キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

広告

人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

手軽に食べられるどんぶりものの料理で、多くの人に好まれている牛丼。
1862年に、横浜入船町にある「伊勢熊」という居酒屋を営んでいた主人が牛の煮込みを売り出したのが始まりとされていて、当時は牛鍋と言われていました。手軽に食べられることから、明治生まれの日本のファストフードとも言われています。

牛鍋をご飯にぶっかけた「牛飯」から変化していき、現在の「吉野家」の創業者が「牛丼」と名付けて、現在の形になりました。
初めはみそ味が主流であったと言われていますが、現在では、牛肉と玉ねぎを甘辛い醤油味で煮込んでいるものが主流になっていますね。

今回は、そんな牛丼の調理法をはじめ、牛丼の定番・再現・アレンジレシピ、そして余った牛丼のリメイクレシピをカテゴリーごとに紹介します。

牛丼について

子どもから大人まで人気のどんぶり、牛丼。
甘辛いタレと牛肉と玉ねぎが食欲をそそり、どんどんご飯が進みますよね。
気軽に楽しむことのできるチェーン店の牛丼、こだわりの牛肉を使用した肉屋の牛丼、蕎麦屋など独自の出汁が自慢の牛丼、最近ではエスニック風や独自の味付けを打ち出した牛丼などいろいろなところで楽しむことができます。

家庭でも人気の定番メニューで、いろいろとアレンジも可能。栄養もしっかりとれるので、いろいろな調理法を知って、さまざまな牛丼を楽しんでみてください。

牛丼の調理法について

牛丼とは基本的に、薄切りの牛肉を使用し、牛肉と玉ねぎを醤油ベースのたれで煮込み、ご飯の上にぶっかけるスタイルの料理です。
だしやたれなどは、家庭やお店により異なっており、必ずこうでなくてはならないと言う決まりがなくアレンジがしやすいのも魅力。

最近では味付けに塩ダレを使用したり、味噌を利用したりすることもあり、牛肉を焼く調理法を採用したメニューなども多数あります。和食版ファーストフードと言われているだけあり、簡単に作ることができるので、いろいろとマスターしておきたいですね。

牛丼の定番レシピ・作り方

■基本の牛丼

クックパッド

最初におすすめする牛丼レシピ・作り方は「基本の牛丼」。大人気の定番の味。
しっかり味でご飯が進むレシピです。

肉は薄切りを使用しており、節約レシピでもあります。火の通りも早いので、時間も短縮でき、急いでいる時にも最適です。出来上がってから一度さませば、味が良く染みてより一層美味しく食べることができるので、作りおきで2度、3度と食べてもOK。お好みで紅ショウガを加えるとさっぱりとして食べやすくなります。

☆牛丼☆

材料
(並4人分):牛 薄切り肉500g 玉ねぎ中1個 ●水500cc ●醤油大さじ4 ●酒大さじ3 ●砂糖大さじ3 ●みりん 大さじ2 ●顆粒和風だし 小さじ2 ●しょうが 適量
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/1411888

■お肉ふっくら柔らか牛丼

クックパッド

2番目におすすめする牛丼レシピ・作り方は「お肉ふっくら柔らか牛丼」。
5分の煮込み時間でもしっかりと味が染みて、お肉もふっくらの人気の簡単レシピです。

関西風のすき焼きが好きな作者さんが、関西風のすき焼きの味を参考に作ってみたところ、いつもより美味しくできたと言う1品。なるべく薄い肉を使用した方が柔らかく出来上がります。牛肉と玉葱は、だし汁を加える前に砂糖・調味料を絡める事が、煮込み時間を短縮しても美味しくできるポイントです。

お肉ふっくら柔らか◆牛丼◆

材料
(3~4人分):牛薄切り肉300g 玉ねぎ1個 ◆砂糖◆大さじ2 ※醤油大さじ3 ※酒大さじ3 ※みりん 大さじ3 ※(お好みで おろし生姜)(小さじ1) ◎だし汁 1カップ
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/1356695

■定番牛丼

クックパッド

次に紹介する牛丼レシピ・作り方は「定番牛丼」。
にんにくが食欲をそそり、簡単なのに美味しくできるレシピです。

吉野家風レシピを研究し、ワインとにんにくの使用率にこだわっています。牛肉は、弱火で火を通すことで硬くならず、パサつかずに美味しく仕上げることができます。玉ねぎは、最初にしっかりと炒めると軟らかめに仕上がるので、お好みで使い分けてもよいでしょう。

うちの定番!すぐ出来る絶品‼︎牛丼

材料
(2人分):牛肉こま切れ150〜200g 玉ねぎ大1/2個 ★醤油大さじ1 ★白だし醤油大さじ1 ★みりん 大さじ3 ★ワイン(赤でも白でも) 大さじ3 ★水100ml ★生姜(すりおろし) 1/2かけ ★にんにく(すりおろし) 1/2かけ 温かいご飯2人分 紅生姜お好みで
レシピ詳細
https://cookpad.com/recipe/4123324

