キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

簡単ふわとろレシピも紹介! 人気オムライスの作り方20選

広告

簡単ふわとろレシピも紹介! 人気オムライスの作り方20選

オムライスはケチャップライスやチキンライスをほぐした卵で包んだ、明治・大正時代に日本で生まれた洋食メニュー。

今や子供から大人まで幅広い人気を誇り、手軽に作れる家庭料理の定番となりました。そんなオムライスが近年進化を遂げ、しっかり加熱した卵のみならずふわふわ卵のオムライスが登場。上にかけるソースも、ケチャップのみならず、デミグラスソースやホワイトソースなどのバリエーションが生まれました。

そこで今回は、ふわとろオムライスの様々なレシピをまとめました。ケチャップ・デミグラス・クリームソース・和風・変わり種オムライスのレシピのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

オムライスについて

オムライスの発祥は諸説ありますが、1925年に大阪の洋食店「北極星」で胃の悪い常連客に出されたのが始まりだという説と、1901年に東京の「煉瓦亭」でまかない料理から人気に火が付いたという2説が有力。

戦前はケチャップなどの洋食の材料が高価だったものの、戦後は進駐軍によってケチャップや玉ねぎ、ピーマンなどの食材が手軽に入手できるようになり、各家庭に一気に広まりました。
ケチャップでオムライスの上に絵や文字をお母さんから書いてもらった思い出がある人も多いのではないでしょうか。

そして現在は様々なバリエーションのオムライスが登場。オムライスにカレーをかけた「オムカレー」や、ライスの代わりに焼きそばを包んだ「オムそば」といった派生メニューも人気ですよね。

オムライスの調理法について

ほぐした卵をフライパンで半熟に加熱し、ケチャップライスを包み紡錘形に整え、ケチャップをかけたオムライスが定番。

細かく切った玉ねぎと鶏肉を炒め、ケチャップや塩コショウで味付けした後でご飯を入れ、木べらで切るように混ぜます。先にケチャップを入れて水分を飛ばすように炒めることで、ライスがべちゃべちゃになりません。
溶いた卵をしっかり温め油を敷いたフライパンに入れ、半熟状態になるまで菜箸で混ぜます。先に作ったチキンライスを卵の半分にのせ、半分を折り畳んで包みましょう。フライパンの曲線を利用してお皿にひっくり返しながら盛り付けたら完成。

やや強火で手早く卵に火を通せばふわふわ、やや弱火でじっくり火を通せばしっかり固めの卵になります。形が不格好になっても、お皿の上でラップをかけて形成しなおせばきれいになりますよ。

ケチャップオムライスのレシピ・作り方

■チキンライスがおいしいオムライス

クックパッド

最初におすすめするオムライスレシピ・作り方は「チキンライスがおいしいオムライス」。
とにかくチキンライスのおいしさが格別な、簡単オムライスのレシピです。

コツは鶏ガラスープの素とケチャップで具材を煮込むように炒めていくこと。味がしっかり染み込み、パサつかない絶品チキンライスになります。味がしっかり濃い目に付きますが、卵で包んだ時にちょうど良い味加減になります。コーンやマッシュルームをプラスしてもおいしいです。

チキンライスがやばうま!のオムライス

材料
(2人分):鳥もも肉1/4枚 玉ねぎ1/4個 ご飯(温かいもの)茶碗2杯分 ケチャップ50cc サラダ油大さじ1 バター10g 鶏ガラスープの素小さじ1 塩・コショウ適宜 砂糖小さじ1 玉子4個
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/3183293

■洋食屋さんのふわとろオムライス

クックパッド

次に紹介するオムライスレシピ・作り方は「洋食屋さんのふわとろオムライス」。
洋食屋さんのオムライスに引けを取らない、ふわとろオムライスが簡単にできるレシピです。

ふわふわの秘密は、卵に混ぜた牛乳とマヨネーズ。よく熱したフライパンに卵液を流し入れ、スクランブルエッグを作る要領でかき混ぜます。8割ほど固まったら、事前に盛り付けてあったケチャップライスの上にのせます。ライスを包まないことで、絶妙の半熟加減の時に火からおろすことができます。

