キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

冬瓜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

冬瓜はウリ科のつる性一年草の野菜で、熱帯アジア・ジャワ島が原産とされています。非常に貯蔵性が高いため、家に置いておくと野菜を買い忘れた時にもすぐに使える便利な野菜です。味や臭いにクセがないため食べやすく、どんな調味料や食材とも合わせやすいです。煮物やスープ、餡かけなどの汁物系のレシピによく合い、その他にも炒め物や和え物、揚げ物にしてもおいしく食べられます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて冬瓜のレシピを紹介しています。冬瓜を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

冬瓜の栄養素

冬瓜は95%以上が水分でカリウムを豊富に含んでいます。カリウムは体内の余分なナトリウムを排出して体内の塩分バランスを維持し、むくみ防止や血圧の上昇を抑える働きがあり高血圧の予防に効果があります。その他にビタミンCも含み、メラニンの生成を抑えてしみやそばかすの予防に効果があり、風邪の予防やストレス対策にも効果を発揮します。冬瓜はカロリーが低いため、ダイエット中にもおすすめの野菜です。

冬瓜の旬

冬瓜と書くことから冬の野菜と思われがちですが、6~9月頃までの夏が旬の夏野菜です。冬瓜は貯蔵性が高く、丸ごと一個を冷暗所に保管しておくと冬まで持つことから冬瓜と呼ばれるようになりました。8~9月頃に収穫するものはかなり大きな実になっています。保存期間が長いので冬にも流通していますが、野菜は旬の時期がおいしいので夏にさっぱりとした冬瓜を使った料理を作ってみてはどうでしょうか。

冬瓜の産地

! /image/〇〇
冬瓜の栽培地は関東以南が多く、生産のトップは沖縄県になっています。冬瓜は夏野菜で原産はインドと東南アジアのため、暖かい地域での栽培に適しているようです。沖縄では露地栽培も盛んで、冬から初夏にかけて暖かい気候を利用して栽培されています。その他に愛知県、岡山県、神奈川県の生産量が多くなっています。

冬瓜の選び方

冬瓜は熟すと表面に白く粉をふいたようになりますが、粉をふかず濃い緑色をしたものもあります。粉をふく品種のものは、熟して白くなっているものがおすすめです。濃い緑色をしたものは、表面に傷や傷みがなく艶があってきれいな緑色をしているもがおすすめです。全体がふっくらとして手に持ったときにずっしりと重いものは、果肉が締まって良質であると言われています。カットして売られているものは、切り口がみずみずしく茶色っぽく変色しているものを選びましょう。

おいしい冬瓜の保存方法

冬瓜は保存期間が長い野菜なので、丸ごと一個のものは風通しのよい冷暗所に置いて保存すると数カ月は保存できます。カットしたものは中のワタの部分を取り除き、ラップでしっかりと包んで冷蔵庫で保存します。冬瓜はワタから傷み始めるので、必ずワタを取り除きましょう。さらに長く保存したい時は、冷凍保存がおすすめです。食べやすいサイズにカットしてジップロックなどの保存袋に入れて、空気をしっかりと抜いて口を閉じて冷凍保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

冬瓜の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

冬瓜の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

冬瓜の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

冬瓜の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

冬瓜の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

冬瓜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社