キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

クレソンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

クレソンはアブラナ科の多年草で、中部ヨーロッパ原産の野菜です。生でも火を通しても食べることができ、サラダやお浸し、和え物、炒め物などに使われます。名前をオランダガラシとも言い、独特の辛みがありこの辛みは大根やわさびなどに含まれる成分と同じです。クレソンの辛み成分は脂肪の分解を助ける効果があるため、脂っこい肉料理に合わせることが多いのもこのためです。プランターで簡単に栽培できるので、家庭菜園で栽培してもいいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてクレソンのレシピを紹介しています。クレソンを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのクレソンを使った人気レシピ10選!食材を賢く使おう

    添え野菜のイメージが強いクレソンですが、最近ではスーパーでも見かけるようになり身近な野菜になりつつあります。独特な香りを持っていますが、レシピのバラエティーは豊富でサラダをはじめ炒め物や和え物など色々な料理に使うことができます。クレソンが持つピリッとした辛味成分は、「シニグリン」というもので、消化促進や口臭予防などの効果が知られているため、肉料理に添えてあることが多いです。クレソンを購入するときのポイントは、緑色が濃く葉先までピンと張っているもの選びましょう。葉が黄色く変色しているものは鮮度が落ちているため、避けるようにしてください。クレソンをまだ試したことがないという方は、レシピを参考にクレソン料理を楽しんでくださいね。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使ったおすすめ定番料理10選

    クレソンは独特の辛みがあり、オランダガラシとも呼ばれます。日本では山梨県・栃木県・沖縄県などで生産されていますが、自宅でも簡単にプランターで栽培できます。家庭菜園で作った採れたてのクレソンを料理に使うのもいいですね。クレソンは生でも火を通してもおいしく食べられ、クレソンの辛みであるシニグリンには脂肪の分解を助ける効果があるため、脂っこい肉料理に合わせるのがおすすめです。抗酸化作用のあるβカロテンを含み、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病を予防します。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウムやカルシウムが豊富で、生で食べられるので栄養素を壊すことなく摂れるのも魅力です。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのクレソンを使った人気レシピ10選

    ステーキの付け合わせなどに使われるクレソン。ピリッとした辛さと独特の風味があるのが特徴です。アブラナ科アブラナ属に分類される野菜で、オランダガラシ、ミズガラシという別名もあります。クレソンの原産地はヨーロッパ中部や中央アジアと言われていて、日本では山梨県や沖縄県などが主な産地となっています。独特な辛さと香りの成分であるシニグリンが豊富に含まれていて、強い抗菌作用による食中毒の防止が期待できます。ビタミンCモ豊富に含まれているため、アンチエイジングや免疫力アップに効果的です。βカロテンビタミンAも含まれていて、細胞のガン化を防ぐ効果や皮膚、粘膜を健康に保つ働きもあります。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ4選

    クレソンは食べると独特の辛みがあり、別名オランダガラシとも呼ばれます。中部ヨーロッパ原産の野菜で、日本では山梨県・栃木県・沖縄県などで生産されています。旬は3月~5月にかけての春になりますが、スーパーなどで売られているものはほとんどが栽培物になります。生のままサラダなどに使うのはもちろん、火を通してもおいしく食べらます。クレソンに含まれるシニグリンには食欲増進や脂肪の分解を助ける効果があり、肉の脂っぽさを緩和してくれるため肉料理のつけあわせにもよく使われます。緑黄色野菜に属すため抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムやカルシウムを含んでいます。水を張ったコップなどに入れておくと長持ちしますよ。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのクレソンを使った人気レシピ10選

