キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

クレソンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

クレソンはアブラナ科の多年草で、中部ヨーロッパ原産の野菜です。生でも火を通しても食べることができ、サラダやお浸し、和え物、炒め物などに使われます。名前をオランダガラシとも言い、独特の辛みがありこの辛みは大根やわさびなどに含まれる成分と同じです。クレソンの辛み成分は脂肪の分解を助ける効果があるため、脂っこい肉料理に合わせることが多いのもこのためです。プランターで簡単に栽培できるので、家庭菜園で栽培してもいいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてクレソンのレシピを紹介しています。クレソンを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

クレソンの栄養素

クレソンに含まれる辛み成分はシニグリンと呼ばれ、食欲増進や脂肪の分解を助ける効果があります。脂っこい肉料理の添えられることが多いのもそのためです。クレソンは抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、ガン・動脈硬化・心筋梗塞の予防に効果があります。骨や歯の形成に欠かせないカルシウム、体内の余分なナトリウムを排出してむくみを防止するカリウム、鼻や喉などの粘膜を正常化する働きのあるビタミンAやビタミンCが含まれています。

クレソンの旬

野生に自生しているクレソンは3~5月が旬で、初夏の6月中旬になると茎が太くなり硬くなるので春に収穫するのがおすすめです。スーパーなどで買えるクレソンはほとんどが栽培もので、一年を通じて流通しています。沖縄県で生産されているクレソンは、11月~3月までが旬になっています。クレソンはプランターでベランダでも簡単に栽培できるので、家庭菜園で育てて料理に使ってみてはどうでしょうか。

クレソンの産地

! /image/〇〇
クレソンはヨーロッパが原産で、国内の生産量では山梨県がトップになっており次いで栃木県が続いています。この二県が生産量のほとんどを占めており、その他には和歌山県、大分県、徳島県、神奈川県の生産量が多くなっています。山梨県南都留郡道志村は日本一のクレソンの生産地として知られ、生産量の3割弱を占めています。道志村ではクレソンケーキやクレソンジュースなど、クレソンを使ったご当地商品が人気を集めています。

クレソンの選び方

クレソンを選ぶ際は葉がきれいな濃い緑色で、みずみずしく先までハリがあるものがおすすめです。葉が密集してしっかりしたものが良く、茎が締まって余分なひげ根がないものを選びましょう。乾燥してしなびているものや、黄色味を帯びて変色したものは避けてください。香りも必ずチェックして、香りの強いものがより新鮮な証拠です。軸が太くまっすぐに伸びていて、曲がっているものは収穫してから時間が経っているものです。

クレソンの保存方法

クレソンは水辺で育つので、コップに水を入れて茎が水に浸かるようにクレソンをさします。乾燥しないようにビニール袋に入れて冷蔵庫に入れて保存します。水をこまめに取り換えるのを忘れないようにしましょう。湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで包んで、立てて冷蔵庫に保管するのもおすすめです。寝かせたまま保存すると、クレソンが上に伸びようとしてエネルギーを使うのでストレスがかかり傷みやすくなるので、立てて保存するのがポイントです。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

クレソンの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

クレソンの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

クレソンの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

クレソンの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

クレソンの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

クレソンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社