キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

セリをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

せりはセリ科の多年草で、春の七草の一つになっています。水分の多い土壌を好みあぜ道や水辺の浅瀬に自生しているため、季節になると自分でせりを採ることができます。シャキシャキとした歯ごたえと独特の風味と味わいが料理にアクセントを加えて、和え物やナムルによく使われ仙台ではせり鍋が名物になっています。古事記や万葉集にもせりについて記述されており、日本で古くから食べられている歴史の長い食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてセリのレシピを紹介しています。せりを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 朝ごはんにオススメのせりを使った人気レシピ10選

    独特な香りと味わいが特徴的なせり。春の七草に使われる、野菜の一つです。全国に自生していますが、春先に旬を迎えます。野生のものを摂って食べることもできるので、散策しに行くのも楽しいかと思います。そんなせりですが、せりには身体に欠かせないビタミンCやミネラルなどが豊富に含まれています。ビタミンCは免疫力を高める上に、活性酸素の働きを抑え老化防止やお肌にうるおいを保つ効果もあります。また、ミネラルは血液や骨の生成には欠かせない成分です。健康や美容にとても良い野菜ですので、ぜひ手にはいったら美味しく調理してみてください。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    冬から春先にかけて旬を迎えるせり。春の七草の一つで、独特の香りとシャキシャキとした食感が特徴です。せりにはアンリエイジングや美肌、風邪予防に効果があるビタミンCや、生活習慣病の予防に役立つβカロテンが豊富です。整腸作用のある食物繊維や、造血作用のある鉄などのミネラルも多く含まれています。せりの香り成分には鎮静効果や血栓予防、肝機能を強化する働きもあり、せりは積極的に取りたい健康野菜です。せりは鮮やかな緑色で、葉先から根元までピンハリがあるものを選ぶのがポイント。汁ものや鍋物の具にしたり、和えたり煮たり炒めたり、さまざまな調理方法でせりの香りと食感を楽しむことができます。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    シャキシャキの食感が特徴のセリは、春の七草にも数えられる日本原産の野菜です。セリを代表するきりたんぽ鍋をはじめ、汁物、炒め物、和え物、天ぷら、和え物、お浸しなど様々な料理とも相性も良く、加熱してもシャキシャキ感と香りが残ることが特徴です。食物繊維を多く含むヘルシーなセリは体の抵抗力を強めるβカロテンや、血液を固まりにくくするビタミンK、新しい赤血球を作る葉酸などを多く含みます。セリは根の部分に香りがあるため根本ギリギリまで使い、茹でる場合はたっぷり沸かした湯に塩を加えてさっと茹で、すぐに冷水にとって色留めしましょう。しばらくさらすことでアクが抜けてより食べやすく仕上がりますよ。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    独特な風味のあるせり。炒め物や浸しなど、様々な料理で活躍してくれる野菜で、料理のアクセントになってくれますよね。せりはセリ科の多年草で、日本全国で自生している野菜です、古くから食べられていたことも記録に残っているようです。また、せりは春の七草の一種で、健康に良いこともわかりますよね。主な成分としてはビタミンCやミネラルが豊富で、ビタミンCには免疫力を高めると言われています。老化防止やお肌に潤いを保つ効果もあるので、ダイエット中などで食事制限をしている人にもおすすめです。また、ミネラルには血液や骨の育成にも欠かせない成分が詰まっているのでお勧めです。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    春の七草の一つであるせり。独特の香りと苦味が特徴です。せりの香り成分であるピラジンとオイゲノールには、血栓予防や肝機能を向上させる働きや鎮静効果があります。せりには風邪予防やアンチエイジング、美肌効果があるビタミンCや生活瞬間病の予防や免疫力の向上をサポートするβカロテン、便秘解消に役立つ食物繊維、貧血予防に効果的な葉酸や鉄分が豊富です。せりは、根、茎、葉と部位によって硬さが異なります。硬い部位から順に入れ、さっと茹でるのがポイント。せりは乾燥に弱いので、湿らせたキッチンペーパーで根元を包み、保存袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存するのがおすすめです。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    スッとまっすぐに伸びた見た目と、独特な風味をもつ、せり。正月に食べる七草がゆや、秋田のきりたんぽ鍋にはかかせない食材で、その青い味わいを楽しむ人も多い食材です。ビタミンCやミネラルが豊富に含まれており、免疫を高めたり、活性酸素の働きを抑えて老化を防止する効果も期待できます。また、せりの青々とした葉や茎にはℬカロテンがたっぷりと含まれていて、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きもあると言われています。そんなせりですが、選ぶ際には葉がみずみずしく鮮やかな色をしたものをお勧めします。茎があまり太くなく、茎や屋がシャキッとしているものがより新鮮です。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    鮮やかな緑色をした、せり。春の七草の一種で、食べると万病を防ぐと言われている、とても健康によい食材です。せりは全国に自生しており、天然物であれば春に旬を迎えます。また、栽培されているものであれば通年収穫でき、流通もしています。そんなせりですが、ビタミンCやミネラルが豊富で、ビタミンCには免疫力を高めるとともに、活性酸素の働きを抑えて老化防止、お肌の潤いをたもつ働きがあります。そして、食物繊維も豊富なため、腸内環境を正常化することもできます。腸内の健康は体全体の健康とも直結すると言われているため、ぜひ積極的に摂取したい食材です。