キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ヨーグルトをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ヘルシーな食材の代表格の1つと言えばヨーグルトです。ヨーグルトは約7000年前から作られていた記録が残っている、歴史の長い食べ物です。世界各国にその土地特有のヨーグルトがあり、日本で普及したのは第二次大戦後になってからです。ヨーグルトはほどよい酸味とさっぱりとした味わいで、子供のおやつや離乳食にもよく使われます。そのまま食べるのはもちろん、飲むヨーグルトにしたりソースやドレッシング、お菓子など幅広く使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてヨーグルトのレシピを紹介しています。ヨーグルトを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ヨーグルトの効能

ヨーグルトは乳酸菌が豊富に含まれ、腸内環境を整えて便秘の解消に効果を発揮します。たんぱく質も豊富で、髪の毛・爪・皮膚・臓器を作るのに必要な栄養素です。その他にも体を動かすもととなる脂質、歯や骨の形成に欠かせないカルシウム、ブドウ糖の原料になる炭水化物、皮膚や髪の細胞の再生に働きかけるビタミンB2などが含まれています。ヨーグルトは美肌効果やアトピー性皮膚炎の緩和、花粉症の予防や改善など、さまざまな効能を持っています。

ヨーグルトの原材料

ヨーグルトには生乳・牛乳・乳製品の3つの原材料があり、原材料によってタイプが異なります。生乳を使ったヨーグルトは生乳100%のヨーグルトで、加熱や加圧をしていので成分を損なわず栄養分がとても豊富です。生乳を殺菌したものが牛乳で、牛乳を使ったヨーグルトは殺菌や加圧がされています。乳製品は粉乳・濃縮乳・脱脂粉乳・クリームなどが使われています。

ヨーグルトの製造方法

! /image/〇〇
プレーンヨーグルトは生乳や乳製品などの原材料を混ぜ合わせ、高圧で脂肪球を細かく砕きます。加熱殺菌した後発酵温度近くまで冷やし、乳酸菌を入れてよく混ぜ合わせます。雑菌が入らないよう充てんし蓋をして、金属検査と重量測定を行い賞味期限を印刷したあと発酵させます。保存するのに適した温度に再度冷却して、もう一度検査して出荷します。

ヨーグルトの保存方法

ヨーグルトは温度が高いと乳酸菌が活発になって酸っぱくなるため、保存温度の低いほうが新鮮な味を保つことができ10℃以下で保存します。ヨーグルトに振動を加えると水分が出るため、ドアの部分や振動が伝わりやすい位置には置かないようにしましょう。ヨーグルトは冷凍保存が可能で、プレーンヨーグルトの場合は解凍後分離しやすくなるため、砂糖やジャムを加えて冷凍します。タッパーにヨーグルトを入れて、砂糖やジャム、はちみつなどを加えて混ぜて冷凍します。

ヨーグルトの賞味期限

ヨーグルトは発酵食品なので腐敗が進みにくく、賞味期限が切れていてもすぐに腐ってしまうことはありません。未開封のものであれは賞味期限が切れていても食べられます。開封した後は2~3日で食べてしまいましょう。賞味期限が切れた後のものは、異臭がしないかカビが生えていないかを必ずチェックしてから食べましょう。ヨーグルトを冷凍保存すると、2~4週間は冷凍保存できます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ヨーグルトの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ヨーグルトの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ヨーグルトの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ヨーグルトの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ヨーグルトの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ヨーグルトをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社