キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ヤーコンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ヤーコンはさつまいもに見た目がよく似ており、ナシのような食感と甘みが特徴です。日本ではまだあまりなじみがありませんが、アンデス高地原産でキク科の野菜になります。1980年代に日本に導入されたまだ歴史の浅い野菜で、さつまいものようにでんぷん質がほとんど含まれないのが特徴です。見た目は芋ですがシャリシャリとした食感と梨のような甘みがあり、炒め物・サラダ・煮物などに使われます。

こちらの事では、調理法や料理の種類に分けてヤーコンのレシピを紹介しています。ヤーコンを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • ヤーコンを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしよう

    ヤーコンとは、キク科ポリムニア属に分類される芋類です。小ぶりなさつまいものような形が特徴で、シャキシャキとした歯ごたえがあります。南米アンデス地方が原産地とされていて、アンデスポテトという別名もあります。国内では北海道や香川県などが主な産地で、10月から12月ごろまでが旬です。主な栄養素は、フラクトオリゴ糖やポリフェノール、食物繊維など。フラクトオリゴ糖はビフィズス菌の餌になる栄養素で、腸内環境を改善する働きがあります。虫歯を予防する働きもあるとされています。ポリフェノールは高い抗酸化作用があり、細胞の老化防止に効果的です。体や肌を若々しく保ちたい女性におすすめの栄養素です。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのヤーコンを使った人気レシピ10選

    ヤーコンとは、根を食用とする野菜です。見た目はさつまいものような形をしており、梨によく似た甘みのある味があります。ヤーコンには甘みの成分であるフラクトオリゴ糖が多く含まれています。ヤーコンには他にもポリフェノール、食物繊維、βカロテンなどの栄養が豊富に含まれています。シャリっとした歯触りのよい食感で、浅漬けやサラダとして利用されています。フルーツにもよく似ているため、ヨーグルトと混ぜてデザートとしても食べられますよ。ヤーコンの葉の部分にも血中中性脂肪を低下させる働きのあるイヌリンなどの栄養が含まれているので、葉も利用してくださいね。スーパーなどで見かけないため、あまり馴染みのない食材ですが、栄養満点のヤーコンをぜひ使ってみてくださいね。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのヤーコンを使った人気レシピ10選

    南アメリカのアンデス地域が原産の芋類の一つ、ヤーコン。ほのかな甘みとシャキシャキとした食感が特徴で、「畑の梨」とも呼ばれています。ヤーコンにはフラクトオリゴ糖が豊富で、腸内の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やし、腸内フローラを調える効果があります。ヤーコンにはミネラルや食物繊維、カテキンなどの栄養成分も多く含まれており、ダイエットにもおすすめの健康野菜です。生でも食べられるヤーコンですが、あく抜きをするのがポイント。加熱をするときは、さっと火を通して歯ごたえを残すのがおすすめです。煮ても焼いても炒めてもおいしいヤーコン。ぜひ、ヤーコンを使ったヘルシーレシピを作ってみてください。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのヤーコンを使った人気レシピ10選