◆簡単♡洋食屋さんのふわとろオムライス◆

材料
(1人分):ご飯お茶碗1杯 卵2個 具材(今回ベーコン&ほうれんそう)お好みの量 塩ひとつまみ コショウ少々 味の素(無くても可) 少々 ケチャップ大さじ2 醤油小さじ半分 マヨネーズ小さじ1 牛乳大さじ1
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2460099

■ふわふわオムライス

クックパッド

次に紹介するオムライスレシピ・作り方は「ふわふわオムライス」。
つくれぽ数4000超えの大人気オムライスレシピです。

人気の秘密は、ふわとろ卵の火加減を詳しく解説しているから。チキンライスは、お椀を型にして綺麗な山型に盛り付けておきます。フライパンにバターを溶かしたら、溶け切る前に弱火にし卵を流し入れます。5秒待ったらかき混ぜ、フライパンを前後に麩って10秒置いたらライスの上にスライドさせてのせます。火加減さえ注意すれば簡単。

母の日に♡簡単ふわふわ♡オムライス

材料
(2人分):■ *チキンライス* 米2合 鶏肉やウインナー好きなだけ 玉ネギ大きいの半玉 ケチャップ適量(大さじ5くらい) ブラックペッパー3ふりくらい 塩ひとつまみ (あればニンニク1かけ) ■ *ふわトロたまご(1人分) マヨネーズ5センチくらい 卵2.3こ 牛乳大さじ2 バター10グラム
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/2221374

広告

ごはんもの に関連する記事

  • チャーハンのレシピ・作り方:あなたの好きなチャーハンはどれ?

    チャーハンは、炊き上げた白飯を様々な具材とともに油で炒めた中華料理。 その歴史は古く、米を食べる食文化が生まれた唐代・宋代の頃には食べられていたと言われています。 日本へも遣唐使によって持ち込まれた歴史あるメニューですが、日本では余った白飯を利用する身近な家庭料理として普及しました。 現在では定番のチャーハン以外にも、キムチチャーハンや納豆チャーハンなど変わり種チャーハンも多数開発されています。 今回はそんなバリエーション豊富にあるチャーハンの作り方やレシピをまとめました。定番チャーハン、チャーハンのアレンジレシピ、あんかけチャーハンの3つのカテゴリーで紹介します。

  • 炊き込みご飯レシピ・作り方20選:季節を感じる炊き込みご飯も紹介

    炊き込みご飯は、「五目ご飯」や関西では「かやくご飯」とも言われており、ご飯を炊く時に具を米と一緒に炊き込んでつくる料理。 通常はだし、塩、しょうゆなど調味料を入れて炊きあげます。 旬の食材を使ってつくることが多く、おいしいご飯だけの味だけではなく、季節も一緒に味わうことができるのが魅力ですよね。 この記事では、炊き込みご飯の基礎知識に加えて、魚の炊き込みご飯、貝の炊き込みご飯、海藻の炊き込みご飯、きのこの炊き込みご飯、山菜の炊き込みご飯、変わり種炊き込みご飯のレシピ・作り方のカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パエリアレシピ・作り方20選:おうちにある道具で作れるパエリア

    パエリアとは、スペインのバレンシア地方発祥の伝統料理で、スペインを代表する人気料理の1つ。 モーロ人によって9世紀に伝えられたとされ、米と野菜や魚介類、肉などをスープで炊き込んで作ります。 色も鮮やかなので、テーブルも華やかになり、パーティー料理にもおすすめですよ。 この記事では、パエリアの基礎知識に加え、ホットプレート、フライパン、炊飯器、オーブン、その他の道具、と道具別に分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • タコライスの人気レシピ・作り方まとめ:沖縄の味をおうちでも!

