キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ズッキーニをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

きゅうりによく似ているズッキーニはかぼちゃの仲間で、ズッキーニの花も食用として使われます。メキシコの巨大カボチャが祖先と考えられていて、ヨーロッパには16世紀に持ち込まれました。薄くスライスすれば生で食べられますが、ほとんどの場合は火を通して食べます。ラタトゥイユに欠かせない食材で、和食よりは洋食のレシピによく使われます。深い緑色が料理にアクセントを加えて、臭いや味にクセがなく使いやすい野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてズッキーニのレシピを紹介しています。ズッキーニを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ズッキーニの栄養素

ズッキーニはむくみの防止や高血圧に効果のあるカリウムや、抗酸化作用のあるβカロテン、妊娠中に欠かせない葉酸、代謝を促すビタミンB群などが含まれています。ビタミンB群は身体の中での代謝を促進し、アンチエイジングにも効果があるとされ女性にとってうれしい野菜です。その他にも動脈硬化予防や夏バテ防止などにも効果があり、料理に積極的に取り入れたい野菜です。

ズッキーニの産地

ズッキーニの産地で有名なのが長野県で、2014年の農林水産省の統計で出荷量が1位になっています。その次に多いのが宮崎県で、長野県と宮崎県はズッキーニの二大産地として知られ、この2県で全体の60%以上を占めています。長野県では露地栽培が多くなっており、宮崎県ではハウス栽培が中心になっています。

ズッキーニの旬

! /image/〇〇
ズッキーニの旬は6~9月になっており、ウリ科なので夏に実を付ける夏野菜です。ハウス栽培もされているので一年を通じて手に入りますが、多く出回るのは7月頃になります。ヘボ南瓜の仲間で収穫後の追熟はせず、カボチャのように熟すまでおかずに早めに収穫するのが特徴です。やはり旬のものが一番おいしいので、夏にズッキーニを使った料理をぜひ作ってみましょう。

ズッキーニの選び方

ズッキーニを選ぶ時は表面に傷がなく艶があり、色がきれいなものを選びましょう。全体的に太すぎず均一の太さで、ヘタの切り口がみずみずしいものは新鮮なので買う時にチェックしてください。ズッキーニはかぼちゃの仲間ですが、かぼちゃのように寝かせておいしくさせるということはなく、新鮮なうちに食べるのをおすすめします。あまり大きくなりすぎると味が落ちるので、大きすぎないものを選びましょう。

ズッキーニの保存方法

まだ切っていないズッキーニは常温で保存できます。新聞紙などに1本ずつ包んで冷暗所においておくと、約1週間保存できます。新聞紙で包むことで水分を逃しにくくなって乾燥を防ぎます。カットしたズッキーニはラップに包んで冷蔵庫で保存して、4~5日で使い切りましょう。冷凍保存する場合は軽く塩ゆでするか炒めて保存袋に入れて、2週間を目安に使い切るようにしましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ズッキーニの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ズッキーニの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ズッキーニの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ズッキーニの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ズッキーニの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ズッキーニをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社