キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ぶりをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ぶりはスズキ目アジ科の大型の海水魚で、ぶり・ひらまさ・かんぱちはぶり御三家と呼ばれています。ぶりは成長すると呼び名が変わる出世魚としても知られて、地方によっても呼び方が異なります。出世魚であることから、縁起のいい食材としてお正月のお節料理にも使われます。脂ののったぶりは照り焼き・お吸い物・揚げ物などに使われ、醤油・味噌・みりんなどの和食の調味料とよく合います。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてぶりのレシピを紹介しています。ぶりを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのぶりを使った人気レシピ10選

    ぶりは成長と共に名前が変わり、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ぶりといった順番に呼び名が変化します。地域によって呼び名が違ったり、約10㎝ごとに呼び名が変わるなど地域によって異なります。成長することによって名前が変わるため、出世魚としてお節料理にも使われます。脂がのって身が締まったぶりは味もよく、魚が苦手な方にも食べやすくなっています。ぶりに含まれる脂は不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAで、体にいい栄養素を含んでいます。DHAは脳を活性化させる働きがあるとされ、EPAは血液をサラサラにしてアレルギーの緩和にも効果があるとされています。食べ応えがある魚料理を作りたい時におすすめの魚で、煮物・焼き物・汁物・和え物など幅広い料理に活躍します。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれを見よう

    ぶりは食べ応えがあり、脂肪やアミノ酸が含まれているのでうま味がたっぷりとあります。ぶりはDHAやEPAを豊富に含んでいるので、頭の働きを良くする働きや、生活習慣病を予防する作用があるとされています。他にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンDなどの栄養素が含まれています。ぶりは天然と養殖のものがあり前者の方がビタミンが豊富に含まれています。刺身、煮つけ、焼き物などの定番料理の他にアレンジレシピが多数紹介されているので参考にしてください。毎日のご飯のおかずやお弁当のおかずにもぴったりの食材なのでおすすめです。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのぶりを使った人気レシピ10選

    冬の味覚として有名なぶり。アジ科ブリ属に分類される海水魚で、長崎、石川、島根、鳥取などで漁獲されています。ぶりは成長すると呼び名が変わる出世魚で、縁起が良いとされているのも特徴です。地域によって呼び方はいろいろですが、関東ではわかし、いなだ、わらさ、ぶりというように、サイズによって呼び名が変わります。ぶりの主な栄養素は、DHAやEPA、ビタミン類、カルシウムなど。DHAやEPAは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるとされています。糖尿病や動脈硬化、生活習慣病などの予防にも効果的です。エネルギー代謝に有効なビタミンB1、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなども含まれています。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのぶりを使った人気レシピ10選

    ぶりは秋冬が旬の魚で老若男女問わず人気がある魚です。不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれているので、脳の働きを良くする効果があります。新鮮なぶりは身の部分がピンク色をしていて、血合いの部分は鮮やかな色をしています。身が割れているものやドリップが出ているものは鮮度が落ちているので避けます。ぶりは新鮮なものは刺身で食べることができ、揚げ物や焼き物にも使われています。昼ごはんにぴったりのサンドイッチや、簡単に作ることができるどんぶりメニューなどレシピが多く紹介されているのでぜひ参考にしてみてください。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    産卵前の12月〜2月に最も脂がのって、とろけるような食感のぶり。ぶりの脂には不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)を豊富に含み、血中コレステロールを下げて生活習慣病対策や、脳細胞を活性化させる効果が期待されます。他にも、糖質の代謝を促すビタミンB群、カルシウムの吸収を促すビタミンD、肝臓の働きを助けるタウリン、貧血予防には欠かせない鉄分などバランスよく含むため、子供から大人まで積極的に取り入れたいですね。特に血合いの部分には身の3倍ものタウリンや鉄分が含まれるため、血合いが最も多く含まれるアラの部分もおすすめですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    脂がのった魚と言えばぶりで、12月~1月が旬でお節料理の食材の定番になっています。