    肉料理や魚料理など、西洋料理の付け合わせとして人気のクレソン。ほのかな辛みとスパイシーな香りが特徴です。近年では、おひたしや和え物、サラダやスープなど、バラエティ豊かに活用されています。クレソンには、強い抗酸化力があり、生活習慣病の予防に役立つβカロテンや、美肌に効果があるビタミンC、整腸作用のある食物繊維や、骨や歯を丈夫にするカルシウムなど、さまざまな栄養が含まれています。クレソンの辛み成分であるシニグリンには、殺菌作用や食欲増進効果もあり、食中毒の予防や夏バテにもおすすめの食材です。ぜひ、風味豊かなクレソンを使って、一味違う料理を楽しんでみてください。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    クレソンは別名オランダガラシとも呼ばれ、カラシと名のつく通り独特の辛みが特徴です。この辛みは大根やわさびなどにも含まれているのと同じシニグリンという成分で、脂肪の分解を助ける効果や食欲を増進させる効能があります。そのため肉料理の付け合わせに使われることが多く、脂っこい料理を食べる時におすすめの野菜です。生でサラダやサンドイッチに入れたり、炒め物や和え物、スープなど火を通してもおいしく食べられます。とても栄養価が高く、抗酸化作用があり心筋梗塞や動脈硬化を予防するβカロテン、歯や骨の形成にかかせないカルシウムが豊富です。生でも食べられるので栄養素を壊すことなく摂れるのもうれしいですね。クレソンはプランターでベランダでも栽培できるので、家で育てて採れたてのクレソンを料理に使うのもおすすめですよ。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    3月から5月にかけて旬を迎えるクレソン。独特の香りとピリッとした辛みが特徴のクレソンは、肉料理や魚料理の付け合わせに大活躍する緑黄色野菜です。クレソンの辛み成分には、食欲の増進や胃もたれの予防、殺菌効果などがあり、脂っこい料理との相性が抜群です。炒めたり煮たりおひたしにしてもおいしいクレソン。近年は、茎をやわらかく改良したサラダ用のクレソンもあり、生のままサラダとしても楽しめます。クレソンにはビタミンCやβカロテン、カルシウム、カリウムや食物繊維などが豊富に含まれており、健康生活をサポートしてくれます。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    クレソンはステーキや魚料理などの付け合わせとしてよく使われる食材です。家庭料理よりもレストランなどでよく見かけますよね。ホームパーティなどでクレソンを使った料理を出せば一気に本格的でオシャレに仕上がりますよ。βカロテン、カルシウム、ミネラル、ビタミンCなどの栄養もたっぷり含まれている、栄養満点な野菜です。こちらのレシピでは、クレソンをメインにしたレシピから、香り付けや料理の添え物として使っているレシピまで幅広くご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。クレソンには独特の香りと辛みがあるので、苦手な方も少なくないですが、ドレッシングをかけると食べやすくなるのでぜひ積極的に食べてくださいね。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    爽やかな香りと辛味・苦味が特徴のクレソンは栄養密度の高いスーパーフードとして注目を集めています。クレソンのピリッと舌を刺すような独特な風味には「シニグリン」という成分によるもので、わさびや大根などにも含まれています。シニグリンには唾液や消化液の分泌を促す働きがあり、食欲増進や消化を促す作用がありますよ。食事の最後に食べることで口臭予防にも繋がり、香りの強い食材と合わせるとより効果的です。生のままでは苦味や辛味が気になるという場合は、さっと湯通したり、スープや炒め物に加えてみてください。グリーンスムージーにしてもおすすめですよ。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    さわやかな香りと辛みが特徴のクレソン。「オランダ水がらし」とも呼ばれ、ヨーロッパが原産の水生植物です。クレソン特有の辛みは、シニグリンという成分で、食欲増進や利尿作用があります。クレソンには、骨や歯を丈夫にするカルシウム、高血圧予防に効果的なカリウムや、がんや動脈硬化の予防に役立つβカロテンなどが豊富です。鮮やかな緑色で、軸がまっすぐに伸びているものを選ぶのがポイントです。しんなりしてきたら、水に浸すとシャキッと元気になります。特有の風味で、肉の油っぽさを和らげてくれる効果のあるクレソンは、肉料理に添えられることが多いですが、サラダや和え物、ピューレなど、さまざまな料理にアレンジして利用されています。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    ミズガラシとも呼ばれ、独特の香りとピリッとした風味が特徴のクレソン。3月から6月にかけて旬を迎えます。クレソンはお肉料理などの付け合わせ野菜として人気がありますが、サラダや炒め物、スープや和え物、おひたしなど、さまざまな料理に活用できます。クレソンの辛み成分であるシニグリンには抗酸化作用や利尿作用、食欲増進の効果があります。クレソンには、イライラの解消や骨や歯を丈夫にするカルシウム、高血圧の予防に効果的なカリウムや、皮膚や粘膜、目などの健康維持をサポートするβカロテン、造血作用のある鉄などが多く含まれています。抗酸化作用や美肌に効果があるビタミンCも多く含み、鉄の吸収をサポートする働きもあるため、効率よく鉄を摂取できます。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ8選

