キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ふきをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ふきはキク科フキ属の多年草で、日本全国の山の斜面や土手などに自生します。日本原産の山菜で、平安時代から野菜として栽培されていたと言われています。ふきはアクが強いので、調理する前に必ずアク抜きをする必要があります。普段よく食べられるふきは愛知早生という品種がほとんですが、他にも水フキ・ヤマブキ・秋田フキなどの種類があります。ふきは佃煮や煮物、炒め物などによく使われ、ほっとするやさしい味わいが特徴です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてふきのレシピを紹介しています。ふきを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのふきを使った人気レシピ10選

    独特の苦味と香りが特徴のふきは日本原産植物のひとつです。和食の他に、サラダやパスタなどの洋風な料理にも合い、油とも相性抜群なため炒め物などの中華料理にも最適ですよ。ほとんどが水分でできているため低カロリーでダイエット中にも安心して食べられます。食物繊維もたっぷり含むため食べ応えもあり、便秘対策にも有効ですよ。ふき特有の香りには消化を助けて胃腸の働きを整える作用があり、苦味には免疫力アップやアンチエイジングに期待できるため美と健康を維持するために欠かせませんね。あまり火を通しすぎないように短時間で調理するとシャキシャキ食感が残り鮮やかな緑色に仕上がるため、食卓が華やかになりおすすめです。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれでOK

    春になると日本全国の野山に自生するふき。春の山菜取りでも人気で、ほろ苦い味わいが大人向けのおつまみにもよく合います。季節になると比較的簡単にふきを見つけることができますが、スーパーでも手に入ります。スーパーなどで売られているふきは愛知早生という品種で、自生しているふきよりも柔らかいのが特徴です。醤油やみりんといった和食の調味料とよく合い、ふきの佃煮や煮物によく使われます。ふきはアクが強いため必ずアク抜きをする必要があり、アク抜き方法はふきに塩をまぶして板摺りした後たっぷりの湯で茹でて氷水に取り皮を剥きます。ひと手間かかりますが春の味わいを楽しめる食材なので、ぜひ旬の春にふきを使った料理を楽しんでみてはどうでしょうか。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのふきを使った人気レシピ10選

    独特の苦味と香りが特徴のふきは、日本全国に自生する数少ない日本原産植物の一つです。成分のほとんどが水分でできているふきは、低カロリーでダイエット中にもぴったりです。水分の他に食物繊維とカリウムを含むため、便秘解消や体内の余分な塩分を排出するのに効果的ですよ。ふき特有の香りは「フキノリド」と呼ばれる成分で、消化を助けて胃腸の働きを整える作用があります。苦味には「フキノール酸」と呼ばれる成分で、抗酸化作用による免疫力アップやアンチエイジングが期待されますよ。炒め物などシャキシャキの食感を楽しむために、あまり火を通さないことがポイントです。短時間で調理することで鮮やかな緑色に仕上がりますよ。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのふきを使った人気レシピ10選

    独特な香りと苦味のあるふき。日本が原産とされる山菜で、キク科フキ属に分類されています。愛知早生ふき、水ふき、秋田ふきなど、さまざな種類のふきがありますが、どれも3月から5月ごろに旬を迎えます。スーパーや八百屋などで流通しているのは愛知県の愛知早生ふきという種類で、旬の時期に採れたふきはアクが少ないのが特徴です。ふきにはカリウムが豊富に含まれていて、体の細胞の浸透圧を調整する働きがあります。体内のナトリウムを調整してくれるため、むくみの解消にも役立ちます。苦味の素であるポリフェノールも含まれていて、免疫力を高めたり酸化を防止したりする効果があります。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    3月から5月に旬を迎えるふき。シャキシャキとした食感と独特の香り、ほろ苦い味わいが特徴です。ふきには、高血圧やむくみの予防に効果があるカリウムや、整腸作用のある食物繊維が豊富です。ふきの香り成分や苦み成分には抗酸化作用があり、アンチエイジングや生活習慣病の予防、花粉症を和らげる働きなどがあります。ふきはあくが多いため、下茹でが必要です。茹でた後、すぐに冷水にさらすことであくがさらに抜け、変色を防げます。茹でる前の板ずりも、鮮やかな色合いに仕上がるのでおすすめです。筋が気になるときには、根元に刃を入れ、上に引っ張るようにするときれいに取れます。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    シャキシャキな食感、特有の苦味と香りが特徴のふきは、日本原産植物のひとつです。地下に茎を張る植物で、早春に地上に出てくる蕾を「ふきのとう」と呼び、花が咲いて地下茎から伸びてくる葉と葉柄の部分が「ふき」と呼ばれて流通しています。ハウス栽培が盛んで真夏を除いた季節に流通しますが、露地栽培は5月〜7月頃に旬を迎えます。ほとんどが水分でできているふきは低カロリーで、食物繊維を豊富に含むためダイエットに適しています。ふき特有の香りには消化を助けて胃腸の働きをサポートする効果があり、苦味には抗酸化作用があって免疫力アップやアンチエイジング効果に期待されています。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    山菜取りでも人気のふきは、日本原産の山菜で日本全国に自生しています。平安時代から栽培されていたと言われる歴史の長い山菜で、天然物のふきは春が旬になっています。アクが強いため必ずアク抜きをする必要があり、シャキシャキとした食感が特徴で煮物・佃煮・炒め物などに使われます。醤油やみりんといった日本食の調味料とよく合い、大人の味わいの料理によく使われます。ふきは民間療法で咳を止める薬としても用いられ、強い抗酸化作用のあるフキノールを含みふきの苦みの成分としても知られています。その他にも動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテンや、食物繊維やミネラルを含んでいます。低カロリーなのでダイエット中にも安心して食べられる食材です。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ふきは春から初夏にかけてが旬の野菜です。ふきはアクが強いのでアク抜きをしてから調理に使います。アク抜きの方法は塩を振りかけて板ずりをし茹でて水にさらし一晩漬けてアクを抜きます。ふきを使ったアレンジメニューも多数紹介されていて和え物や煮物の他に炒め物などもあり、お弁当にも取り入れやすいレシピがあります。ふきは低カロリーで糖質オフの食材なので、ダイエットをしている方も安心して食べることができる食材です。ふきだけだと栄養が偏ってしまうので、野菜やお肉などと組み合わせて上手に調理をして栄養素を補うと良いです。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ7選