広告

丼もの に関連する記事

  • 親子丼の人気レシピ・作り方まとめ:大人から子供まで大好きな親子丼

    親子丼は、だし汁で煮た鶏肉や玉ねぎを卵でとじてご飯にのせる定番の丼メニューですね。「親子」とは鶏肉(親)と卵(子)を使うことに由来しています。だしの味が効いた柔らかい鶏肉と、ふわふわの卵が親子丼の人気の秘密。材料も、鶏肉と玉ねぎ、卵さえあれば手軽に作れるのが魅力です。ところがいざ自宅で作ろうとすると、卵に火が通りすぎたり逆にドロドロすぎたりと、火加減がなかなか難しいものです。また、具材や味もマンネリ化しがちです。 そこで今回は失敗しない親子丼のレシピと作り方についてまとめました。親子丼の洋風レシピ、アレンジレシピ・作り方、余った親子丼のアレンジレシピ・作り方のカテゴリに分けて、変わり種の親子丼レシピもたっぷり紹介します。

  • ご当地別カツ丼レシピ・作り方20選:おうちでカツ丼を食べ比べ!

    カツ丼は、どんぶりに盛ったご飯の上に豚カツ等を乗せた日本の丼料理。 特に旬の時期はなく、材料は季節を問わずいつでも手にはいるので、一年を通して食べられます。どんぶり料理の中でもランキング上位に入るのではないでしょうか。 一般的なカツ丼は卵で閉じたものが多いですが、地域によってさまざまなタレ・食べ方があるのが特徴。 この記事では、カツ丼の基礎知識に加え、関東風カツ丼、福井・福島風カツ丼、岡山風カツ丼、新潟風カツ丼、名古屋風カツ丼にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いろんなタレで試したい 魚別漬け丼のレシピ・作り方20選

    「漬け丼」とは生の魚介類の切り身をしょうゆ、みりん、酒などで作ったタレに漬けこんだものをごはんの上に乗せた料理です。マグロのイメージが強いですが、白身、赤身は問いません。臭みが強いものは生姜やにんにくも一緒に漬けこみます。漬けはまだ冷凍技術が発達していなかった時代に魚介類の保存方法として考案されたものです。 この記事では、漬け丼の基礎知識に加え、まぐろ、サーモン、あじ、かつお、さんまにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • お肉なしのヘルシーレシピも紹介 丼レシピ・作り方20選

    丼とは、ご飯とおかずを一つの皿に盛った料理のことを指します。日本では、昔は主食であるご飯とおかずが別々に配膳されるのが普通でした。しかし江戸時代頃から、鰻丼や天丼を皮切りに、人々に親しまれるようになり徐々に広まっていたそうです。今では、色んなパターンで楽しむことができる料理であり、旬菜具材を使って様々な食べ方ができます。 この記事では、丼の基礎知識に加え、鶏肉、豚肉、牛肉、海鮮、天丼、肉なしにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みんな大好きミートソースのアレンジレシピ・作り方20選

    パスタメニューの定番でもあるミートソースは、こどもから大人まで年齢を問わず大人気のメニューです。イタリア南部では簡単な調理法しかなかったパスタに、北部のボローニャの裕福層が肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作ったフランスの「ラグー」を合わせたことが始まりと言われています。日本では明治から大正にかけていくつかの洋食屋がメニューに出し始めたといわれていますが、1959年・キユーピーが独立した缶入り商品としてミートソースを発売したことにより一般家庭に普及しました。いろいろな食材と相性が良く、レシピも無限大であることから手作りでミートソースを作る家庭も多く、また気軽に利用できる缶詰やレトルトをアレンジする家庭も多くあります。 今回はミートソースの作り方からミートソースを使ったパスタレシピ、そしてパスタ以外にもご飯やトッピング素材を入れたもの、そしてデザートなどひと味変わったミートソースを使ったレシピと作り方をご紹介します。

今週のおすすめ記事

  • おいしい水と暮らしたい!おすすめの整水器15選

    小さなお子様がいるご家庭などで大活躍している整水器。 不純物を取り除いた後電気分解して水の性質を変える機械なのですが、据え置きタイプやアンダーシンクタイプなどその種類は様々です。作り出される水の種類によっては胃や腸の環境を整えてくれる効果があるので、ぜひ家庭に一つは欲しいものですね。

  • エスニックな味をおうちでも!人気のガパオライスレシピ・作り方

    ガパオとはタイ料理のスパイスとして用いられるホーリーバジルのこと。 牛、豚、鶏肉とホーリーバジルをナンプラーと炒め、目玉焼きをのせた料理をパットガパオ呼びます。日本で食べられているガパオライスは、このパットガパオに白飯を添えたもの。タイでは日本のカレーと同じように庶民に親しまれているメニューです。 この記事では、ガパオライスの基礎知識に加え、お手軽メニューやヘルシーな作り方を紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 女性必見!美肌効果があるルッコラの人気レシピ20選

    春と秋が旬のルッコラは、ごまの様な香りとピリッとした辛みがくせになる緑黄色野菜で、地中海沿岸の原産です。ルッコラの香りを活かして生のままサラダで食べたり、カルパッチョ、ピザ、生ハムと一緒に食べるのもおすすめ。さっと炒めて炒め物やパスタの具材にしたり、お浸しにしても美味しいですよ。 この記事では、ルッコラの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、サンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉料理のレシピ&作り方まとめ:お弁当のおかずにもバッチリ!

