キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

くるみ(クルミ)をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ナッツの中でも食べやすく、独特の食感が人気のくるみ。ヨーロッパ南西部からアジア西部が原産地とされていて、主な生産地はアメリカのカリフォルニア州と中国になっています。殻がとても硬いため、くるみを割る専用のくるみ割り器もあります。お店で販売されているものはほとんどが既に殻を割ったもので、すぐに使えるようになっています。くるみはおつまみやお菓子などによく使われ、栄養価が高いスーパーフードとして注目されています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてくるみのレシピを紹介しています。ご飯を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

くるみ(クルミ)の旬

くるみは涼しい気候を好み、旬は9~10月になっています。くるみは木になるため、くるみが結実するには植えてから5~6年かかります。盛果期はその5年後になるため、植えてから10年を要します。日本のくるみの産地は長野県・青森県・山形県などで、縄文時代から食べられていたと言われています。秋になったらぜひ旬のくるみを使って、おいしい料理やお菓子を作ってみましょう。

くるみ(クルミ)の栄養

くるみは栄養価が高いスーパーフードとして注目されています。くるみにはポリフェノールやメラトニンなどの抗酸化物質・ビタミン・ミネラル・食物繊維・悪玉コレステロール値を下げるオメガ3脂肪酸など、体にいい栄養素が豊富に含まれています。特にポリフェノールはくるみ一掴み分で、赤ワイン一杯以上含まれていると言われています。低糖質なのでダイエット中のおやつにもおすめですよ。

くるみ(クルミ)の選び方

! /image/〇〇
くるみを買う場合、殻なしのものと殻つきのものがあります。殻なしのものを選ぶ際は塩分不使用の無添加のものか、油不使用のものかをチェックしましょう。市販のくるみは油で揚げたり塩分を加えていることがあるので、塩分とカロリーを摂りすぎてしまうことがあります。無添加で新鮮なものを食べたい場合は、殻つきのものを選ぶのがおすすめです。

くるみ(クルミ)の保存方法

くるみの保存方法は、生くるみの場合は冷蔵庫に入れて保存します。ジップロックなどの密封できる袋に入れて保存し、1ヶ月以内には食べきりましょう。長期保存したい場合は冷凍保存にすると、長く保存できます。ローストしているくるみは、日の当たらない湿気の少ない冷暗所に保存します。生くるみよりも長期で保存できますが、できるだけ早く食べ切るのがおすすめです。

くるみ(クルミ)のロースト方法

くるみをローストすると香ばしくなって、おやつやおつまみとして食べやすくなります。くるみをフライパンでローストするときは、弱めの中火で2〜3分炒ります。オーブンを使う場合は、くるみを天板や耐熱皿にのせて150℃のオーブンで約15分焼きます。電子レンジを使う場合は、くるみを耐熱皿に入れてレンジの温度を高めに設定して5〜6分加熱し、その間2分ごとに混ぜましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

くるみ(クルミ)の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

しめじを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

しめじには、ほんしめじとぶなしめじがあります。スーパーには通年中出回っています。人工栽培の為スーパーに並んでいるのはぶなしめじが一般的です。白いしめじはぶなぴーという名前で販売されています。しめじは大変栄養価が高いきのこです。コレステロールを低下させて高血圧の予防にも効果があります。しめじは野菜との相性も良く炒め物に最適です。炒める際に触りすぎると水分が出てしまうのできつね色になるまで触るのを我慢してください。しめじは鍋や味噌汁などの汁物や肉巻きなどの焼き料理、天ぷらにしてもおいしくいただくことができます。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

しめじは椎茸と共に料理によく使われるきのこの代表格です。香りや味などクセがなく、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。炒め物やパスタ、スープや煮物などのさまざまな料理に使われ、冬は鍋ものの具材として活躍します。価格も安くお財布にもやさしい主婦の強い味方で、冷蔵庫にいつも常備しておきたい食材です。100gで約18kcalと低カロリーなのでダイエット中のかさ増しの材料にも活躍して、使い勝手がいいのも魅力です。しめじには食物繊維・カリウム・鉄分・ビタミンB群、ビタミンDなど体にいい栄養素が豊富に含まれています。その他にも疲労回復に役立つグルタミン酸や、美白効果に効果のあるチロシナーゼ阻害物質なども含まれ積極的に摂りたい食材です。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

