キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ウインナーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

お弁当のおかずの定番になっているウインナーは、使い勝手のいい主婦の強い味方です。ウィンナーの正式名称はウィンナーソーセージで、オーストリアのウィーンの地名が由来になっています。ウィンナーはソーセージの一種で、色々なソーセージがある中日本ではウィンナーソーセージが主流になっています。肉類が冷蔵庫になくても、ウィンナーがあれば炒め物やスープ、パスタの具材に使えるので家に常備しておきたいマストな食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてなすのレシピを紹介しています。ウインナーを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ウインナーの原料

ウィンナーは挽肉などを塩や香辛料で調味してケーシングしたもので、どのひき肉を使うかなどウィンナーによって原料が異なります。ケーシングは豚や羊の腸を使った天然腸でしたが、最近では日本のウィンナーは人工ケーシングが主になっています。人工ケーシングは天然たんぱく質を原料としたコラーゲン系のものを使用し、羊や豚の腸を使った天然ケージングのものはほとんどが海外からの輸入物になっています。

ウインナーの製造方法

ウィンナーはまず原料となる肉をミンチ状ににして塩を加えて2日~1週間程度寝かせ、香辛料や調味料を加えて混ぜます。羊の腸にミンチ肉を詰めていきスモークして蒸気やボイルで加熱をして、冷蔵庫で急速に冷却して保管します。スモークしない場合もあり、ウィンナーの種類によって製造過程が異なります。使う香辛料や調味料で、違った味わいを出せるのもウィンナーの魅力です。

ウインナーの種類

! /image/〇〇
ウィンナーの主な種類には、ウィンナーソーセージ・フランクフルト・魚肉ソーセージがあります。ウィンナーは羊腸を使用したものか製品の太さが20mm未満のものという規定があり、細めのため調理に時間がかからないのが特徴で時間がない時にも重宝されます。お弁当によく使われる赤いウィンナーと魚肉ソーセージは、日本で考案されました。魚肉ソーセージは大正時代に地方の水産試験場で作られたのが始まりと言われています。

ウインナーの賞味期限

ウィンナーを購入すると必ず賞味期限が記載されているので、その期限を守って使い切りましょう。ウィンナーを使い切れずに余ってしまった場合、賞味期限が切れていても食べられるかは保存状態やどれくらい期限を過ぎているかによって異なります。1週間を過ぎたものでも未開封のものだと、火を通せば食べられる場合が多いようです。開封したものは2~3日で使い切るのがおすすめで、一週間過ぎたものは食べるのは避けた方がよく必ず臭いや見た目をチェックしましょう。

ウインナーの保存方法

お徳用の大袋のウィンナーを買うとなかなか賞味期限内に使い切れませんよね。そういう場合は冷凍保存がおすすめです。パッケージごと冷凍すると使う分だけ出しにくく酸化しやすくなるため、小分けにして保存しましょう。使う分だけラップでぴっちりと包むか、ジップロックなどの保存袋に入れてしっかりと空気を抜いて口を閉じで保存します。解凍する際は冷蔵庫で低温解凍するのがおすすめで、茹でて使う場合は冷凍したまま茹でることもできます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ウインナーの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ウインナーの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ウインナーの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ウインナーの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ウインナーの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ウインナーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社