キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ヤーコンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ヤーコンはさつまいもに見た目がよく似ており、ナシのような食感と甘みが特徴です。日本ではまだあまりなじみがありませんが、アンデス高地原産でキク科の野菜になります。1980年代に日本に導入されたまだ歴史の浅い野菜で、さつまいものようにでんぷん質がほとんど含まれないのが特徴です。見た目は芋ですがシャリシャリとした食感と梨のような甘みがあり、炒め物・サラダ・煮物などに使われます。

こちらの事では、調理法や料理の種類に分けてヤーコンのレシピを紹介しています。ヤーコンを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ヤーコンの栄養素

ヤーコンはオリゴ糖が豊富に含まれ、「オリゴ糖の塊のような芋」と言われています。オリゴ糖は低カロリーで虫歯菌の栄養源にならないため、ダイエット中の甘味料としても人気があります。オリゴ糖は善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境を整えます。その他にも中性脂肪や血糖値を下げる働きがあります。体内の余分なナトリウムを排出するカリウムや、歯と骨の成形に欠かせないカルシウムとマグネシウムなどが含まれています。

ヤーコンの旬

ヤーコンは植え付けから5~6ヶ月経つと収穫でき、収穫されるのは10~12月でその後1~2ヶ月保存されます。食べごろなのは11月~翌年2月頃です。栽培地域によって収穫時期に差があり、西日本では12月~4月、北海道や東北地方では10月~12月になっています。ヤーコンは冬の寒さに弱く、霜が降りると葉が変色するため霜が降りる前に収穫されます。

ヤーコンの産地

! /image/〇〇
ヤーコンの生産地として知られるの北海道で、1980年代後半から北海道常呂郡置戸町で栽培が始められました。その他の地域では、神奈川県、香川県、茨城県など日本各地で栽培されています。ヤーコンは南米のアンデス原産ですが、1984年にニュージーランドから1万株輸入され、全国各地に広がったと言われています。

ヤーコンの選び方

ヤーコンは太すぎないものの方がおすすめですが、ほどよいふくらみがある方が甘みがあると言われています。皮に傷や変色がなく、柔らかいものは鮮度に欠けます。手に持ったときにずっしりと重みがあるものが新鮮で、締まりがあって触ると固くハリがあるものを選びましょう。乾燥して干からびているものや、弾力のあるものは避けてください。切り口が白いものは新鮮で、貯蔵されたものは甘みが増してオレンジ色に変化します。

ヤーコンの保存方法

ヤーコンは約8割が水分のため乾燥が苦手なので、濡らした新聞紙やキッチンペーパーに包んで冷蔵保存に入れて約10日間ほど保存できます。収穫されたばかりで土が付いているものは土をはらわず、新聞紙に包んでビニール袋に入れて冷暗所で保存します。切ったものはラップでぴっちりと包んで、冷蔵庫で保存します。冷凍保存も可能で、空気をしっかりと抜いてラップでぴっちりと包んで冷凍庫で保存します。2~3週間を目安に使い切りましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ヤーコンの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ヤーコンの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ヤーコンの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ヤーコンの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ヤーコンの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ヤーコンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社