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    せりは春の七草の1つで、奈良時代頃から食べられていたと言われています。三つ葉と似ていますが、三つ葉は名前の通り葉が3つ、せりは葉が5枚なのが特徴です。せりは自生しているものと栽培されたものがあります。川の近くや山など、自生のものは湿った場所で育ち、せり独特の香味が強いのがポイントです。栽培物は香りやアクが少ないため、香味野菜が苦手な人にもおすすめ。主に宮城県や茨城県で栽培されていて、通年を通して販売されています。せりは乾燥に弱いため、新聞紙などを濡らしてせりを包み、その上からビニール袋などを被せて冷蔵庫で保管しましょう。茎が曲がらないよう、立てて保管すると傷みにくくなります。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    春の七草の一つに数えられる、せり。シャキシャキとした歯触りとほろ苦い味わい、爽やかな香りが特徴的で秋から春先にかけて店頭に並ぶので、鍋の材料として人気です。せりは日本の全国各地に自生していますが、現在では栽培技術が発達し、露地栽培の他養液栽培されたせりが流通しています。肌荒れ防止や風邪の予防に役立つビタミンCや、活性酸素を抑えて生活習慣病の予防をサポートしてくれるβカロテン、胃腸を整えてくれる食物繊維など美容や健康にうれしい成分を含み、生薬として利用されることがあるせりは、日々の食卓に積極的に取り入れたい食材ですね。そんなせりを食べて、美と健康を手に入れましょう。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    日本原産の野菜の1つで、春の七草の1つでもあるせり。一般的に販売されているせりは、栽培種で茎の長い物、自生種で茎が短い物があります。日本各地の名前がついたせりも、栽培種には存在します。自生種は香りの強さが、栽培種よりも強く、やわらかい葉や茎が特徴ですが、旬は2月から4月頃と短く、栽培種の旬が11月中旬から3月下旬と長いのです。そんなせりにはカリウムなどのミネラル、ビタミンC、βカロテン、食物繊維と栄養価が豊富に含まれています。またせり特有の香りには鎮静効果のある、オイゲノールなどの成分も含まれています。せりの調理方法には炒め物、揚げ物、和え物などがあり、おつまみにもむいている食材です。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    晩秋から春先にかけて旬を迎えるせり。独特の香りと苦味を持つせりですが、春の七草の一つとして親しまれています。せりには、貧血予防に効果的な葉酸と鉄分が豊富に含まれています。特に葉酸は胎児の健康な発育に欠かせない成分で、妊娠を希望する女性や妊娠中の女性は積極的に取りたい栄養素です。せりは低カロリーな一方、整腸作用のある食物繊維、アンチエイジングやがん予防に効果的なβカロテン、免疫力を高めるビタミンCなど多くの栄養含んでいます。βカロテンは油との相性が良く、一緒に取ることで体内への吸収を高めるので、オリーブオイルなどと和えたり炒めたりするがおすすめです。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    せりは七草のひとつで、食感が良く香りが強いのが特徴的な野菜です。せりは12月~4月が旬となりますが、栽培されているため通年中売られています。新鮮なものはみずみずしさがあり、緑色が鮮やかです。根が付いているものを選ぶともちが良いのでおすすめです。乾燥しやすい野菜なので湿らせたキッチンペーパーなどで包みポリ袋に入れ野菜室で立てて保存します。せりはアクが強い野菜なので茹でて水にさらして下処理をしてから使います。火を通しすぎると食感が損なわれてしまうので注意が必要です。せりは味噌汁、鍋物、揚げ物、あえ物、おひたしなど幅広く使うことができる食材です。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    冬から春にかけて旬を迎えるセリは数少ない日本原産の野菜の一つです。「競り合う」から名前の由来がきたセリは、一か所で競い合って生育する様子から名付けられたと言われています。セリ特有の香りには、胃を丈夫にする作用や解熱・解毒の作用があるため、正月明けの疲れた胃腸を労わる春の七草には欠かせません。他にもβカロテン、葉酸、ビタミンC、カリウム、鉄などバランスよく含む万能野菜です。加熱をしても香りやシャキシャキの食感を損なわないため、おひたしや和え物、天ぷら、鍋物、汁物など様々な料理にアレンジできます。ただし煮過ぎてしまうと風味と栄養分が失われてしまうためサッと加熱することを意識しましょう。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    せり科で春の七草の1つでもあるせり。三つ葉と似ていますが、せりの葉は5枚なので分かりやすいのです。せりの旬は2月から4月です。せりの栄養はビタミンC、βカロテン、食物繊維、ミネラルが豊富に含まれています。またせりの香りに含まれる、オイゲノールなどの成分は鎮静効果があります。そしてピラジンという成分も含まれていて、肝機能を強くし、血栓を予防する効果があるのです。そんなせりの選び方は茎が太すぎず、葉の緑色がきれいな、シャキッとしたものがよく、根が付いている物の方が、日が持つのでおすすめです。乾燥しないように包んで袋に入れて、冷蔵庫に立てて保存してください。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    せりは2月~4月の春が旬で爽やかな香りと歯触りに特徴がある食材です。春の七草のひとつで、せりなどが入った七草粥を1月7日に食べると病気にならないという言い伝えがあります。せりにはビタミンC、食物繊維、ベータカロテンなどの栄養素を豊富に含み、せりの香り成分であるオイゲノールなどの成分には鎮静効果があります。せりは生薬としても活用されていて、乾燥させ煎じて服用すると解熱や神経痛リウマチなどに効果があるとされています。せりを使った主な料理にはおひたし、天ぷら、酢味噌和えや胡麻和えなどの和え物、味噌汁やお吸い物などの汁物、炒め物などがあります。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ7選