しめじは低価格で使い勝手がよく、冷蔵庫に常備しておきたい人気のきのこです。冬は鍋料理に必ず使われる食材で、その他にもパスタや炒め物、煮物やスープなどさまざまな料理に使うことができとても便利です。しめじは100gで約18kcalと低カロリーなので、ダイエット中も安心して食べられます。料理のかさ増しにも活躍して、お財布にもやさしい主婦の強い味方です。しめじにはカリウム・鉄・ミネラル・ビタミンB群・グルタミン酸など体にいい栄養素が豊富に含まれています。食物繊維も豊富なので、胃腸の調子を調え便秘の解消にも効果があります。しめじは美容や健康のためにも、積極に料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

きのこの中でも、食卓にかかせない食材として人気の「しめじ」。カットせずにそのまま手でほぐして料理につかうことができ、きのこの形そのままで使えるので料理のアクセントにもなります。低価格なので料理のかさ増しにも活躍して、お財布に優しいのもうれしいですね。しめじはβグルカンが豊富に含まれており、免疫力を高める効能があります。食物繊維も多いので便秘解消に効果があり、低カロリーなのでダイエット中の方に適した食材です。しめじは鍋料理やパスタ、スープなどさまざまな料理に使われ、どんな食材とも合わせやすく料理に取り入れやすいです。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

くるみ(クルミ)の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

しめじを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

日本でしいたけと同様によく食べられるきのこが「しめじ」です。臭いや味にくせがなく食べやすいのが特徴で、鍋料理やパスタ、炒め物などどんな料理にも合わせやすいです。包丁で切らなくても手でほぐせばすぐに使えるのも便利で、色々な料理に活躍します。あまり栄養がなさそうなしめじですが、日本人に不足になりがちな必須アミノ酸の一種「リジン」を含んでいます。その他にもビタミンD・ビタミンB1、B2・ナイアシンなど豊富な栄養素が含まれており、食物繊維も豊富で胃腸の調子を調え便秘の解消に効果がある野菜です。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

料理に取り入れやすいきのことして人気のある「しめじ」。包丁を使わず手で割いて簡単に使えるのが便利で、さまざまな料理に使われます。和風の出汁や洋風の料理ともよく合い、低価格なのでお財布にやさしい野菜として人気があります。きのこそのものの形を料理に使えるので、見た目のアクセントにもなるのが魅力です。低カロリーでかさ増ししやすく、食物繊維が豊富なので便秘の解消にも効果がありダイエット中の食材としても活躍します。しめじは炒めたり蒸したりとさまざまな調理法に使えますが、今回はたくさんあるレシピの中でもしめじを煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。」

しめじを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ10選

秋の味覚の一つでもあるしめじ。キノコ類に含まれる豊かな香りは食欲をそそり、「食欲の秋」にぴったりですね。炊き込みご飯との相性はぴったりで、炊き込むことで香りはさらに増し、様々な具材と合わせることで栄養バランスも整いますよ。味にクセがないしめじは、和洋中と様々な料理にアレンジでき、ピラフやチャーハンまで炊飯器一つで出来るので忙しい毎日の献立に大助かりです。しめじは冷凍保存に適していて、長期保存はもちろん、旨味成分や栄養が外に出やすくなるため凍ったまま炊き込みご飯にセットすれば丸ごと栄養を体に取り入れることができますよ。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

ヘルシーで食物繊維たっぷりのしめじは、歯切れが良いのが特徴です。しめじにはうまみ成分であるグルタミン酸も豊富に含まれています。和食の出汁を効かせた料理にピッタリですが、味にクセがないので洋風のレシピにも良く合います。選び方のポイントは、軸が太めでかさが開いていない物を選んで下さい。栄養は、食物繊維やビタミンDが豊富に入っています。食物繊維は、コレステロールを下げる効果があるとされています。ビタミンDは、カルシウムの吸収を促すので骨粗鬆症の予防にもつながります。また低カロリーなしめじはダイエットにもピッタリです。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