    タコライスの発祥の地は沖縄県金武町。米兵向けに軽食を出していたお店の店主が、安くてボリュームのあるメニューとして考え出したのが「タコライス」でした。 今では地元沖縄の人たちだけでなく、県外の人にも愛されるメニューとなったタコライス。一皿でお肉もお野菜も摂れ、家庭でも手軽に作れるので、アレンジレシピも多数ありますよ。 この記事では、タコライスの基礎知識に加え、基本のタコライスレシピ、和風タコライスレシピ、アレンジレシピ、リメイクレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 身体の芯までポカポカ:雑炊のレシピ・作り方人気20選

    ご飯を出汁や具材等と一緒に煮込んで作る雑炊。ご飯の保温や再加熱が難しかった時代は、冷ご飯の活用方法として家庭で頻繁に作られていた料理です。 現在は、鍋料理の締めや、体調不良の時に食べる事が多いですが、体の芯から温めてくれる雑炊は、寒い季節のいつもの献立にもおすすめ。簡単に作れて、味も様々なので毎日飽きずに楽しめますよ。 この記事では、雑炊の基礎知識に加え、定番雑炊、お手軽雑炊レシピ、スープジャーで雑炊、変わり種雑炊にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

今週のおすすめ記事

  • ひな祭りのメニューに待ったらこれ!デザートレシピを紹介

    ひな祭りは、雛人形に華やかな料理を並べ、女の子の健やかで幸せな成長を祝うための行事として親しまれています。 雛人形には、お祭りとして飾るだけではなく、子供の事故や病気などの災難から守ってもらうという願いも込められているのです。 食事もはちらし寿司やお吸い物、また、菱餅や雛あられなど縁起の良いお菓子も食べられます。 この記事では、ひな祭りの基礎知識に加え、洋菓子と和菓子にカテゴリを分けてひな祭りレシピを紹介。自分の家族とはもちろん、お友達家族とのパーティーも楽しそうですよね。 年に一度のひな祭り。今回紹介するレシピで、ぜひ素敵な日にしてください。

  • ひな祭りレシピまとめ:ひな祭りの献立メニューならこれ!

    ひな祭りと言えば、3月3日の女の子のお祭りです。 雛人形を飾ったり、家族や友達とご飯を食べたりと賑やかですね。 雛人形は、子供を病気や事故から守ってくれると言われています。 食事も縁起も良く華やかな、ちらし寿司やハマグリのお吸い物が定番ですね。 桃・みどり・白色には魔除けや長寿の意味があるのでひな祭りメニューにはよく使われている色合いです。 この記事では、ひな祭りの基礎知識に加え、寿司系メニュー、おひなさまメニュー、ハマグリのメニュー、そのほかのメニューにカテゴリを分けてひな祭りレシピを紹介。 自分の家族とはもちろん、お友達家族とのパーティーも楽しそうですよね。 年に一度のひな祭り。今回紹介するレシピで、ぜひ素敵な日にしてください。

  • 【お花見】お弁当に欠かせない!主食&メインレシピまとめ

    お花見と言えば、たくさんのお弁当や飲み物を持参して家族や友達、会社の人たちと桜の花を見て楽しむ行事ですね。桜を見ることとお弁当を食べることは日本人が大切にしてきた文化でもあり、私達が大好きなことの一つでもあります。お花見をしてお弁当をつまみながらたくさんの人たちとの交流を楽しめるなんて、とても素敵ですよね。 この記事では、お花見にぴったりなお弁当レシピを、ご飯ものとパン系にカテゴリを分けて紹介。家族・友達・彼氏や彼女が満足してくれるようなレシピを厳選しました。 この機会に手作りお弁当でお花見を楽しんでみませんか。

  • 【お花見】桜に負けない華やかさ!真似したくなるお弁当レシピ

    お花見では手作りのお弁当を持っていく人や、お弁当を買って行って食べる人など、とにかくみんなお弁当が欠かせないですね。「花より団子」とも言うくらい、日本人にとってお花見をするときには何か食べるという意識・文化が根付いていますね。美味しいお弁当を持って行ってお花見に出かけましょう。 この記事では、お花見にぴったりなお弁当レシピを紹介。家族・友達・彼氏や彼女が満足してくれるようなレシピを厳選しました。 この機会に手作りお弁当でお花見を楽しんでみませんか。

  • ホワイトデーのお返しに!手作りマカロンレシピを紹介

    ホワイトデーは、日本発祥の文化です。 バレンタインデーに贈り物をもらった人が、感謝の意を込めてお返しプレゼントを渡す日です。 手作りお菓子や市販のお菓子、ハンカチやポーチなどの衣類雑貨、アクセサリーをプレゼントするなど、内容はさまざま。友達同士の場合、費用や相手の好みのことを考えて、お菓子を作る人も多いようです。 お菓子は嫌いな人が少ないですし、費用もあまりかからず助かりますね。 この記事では、ホワイトデーの基礎知識に加え、チョコ系マカロン、コーヒー系マカロン、いちご系マカロン、カラフルマカロン、キャラクターマカロン、その他アレンジマカロンにカテゴリを分けてレシピを紹介。 気になるあの子へのお返しはもちろん、家族や友達に感謝の気持ちとしてあげるのもいいかもしれません。 この機会に、手作りマカロンであなたの気持ちを伝えてみませんか?

