キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ヨーグルトをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ヘルシーな食材の代表格の1つと言えばヨーグルトです。ヨーグルトは約7000年前から作られていた記録が残っている、歴史の長い食べ物です。世界各国にその土地特有のヨーグルトがあり、日本で普及したのは第二次大戦後になってからです。ヨーグルトはほどよい酸味とさっぱりとした味わいで、子供のおやつや離乳食にもよく使われます。そのまま食べるのはもちろん、飲むヨーグルトにしたりソースやドレッシング、お菓子など幅広く使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてヨーグルトのレシピを紹介しています。ヨーグルトを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのヨーグルトを使った人気レシピ10選

    牛乳などの原料に乳酸菌を加え、発酵させて作るヨーグルト。ヨーグルトには体に良い成分が豊富に含まれており、積極的に取りたい健康食材です。ヨーグルトにはマグネシウムやカルシウム、鉄などの吸収をサポートする乳糖、体を作るのに欠かせないたんぱく質が多く含まれていますが、これらは乳酸菌の力により、体に吸収されやすくなっています。また、骨や歯を丈夫にするカルシムやビタミン類も多く含みます。そのまま食べてもおいしいヨーグルトですが、料理のアクセントや隠し味としても最適。ぜひ、ヨーグルトを使って、いつもと一味違う味わいを楽しんでみてください。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使ったおすすめ定番料理10選!これだけマスターしておけばOK

    ヨーグルトは、牛乳などの乳に乳酸菌や酵母を合わせて発酵させた食品です。乳成分に含まれるタンパク質の一部を乳酸菌が分解するため消化吸収が良いのが特徴です。さらに、牛乳同様、カルシウムやビタミンも含まれているため栄養バランスも整っていますよ。そのまま食べるのはもちろん、ドレッシングやおかし作りにも便利なヨーグルトは、近年では切り干し大根などの乾物を戻すのにも使用されています。乾物をヨーグルトに一晩漬け込むことで食感良く戻り、水で戻すと失われてしまうビタミンやカリウムを無駄なく摂取できて食物繊維と乳酸菌を一緒に摂ることで栄養価がアップしますよ。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのヨーグルトを使った人気レシピ10選

    ヨーグルトは、ミルクを乳酸菌や酵母の働きによって発酵させた食材です。製法の違いによって大きく5つに分かれて、乳を乳酸菌で発酵させて砂糖などを加えないものを「プレーンヨーグルト」と呼びます。乳を発酵させて寒天やゼラチンで固めたものを「ハードヨーグルト」と呼び、砂糖や果汁、香料などを加えたものが一般的ですよ。ヨーグルトを滑らかになるまで撹拌したものを「ドリンクヨーグルト」と呼び、こちらにも砂糖や果汁、香料が加えられて飲みやすく仕上げられます。デザート感覚で楽しむフルーツヨーグルトは「ソフトヨーグルト」に分けられて小さな子供も食べやすいですよ。「フローズンヨーグルト」はアイスのように凍らせてさっぱりとした口当たりが特徴です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのヨーグルトを使った人気レシピ10選

    酸味と甘みの合わさるヨーグルト。朝ごはんのお供や、食後のデザートにする人も多くいるかと思います。そもそもヨーグルトとは何を定義に言うのかと言うと、乳酸桿菌のブルガリア菌と乳酸球菌のサーモフィラス菌の2種類で乳酸発酵しているものを言います。発酵しているので、腸内環境正常化してくれたり、体にとっては嬉しいことばかりです。そのまま食べるだけでなく、料理の隠し味や、下味をつけるときにも利用されますが、体に合うヨーグルトがあるのはご存知でしょうか。実は、どのヨーグルトも同じではなく、使っている菌が少しずつ変わってくるので、その人その人で合う菌が変わってくると言うのです。色々食べ比べるのも楽しみになりそうですよね。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    日本でヨーグルトは「発酵乳」として取り扱われており、牛・やぎ・羊などの乳が原料です。これらの乳をそのまま又は濃縮した後、乳酸菌によって発酵させた食品をヨーグルトと言います。ヨーグルトの語源は、トルコ語で「乳から作られた酸っぱい発酵液」という意味から来ており、ヨーグルトは製法により5種類に分けることができます。まず砂糖などを一切入れていない「プレーンヨーグルト」、寒天やゼラチンで固めた「ハードタイプ」、ヨーグルトを攪拌して作る「ドリンクタイプ」、デザート感覚で楽しめる「ソフトヨーグルト」、アイスのように凍らせた「フローズンヨーグルト」があります。料理の用途に合ったものを選び、乳酸菌が豊富なヨーグルトで腸活してみてはいかがでしょうか。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    お腹の調子を整える食品の代表格がヨーグルトです。朝ごはんの定番になっている方も多く、ほどよい酸味とさっぱりとした味わいが特徴です。