キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ぶりの記事一覧

キッチンブックの「ぶり」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    成長するたびに呼び名が変わる出世魚の「ぶり」。旬は12月から2月の冬の時期で、この時期のぶりは「寒ぶり」と呼ばれ、脂がたっぷりと乗っていて、とても人気です。ぶりは養殖が盛んで、出荷量の6割以上を占めています。ぶりには多くの栄養素が含まれ、良質なたんぱく質や脂質をはじめ、ビタミンやミネラルもたっぷり。コレステロールの代謝促進に効果があるビタミンB群や、動脈硬化や高血圧を予防するビタミンE、カルシウムの吸収を促進するビタミンDなど、体に良い効能がたくさん得られます。ぶりといえば、お刺身やぶり大根、照り焼きなどさまざまな食べ方がありますが、和食だけでなく中華や洋食にも合わせられるのでレシピも豊富です。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ8選

    まぐろ・鮭・さばなどと並んで、よく食べられる魚「ぶり」。スズキ目アジ科に分類され、身がしまって脂ののった食べ応えのある魚です。ぶりの旬は12~1月で、成長するにつれて呼び名が変わるため出世魚としてお節料理にも使われます。ぶりは脂がのっているので食べすぎはよくないのでは?と思いがちですが、ぶりに含まれる脂は不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAです。DHAはアルツハイマーの予防に役立つと言われていて、EPAは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。その他にも骨粗鬆症の予防に効果のあるビタミンDや動脈硬化を予防する働きのあるタウリンなどが含まれています。体にいい栄養素が豊富に含まれているので、脂がのっている時期にしっかりと旬のぶりを楽しみましょう。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    立派に太ったぶりは、冬の味覚を代表する魚のひとつです。成長過程で呼び名が変わることから、縁起の良い出世魚としても有名。ぶりは体長80センチ以上に成長したものを指し、その名の由来は「脂が訛ったもの」や「身がぶりぶりとしているから」など諸説あります。良質な魚介タンパク質やDHA・EPAといった不飽和脂肪酸はもちろん、骨の健康を助けるビタミンD・疲労回復効果のあるビタミンB1・脂質の代謝を助けるビタミンB2などにも富んでいるぶり。アルコールの分解を助けるナイアシンという成分も豊富です。育ち盛りの子どもから不摂生の気になる大人まで、家族みんなの健康に嬉しい栄養素がたっぷりですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ぶりは10月から12月が旬の魚です。ぶりは不飽和脂肪酸であるDHA、EPAを豊富に含んでいます。DHA,EPAは脳の働きを良くする働きがあります。新鮮なぶりはピンク色で身に透明感があります。血合いの部分は鮮やかなものを選ぶと良いでしょう。身が割れているものは鮮度が落ちていますので避けるのが無難です。洗うと鮮度が落ちてしまいますのでそのまま調理をするのがおすすめです。ぶりは新鮮なものは刺身で食べることができます。他に煮物やフライなども人気があります。酒蒸しやホイル蒸しといった蒸すレシピもおすすめですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    刺身、照り焼き、ぶり大根など、そのままでも焼いても煮ても美味しいぶりは私たちの食卓に馴染み深い魚です。出世魚としても代表的なぶりは地方によってイナダ・ハマチ・ツバスなど様々な呼び名があることも特徴的です。良質なタンパク質と脂質をはじめ、EPA、DHAを豊富に含み、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病予防に効果が期待されます。ビタミン、鉄分、カルシウムの栄養素の他に、洗い流してしまいがちな血合いには、肝機能の改善に効果が期待されるタウリンも多く含まれます。頭やあらにはコラーゲンが多く含まれるので、ぶりには無駄な部分はなく全て食べられますよ。料理に合わせた部位を選んでみてくださいね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    冬になると特に脂がのったぶりが店頭に並びますね。この脂には不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAが豊富に含まれ、脳の情報伝達をスムーズにする働きを持っているため、記憶力向上やアルツハイマーの予防に効果が期待されます。中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きもあるので、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病予防にも効果があります。他にも骨粗鬆症予防のビタミンD、動脈硬化予防のタウリン、貧血対策の鉄分も含まれるため家族みんなで積極的に摂りたいですね。焼いても煮てもお刺身でも美味しいぶりを様々な料理にアレンジして、旬の時に美味しくいただきたいですね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりの人気レシピ20選:人気レシピを調理法別に紹介!

    冬に旬を迎えるぶり。 「鰤」という漢字は、師走の時期に脂がのって美味しくなる魚であることが由来とされるほど。 脂がのったぶりは、脂から旨味が出てくるので色々な料理に重宝します。ぶりの煮付けはもちろん、刺身、ソテーなど調理法を選びません。 この記事では、ぶりの基礎知識に加えて、ぶりの栄養素、ぶりの調理法、焼き物レシピ、炒め物レシピ、揚げ物レシピ、お刺身レシピ、煮物レシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社