キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

自然薯をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

自然薯はやまのいもの別名で、栽培ものではなく山に自生するやまのいもを意味します。日本原産の野生種で、中国から伝わったやまのいもとは異なります。自然薯で作るとろろいもはとてもおいしく、とろろにしてご飯やそばにかけたり、お好み焼きや卵焼きに入れるレシピが人気があります。とろろにする以外にも、バター炒めやグラタンにしてもおいしく洋風の食材や調味料ともよく合います。古来から漢方薬に使われていたほど、栄養が豊富なやまのいもとして知られています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて自然薯のレシピを紹介しています。自然薯を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

自然薯の栄養素

自然薯は食物繊維が豊富で、長芋の約2倍含まれています。「山のうなぎ」と言われ滋養強壮に効果があるアルギニンが含まれ、昔から漢方薬としても使われています。その他にも歯と骨の形成に欠かせないカルシウム、貧血予防に効果のある鉄分、リンなどのミネラル類、ホルモンの分泌を促進させる効果があるとされるDHEA、栄養の吸収効率を高める働きのある消化酵素のアミラーゼなどが含まれています。

自然薯の旬

自然薯は通常は11月初旬~12月が旬で収穫量が一番多くなり、早いもので10月中旬辺りから出回ることもあります。お歳暮や正月にも使われるので、12月の出荷量が一番多くなります。天然の自然薯は収穫まで5年かかるため、とても高価になっています。自然薯の旬なったら山に探しに行って、高級品と言われる自然薯を収穫してみてはどうでしょうか。

自然薯の産地

! /image/〇〇
自然薯は全国各地の山に自生しています。自然薯は収穫までに5年を要すると言われていますが、栽培方法が確立されて1~3年程度で収穫できる栽培物が流通するようになりました。自然薯の産地として知られているのは北海道・青森県・長野県などで北海道と青森県で生産量の半分以上を占めています。産地からも寒い地域での栽培が適しているようです。

自然薯の選び方

自然薯はひげ根が乾燥していないもので、太くなりすぎると大味になるためあまり太いものは避けましょう。切り口が真っ白なものは鮮度が高いのでおすすめで、切り口が見える場合は真っ白でみずみずしいものを選んでください。切り口が黒っぽくなっているものは鮮度に欠けるので、選ばないようにしましょう。皮に傷などがなく変色していないもので、重量感があるものがおすすめです。ゴツゴツとしたものは、粘りと風味が強いと言われています。

自然薯の保存方法

自然薯は乾燥を避けるために新聞紙で包んで、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。低温保存すると休眠状態になるため、数週間保存できます。カットしているものは切り口が乾いてからぴっちりとラップに包んで冷蔵保存します。冷凍保存する場合は、摩り下ろしてとろろの状態にします。とろろにしたものをフリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れて保存します。保存状態が良いと6ヶ月程冷凍保存できます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

自然薯の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

自然薯の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

自然薯の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

自然薯の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

自然薯の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

自然薯をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社