甘みのないプレーンヨーグルトや、甘味や果物を加えたものなど種類も豊富なので飽きずに食べられるのもいいですね。ヨーグルトは乳に乳酸菌を混ぜて発酵させて作る発酵食品で、そのまま食べる以外にもお菓子やパンに混ぜたり、スムージーにするなど幅広い料理に使える便利な食材です。肉をヨーグルトに漬けて焼いたり、水切りヨーグルトを使ってソースに使うなどアイディア次第で色々と楽しめるのも魅力です。ヨーグルトにはたんぱく質・カルシウム・脂肪・ビタミン類などの栄養素がバランスよく含まれ、手軽な価格なので毎日摂りたい食材です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    牛乳や脱脂粉乳などの原料を乳酸菌で発酵させたヨーグルトは、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンなどを豊富に含む万能食材です。乳酸菌の持つ乳糖分解酵素が腸で働き、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう方にもおすすめですよ。ダイエット中では脂質やカロリーを気にする方も多いと思いますが、ヨーグルトは低カロリーな上、含まれる脂質は、脂肪球の構造が小さく消化吸収が良いため、美と健康を気にする全てに方におすすめです。タンパク質の吸収も良いヨーグルトは少量でもエネルギーを蓄える働きを持つため、消化吸収能力の弱い幼児や高齢者、病み上がり時やストレスが溜まっている時にもぴったりですよ。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    牛乳を発酵させて作られている、ヨーグルト。滑らかな味わいとほのかな酸味がバランスよく、多くの人々に愛されている食材ですよね。ヨーグルトに含まれるおもな栄養素は、たんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミンA、B群、D、Eなどで、牛乳と基本的にかわりません。ただ、ビタミンB2やカルシウムなどについては、発酵することによって牛乳よりも多く含まれています。そして、ヨーグルトは乳酸菌の働きによって、消化吸収率が非常に高いのが特徴です。そのまま食べるのももちろん美味しいですが、お肉を柔らかくするためにつかったり、料理のソースとして使われることもあるため、とても便利な食材です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ヨーグルトには牛乳の良質なたんぱく質やカルシウム、ビタミンなどの豊富な栄養素がバランスよく含まれています。乳酸菌の働きによる整腸作用はもちろんのこと、たんぱく質やカルシウムが牛乳に比べて消化吸収されやすくなっているのも特徴です。乳酸菌は腸内のバリア機能を強くして免疫力を高める働きもあり、感染症予防や老化予防にも期待されています。ヨーグルトはそのまま食べる以外にもデザートやケーキ作りに使うと、ヨーグルトの風味がさわやかなヘルシースイーツができるんです。焼き菓子にすると加熱で乳酸菌が死んでしまいますが、残った菌体が食物繊維のような働きをしてくれるので腸をきれいにしてくれますよ。子供から大人まで、健康維持に最適なヨーグルトをぜひ活用しましょう。この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    ヨーグルトは乳に乳酸菌や酵母を加えて作る発酵食品です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸の善玉菌のことです。乳酸菌にもさまざまな種類があり、商品によって効果が変わります。自分の体の悩みに合った乳酸菌を見つけてくださいね。ヨーグルトの上に出てくる水分は乳清と言います。栄養価が高いので、捨てずに一緒に食べるようにしてください。ヨーグルトは砂糖で甘味を加えてデザートにしたり、飲み物や、料理のソースなど、幅広く利用されています。価格も手ごろで手に入れやすく、味や種類も豊富なので、飽きることなく継続して食事に取り入れられますね。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ヨーグルトは約7000年前から作られている歴史の長い食べ物で、乳に乳酸菌を混ぜて発酵させて作る発酵食品です。ヘルシーな食品の代表格で、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は消化を促進し便秘を解消する働きがあります。そのまま気軽に食べることができ、朝食の定番食品にもなっています。砂糖を使用しないプレーンヨーグルトや果物や砂糖を使って味付けしたもの、飲むヨーグルトなど種類も豊富に揃っています。そのまま食べる以外にもスムージーに入れたり、お菓子の材料に使ったりアレンジが効きやすいのも魅力です。ヨーグルトには毛髪・血液・皮膚などを作るのに欠かせないたんぱく質、歯や骨を形成するのに必要なカルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミン類、脂肪などが含まれています。気軽に食べられて栄養価も高いので、ぜひ毎日食べたい食品です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ほのかな酸味と、柔らかな舌触りが特徴的なヨーグルト。そのまま食べることはもちろん、フルーツなどトッピングをしたり、ソースとしての材料となったり、はたまたお肉を漬けて柔らかくするためなど、様々な場面で活躍してくれていますよね。