キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ゆずの記事一覧

キッチンブックの「ゆず」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 朝ごはんにオススメのゆずを使った人気レシピ10選

    寒い季節になると目にする機会の多くなるゆずは、抗酸化作用が豊富で風邪予防に最適な食材です。果肉よりも果皮に特にビタミンCや毛細血管を広げて血行を良くすることで冷え性の改善が期待されるビタミンEも豊富に含むため、皮ごと煮詰めて作る「ゆず茶」はぴったりな食べ方です。さらに体内の疲れを改善するクエン酸や、イライラを抑えるカルシウムを豊富に含むのも特徴です。忘年会など飲み会のシーズンで体に疲れが溜まりやすいときは、爽やかなゆず茶に蜂蜜を加えてホッと一息つくのもおすすめです。ゆず特有の香りには「リモネン」と呼ばれる精油成分が含まれてリラックス効果も期待されますよ。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのゆずを使った人気レシピ10選

    すっきりと爽やかな香りのゆず。丸い形をした柑橘系の果物で、香り付けや加工品への活用、お風呂に入れることもあります。ミカン科ミカン属に分類され、ほんゆ、ゆのすなどの別名を持ちます。中国が原産と言われ、国内では高知、徳島、愛媛などが主な産地となっています。ゆずには青ゆず、黄ゆずという種類があり、黄ゆずは11月から1月ごろに旬を迎えます。青ゆずはゆずこしょうなどに使われるもので、旬の時期は8月ごろです。ゆずの主な栄養素はビタミンCで、抗酸化作用によるアンチエイジングが期待できます。シワやシミの予防のほか、免疫力を高める効果もあります。クエン酸も含まれていて、疲労回復や二日酔いなどに効果的です。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのゆずを使った人気レシピ10選

    ゆずは爽やかな香りが特徴的な果物で、様々な料理を引き立ててくれる食材です。ゆずは皮の部分にビタミンCが多く含まれていて女性に嬉しい美肌効果があります。クエン酸が含まれているので疲労回復効果があり、カルシウムの吸収率を上げる働きがあります。また、ゆずには食物繊維の一種であるペクチンが含まれているので便秘に効果的です。ゆずはジャムやシロップなどスイーツに使ったり、炒め物に使うこともあります。焼き魚や鍋料理にもぴったりの食材で、ゆずを使った昼ごはんにおすすめのレシピが色々あるのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    爽やかな香りと酸味が食事をワンランクアップさせる柚子。8月頃から実をつける青柚子を「柚子胡椒」の材料として重宝され、11月以降に熟した果実が店頭に出回ります。免疫力をアップさせるビタミンCはレモンの3〜4倍も多く含まれ、さらにビタミンCの吸収を手助けするビタミンPも含まれているためより効率的に摂取できますよ。血行の働きをよくするビタミンEや、体内の疲れの元を減らす働きがあるクエン酸も多く含むため、私たちの日常には欠かせませんね。冬至の習慣である「柚子湯」には、皮ごとお風呂に入れることでこれらの成分がお湯に溶け出し、冬に最適なお風呂になります。リラックス効果のある香りを楽しみながら取り入れてくださいね。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ゆずは柑橘系の芳醇な香りと、黄色の見た目で料理を上品に仕上げてくれるミカン属の一種です。ゆずには夏が旬の青ゆずと、冬が旬の黄ゆずに分かれます。ゆずの多くは高知県や徳島県などの日本で栽培されています。無農薬で育てることが簡単ですが、成熟に時間がかかるという特徴があります。ゆずは果実ごと鍋に入れて香りを楽しんだり、ゆずの皮を削って料理に加え、香りと彩りを添えたりして使われています。果肉や皮だけでなく、果汁を絞ってポン酢やシャーベットにすれば調味料やデザートにもなり、幅広く使える万能な食材です。ゆずはビタミンCが豊富で、その多くは皮に多く含まれているので、ぜひ香りの良い皮も料理に使ってくださいね。この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ゆずはミカン属の柑橘類の1つで、酸味が強いためそのまま果物として食べることはなくほとんどが皮や果汁を料理に使います。ゆずの皮をスープやサラダに入れたり、ゆずの果汁をドレッシングに使うなどさまざまな料理に使われます。独特の爽やかな香りが料理の味を引き立ててアクセントを加えます。ゆずの皮を使うと黄色の色合いがきれいで、料理に彩を加えます。ゆずの産地で知られているのが高知県・徳島県・愛媛県で、四国での栽培が盛んです。ゆずは冬が旬なので鍋物などのアクセントにもよく使われ、冬はゆず風呂も人気で冬至の日にゆず風呂に入ると風邪を引かないという言い伝えもあります。ゆずはビタミンCを豊富に含んでいるので、免疫力を高めて風邪を予防するためぜひ冬に摂りたい食材の1つです。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    さわやかな香りが特徴のゆずは、薬味や香りづけとして昔から日本人に親しまれてきました。青ゆずは夏、黄ゆずは晩春から冬にかけて旬を迎えます。ゆずにはビタミンCが豊富で、美肌効果や風邪予防、疲労回復に効果があります。整腸作用や、糖尿病、心筋梗塞の予防に役立つペクチン、殺菌効果やカルシウムの吸収をサポートするクエン酸も多く含まれています。ゆずのさわやかな香り成分であるリモネンには、のどの炎症や咳を緩和させる働きがあり、ゆずは体にやさしい健康食材です。ゆずの皮には栄養が多く含まれており、ジャムやゆずみそ、ゆず茶など、ゆずの皮を使ったレシピもたくさんあります。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ゆずはみかん科に属するかんきつ類で、独特の香りが料理のアクセントに使われます。香味と酸味が強いため、みかんのように生食には向いていませんが、少し料理にプラスすることで風味が変わるため重宝されます。ゆずは11月頃に旬を迎え、鍋料理や豆腐料理、魚料理などさまざまな料理に使われます。料理だけでなく果皮ごと薄く輪切りにして砂糖や蜂蜜に漬け込む柚子茶や、柚子胡椒など調味料としても使われるなどアレンジの効く食材です。ゆずには豊富なビタミンCが含まれ、特に皮の部分に多くのビタミンCが含まれているので、料理に使う際は果汁だけでなく皮ごと使うのがおすすめです。今回はゆずを使った焼くレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 栄養満点!香り豊かなゆずを使った人気レシピ特集

    晩秋から冬にかけて旬を迎えるゆず。まず、ゆず湯を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は食用としても万能。爽やかな香りは様々な料理と相性が良く、主役にも脇役にもなれる食材です。 また、様々な栄養が含まれているところも魅力の1つ。血流が良くなって体が温まり、免疫力を上げる効果もあるので風邪予防にもおすすめの食材です。 この記事では、ゆずの基礎知識に加え、ゆずの保存食、ゆずを使った料理のレシピ、ゆずを使ったスイーツ、ゆず酒を作りましょうにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社