    ふきはフキ科フキ属の多年草で、日本原産の野菜の一つです。現在市場に出回っているフキの約60%が愛知早生(あいちわせ)と呼ばれる品種で、みずみずしくやわらかいという特徴があります。天然物のふきの旬は春から初夏にかけてで、春の時期にはぜひ味わいたい食材です。ふきを選ぶ際は、葉の色が鮮やかな緑色で新鮮なものを選ぶようにしましょう。また、収穫した後、時間がたつにつれ、アクが強くなってくるので早めに下処理をしておくようにします。ゆでてアク抜きしてあるものなら、冷蔵庫で1週間ほど保存できるので、さまざまな料理にアレンジして利用できます。ふき独特の食感をよく生かして、料理のアクセントにすることもできますよ。この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    春の訪れを感じさせる野菜である「ふき」ふきは古くから日本人に親しまれ、独特の香りとほろ苦さが特徴です。収穫量日本一は愛知で、続いて群馬県、大阪府、となっています。アクが強く、調理する前に必ずアク抜きをする必要があります。ふきは煮物に使われることが多いですが、炒め物、あえ物、揚げ物といろいろな食べ方ができます。アク抜きが少々手間な人は、ふきの水煮を利用すると簡単で楽ですよ。ふきにもさまざまな栄養が含まれ、苦みを感じさせる成分の一つであるアルカノイドは、新陳代謝を促すはたらきがあります。また、カリウムも多く含まれるため、むくみや血圧の上昇を防ぐ効果もあるんですよ。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ9選

    山菜取りでも人気のふきは、春が旬で日本全国の山の斜面や土手などに自生しています。ふきはキク科フキ属の多年草で、ふきのとうや葉を食用として料理に使用します。アクが強いため必ずアク抜きする必要があり、佃煮・煮物・炒め物などに使われ醤油や出汁など和食の素材とよく合います。一般で流通しているふきは愛知早生という品種のものが多く、水フキ・ヤマブキ・秋田フキなどの種類があります。ふきには心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテン、強い抗酸化作用があるフキノール酸、細胞の若返りを促すクロロゲン酸などの栄養素が含まれています。水分が多く低カロリーなのでダイエット中の食材としてもおすすめで、かさ増ししたい時にも活躍します。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    爽やかな香りとほろ苦い優しい味わいが特徴の山菜「ふき」。ふきのつぼみ部分である「ふきのとう」は春の訪れを感じる味覚として人気です。ふきはほとんどが水分で食物繊維が多く、カリウムやカルシウムなどのミネラルを含んでいます。ふきのとうはふきよりも栄養価が高く、β-カロテンやビタミンB群、ミネラル類が豊富です。ふき独特の香りと苦味成分には抗酸化作用を持つポリフェノール類や植物性アルカロイドが含まれ、体内の毒や老廃物を排出する作用があり体の新陳代謝を促してくれます。ふきを選ぶ時は太すぎると筋が固いので、直径2cmくらいまでを目安にまっすぐ伸びたものを選びましょう。春の味覚「ふき」を楽しみながらデトックス・アンチエイジング効果で冬の間に溜まったカラダをリセットしましょう。この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ3選