くるみ(クルミ)の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

どんな料理にも幅広く活躍する「しめじ」。常備している方も多いと思いますが、健康維持に嬉しい効能を持つ食材なんです。しめじにはカルシウムの吸収を助け、骨や歯の健康に欠かせないビタミンDが豊富です。ビタミンB群も多く、ビタミンB1は疲労回復に役立ち、精神を安定させる働きもあります。ビタミンB2はカラダの成長を促進する作用があるので、育ち盛りのお子さんは特に積極的に取り入れたいですね。食物繊維はさつまいもよりも多く、便秘解消はもちろん有害物質を排出するデトックス効果も。食感も良く、どんな食材とも相性抜群のしめじ。他の野菜や具材と合わせて料理に使うことで、カサ増しになり満腹感も得られます。和洋中さまざまなバリエーションのおかずレシピがありますよ。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

しめじは包丁を使わなくても、石突をとってほぐせばすぐに使える便利なきのこです。きのこそのものの形のまま料理に使うことができるので、料理のアクセントにもなります。クセのない味わいがどんな料理にも合わせやすく、炒め物やオーブン料理、麺類の具材やスープなどさまざまな料理に使うことができます。醤油や酒などの和食の調味料から、バターやオリーブオイルなどの洋風の調味料にもよく合います。あまり栄養がなさそうなしめじですが、カリウムや鉄などのミネラルや日本人には不足がちなアミノ酸の一種のリジンを含んでいます。食物繊維も豊富で便秘の解消にも役立ち、体にいい栄養素がたくさん含まれているので料理に積極的に使いましょう。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

さつまいもと同じくらいの食物繊維を含むしめじは、低カロリーでダイエットに適した食材です。キノコ類に含まれる食物繊維は、コレステロール値を下げる働きがあり、生活習慣病の予防にも効果が期待されます。ビタミンB1、B2、Dも豊富に含み、粘膜や皮膚を守る作用の以外にも、疲労回復、精神安定など、忙しい毎日を送る私たちには欠かせませんね。味にクセのないしめじは、和風な和え物やパスタ、肉料理との相性も良く、キノコが苦手な方も挑戦しやすいですよ。いつもの献立に手軽にプラスして栄養バランスを整えて元気な毎日を送りましょう。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

どんな料理にも合うしめじは、使い勝手も良く、比較的安価に手に入れることができるので私たちに馴染み深い食材です。しめじをプラスすることで料理もボリュームアップし、食べ応えが出るのでダイエット中にもおすすめです。さらにレンジを使って調理をすれば、余分な油を使わず、栄養も逃さず取り入れることができるのでダイエット中の強い味方です。食物繊維やビタミンDを多く含むしめじは、便秘などの腸トラブルの予防、骨粗鬆症や口内炎予防、アンチエイジング効果などが期待され、美と健康を気にする私たちには欠かせません。美味しく毎日の食事にプラスしましょう。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

くるみ(クルミ)の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

独特の食感と旨味を持つ万能食材「しめじ」。歯ごたえも良くどんな料理にも幅広く使える便利な食材です。低カロリーで食物繊維が豊富なしめじは、腹持ちも良くダイエットにも活躍します。不溶性の食物繊維が多く便通改善に役立ち、同時に老廃物を排出してくれるデットクス効果もあり、美肌や健康増進につながります。しめじのもつβ-グルカンは腸内環境を整え、免疫力を高める効果を持ち、かぜ予防やがん予防にも期待されています。骨の形成に欠かせないビタミンDやビタミンB群が豊富で、疲労回復や二日酔い対策に有効な栄養分も含まれているため、お酒のおつまみにもぴったり。豆腐ハンバーグや厚揚げにかけるあんかけの具材として活躍するレシピやお酒が進む炒め物、煮物のおつまみレシピもありますよ。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

しめじは秋の味覚であるきのこの中でも、人気があってポピュラーな食材です。他のきのこに比べても食物繊維が多く、低カロリー。ダイエット中の人はぜひ食生活に取り入れたいですよね。1年を通して、安定した安さで販売されているのも主婦にとってはうれしいところです。しめじとご飯を組み合わせたレシピとなると、やはり浮かぶのは、「炊き込みご飯」ですよね。もちもちのご飯に、しめじ特有の食感がよく合います。ご飯をたくさん食べたいときに、しめじの量を増やせば、かさ増しになってカロリーも抑えられますね。しめじの香ばしさを味わいながら、ご飯をおいしくいただきたいですね。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