広告

キッチンブックで人気の記事

  • バレンタインにピッタリ!人気の手作りチョコレシピ20選

    バレンタインといえば、チョコですよね。 ブランドのチョコレートはもちろん、手作りのチョコを味や形が豊富。オリジナリティを出すのにぴったりです。 そんなチョコだからこそ、どんなチョコをあげようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 この記事では、チョコの基礎知識に加え、生チョコ、チョコケーキ、 チョコスナック、その他のチョコレシピにカテゴリを分けて紹介しています。友達・本命・家族の誰にあげても喜ばれるレシピをまとめました。1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね。

  • 人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

    手軽に食べられるどんぶりものの料理で、多くの人に好まれている牛丼。 1862年に、横浜入船町にある「伊勢熊」という居酒屋を営んでいた主人が牛の煮込みを売り出したのが始まりとされていて、当時は牛鍋と言われていました。手軽に食べられることから、明治生まれの日本のファストフードとも言われています。 牛鍋をご飯にぶっかけた「牛飯」から変化していき、現在の「吉野家」の創業者が「牛丼」と名付けて、現在の形になりました。 初めはみそ味が主流であったと言われていますが、現在では、牛肉と玉ねぎを甘辛い醤油味で煮込んでいるものが主流になっていますね。 今回は、そんな牛丼の調理法をはじめ、牛丼の定番・再現・アレンジレシピ、そして余った牛丼のリメイクレシピをカテゴリーごとに紹介します。

  • 簡単ふわとろレシピも紹介! 人気オムライスの作り方20選

    オムライスはケチャップライスやチキンライスをほぐした卵で包んだ、明治・大正時代に日本で生まれた洋食メニュー。 今や子供から大人まで幅広い人気を誇り、手軽に作れる家庭料理の定番となりました。そんなオムライスが近年進化を遂げ、しっかり加熱した卵のみならずふわふわ卵のオムライスが登場。上にかけるソースも、ケチャップのみならず、デミグラスソースやホワイトソースなどのバリエーションが生まれました。 そこで今回は、ふわとろオムライスの様々なレシピをまとめました。ケチャップ・デミグラス・クリームソース・和風・変わり種オムライスのレシピのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

  • バレンタインの手作り和菓子レシピ:甘いものが苦手な人にも!

    好きな男性へ思いをこめてギフトを贈るバレンタイン。バレンタインが日本に伝わって以来、バレンタインギフトとして選ばれるのはまだまだチョコレートをはじめとした洋菓子が主流ですが、今年は手作り和菓子に挑戦してみませんか?難しいと思われがちな本格和菓子も、実は簡単に作れますよ。 この記事では、バレンタイン/チョコの基礎知識に加え、チョコ和菓子、洋風和菓子、本格和菓子のレシピにカテゴリを分けて紹介しています。友達・本命・家族の誰にあげても喜ばれるレシピをまとめました。1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね。

  • うどんレシピまとめ:普通のうどんはもう飽きた!?

    忙しい日のランチに、夜食に、風邪を引いた日にと言ったように、いろんな形で食べることができる和食の代表格である「うどん」。夏はさっぱりとざるうどん、冬は熱々のおつゆでいただく鍋焼きうどんなど、季節に応じていろんな食べ方が楽しめるのも魅力です。新しいうどんの食べ方を探している方にぴったりな、簡単かつ個性的なうどんレシピを試してみませんか? 卵とじうどん、クリーム系うどん、カレーうどんなど、レシピをカテゴリに分けて紹介します。家庭によくある材料だけで作れるものも多いので、その日の気分や体調に合わせて作ってみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告