ぶりは成長するにつれて呼び名が変わるため、出世魚として縁起物の食材になっています。身が締まって脂がのっているため、シンプルに焼くだけでもおいしく食べられます。煮物・揚げ物・炒め物・スープなどによく使われ、特にスープやお雑煮に入れるとぶりの出汁がでておいしく仕上がります。ぶりは脂身が豊富ですが、この脂は不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAです。EPAは善玉コレステロールを減らしたりアレルギーを緩和する効果があり、DHAには脳の活性化に効果を発揮しアルツハイマーの予防に効果があるとされています。その他にもビタミンDや動脈硬化を予防する働きのあるタウリンなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ブリは師走の時期に脂が乗っておいしいことから「鰤」という漢字が当てられた、冬が旬の魚です。旬のブリは、身がふっくらとしていて皮目が脂でプルプルで美味しいですよね。鍋や、煮つけ、竜田揚げなどの和食で多く利用されています。こちらの記事では定番のブリの照り焼きのレシピから、少し変わった韓国風の味付けのレシピまで、幅広くご紹介しています。どれもご飯に合うがっつり系のメニューなので、晩御飯のメインのおかずとして使えますよ。ブリはEPAやDHAなどの栄養素が豊富で、脳の機能を高めたり、血液をサラサラにしてくれる効果があります。体に良いブリをぜひ毎日の献立に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    12月から2月ごろにかけて旬を迎えるぶり。この時期に漁獲されるものは寒ぶりとも呼ばれ、脂が乗っているのが特徴です。ぶりは青魚と呼ばれる種類で、栄養価が高いのがポイント。カルシウムの吸収を助けるビタミンDや乳酸を分解してエネルギーに変換するビタミンB1などが豊富に含まれています。ぶりを生で食べる場合は買った当日に食べきるのが一番ですが、食べきれない場合は遅くても翌日中に食べきるようにしましょう。ぶりにかかわらず、生魚や生肉は時間がたつとドリップという水分が出てきて旨味が出てしまいます。食品にドリップがついたまま保存すると臭みが出るため、保存する際はペーパーで拭き取ることをおすすめします。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    冬から春にかけて旬を迎えるぶりは、脂がたっぷりとのった味わい深い魚です。魚へんに「師」と表記するのは、旧暦師走に美味であることからとも言われています。大きさによって名前の変わる出世魚で、養殖も盛んに行われています。養殖魚は安定した品質を保ち脂ものっていますが、幼魚から成魚にかけて味が変わり、また季節によっても味の変わる天然のものもぜひ楽しんでいただきたいですね。店頭ではほとんどが切り身や刺身の状態で販売されていますが、血合いが鮮やかに赤いものを選びましょう。脂は身の中に混ざっていて白く濁っています。身は赤いものより白いものの方が脂ののりが良い証拠ですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ぶりは成長すると呼び名が変わる出世魚としても知られており、縁起のいい魚としてお正月のお節料理にも使われます。ぶり・ひらまさ・かんぱちはぶり御三家と呼ばれていて、醤油・味噌・みりんなどの和食の調味料とよく合います。ぶりは脂がよくのっているため、照り焼きやお吸い物によく合い、ぶりの切り身をお雑煮に入れる地域もあります。鯖やあじなどに比べると子供にも食べやすく、脂がのって食べ応えがあるのでご飯にもよく合います。ぶりは栄養素も豊富で、良質なたんぱく質を含み臓器・皮膚・血液・毛髪などを作るのに欠かせない必須栄養素の1つです。骨の形成を促す働きのあるビタミンD、疲労回復に効果があるビタミンB1、脂質の代謝を助ける働きがあるビタミンB2、脳を活性化させる働きがあるDHA、癌の予防にも効果があるEPAが含まれています。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ぶりは成長するにつれて呼び名の変わる出世魚の代表格です。地方によってもその呼び名が違いますが、関東では、ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと呼ばれます。関西では、ツバス→ハマチ→メジロ→ブリの順に名前が変わり、ハマチとはもともと関西地方のイナダの呼び方ですが、一般的に養殖のものをハマチと呼ばれています。ブリの旨味は脂肪とアミノ酸によるもので、魚の脂肪には頭の働きを良くするDHAや、生活習慣病予防に効果的なEPAが豊富に含まれます。ビタミン類も豊富に含み、天然物の方が養殖ものよりも豊富に含むため、旬のものが手に入ったらぜひ料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ブリを使った料理といえばブリ大根や、刺身、ブリしゃぶなどが一般的ですよね。ブリは冬が旬でこの時期のブリを「寒ブリ」と呼びます。脂がのったブリがスーパーに多く並びますよね。出世魚として縁起が良く、東日本ではおせち料理にも使われています。富山県から関西地方では「年取り魚」という年末年始にブリを食べる文化があります。他にも、福岡県では雑煮の具にブリを入れたり、旬のブリを味わう料理が日本全国にたくさんあります。ブリは身だけでなく、カマも汁物や塩焼きにして美味しく食べられています。