キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ふきをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ふきはキク科フキ属の多年草で、日本全国の山の斜面や土手などに自生します。日本原産の山菜で、平安時代から野菜として栽培されていたと言われています。ふきはアクが強いので、調理する前に必ずアク抜きをする必要があります。普段よく食べられるふきは愛知早生という品種がほとんですが、他にも水フキ・ヤマブキ・秋田フキなどの種類があります。ふきは佃煮や煮物、炒め物などによく使われ、ほっとするやさしい味わいが特徴です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてふきのレシピを紹介しています。ふきを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ふきの栄養素

ふきは痰を切り咳を止める薬として民間療法で取り入れられていて、食物繊維やミネラルが含まれています。脂質やタンパク質の代謝を促すビタミンB2、強い抗酸化作用があるフキノール酸はふきの苦みの成分として知られています。その他にも細胞の若返りを促すポリフェノールの一種のクロロゲン酸、動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテンなどが含まれています。ふきはカロリーが低いのでダイエット中にもおすすめの食材です。

ふきの旬

天然物のふきは春から初夏にかけてが旬で、この時期にふきが生えていそうな場所を散策すると、ふきを採ることができるのでぜひ採りにいってみるといいですね。ふきは10月頃から出回り始め、翌年の5月頃までがシーズンになっています。出回っているふきはハウス栽培のものがほとんどになっています。旬のふきが一番みずみずしくおいしいので、天然物の採れたてのふきをぜひ料理してみましょう。

ふきの産地

! /image/〇〇
流通しているふきで一番多いのが愛知県産の「愛知早生」です。全体の約4割を占めて、全国の生産量のトップになっています。愛知早生はみずみずしくやわらかく尾張ふきとも呼ばれています。水ふきと山蕗という種類のふきは、京都や奈良で栽培されていて自生しているものは山ぶきと呼ばれます。秋田ふきは秋田県の名産にもなっていて、主に砂糖漬にされることが多くなっています。

ふきの下ごしらえ方法

ふきはアクが強いので必ずアク抜きをする必要があります。まずはふきをまな板にのせて、ふきがかくれるくらいに荒塩を振りかけて転がして塩をこすりつけて板ずりします。板ずりすることで色よく仕上がり、アクも染み出しやすくなります。鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩が付いたまま茹でて冷水にとります。冷めたら薄皮をつまんで手前に引いて皮を剥いていきます。皮を剥いたふきを水にさらして一晩置いてさらにアクを抜いたら完成です。

ふきの保存方法

ふきは時間が経つほどアクが強くなるので、すぐにアク抜きをしましょう。茹でてアク抜きした物は、水を入れた容器やタッパーに入れて冷蔵庫で保存し時々水を交換します。アク抜きをする時間がない場合は、葉の部分と柄を切り離してビニール袋に入れて冷蔵庫で保存でします。冷凍保存する場合は硬めに茹でて水気をよく拭いて、ラップで数本ずつ包みます。ラップで包んだふきをジップロックに入れて冷凍庫に入れて保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ふきの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ふきの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ふきの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ふきの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ふきの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ふきをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社