    ステーキに添えられることの多いクレソン。「オランダからし」とも呼ばれる野菜で、辛みや苦味があるのが特徴です。名前の通りヨーロッパが原産ですが、現在では山形県が40%前後、栃木県が30%前後の生産量を持っています。繁殖力が高い野菜のため、各地の小川などで群生していると言われています。野生のクレソンは3月から5月にかけてが旬ですが、栽培物は1年中出回っているのがポイント。いつでも安定して出荷されているため、食卓に取り入れやすい野菜と言えます。クレソンは100gあたり2700μgものカロテンが含まれていて、皮膚や粘膜、目を健康に保つ働きがあります。カルシウムや鉄分、ビタミンも豊富なので、美容や体の成長にも欠かせない栄養素が詰まっている野菜です。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    クレソンは独特の辛みが特徴で、この辛みはシニグリンという成分で大根やわさびになどにも含まれています。別名をオランダガラシとも言い、シニグリンには食欲増進や脂肪の分解を助ける効果があるとされています。脂っこい肉料理の付け合わせによく使われるのも、シニグリンの脂肪分解成分のためです。辛味があるため好き嫌いが分かれることがありますが、クレソンはとても豊富な栄養素を含んでいます。シニグリンは他にも食欲増進作用があり、心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果があるβカロテン、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、歯と骨の成形に欠かせないカルシウムなどが含まれています。生でも火を通しても食べることができ、サラダ・お浸し・炒め物・和え物などに使われます。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ぴりっとした味わいが特徴のクレソン、鮮やかな緑色で料理のメインや彩りとして添えられるなど、色々な使い方のできる野菜です。別名オランダガラシとも呼ばれ、すがすがしい風味と大根に似たような辛味を持っています。これは食材の脂っぽさを緩和してくれる効果があると言われています。そのため、ステーキやハンバーグなどの料理には西洋わさびの代わりとして使われることも多くあります。そんなクレソンですが、旬は3月~5月が最も色が鮮やかで食感も柔らかく、食べやすいと言われています。ですが、市場に出ているものは年間通して均一に栽培されているため、安定した味わいと言えます。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    スーパーで見かけることが多くなったクレソン。ヨーロッパが原産で、日本には明治時代に入ってきたと言われています。さわやかな風味があり、辛みと苦みがあるのが特徴です。クレソンの旬は3~5月の春ですが、市場に出回っているのは栽培ものなので、年中手に入れることができます。クレソン特有の苦みと辛みは、料理に使うとアクセントになり、味を引き立ててくれます。脂っぽい肉料理に添えられていることが多いですが、いろんな野菜と組み合わせてサラダにしたり、さっとゆでてあえ物にしたり、炒め物にしたりとさまざまなおかずに変身します。クレソンは緑黄色野菜なのでβカロテンが多く含まれ、カリウムやカルシウムも豊富なヘルシー野菜です。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    メイン料理に添えられているイメージのあるクレソン。独特の苦みと辛みが特徴です。クレソンはとても栄養豊富で、女性が食べるとうれしい効能がたくさんあります。クレソンの辛味成分「シニグリン」は食欲増進や血行を促進するほか、脂肪を消化するというダイエット中の人にはうれしい効果があります。また、βカロテンも豊富で、美肌効果があるほか、アンチエイジングに期待できます。βカロテンは熱を加えても栄養素はほとんど減らないので、炒めものや焼き物に混ぜても効果が得られるのはうれしいですね。その他にも、美容効果があるビタミンCやむくみを取るカリウム、肌をきれいにするビタミンAなど、女性にうれしい栄養がいっぱいです。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    クレソンは旬が4月~5月になりピリッとした辛みが特徴的です。主な成分は水分で低カロリーな野菜なのでダイエットにも向いています。クレソンはビタミンAを豊富に含み老化や病気の原因となる活性酸素を抑える働きや肌を健康に保つ働き、発がん抑制作用などがあります。クレソンの特徴である辛み成分はシニグリンという成分によるもので口臭の予防効果があります。また肉料理との相性が良く、脂質の消化を助ける働きがあり、中でもあえるレシピは簡単なので人気があります。美肌効果がある野菜なので女性は特に積極的に摂取したい食材と言えます。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    ぴりっとしていてほろ苦い味わいが特徴のクレソン。さっぱりとしているため、ハンバーグなどの肉料理に添えられていることがおおくあります。これには独特の風味と辛味が肉を食べたときの脂っぽさを緩和してくれるためです。別名オランダ水がらしとも呼ばれており、河原や小川など、水気のある場所に生息している水生植物となります。旬は春となり、3~5月のものは色あざやかで柔らかいため、食べやすいです。ですが、市場に流通しているものは栽培されているものがほとんどなため、通年通して食べやすくなっています。そんなクレソンですが、抗菌作用があるため、日常的に摂取することをおすすめします。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    シャキッとした食感にほろにがさとピリッとした味わいのクレソン。サラダやお浸し、料理の彩として添えられるなど、幅広く活躍してくれる野菜です。クレソンはオランダ水がらしとも呼ばれていて、すがすがしい風味と、大根に似た辛みをもっています。よくステーキやハンバーグに添えられているのは特有の辛み成分が肉の脂っぽさを緩和してくるためなんです。そんなクレソンですが、野生のものであれば旬は3~5月がもっともの柔らかくて色鮮やかです。ですが、一般的に流通しているものは栽培ものとなるので、1年中柔らかく食べやすいクレソンを手に入れることができます。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    クレソンはヨーロッパが原産の水生生物です。日本には明治時代に持ち込まれたと言われていますが、非常に繁殖能力が旺盛で、各地の河川敷や小川に生息しています。クレソンは別名「オランダ水がらし」とも呼ばれ、大根にも似た辛みを持っています。よくステーキなどの肉料理に添えられていますが、この特有の風味や辛みが肉の脂っぽさを緩和してくれるからでもあります。また、抗菌効果や血液酸化防止の効果もあるほか、ℬカロテンが豊富で抗発がん作用や動脈硬化の予防、髪の健康維持や視力維持など、健康を維持するために必要な成分が多く含まれているのです。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    クレソンは春が旬です。栽培が可能な野菜ですのでスーパーでは一年を通して売られています。クレソンは独特な香りと辛味があり料理の味を引き立ててくれる食材です。緑黄色野菜であるクレソンには動脈硬化予防やがん抑制作用があるカロテンが豊富に含まれています。またカルシウムやカリウムが多く含まれていますので積極的に料理に取り入れたい食材です。魚料理、肉料理には横に添えられていることが多く脇役のイメージがあるクレソンですが、サラダ、天ぷら、お浸し、和え物等にして食べるレシピもおすすめです。様々な調理法がありますが揚げるレシピに注目して紹介します。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ8選