ウロコをとったり、血合いを掃除したりするのは少し大変ですが、カマは安く手に入る部位なのでぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    「寒ブリ」と呼ばれるように、ぶりの旬は12~2月の寒い時期で、身に脂がのって大変おいしくなります。天然のぶりは切り身がピンク色をしており、養殖のぶりは白っぽい色をしています。新鮮なぶりは、身に透明感があり、血合いの色が鮮やかな赤い色をしているので、ぶりを選ぶ際は注意して買うようにしましょう。ぶりの脂質には、DHAやEPAが含まれ、脳の働きを活発にしたり、動脈硬化を予防する効果が期待されます。また、ぶりにはビタミンDが豊富に含まれており、カルシウムの吸収を促進し、丈夫な骨を作るはたらきがあるため、成長期の子どもや骨粗しょう症の多い女性は積極的に食べたい食材です。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ぶりと言えば寒ブリが有名ですが、冬以外でもスーパーでは手に入りますよね。さっぱりとした味わいなので、しゃぶしゃぶや煮付け、照り焼きなど、さまざまなおかずレシピが考案されています。また、新鮮なぶりはお刺身としても食べられるため、好みに合わせたおかずにできるのがポイント。淡白な味で魚独特の臭みは味付けや料理の種類によって軽減できるため、魚が苦手な人でも食べやすいのではないでしょうか。現代では魚を食卓に取り入れる家庭が少なくなってきたと言われています。魚にはDHAやEPAが含まれていて、ぶりもその栄養素を豊富に含む食材の1つです。子供の成長や家族の健康のためにも、積極的におかずに取り入れたいですよね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ぶりは一年を通して売られている魚ですが特においしい時期は冬です。この時期のぶりは「寒ぶり」と呼ばれていてたっぷりと脂がのっているので人気があります。また、ぶりは非常に栄養価が高い魚で人間に必要な栄養素を摂取することができます。特にDHAやEPAを豊富に含んでいるので生活習慣病予防などに効果があります。また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや疲労回復効果があるビタミンB1、過酸化物質を抑制する働きがあるビタミンB2を含んでいます。ぶりは刺身で食べることもできますし、レンジで簡単に調理をすることができる食材なのでぜひ活用してください。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ぶりは冬の時期に脂が乗っておいしくなるため、冬魚の定番として親しまれていますよね。成長するにつれて呼び名が変わるため、出世魚としても人気があります。ぶりは、煮物や鍋物、焼き物など、さまざまなレシピがありますが、生のままお刺身としても食べられる万能な食材です。淡白な味わいなので、さまざまなソースやタレで味付けできるのも特徴の1つです。ソースやタレを使うなら、あえるレシピがおすすめ。爽やかなソースを生のぶりに絡めれば、簡単にカルパッチョが作れます。また、焼いたり揚げたりしたぶりを濃厚なソースに和えてボリュームのあるおかずに仕上げるのも良いでしょう。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    出世魚として縁起の良い魚でもある「ぶり」。養殖も盛んな上、1年中楽しめる魚ですが真冬にとれる寒ブリは脂がのって身が締まり、一番おいしくなります。良質なタンパク質や必須脂肪酸のEPAとDHAを豊富に含み、脳の働きを活性化したり血液をサラサラにして脂質異常症や動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。骨の発育に欠かせないビタミンDも多く骨粗鬆症の予防にも効果的です。また、ぶりは栄養素の代謝に関わるビタミンB群が豊富で、疲労回復や皮膚や粘膜の健康維持、免疫力の強化、体の成長を助けるなど様々な働きを持っています。育ち盛りの子供から大人まで家族の健康維持に役立つ食材です。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    ぶりはスズキ目アジ科ブリ属で冬に旬を迎える魚です。師走に美味しい魚という理由から鰤(ぶり)と書くようになった言われています。日本各地の沿岸で北上と南下を繰り返しながら成長しており、40センチ~60センチくらいまで大きくなります。ぶりには良質なたんぱく質や脂質をはじめ、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を含んでいます。抗酸化作用の強いビタミンEも多いため、血液循環を良くし、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれるので高血圧や動脈硬化の予防が期待できます。そんなぶりですが、あらまで美味しく食べられる利用価値の高い魚で、刺身はもちろん、塩焼き、照り焼き、煮物など、数多くの料理に使用されています。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    成長するたびに呼び名が変わる出世魚の「ぶり」。旬は12月から2月の冬の時期で、この時期のぶりは「寒ぶり」と呼ばれ、脂がたっぷりと乗っていて、とても人気です。ぶりは養殖が盛んで、出荷量の6割以上を占めています。ぶりには多くの栄養素が含まれ、良質なたんぱく質や脂質をはじめ、ビタミンやミネラルもたっぷり。コレステロールの代謝促進に効果があるビタミンB群や、動脈硬化や高血圧を予防するビタミンE、カルシウムの吸収を促進するビタミンDなど、体に良い効能がたくさん得られます。ぶりといえば、お刺身やぶり大根、照り焼きなどさまざまな食べ方がありますが、和食だけでなく中華や洋食にも合わせられるのでレシピも豊富です。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ8選

