化を防ぐリコピンは特に女性に嬉しい美肌・アンチエイジング効果に期待できます。抗酸化作用ではビタミンEの100倍以上含まれます。ミニトマトには、大玉のトマトよりもビタミンB群、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが2倍、リコピンは3倍も多く含まれますよ。リコピンは朝に摂ると吸収率が良く、加熱し、油と一緒に摂ることでも吸収率が上がります。トマトスープにオリーブオイルを垂らせば、美容効果に期待大な朝食の出来上がりです。工夫して積極的に取り入れ、美容・健康を維持しましょう。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トマトを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    生のままでも、料理の材料としても大活躍の栄養豊富なトマト。鮮やかな赤色と爽やかな酸味が食欲をアップさせてくれます。赤い色素成分のリコピンは美容や健康維持に効果的なのは有名ですが、実はこのリコピン、加熱して油で調理することで体に吸収されやすい形に変化するのです。さらに、にんにくや玉ねぎも一緒に入れると、生トマトに比べておよそ4倍も体への吸収性が高くなります。トマトソースには、オリーブオイル、にんにく、玉ねぎは欠かせないので、理にかなった料理だったのです。カラダに嬉しい効能を持つトマトは、どんな食材とも好相性。時短にもなるトマト缶も活用しながら、煮るレシピを参考に、スープやトマト煮にして、栄養を効果的に摂取しましょう。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

今週のおすすめ記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チーズケーキレシピ・作り方20選:プレゼントにもピッタリ!

    チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。日本でポピュラーになったのは、1960年代。クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンケーキの人気レシピ・作り方:おうちでふわっふわパンケーキを!

    パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 体の中から美しく♡スムージーダイエットレシピ・作り方20選

    スムージーは材料をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れる忙しい人にも人気のドリンクです。入れる食材や作り方によっていろんな栄養が豊富にとれたり、ダイエット効果があるものまで幅広いレシピがあります。野菜を多く入れるものからフルーツを使った飲みやすいスムージーなど自分好みの組み合わせを楽しめるでしょう。 この記事では、スムージーのダイエット効果や栄養に加え、グリーンスムージーのレシピ、フルーツスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

広告

キッチンブックで人気の記事

  • 夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

    夕飯とは夜に食べる食事のことです。飲食店で、昼の時間帯を「ランチタイム」、夜の時間帯を「ディナータイム」と分けてメニューを設定していることがありますが本来の「ディナー」は夕飯を指しているのではなく、その人にとって一日で一番大切な食事のこと。どの時間の食事もディナーになる場合がありますが、ゆっくり時間の取れる夕飯をディナーにする人が多いのが実情です。 この記事では、夕飯の基礎知識に加え、お肉、魚、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏胸肉を使った簡単レシピ20選!人気の作り方だけ集めたのでお弁当のおかずにも使えます

    鶏胸肉は、鶏肉の中でも脂肪が少なめでたんぱく質が多く、柔らかい肉質が特徴の部位です。味もあっさり淡白で、焼き物や炒め物など油を使う料理と相性抜群。唐揚げやフライにしたり、ベーコンやチーズでコクを加えたりたりした鶏胸肉料理は、お弁当のおかずにもぴったりです。淡白な味わいを活かして、蒸し料理にしてもおいしく食べられます。 鶏胸肉はもやし、卵、豆腐などと並んでスーパーで安売りされることの多い節約食材でもあります。安くてボリュームがあるメインを作るのにぴったりです。そんな鶏胸肉を120%活用できるレシピを、おかず、煮物、茹で・蒸し鶏のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 【キャベツを使った料理】人気レシピとおすすめの作り方20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • 筋肉を保ちながら脂肪を燃焼させる!胸肉ダイエットのおすすめレシピ20選

    胸肉ダイエットとは、脂肪が少なく、あっさりしている胸肉を使用することで簡単に痩せることが可能なダイエット法です。低カロリーですがタンパク質が多いため、健康的に無理なくやせられるでしょう。胸肉は蒸したり焼いたりなどいろんな調理法が可能なのでアレンジもしやすく飽きずにダイエットが続けられるでしょう。 この記事では、胸肉ダイエットについての基本知識に加え、和食・洋食・中華・その他のジャンルに分けて胸肉ダイエットのおすすめレシピを紹介しています。数あるレシピの中から、特に人気のレシピを厳選したので、ぜひ今日の献立の参考にしてみてくださいね。

  • 残りご飯を美味しく食べよう!リメイクのおすすめレシピ20選

    日本人の主食であるご飯は毎日炊く家庭も多いですが、おかずの内容やその日の気分で残ったり、家族の誰かが急な外食になったりと色々な理由で出来ていくのが残りご飯。ぴったりの量を炊くのは難しいものです。 そんな残りご飯の消費方法が炒飯や雑炊など決まったパターンに陥りがちでウンザリなんてことありますよね。 この記事では、残りご飯の基礎知識に加え、お米料理、おかず、おやつにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告

運営会社