ヨーグルトとは、発酵乳の一種で、乳と乳酸菌や酵母で発酵させたものを指します。現在ではヨーグルトといっても味のついていないプレーンヨーグルトや固めに仕上げたハードヨーグルト。手軽に補給できるようにのむヨーグルトなど、私たちの生活や、好みに合わせて色々な種類が販売されています。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    発酵食品は体に良いと言われますが、ヨーグルトもその1つです。ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、腸内環境を整えて便秘の解消にも役立ちます。ほかにも、たんぱく質や脂質、ビタミンなども含まれています。ヨーグルトに含まれるたんぱく質は乳酸菌によってペプチドやアミノ酸に分解されているため、体内に吸収しやすい状態になっているのが特徴です。血圧を下げたり体力を回復したりするのに役立つため疲れた時にもおすすめ。脂質に関してはお肉や油が代表的な食品ですが、ヨーグルトに含まれる脂質は脂肪球が小さい構造のため、消化吸収が良いとされています。ビタミンB2やビタミンAなども含まれていて、脂質代謝を促進したり皮膚や粘膜を健康に保ったりする働きもあります。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    なめらかな舌触りとほのかな酸味が特徴のヨーグルト。甘みをつけてデザート感覚で食べることもありますが、調理の際に使用することもできます。そもそも、ヨーグルトとはケフィアというものが発酵したものです。乳酸菌を豊富に含んでおり、腸内環境を整える効果があるため、ぜひ積極的に摂取したい食材です。そんなヨーグルトですが、種類によって含まれている乳酸菌の量も違います。使用されている菌も効果も異なるため気になる方はぜひご自身で調べてみてくださいね。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    ヨーグルトはジャムと混ぜればデザートになりますが、お肉と組み合わせておかずとしても食べられます。ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、この成分がお肉の繊維をやわらかくしてくれます。そのため、お肉にヨーグルトを漬け込んでおけば、安いお肉でもやわらかな食感が楽しめますよ。節約おかずを作りたい時にもおすすめです。また、ヨーグルトに塩やにんにく、香辛料などを混ぜると野菜やお肉に合うクリーミーなソースが作れます。また、ゆで卵と玉ねぎをみじん切りにしてヨーグルトと合わせ、塩などで味付けすればタルタルソースにもなります。健康食品であるヨーグルトをデザートだけでなく、おかずにもぜひ活用してみましょう。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    健康食品の一つ、ヨーグルト。ヨーグルトにはたんぱく質や脂質、炭水化物やビタミン、カルシウムなどさまざまな栄養が含まれています。ヨーグルトに含まれているタンパク質は、乳酸菌によりペプチドやアミノ酸に分解されており、体内に吸収されやすい成分です。さらにエネルギーの源になる脂質やカルシウムやマグネシウムの吸収を助ける乳糖も、ヨーグルトでは消化されやすい状態になっており、消化吸収能力が弱い幼児や高齢者、体調不良の時にはおすすめの食材です。豊富に含まれているカルシウムは、ヨーグルトに含まれるたんぱく質と結合しやすく吸収率が上がります。低カロリーなヨーグルトは、効率よく栄養を摂取できる万能食材です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ヘルシーな食材として人気のヨーグルトは、朝食やおやつによく食べられます。ヨーグルトは発酵食品の代表的存在で、乳に乳酸菌を混ぜて発酵させて作ります。約7000年前から作られている歴史の長い食べ物ですが、日本で食べられるようになったのは太平洋戦争後になってからです。そのまま食べるだけでなく、ドレッシングやお菓子類、飲み物にも使うことができ色々とアレンジを楽しめるのも魅力です。手軽に食べられるので子供のおやつや離乳食にも使われ、栄養価が高いのも魅力です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、消化を促進し便通を整える効果があります。その他にもたんぱく質・カルシウム・脂肪・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2などがバランスよく含まれています。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    牛乳や脱脂粉乳などの乳製品を乳酸菌で発酵させたヨーグルト。乳製品ならではのまろやかでクリーミーな味わいと乳酸菌の働きによる、爽やかな酸味が特徴的です。そんなヨーグルトは良質なタンパク質が豊富に含まれているだけではなく、その一部が乳酸菌によって体に吸収しやすいペプチドに分解されているため、効率よく消化吸収できるのがうれしいポイントです。また、丈夫な骨を保ってくれるカルシウムがヨーグルトの中では乳酸と結びついて体に吸収しやすい形になっているため、積極的に取り入れたい食材です。栄養満点なヨーグルトを食べて、健康的な毎日を手に入れましょう。