    ヤーコンは見た目はさつまいもに似ていますがでんぷん質をほとんど含まず、甘みがありシャリシャリとした食感が特徴的な野菜です。ヤーコンはフラクトオリゴ糖や食物繊維を豊富に含んでいるため便秘解消効果があります。ヤーコンはヘルシーな食材で血糖値を上げにくいので糖質制限をしている人やダイエットをしている方におすすめです。ヤーコンは生のままサラダとしても食べることができますし、揚げ物や炒め物にも使うことができます。また、甘みがあるのでヨーグルトと併せて朝ごはんに摂取するのもおすすめです。ヤーコンを使ったレシピは多数紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    シャキシャキの食感が特徴のヤーコンは、南米のアンデス高地が原産の野菜で、日本では北海道や岩手県、福島県など比較的涼しい地域で栽培されています。サツマイモのような外見のヤーコンは、甘みがあって生のまま食べられることが特徴で、皮を剥いてスライスし、サラダやごま和えに適しています。カットしたものは水や酢水、レモン水などにさらして変色を防いでくださいね。他にもきんぴらや天ぷら、炒め物にしてもおすすめですよ。ヤーコンの甘味成分にはフラクトオリゴ糖が含まれており、コレステロール値を抑える働きや、生活習慣病の予防にも効果的です。腸の働きを整える作用もあり、食物繊維との相乗効果で便秘対策にも最適な野菜です。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ヤーコンとは見た目はさつまいもに似ていて、味はナシのような甘みのある根菜です。ヤーコンにはフラクトオリゴ糖が豊富に含まれており、大腸の善玉菌を増やし、悪玉菌は減らしてくれる作用があります。便秘改善に繋がる上、中性脂肪や血中コレステロールを低下させる効果もあるのでダイエットにはうってつけの食材です。ヤーコンは北海道や香川県などで栽培されています。全国的に出回ってある数は少なく、スーパーなどでもなかなか見かけないので、馴染みのない方も多いかもしれませんね。ヤーコンには体に嬉しい栄養価がたっぷり含まれているので、ぜひ見つけたら食べてみてくださいね。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    南米アンデス高地原産のヤーコンは、クラフトオリゴ糖を豊富に含み、食物繊維やミネラル、ポリフェノールを豊富なポリフェノールを含む、ヘルシーでダイエット向けの野菜です。他の根菜類よりもでんぷん質が少ないことからもダイエットに効果的と言われます。果物のような食感と甘さから、原産地では「畑のりんご」と呼ばれていますよ。きんぴらやサラダ、浅漬け、天ぷらなど甘みを活かして様々な料理にアレンジができます。ヤーコンはなるべく太すぎず、すらっとしていて表面に傷などがないものを選びましょう。丸のまま保存する場合は新聞紙などに包んで冷暗所におき、使いかけて切ったものはラップでしっかりと包んで冷蔵庫で保管してくださいね。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    南米アンデス産のキク科の根菜、ヤーコン。水分が多く、シャキシャキとした食感が特徴で、ナシのようなほのかな甘みがあります。ヤーコンの甘みは、フラクトオリゴ糖によるもので、腸内環境を整える働きがあります。食物繊維が豊富なヤーコンは、便秘解消に役立ち、満腹感も得られるため、ダイエット中にも最適なヘルシー食材です。ポリフェノールを多く含むヤーコンはがん予防や免疫力向上にも役立ちます。ヤーコンはアクがあるため、酢水にさらしてアク抜きをします。生のまま食べられるため、サラダや和え物として調理すれば、水に溶けやすい栄養素も損なうことなく摂取できます。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ヤーコンはさつまいもによく似た野菜で、オリゴ糖の塊と言われるほどオリゴ糖が豊富です。フラクトオリゴ糖を多く含み、大腸内の乳酸菌類の餌となるため善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして整腸作用に効果を発揮します。血糖値や血圧を下げる働きもあり、低カロリーでダイエット中の甘味料としてもよく使われます。100g当たり54kcaとカロリーが低く、水溶性食物繊維も豊富で便秘の解消に役立つため、美容を気にする方におすすめの野菜です。ヤーコンはなしのようなしゃきっとした歯ごたえとほどよい甘味が特徴で、炒め物・煮物・揚げ物・汁物などに使われます。日本ではまだあまりなじみがありませんが、体と美容にいい栄養素を含んでいるのでぜ料理に使いたい野菜です。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    ヤーコンはキク科に属する根菜で、さつまいものような見た目が特徴です。オリゴ糖がたくさん含まれていて、ミネラルの吸収を助けたり腸の働きを助けたりする働きがあります。中性脂肪を低下させる働きもあるため、ダイエットにぴったりの食材と言えます。ヤーコンはインカ帝国の時代から食べられていたとされていますが、日本に入ってきたのは1980年ごろから。現在では北海道や香川県などで生産されていますが、他の根菜類とくらべて出回る量が多くありません。収穫されるのは晩秋から冬にかけてなので、11月から2月ごろまでは市場に回ることもあるため、ぜひスーパーなどをチェックしてみてください。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ8選