    クレソンはアブラナ科の多年草でオランダガラシとも言い、中部ヨーロッパ原産の野菜です。繁殖力が強く、ベランダなどでプランターで栽培することができます。食べると独特の辛みがありますが、この辛みは大根やわさびになどに含まれているシニグリンという成分です。シニグリンには食欲増進や脂肪の分解を助ける効果があり、脂っこい肉料理に合わせるのがおすすめです。クレソンはスーパーフードと言われるほど栄養価が高く、抗酸化作用のあるβカロテンや体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、カルシウムが豊富ですよ。そのまま生で食べるのはもちろん、肉や魚料理の付け合わせやお浸し、揚げ物にしてもおいしく食べられます。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ8選

    ピリッとした辛みと爽やかな香りのクレソン。3月〜5月にかけて旬を迎える春野菜で、香りの良さを楽しむには、手に入れたら早めに食べることをおすすめします。生のままお肉料理の付け合わせに使われることが多いですが、辛みや苦味にクセがあるため食べにくさが気になる場合は加熱することで和らぐのでぜひ試していただきたいです。加熱することで量も減るのでたっぷりと食べられますよ。和・洋・中と様々な料理にもよく合い、アレンジ自在で楽しめます。クレソンには付け合わせだけでは勿体無いほどのビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養素がバランスよく含まれ、健康と美容に効果が期待されます。食べやすく工夫してクレソンの香りを楽しみましょう。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    メインディシュの添え物として使われることの多いクレソン。別名「オランダカラシ」と呼ばれ、ヨーロッパ原産で日本に持ち込まれたのは明治のはじめとされています。辛味や苦味の元は、わさびや大根にも含まれる「シニグリン」という成分ですが、消化を助ける働きや口臭予防の効果があります。肉料理などに添えられるのも納得ですね。カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミンを豊富に含み、私たちの健康な体を保つためには必要な栄養ばかりです。繁殖力が強く、近年では家庭菜園を楽しむ方々の間でも人気ですよ。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    付け合わせ野菜というイメージが強いクレソン。独特な香りと辛みが料理のアクセントになって、特に西欧料理に使われる食材です。クレソンの旬は春ですが、日本各地で栽培されるようになり通年を通して手に入れることができるようになりました。クレソンには抗酸化作用のあるβ-カロテン・ナトリウムを排出するカルシウム・鉄・ビタミンCなど豊富な栄養素が含まれています。独特の味わいと辛みがあるため好き嫌いが分かれますが、体にいい野菜なのでぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社