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    健康に良い食品としておなじみのヨーグルト。タンパク質やカルシウムなどのミネラル、ビタミンAやビタミンB群も含み、普段の食事で不足しがちな栄養を補うのに最適です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで便秘解消はもちろん、免疫力を高めたり美肌効果や生活習慣病の予防にも役立ちます。ヨーグルトはお菓子作りだけではなく様々な料理にも活用できるんです。肉をヨーグルトに漬け込むことでやわらかくなるほか、肉料理に使うとヨーグルトのさわやかな酸味でさっぱりと食べられます。サラダのドレッシングに加えるとまろやかなコクをプラスして風味もよくしてくれますよ。料理にも取り入れながら継続することで健康的な美腸づくりにお役立てください。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    牛乳は「完全栄養食品」と呼ばれ、栄養バランスが優れています。その牛乳を原料としたヨーグルトは、牛乳の栄養素がそのまま引き継がれます。さらに発酵という過程が加わることで、人間に吸収されやすくなり、多く含まれる乳酸菌のはたらきもアップしますよ。整腸作用や美白効果があり、女性は特に日常的に食べておきたい食品です。そのまま食べてもおいしいですが、形を変えて料理に活用できます。肉にヨーグルトを漬けると、乳酸菌のはたらきで肉がやわらかくなります。普段の料理にヨーグルトを使ったひと手間を加えてみましょう。また、ヨーグルトを使ったソースや生地に練りこんだお菓子など、バリエーションの豊かなレシピがたくさんあります。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ヨーグルトは栄養価が高く低カロリーですので幅広い年齢層の方々に人気です。冷蔵庫に必ず常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。調理する際は増粘多糖類やアセスルファムK、スクラロース等の甘味料が入っていないプレーンタイプのものを使います。隠し味として使うことができるヨーグルトですが、ケーキ等に入れるとしっとりとした食感に仕上げることができます。また、お肉にヨーグルトを漬けると柔らかくなりますのでお試しください。そのまま食べても美味しいヨーグルトですが、いろいろな料理に活用できますよ。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    健康的な食材として人気のヨーグルト。価格も比較的安いので、日常的に取り入れられる健康食品です。ヨーグルトは乳に乳酸菌を混ぜて発酵させて作る発酵食品で、世界各地にその地域特有のヨーグルトが存在します。ヨーグルトの歴史は長く、約7000年前から作られていた記録が残っています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、消化を促進し便通を整える効果があり便秘解消に役立ちます。その他にもタンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれていて、お子さまのおやつにもおすすめです。ヨーグルトはそのまま食べる以外にも、お菓子や料理、ドレッシングなどさまざまな料理に使える便利な食材です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ヘルシーな食材としてよく挙げられるヨーグルト。手軽に食べることができ、朝食やおやつによく食べられています。ヨーグルトは乳に乳酸菌を混ぜて発酵させて作る発酵食品で、約7000年前から作られている歴史の長い食べ物です。世界各地にその地域特有のヨーグルトがありますが、日本でヨーグルトが一般に普及したのは太平洋戦争後になってからです。ヨーグルトはタンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2など、人間の体に必要な栄養素が豊富に含まれています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、消化を促進し便通を整える効果があります。そのまま食べるのはもちろん、お菓子やソースなどにも使えて色々とアレンジが効くのも魅力です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    朝食やおやつとして身近なヨーグルト。買い置きしていたら期限間近、なんて事も多いのではないでしょうか。ヨーグルトはお腹に良いと言うイメージが強いですが、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、カルシウムなどのミネラルなど、栄養バランスもバッチリ。栄養たっぷりのヨーグルト、余らせたままではもったいないですよね。そんな時は、煮る調理法で料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。ヨーグルトといえば乳酸菌ですが、煮る時の熱で死滅して、効果がないのでは、と心配になるかもしれません。ですがご安心を。死んだ乳酸菌にも、腸の善玉菌のエサになり、腸内環境を整える作用があるんです。ヨーグルトは毎日摂り続ける事で効果が得られるので、煮るレシピも活用しながら楽しく続けたいですね。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社