    まぐろ・鮭・さばなどと並んで、よく食べられる魚「ぶり」。スズキ目アジ科に分類され、身がしまって脂ののった食べ応えのある魚です。ぶりの旬は12~1月で、成長するにつれて呼び名が変わるため出世魚としてお節料理にも使われます。ぶりは脂がのっているので食べすぎはよくないのでは?と思いがちですが、ぶりに含まれる脂は不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAです。DHAはアルツハイマーの予防に役立つと言われていて、EPAは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。その他にも骨粗鬆症の予防に効果のあるビタミンDや動脈硬化を予防する働きのあるタウリンなどが含まれています。体にいい栄養素が豊富に含まれているので、脂がのっている時期にしっかりと旬のぶりを楽しみましょう。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    立派に太ったぶりは、冬の味覚を代表する魚のひとつです。成長過程で呼び名が変わることから、縁起の良い出世魚としても有名。ぶりは体長80センチ以上に成長したものを指し、その名の由来は「脂が訛ったもの」や「身がぶりぶりとしているから」など諸説あります。良質な魚介タンパク質やDHA・EPAといった不飽和脂肪酸はもちろん、骨の健康を助けるビタミンD・疲労回復効果のあるビタミンB1・脂質の代謝を助けるビタミンB2などにも富んでいるぶり。アルコールの分解を助けるナイアシンという成分も豊富です。育ち盛りの子どもから不摂生の気になる大人まで、家族みんなの健康に嬉しい栄養素がたっぷりですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ぶりは10月から12月が旬の魚です。ぶりは不飽和脂肪酸であるDHA、EPAを豊富に含んでいます。DHA,EPAは脳の働きを良くする働きがあります。新鮮なぶりはピンク色で身に透明感があります。血合いの部分は鮮やかなものを選ぶと良いでしょう。身が割れているものは鮮度が落ちていますので避けるのが無難です。洗うと鮮度が落ちてしまいますのでそのまま調理をするのがおすすめです。ぶりは新鮮なものは刺身で食べることができます。他に煮物やフライなども人気があります。酒蒸しやホイル蒸しといった蒸すレシピもおすすめですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    刺身、照り焼き、ぶり大根など、そのままでも焼いても煮ても美味しいぶりは私たちの食卓に馴染み深い魚です。出世魚としても代表的なぶりは地方によってイナダ・ハマチ・ツバスなど様々な呼び名があることも特徴的です。良質なタンパク質と脂質をはじめ、EPA、DHAを豊富に含み、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病予防に効果が期待されます。ビタミン、鉄分、カルシウムの栄養素の他に、洗い流してしまいがちな血合いには、肝機能の改善に効果が期待されるタウリンも多く含まれます。頭やあらにはコラーゲンが多く含まれるので、ぶりには無駄な部分はなく全て食べられますよ。料理に合わせた部位を選んでみてくださいね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    冬になると特に脂がのったぶりが店頭に並びますね。この脂には不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAが豊富に含まれ、脳の情報伝達をスムーズにする働きを持っているため、記憶力向上やアルツハイマーの予防に効果が期待されます。中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きもあるので、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病予防にも効果があります。他にも骨粗鬆症予防のビタミンD、動脈硬化予防のタウリン、貧血対策の鉄分も含まれるため家族みんなで積極的に摂りたいですね。焼いても煮てもお刺身でも美味しいぶりを様々な料理にアレンジして、旬の時に美味しくいただきたいですね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりの人気レシピ20選:人気レシピを調理法別に紹介!

    冬に旬を迎えるぶり。 「鰤」という漢字は、師走の時期に脂がのって美味しくなる魚であることが由来とされるほど。 脂がのったぶりは、脂から旨味が出てくるので色々な料理に重宝します。ぶりの煮付けはもちろん、刺身、ソテーなど調理法を選びません。 この記事では、ぶりの基礎知識に加えて、ぶりの栄養素、ぶりの調理法、焼き物レシピ、炒め物レシピ、揚げ物レシピ、お刺身レシピ、煮物レシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社