    シャキシャキとした食感が特徴的で、芋の中でも生で食べられるヤーコン。皮をむくと白から薄いベージュ色で、貯蔵によって甘みが増したものは黄色や薄いオレンジ色に見えます。中南米が原産地の根菜で、日本では北海道や香川県で多く生産されています。カロリーが低く善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるフラクトオリゴ糖という成分を含み、食物繊維やミネラル類をバランス良く含むことから、ダイエット中においしく食べられる食材として注目を集めています。また、抗酸化作用があり、血管の老化を防止してくれるポリフェノールを含んでいるため、美容にうれしい食材ですね。そんなヤーコンを食べて、美と健康を手に入れましょう。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    近年、健康野菜として注目を集めているヤーコン。見た目はサツマイモのようですが、シャキシャキとした食感とほのかな甘みがあり、生で食べられるのが特徴です。ヤーコンには整腸作用のあるフラクトオリゴ糖が豊富です。フラクトオリゴ糖は、腸内でビフィズス菌の餌となり、悪玉菌を減らす働きがあるため、ダイエットに効果的な成分です。ヤーコンには抗酸化作用のあるポリフェノールや、βカロテン、ビタミンC、ミネラルや食物繊維などの栄養素もバランスよく含まれています。ヤーコンは変色しやすいため、切った後は水にさらすのがおすすめです。ヤーコンのシャキシャキとした食感は、サラダや炒め物、揚げ物や煮物などさまざまな調理方法で楽しめます。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    ヤーコンは見た目はサツマイモのような感じでしゃりっとした食感が特徴的です。根菜の一種で葉の部分と根の部分には栄養素が豊富に含まれています。まだまだ馴染みがない野菜ですが健康成分を含んでいることから雑誌やメディアでも特集されるなど近年では大変注目されている野菜です。ヤーコンにはフラクトオリゴ糖、ポリフェノール、ミネラル成分、天然のインスリンを豊富に含んでいます。健康食品であるヤーコンはきんぴらなどの炒め物や天ぷら、サラダなど色々な料理に活用することができ、おつまみにも最適なのでレシピが多く紹介されています。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ヤーコンは主に北海道で生産されている野菜で、秋から冬が最もおいしい時期です。ヤーコンの葉を使ったヤーコン茶も人気があります。ヤーコンは甘さがあり、シャキシャキとした食感が特徴的でヘルシーな食材です。ヤーコンにはフラクトオリゴ糖という成分が豊富に含まれていて、整腸作用やダイエット効果があります。また抗酸化物質であるポリフェノールが含まれているので血液の老化防止や発がん予防効果があります。調理をする際は皮をむいて水にさらしてアクを抜いてから使います。炒め物や、あえ物、煮物などレシピは多数ありますので参考にしてください。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    主に北海道で作られ、シャキシャキとした食感が特徴的のヤーコン。ヤーコンには様々な栄養が含まれているので大変注目されている話題の食材です。ヤーコンにはフラクトオリゴ糖や食物繊維が豊富に含まれていて善玉菌を増やして腸内の環境を正常にし便秘を解消する効果や血圧やコレステロールを下げる効果があります。また、ヤーコンは芋の種類の中では最もカロリーが低く血糖値を上げにくい食材なので糖質制限のダイエットをしている方にもおすすめですよ。ヤーコンは甘みがある野菜なのでおかずやデザートなど幅広く使うことができる万能食材です。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    ヤーコンは中南米アンデス高地原産のキク科の根菜です。野菜の中でもオリゴ糖の含有量がトップクラスで、食物繊維やミネラル、ビタミンも豊富に含むことから、日本ではあまり馴染みのないものでしたが近年ダイエット効果のある野菜として注目されています。オリゴ糖がたくさん含まれるため味はほのかに甘く、糖分を控えたダイエット中の食事にも嬉しいですね。生のまま食べられるヤーコンはサラダにトッピングしたり、ヨーグルトに混ぜてデザートのようにもいただけます。シャキシャキとした食感を活かすためにきんぴらや浅漬け、天ぷらなどもおすすめです。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ヤーコンの旬は11月~2月で、キク科の根菜であり産地は主に北海道です。ヤーコンはヘルシーな野菜で善玉菌を増やすなどの整腸作用があるためダイエットに最適な食材です。ヤーコンに含まれているフラクトオリゴ糖には虫歯になりにくい性質があり、血管の老化を防ぐ効果や発がん予防効果があるポリフェノールを豊富に含んでいます。ヤーコンは甘くシャキシャキとした食感が特徴で、生で食べることができる食材です。料理の際は皮をむき、切った後は水にさらしてアクを抜いてから使います。生でサラダとして食べたり、炒め物や揚げ物などがおすすめです。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ1選

