キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ズッキーニの記事一覧

キッチンブックの「ズッキーニ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    濃い緑色が特徴的なズッキーニは、カボチャの一種です。旬は6月から8月であり、代表的な料理にはラタトゥイユがあります。ズッキーニにはビタミンやミネラルが多く含まれており、特にカリウム・ビタミンC・β-カロテンを多く含んでいます。選び方のポイントは、ヘタの切り口が新しく太さが均一なものを選んでください。余り太すぎるものはおすすめできません。保存方法はラップなどに包んで冷蔵庫内で保存します。食べやすい大きさに切り、加熱したズッキーニなら冷凍保存することも可能ですよ。冷凍保存したズッキーニは、ラタトゥイユなどの煮込み料理に使って下さいね。この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    きゅうりに見た目がよく似ているズッキーニ。実はかぼちゃの仲間で、ズッキーニの花も食用として使われます。ズッキーニを使った代表的な料理と言えばラタトゥイユで、その他にも揚げ物や炒め物、スープなどによく使われます。和食よりも洋食によく合い、オリーブオイルやチーズと相性抜群です。火を通して食べることが多いですが、新鮮なもので薄切りにすると生でも食べられます。ズッキーニは抗酸化作用のあるβカロテンが含まれており、動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ効果があります。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが豊富で、むくみ防止にも役立ちます。味や臭いにクセがなく食べやすいので、どんどん料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ズッキーニは細長く、きゅうりのような形をしているものを多く見かけますが、実はかぼちゃの仲間です。ですが、普通のかぼちゃとは違い実が完全に熟すのを待たず若い間に収穫をします。形は細長いものからかぼちゃのような丸いもの、色は緑色や黄色、白いものまで種類は様々あり、料理の見栄えを良くするためにも使われます。同類のかぼちゃは収穫してから時間をおいてもおいしく食べられますが、ズッキーニは収穫してすぐに調理したほうがおいしく食べられます。古くなると中がスカスカになってしまうので早めに食べましょう。ズッキーニを選ぶときは、太さが均一で表面に傷がなくつやのあるものを選んでください。大きく育ちすぎると味が落ちるので程よい大きさのものを選びましょう。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    夏が旬のズッキーニ。イタリアやフランスなどで一般的な野菜ですが、最近では日本でもよく見かけるようになりました。ズッキーニには細長く皮が緑色や黄色の種類、丸型など様々な品種があります。ほんのり甘みのあるクセのない味わいで、煮込み料理やフライ、炒め物など様々な料理に使えます。夏野菜を煮込むラタトゥイユはズッキーニの定番料理です。抗酸化作用を持ち免疫力を高めるβ-カロテンやかぜ予防や美肌に効果的なビタミンCが豊富です。カリウムも多く、体の余分な水分と塩分を排出して高血圧予防やむくみ解消にも役立ち、美容と健康をサポートしてくれます。ズッキーニはオリーブオイルなどの油との相性が良く、β-カロテンの吸収が高まるのでフライレシピを活用しながら効率よく栄養をとりましょう。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ズッキーニはきゅうりによく似た見た目ですが、実はかぼちゃの仲間です。ズッキーニの花も食用として使われ、ズッキーニ自体は薄くスライスすると生でも食べられますが、主に火を通して食べることが多くなっています。ズッキーニを使った代表料理はラタトゥイユで、その他にもスープやフライ、オーブン料理など様々な調理方法に使うことができます。主に洋風のレシピに使われることが多く、緑の彩もきれいで料理のアクセントにもなります。ズッキーニはむくみの防止に効果のあるカリウムや、ベータカロテンやビタミンB類などが豊富で、体にいい栄養素をたくさん含んでいます。今まで料理に使ったことがない、という方もぜひズッキーニを料理に使ってみましょう。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ズッキーニは夏野菜です。旬は6月から8月です。見た目はきゅうりに似ていますがかぼちゃの仲間です。ズッキーニは緑色、黄色、白いものがあります。ズッキーニにはビタミンC、ビタミンB類が豊富に含まれています。アンチエイジングや肌荒れに効果ありますので女性におすすめの食材です。ベータカロテン、カリウムも豊富で高血圧予防効果、代謝を促進する働きがあります。フランス料理、イタリア料理に使われることが多いです。太さが均一でツヤがあるものを選ぶと良いです。ズッキーニは焼く、炒める、揚げる、煮る料理におすすめです。皮を剥かずに食べることができます。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    見た目がきゅうりに似ているズッキーニ。昔はあまり日本では料理に使われることは少なかった野菜ですが、最近ではスーパーでもよく見かけるようになりました。β-カロテン・ビタミンC・ビタミンB2・葉酸など体にいい栄養素をたくさん含んでいます。ズッキーニは意外にも生でも食べられるので、サラダや前菜にも使うことができます。ズッキーニを使った料理では、ラタトゥイユが人気があります。色々な調理に向いていて体にもいいズッキーニですが、一番おいしく食べられるのが焼くレシピです。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ズッキーニを使ったお手軽レシピ】おすすめで人気のレシピ厳選20まとめ:おしゃれ&簡単ズッキーニレシピ

    フランスやイタリアなどでは一般的な食材として用いられるズッキーニは、見ためはキュウリに似ていますが実はカボチャの一種。イタリア語で「小さなカボチャ」という意味を持った野菜です。近年ではスーパーで季節を問わず1年中並んでいるので、家庭の食卓にのぼる機会が多くなり、ペポカボチャの中で最もポピュラーになった食材だといわれています。食感はナスに似ており、簡単に調理できることから人気があります。今回は日本の家庭にも浸透中のズッキーニのバリエーションが増えるレシピを、定番のグリルや揚げ物、煮物、サラダなどいくつかのカテゴリーに分けて紹介します。

広告

運営会社