    独特な香りと苦味が特徴のふきは日本原産の野菜で、平安時代にはすでに栽培されていたと言われています。ふきを色鮮やかに仕上げて苦味を抑えるためには丁寧な下ごしらえが必要です。葉と茎の部分を分けて下茹でし、茹でたらすぐに水につけましょう。葉はアクが強いので何度か湯を替えながら茹でて水にさらします。茎は3分割程度に切り分け、沸騰した湯で7〜8分程茹でたら水煮10分程さらし、水の温度が上がったら途中で入れ替えながらさらします。下処理は少し手間もかかりますが、茹でたふきはタッパーなどに入れて冷蔵庫で3日程冷蔵保存可能です。生のままのふきではアクが回るので入手したらその日のうちに下処理を済ませてくださいね。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ふきは春から夏にかけて自生する野菜です。独特の香りとほろ苦い味が特徴で、おひたしや煮物などに使われます。愛知県ではふきの栽培が盛んで、全国の出荷量の約4割ほどを占めています。ふきにはさまざまな種類がありますが、一般的に出回っているのは「愛知早生(あいちわせ)」という種類。アクや苦味が少なく、やわらかい肉質が特徴です。江戸時代から栽培されていると言われ、歴史の古い品種でもあります。ほかにも京都や奈良などで栽培されている京ふきという種類や、秋田の名産でもある秋田ふきというものもあります。これらのふきは主に茎や葉を食べますが、花茎の部分はふきのとうなので、天ぷらや炒め物で食べられます。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    ふきは歯切れのいい食感とほろ苦い味が特徴のある淡い緑色が美しい食材です。ふきは繊維が硬いので、火を通して煮物や佃煮などの料理に使われています。ふきには食物繊維やミネラルが含まれています。高血圧などの生活習慣病の予防にも効果のある食材です。ふきはアクを抜いたり、歯ざわりをよくするために下処理が必要です。塩で板ずりをしてからお湯でゆで、水で冷ましてから皮をむきます。ふきを塩で板ずりをすることで、ふきの緑色がより鮮やかになり、ふきのアクも抜けやすくなる効果があります。ふきを茹でる時は大きめの鍋にたっぷりのお湯で沸かします。これはふきを入れた時に鍋の温度がなるべく下がらないようにするためです。大きめの鍋を使うことで、ふきの長さをなるべく長いままでゆでることができるので、皮をむく時の手間を減らすという意味があります。ふきを下処理する時はこのポイントを押さえてやってみてくださいね。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    2月から3月頃の雪解けの季節に出回り始め、春の訪れを感じる「ふきのとう」と、4月から6月に旬を迎える春野菜の「ふき」は同じ植物ということはご存知ですか。ふきのとうはふきの葉が開く前の蕾の部分を指し、ふきは葉柄(ようへい)の部分を指します。ふき特有の苦味にはポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」を含み、抗がん作用や老化防止の効果が期待されています。他にもカリウム、カルシウム、食物繊維を豊富に含むため、旬にぜひ味わいたい食材です。ふきの下処理は、筋を取って多めの粗塩で板ずりをしてからたっぷりの湯で湯がき、流水に取ると鮮やかに仕上がります。レンジでも下処理はできるのでお試しくださいね。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ふきは、ふきの持つ特有の香りと苦みが特徴の山菜です。ふきのつぼみ(ふきのとう)は春の訪れを知らせてくれますね。ふきは、あくが強く、あく抜きしてからでないと食べることができません。あく抜きの下処理が面倒なときは、市販されている、下処理済みのふきの水煮を使うと便利です。ふきの96%が水分ですが、栄養素の中では、体に必要なミネラルの一つである、カリウムが多く含まれています。カリウムは高血圧を予防したり、むくみを改善するはたらきがあります。煮物に使われるイメージがありますが、マヨネーズや、ポン酢、キムチなどであえるだけで簡単に一品完成です。手軽に使える食材なので、ぜひ春の時期には食卓に並べてください。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    春に旬を迎えるふきは、ほろ苦さとシャキシャキの食感が特徴の日本原産の野菜です。95%が水分でできているためカロリー低く、カリウム、カルシウム、食物繊維などの栄養が含まれます。苦味成分はポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」を含み、抗ガン作用にも期待されています。購入するときは葉がみずみずしく、黄ばみや黒ずみの少ないものを選び、茎の先端を持った時にあまりしならないものが新鮮な証拠ですよ。鮮度が落ちやすい特徴があるため、購入後は葉と茎の部分を切り分けて茹でて保存してくださいね。葉の部分も食べられますので捨てずに料理に活用しましょう。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    3月〜5月頃に旬を迎えるふきは春の訪れを告げる山菜の仲間です。冬に黄色の花が咲くことから冬黄(ふゆき)と呼ばれ、それが「ふき」という呼び名に変わったと言われています。90%以上が水でできているふきには、食物繊維やカリウム、ミネラルなどの栄養が含まれています。漢方でも用いられ、咳や痰を沈めたり、胃のもたれ、食欲不振の効果に期待されています。アクの強いふきは下処理をすることでえぐみを抑えられますよ。茹でる前に全体に塩をふって板ずりし、たっぷりの熱湯で3分程茹でたら冷水にとって完全に冷めてから皮を剥いてくださいね。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    蕗(ふき)はキク科の多年草で日本原産で近緑種の少ない独特の野菜のひとつです。地上には花芽と葉がでていて、茎の部分は地中に伸びています。ふきはその地下茎からでてきた葉の柄の部分にあたります。また、春一番にふきの地下茎からでてくる花がふきのとうです。煮物やおひたし、炒め物と、様々な調理法に合う食材で、それぞれふきの食感や香りを楽しむことができます。食物繊維やミネラルが豊富なふきですが、購入の際は葉がみずみずしくて鮮やかなものを選ぶようにしてください。そして、収穫してから時間がたてば経つほどアクが強くなってしまうので早めに消費してくださいね。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    山の斜面や土手など日本全国に自生するふきは、山菜採りで人気の食材です。スーパーなどでも一年を通じて買えますが、季節になると天然物のふきを採ってお浸しや煮物に使うと季節を感じられます。ふきはふきのとう・葉柄・葉を食用として使い、えぐみが強いため食べる前に必ず灰汁抜きをする必要があります。平安時代から栽培されていたと言われており、日本人にはなじみのある食材で醤油や出汁、かつお節など和食の調味料とよく合います。ふきには抗酸化作用があるフキノール酸が含まれており、動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテンなども含まれています。しゃきしゃきとした歯ごたえが特徴で、どこか懐かしい味わいがします。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ふきは、数少ない日本原産の山菜の一つです。ふきの持つ独特の風味と食感が特徴的。その96%ほどが水分ですが、栄養的にはカリウムが多く含まれています。カリウムは高血圧の予防やむくみの改善に役立ちます。ふきはアクが強いので、必ずアク抜きをしてから調理しましょう。手間がかかって面倒だという人は、下処理済みの「ふきの水煮」が売っているので上手に活用できるといいですね。ふきの食べ方で圧倒的に多いのが「煮物」ですが、さまざまな食材と組み合わせて、蒸して食べる方法もおすすめです。ふきはとても低カロリーなので、蒸すことで他の食材もヘルシーに。低カロリーの料理は、ダイエット中の人にも参考になりますよ。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ5選