    日本全国の山野に自生しているせりですが、一か所から競り合って生えているということから「せり」という名前がつけられたと言われています。春の七草の一種でもあり、正月7日にせりの入った七草がゆを食べると万病を防げると伝えられるほど体に良いとされている野菜です。そんなせりにはビタミンCやミネラルが豊富に含まれており、免疫を高めるとともに、活性酸素の働きを抑えて老化防止やお肌の潤いを保つ効果や、血液や骨の生成に働きかけてくれる作用もあります。生薬としても使用されるほど栄養効果が高いせりはぜひ普段の食事にも取り入れていきたいですね。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    春の七草のひとつのせり。独特な香りや苦味には、食欲増進、血流の促進、血圧低下、解毒作用などの効果が期待され、パセリや三つ葉にも同様の成分が含まれています。食物繊維も豊富に含み、腸の働きを助け、便秘の解消や糖の吸収を遅らせる作用が期待されることから、野菜不足になりがちな正月に暴飲暴食をして疲れてしまった胃腸を休め、体内から余分なものを排出することに一役買ってくれる万能野菜です。一年の無病息災を願って毎年1月7日に食べられる七草粥は理にかなった食べ方ですね。収穫後はどんどん香りが弱くなるため、せりを手に入れたらなるべく早くいただきましょう。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ7選

    せりはセリ科の多年草であぜ道や水辺の浅瀬に自生し、水分の多い土壌を好みます。奈良時代には食用とされていた記録が古事記や万葉集に残されていて、古くから食べられている歴史の長い植物です。せりには特有の香りがあり好き嫌いが分かれますが、この香りにはオイゲノ―ルなどの成分が含まれ鎮静効果があると言われています。その他にもビタミンCやミネラルが豊富で、活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞を予防する働きのあるβカロテン、食物繊維も含まれています。解熱や神経痛、リューマチを治療する生薬としても使われ、体にいい成分が豊富に含まれています。お浸しやサラダ、鍋ものなどに使われ、しゃきしゃきとした食感が特徴です。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    春の七草でおなじみのせりですが、独特の香りと苦味を持ち、シャキシャキとした食感を楽しめる野菜です。せりには女性に嬉しいビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養がたっぷり含まれているんです。β-カロテンやビタミンCが豊富で免疫力を高めてかぜ予防に役立つのはもちろん、お肌の健康維持にも効果的なんです。また不足しがちな鉄やカルシウムなどのミネラルや葉酸も多く、貧血予防や骨粗鬆症の予防にもつながります。セリの苦味成分には植物性アルカロイドが含まれ、デトックス効果を持ち体の中からキレイにしてくれます。紹介する焼くレシピではお子さんも美味しく食べられる肉巻きのレシピやお酒にぴったりなレシピまで。せりの爽やかな香りや食感を楽しめるレシピがたくさんありますよ。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    春の七草のひとつである「せり」。七草がゆに入れることでも有名ですね。せりは、数少ない日本原産の野菜で、シャキシャキする心地よい食感と独特の香りが特ちょうです。冬のイメージがありますが、旬は2月~4月。この頃のせりは葉が若いのでやわらかく食べやすいんです。古くは奈良時代から食べられていたというせりですが、今の時代、あまり食べたことがない、料理したことがない、という人も多いのではないでしょうか。せりを使ったレシピといっても、実際はおかゆか汁ものくらいしか思い浮かばないことも。けれども、でも実はおひたしや、天ぷら、あえ物などいろいろな食べ方ができます。 この記事では、「せり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社