    豚肉は安く手に入る家計に優しい食材として人気ですね。豚の生姜焼きや角煮、とんかつなど日本食にかかせないもので、栄養価も高く、ビタミンB1が豊富なため疲労回復にも効果的だと言われています。これから暑い夏をむかえて夏バテになったり、なんだか元気が出ないと感じる時に豚肉料理を食べれば、疲れた体に新たなエネルギーを作り出してくれるでしょう。今回はそんな豚肉を使った数多くの料理の中から、食卓だけでなく、お弁当のおかずにも利用できるおすすめのレシピを紹介します。気になるレシピがあったらぜひ作ってみてくださいね。

  • みんなで盛り上がろう!おすすめのそうめん流し器20選

    流しそうめんといえば夏の風物詩の1つですよね。実は家庭でも、流しそうめん器さえあれば手軽に楽しめ、ちょっとしたイベント気分も味わえます。子供の友達が集まった時や、メニューに悩む夏休みのランチにもおすすめ。流しそうめん器を使うと、いつもと同じそうめんでも喜んで食べてくれるので、作る側は楽ができて、家計にも優しいですよ。

広告

キッチンブックで人気の記事

  • キャベツの人気料理レシピ20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • バレンタインにピッタリ!人気の手作りチョコレシピ20選

    バレンタインといえば、チョコですよね。 ブランドのチョコレートはもちろん、手作りのチョコを味や形が豊富。オリジナリティを出すのにぴったりです。 そんなチョコだからこそ、どんなチョコをあげようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 この記事では、チョコの基礎知識に加え、生チョコ、チョコケーキ、 チョコスナック、その他のチョコレシピにカテゴリを分けて紹介しています。友達・本命・家族の誰にあげても喜ばれるレシピをまとめました。1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね。

  • おしゃれ食器30選:おすすめの食器で食卓を彩ろう

    普段なにげなく使っている食器ですが、食器を変えると料理をよりおいしく見せてくれ、食卓を華やかにしてくれます。普段使いできるおしゃれな食器を集めたり、来客用に少し豪華な食器をそろえてみたりと、種類が豊富で選ぶのが楽しいのも食器の魅力ですね。 食器の人気有名ブランドとして、フィンランドのガラスメーカー「イッタラ」やドイツのクリスタルブランド「ナハトマン」、イギリスの洋食器ブランド「ウェッジウッド」などがあります。これらのブランドは日本でも人気があり、おしゃれな食器が揃っています。 食器にはさまざまな種類があり、クリスタルでできた美しい食器や、電子レンジやオーブン、食器洗浄機に対応している便利なものなどがあります。この機会に、食器を新しくしてみませんか?今回はおすすめの人気の食器セットについて紹介します。

  • 人気の牛丼レシピ・作り方まとめ:定番から吉野家再現アレンジまで!

    手軽に食べられるどんぶりものの料理で、多くの人に好まれている牛丼。 1862年に、横浜入船町にある「伊勢熊」という居酒屋を営んでいた主人が牛の煮込みを売り出したのが始まりとされていて、当時は牛鍋と言われていました。手軽に食べられることから、明治生まれの日本のファストフードとも言われています。 牛鍋をご飯にぶっかけた「牛飯」から変化していき、現在の「吉野家」の創業者が「牛丼」と名付けて、現在の形になりました。 初めはみそ味が主流であったと言われていますが、現在では、牛肉と玉ねぎを甘辛い醤油味で煮込んでいるものが主流になっていますね。 今回は、そんな牛丼の調理法をはじめ、牛丼の定番・再現・アレンジレシピ、そして余った牛丼のリメイクレシピをカテゴリーごとに紹介します。

  • うどんレシピまとめ:普通のうどんはもう飽きた!?

    忙しい日のランチに、夜食に、風邪を引いた日にと言ったように、いろんな形で食べることができる和食の代表格である「うどん」。夏はさっぱりとざるうどん、冬は熱々のおつゆでいただく鍋焼きうどんなど、季節に応じていろんな食べ方が楽しめるのも魅力です。新しいうどんの食べ方を探している方にぴったりな、簡単かつ個性的なうどんレシピを試してみませんか? 卵とじうどん、クリーム系うどん、カレーうどんなど、レシピをカテゴリに分けて紹介します。家庭によくある材料だけで作れるものも多いので、その日の気分や体調に合わせて作ってみてくださいね。

カテゴリーから探す

広告