    春によく食べられる人気の山菜と言えばふき。スーパーなどでも一年を通じて買えますが、山の斜面や土手など日本全国に自生する天然物のふきは春が旬になっています。ふきのとうや葉柄、葉を食用として料理に利用し、えぐみが強いため食べる前に必ず灰汁抜きをする必要があります。スーパーなどで売られているふきは主に愛知早生という品種で、みずみずしくやわらかいのが特徴です。ふきは醤油や出汁など和食の調味料とよく合い、佃煮や煮物、炒め物などによく使われます。ふきには動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテン、抗酸化作用があるフキノール酸など、体にいい栄養素が含まれています。カロリーが低いためダイエット中のかさ増し材料にもおすすめですよ。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ふきはキク科フキ属の多年草で、山の斜面や土手など日本全国に自生する日本原産の山菜です。ふきのとうや葉柄、葉を食用として料理に利用し、食べる前に必ず灰汁抜きをする必要があります。平安時代から野菜として栽培されていたと言われる歴史の長い食材で、春の風物詩となっています。スーパーなどで売られているふきは愛知早生という品種で、みずみずしくやわらかいのが特徴です。他にも水フキ・ヤマブキ・秋田フキなどの種類があります。ふきは水分が多いですが、動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテン、細胞の若返りを促すクロロゲン酸、強い抗酸化作用があるフキノール酸など体にいい栄養素が含まれています。今回はふきを使った煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ふきはキク科フキ属の多年草で、日本原産の野菜です。山や川岸、河川の土手などに自生し、栽培種としてスーパーなどで買えるフキは愛知早生という品種になります。その他に水ふき・山蕗・秋田ふきなどの種類があります。天然物は春から初夏にかけてが旬で、栽培では10月~翌年の5月頃まで出荷されています。平安時代から野菜として栽培され、古くから民間療法で咳を止める薬用として使われていました。ふきには食物繊維が豊富で、便秘解消に効果があります。煮物や佃煮によく使われますが、今回はふきを使った焼くレシピに注目して紹介します。ぜひレシピを参考にして、ふきを使ったおいしい料理を作ってください。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【ふきを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社