しめじは、他のどのきのこよりも食物繊維が多く含まれています。カロリーが低いため、きのこ類はダイエット食材としても人気。また、年中通して安定した安さであるのも、大きな魅力です。しめじは、ホワイトソースや、マヨネーズ、トマトソースなどと一緒に調理すると、パンとの組み合わせもばっちりで、レシピの幅も広がります。忙しい朝や簡単に済ませたいランチなど、パンレシピはとても便利。しめじなど、具材をたくさん使うと豪華でボリュームのあるパンレシピができ、おなかも満足できますよ。冷蔵庫にしめじがあったら、パンと組み合わせるアイデアはいかがでしょうか。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 [消さないでください] 執筆が終わりましたら、以下の項目の◯白丸を●黒丸に変えてください。 全部●がつくか、●にできないものは理由を記載して提出をお願いします。 ●長い固有名詞が含まれるものを除き、15文字以上他サイトと同じ表現になっていない。(コピペのままになっていない) ●要件定義のキーワードが適切に盛り込まれている ●概要文・本文ともに指定文字数を守って、執筆漏れなく全て執筆している ●【消さないでください】と書いてある項目を除き、指示書きや参考URL、文章をくくる「」など、掲載において不要なものを削除している→{ }で括られた部分は全て削除して下さい。 ●基本的な日本語が整っている(誤字脱字、主語述語の乱れ、接続詞の多用、同じ文末表現の多連続などがない) トップ画像  1190939764 https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/japanese-shimeji-mushroom-sauteed-blue-cheese-1190939764?src=dTwGS8ifvkCueUUmgF7sUg-2-17 *この部分は別紙②【キッチンブックストック用】ストック作成マニュアル参照

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

1年を通して安価な値段で安定しているのがきのこ類。栄養も満点で、私たちの食卓にも頻繁に登場します。なかでも、しめじは料理に使いやすく、きのこの中でも身近な食材といえます。しめじには、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや、疲労回復に役立つグルタミン・グルタミン酸など、体にいい栄養分がたっぷり詰まっています。さらに100グラムでたったの18キロカロリーと低カロリー。ダイエットにはうってつけの食材です。そんなしめじは、麺類との相性も良く、組み合わせやすいのでレシピもたくさん。麺類と一緒にゆでたり、炒めたりできるのでとっても楽ちんです。簡単にできる時短レシピも多いので、忙しいときには助かりますよ。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

くるみ(クルミ)の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

手軽に購入できて、和風、洋風、中華風、どんな料理にも合わせやすいしめじ。季節を問わずスーパーに並んでいますね。しめじがあると、メイン料理や、サブ料理のかさ増しにも大変便利です。あっさりとしていながらもうま味があり、使いやすい食材です。常備している家庭が多いのではないでしょうか。生のしめじは100gあたり18kcalと低カロリーで、しかも食物繊維が豊富に含まれています。ダイエット中や便秘で悩んでいる時の献立に重宝しますね。夕飯などによく使われるしめじですが、ちょっと気分を変えてしめじを使ったおやつを作ってみませんか。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

スーパーに行くとバラエティ豊富なきのこが並んでいます。しめじは1年を通して手に入りやすく、手頃な値段なので、身近なきのこだと言えるでしょう。しめじには、グルタミン酸やグアニル酸などのうま味成分が含まれています。買ってきたしめじをそのまま調理するのはもちろん、少しだけ手間を加えて、冷凍したり軽く天日干しにしてから調理すると、ぐっとうま味が引き出されるのでおすすめです。さまざまな味付けで楽しめるしめじ。いつもの家庭料理に、出番が多いのではないでしょうか。食物繊維が含まれているので、ダイエットや便秘の解消など、女性にうれしい食材の1つです。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

しめじを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

和洋中といろいろな料理に使いやすいしめじ。漢字だと占地、湿地と書いて一面にたくさん生える占めると湿るという2つの意味を表します。しめじはカルシウムの吸収率を上げるビタミンD、B1、B2、ナイアシンなどの栄養素が含まれています。また、うまみの素でもあるリジンは、必須アミノ酸の一種です。日本人に不足しがちな栄養素といわれいるのでで、離乳食の段階から上手に取り入れましょう。しめじを保存する際は使う分だけわけてラップに包み、冷蔵庫に入れましょう。水に弱いので、できるだけ水気のあるものとは離しておくと比較的長持ちしますよ。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

くるみ(クルミ)をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社