    ヤーコンはさつまいもによく似ており、南米アンデス山脈地方が原産の野菜です。ほどよい甘味としゃきっとした歯ごたえが特徴で、日本ではまだあまり知られていませんが栄養素が豊富な野菜として注目されています。ヤーコンはフラクトオリゴ糖を多く含んでいて、オリゴ糖の塊と言われているほどです。オリゴ糖は大腸内の乳酸菌類の餌となり善玉菌を増やす効果があります。整腸作用があるためお腹の調子が悪い時や便秘気味の時に、オリゴ糖を多く含んだヤーコンはぜひおすすめです。その他にもポリフェノールも豊富に含んでいるので、美容と健康を気にする方にぜひ料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    1989年代に日本に広まったヤーコン。健康野菜として話題で、特に注目されているのが「フラクトオリゴ糖」と「食物繊維」です。野菜の中でもフラクトオリゴ糖を多く含んでおり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。特に便秘の改善に役立ちますよ。食物繊維も便秘に効くため、便秘がちの人にはヤーコンの摂取をおすすめします。また、イモ類の中でも低カロリーな食材として注目されています。糖質制限ダイエットをしている人にもぜひおすすめしたい野菜です。生のままでも加熱してもおいしく食べられますが、かき揚げやフライ、磯辺揚げなどの揚げ物にするのも簡単でいいですよ。シャキシャキとした食感を楽しんでくださいね。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ4選

    ヤーコンはキク科スマランサス属の多年草で、見た目はさつまいもに似ています。南米アンデス山脈地方が原産で、ナシのような食感と甘みが特徴です。これはフラクトオリゴ糖が多く含まれているためで、オリゴ糖の塊のような芋と言われているほどです。オリゴ糖は大腸内の乳酸菌類の餌となり善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす整腸作用があります。その他にもオリゴ糖は血糖値や血圧を低下する働きもあり、ポリフェノールも豊富に含まれていてとても栄養価の高い野菜です。日本ではまだあまりなじみがありませんが、体にいい栄養素を含んでいるのでぜひ料理に取り入れましょう。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    今話題のヤーコンという野菜を知っていますか。ヤーコンは見た目がさつまいもに似た、ほんのり甘くてナシのようなシャキシャキした食感があり、生でも食べられる根菜です。「オリゴ糖の王様」と呼ばれているように、すべての野菜の中で一番「フラクトオリゴ糖」を含んでいます。フラクトオリゴ糖は人間の消化器官に吸収されにくいうえに、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすこと、さらにヤーコン自体が低カロリーであることから、ヤーコンは「究極のダイエット野菜」といわれています。ダイエットの気になる人は積極的に食べたい食材ですね。サラダや天ぷら、炒め物などいろいろな食べ方ができるのでレシピを覚えてレパートリーを増やしましょう。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヤーコンを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ヤーコンはアンデス地方原産のキク科の根菜です。サツマイモに似た形で生で食べることもできます。生でも食べられることからインカ帝国の時代から、フルーツのように食べられる野菜として重宝されてきました。ヤーコンにはオリゴ糖が豊富に含まれており、「オリゴ糖の塊のような芋」とも言われています。オリゴ糖は便秘解消に効果があり、同時に食物繊維やミネラルを豊富に含んでいることからダイエット食としても注目されています。ヤーコンは10月~12月にかけて収穫され、秋冬が旬になっています。ヤーコンを使ったレシピの中でも、今回はヤーコンを煮るレシピを紹介しています。ぜひヤーコンを使ったおいしい料理を作ってくださいね。 この記事では、「ヤーコン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社