キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

野菜の記事一覧

キッチンブックの「野菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

広告

  • 夜ごはんにオススメのケールを使った人気レシピ10選!我が家の定番レシピに

    緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)とも呼ばれ、アブラナ科の植物であるケール。カルシウム、食物繊維、βカロテンなどの栄養価が豊富なスーパーフードでもあるため、「野菜の王様」とも呼ばれています。そして青汁の原料としても有名なケール。キャベツに似た形をしていますが、丸い状態に葉を巻くことはせず、広がって育つのが特徴です。温かい気候であれば通年栽培ができる植物ですが、甘みの多くなる旬は晩秋から冬の、11月から翌2月頃です。夏のケールは苦味は強くなりますが、ビタミン類やカロテンを含む量が増えます。そんなけーるにはさまざまな種類があり、この夜ごはんレシピでも、サラダ用のケールを使用しているのもあります。 この記事では、「ケール」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの高菜を使った人気レシピ10選!これさえマスターしておけばOK

    冬から春先にかけて旬を迎える高菜。葉がやわらかく、ピリッとした辛さ特徴の緑黄色野菜です。強い抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、アンチエイジングやがん予防に効果があります。また、美肌に効果があるビタミンCや、カルシウムの吸収をサポートするビタミンK、代謝を促進する働きがあるビタミンB2、むくみの解消や高血圧の予防に役立つカリウムなどの栄養素も多く含みます。高菜の辛み成分は、マスタードと同じイソチオシアン酸アリルで食欲増進の効果があります。高菜漬けにも栄養が多く含まれており、味が付いているので、調味料としても活躍します。ピリッとした辛みが料理にアクセントを加えてくれる高菜。この記事では、「高菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのこごみを使った人気レシピ10選!食材を賢く料理!

    渦巻き状の新芽が特徴のこごみ。春の訪れを感じさてくれる山菜の一つです。こごみには風邪予防や疲労回復、美肌に効果があるビタミンC、造血作用のある葉酸、整腸作用がある食物繊維、骨や歯を丈夫にするカルシウムが豊富です。また、カルシウムの吸収をサポートする働きがあるビタミンKも含まれており、効率よく栄養を摂取できます。こごみはあくがなく下茹では不要ですが、さっと茹でて冷水にさらし、色止めをすると、鮮やかな緑色になるのでおすすめです。こごみはおひたしや和え物、天ぷらや炒め物などさまざまな料理で楽しめます。ぜひ、食卓にこごみ料理を並べて、春の味覚を楽しんでみてください。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのさやいんげんを使った人気レシピ10選!まずはここからマスターしよう

    キュッキュッとした食感が特徴のさやいんげん。6月から9月にかけて旬を迎える緑黄色野菜です。さやいんげんには皮膚や粘膜の健康を維持し、がん予防やアンチエイジングに効果があるβカロテン、美肌効果のあるビタミンC、代謝をサポートするビタミンB1やB2などのビタミン類が多く含まれています。また、カリウムや鉄、カルシウム、亜鉛などのミネラルも豊富です。疲労回復に役立つアスパラギン酸も含まれており、夏バテ対策にもおすすめの食材です。さやいんげんは鮮やかな緑色でみずみずしく、ハリのあるものを選びましょう。歯ごたえを残すため、さっと茹でるのがポイント。下ごしらえをして冷凍保存をしておけば、長期間保存ができ、時短料理にも活躍します。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのむかごを使った人気レシピ10選!食材を賢く料理

    秋に旬を迎えるむかご(零余子)はヤマノイモ属の蔓になる肉芽であり、古くは平家物語にも記されています。主な産地に北海道や青森県が挙げられますが、スーパーでは余り見かけることはありません。むかごの一般的な食べ方には、米と一緒に炊飯したり、炒め物や揚げ物にしたりといった調理のバリエーションがあります。むかごに含まれる栄養素は、エネルギー生産などに関わる炭水化物・たんぱく質・脂質の他にビタミンやミネラルも含んでいます。またむかごに含まれるガラクタンやマンナンなどの粘り成分には、新陳代謝を促進する作用や老化予防の効果があると考えられています。むかごは乾燥を嫌う食品なので、保存する際は水で濡らしたペーパーなどで包み、袋に入れて冷蔵庫へ入れてください。この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのクレソンを使った人気レシピ10選!食材を賢く使おう

    添え野菜のイメージが強いクレソンですが、最近ではスーパーでも見かけるようになり身近な野菜になりつつあります。独特な香りを持っていますが、レシピのバラエティーは豊富でサラダをはじめ炒め物や和え物など色々な料理に使うことができます。クレソンが持つピリッとした辛味成分は、「シニグリン」というもので、消化促進や口臭予防などの効果が知られているため、肉料理に添えてあることが多いです。クレソンを購入するときのポイントは、緑色が濃く葉先までピンと張っているもの選びましょう。葉が黄色く変色しているものは鮮度が落ちているため、避けるようにしてください。クレソンをまだ試したことがないという方は、レシピを参考にクレソン料理を楽しんでくださいね。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのパセリを使った人気レシピ10選!食材を使い切ろう

    付け合わせなどに使われることが多いパセリは、セリ科の緑黄色野菜です。パセリのもつ香りはアピオールと言う成分で、胃液の分泌促進する働きがあるので食欲を増進する効果が期待できます。パセリは一年を通して流通していますが、旬は春と冬と考えられています。パセリに含まれる栄養素には、ビタミンエースと言われるビタミンA・C・Eやカルシウムやカリウムなどのミネラルが豊富です。パセリを保存する際は、袋に入れた状態で冷蔵庫に入れましょう。微塵切りにしたパセリはレンジなどで乾燥させれば冷凍も可能です。スーパーなどで販売されている生のパセリを購入し、使い切れない場合は冷凍保存しておくと良いですね。この記事では、「パセリ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのぜんまいを使った人気レシピ10選

    葉先がくるくると巻かれていて、特徴的な見た目をしているぜんまい。鮮やかな緑色をしており、自生しています。ぜんまいには不溶性食物繊維が豊富に含まれているのはご存知でしょうか。不溶性食物繊維は、胃や腸の中で水分を吸収して大きく膨らみます。それによって腸の動きを活発にさせる働きがあり、さらに身体に有害な物質を吸着する性質があるため、一緒に便として排出する働きもあります。ですので、腸内環境を整えるのに最適な野菜の1つと言えるでしょう。腸内環境を整えることは、健康を維持することにもつながるので、ぜひ摂ってみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのらっきょうを使った人気レシピ10選!

    カレーなどの付け合わせに使われることの多い、らっきょう。そのまま食べることもできますし、酢漬けにしてあることもありますよね。そして、辛味があるところが特徴的な野菜です。そんならっきょうですが、食物繊維の含有量は野菜の中でもトップクラスです。意外にもごぼうの約4倍、キャベツの約11倍以上もの食物繊維がらっきょうに含まれています。成人の1日の摂取基準量が約20gですので、らっきょう1個で必要分を摂取できるのは嬉しいですよね。また、ガンの発症を予防する酵素の働きを助ける作用があります。さらに胃ガン発生のリスクを高めるヘリコバクターピロリ菌を消滅させる効果もあるので、ぜひ日常的に摂りましょう。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのサラダ菜を使った人気レシピ10選!まずはこれをマスターしよう

    料理の付け合わせや、サラダとしてよく使われるサラダ菜。鮮やかな緑色で彩りも整えてくれますよね。サラダ菜とは、玉レタスの一種で、日本ではサラダ菜とされていますが、レタスに比べて結球がゆるく、僅かな苦味があります。栄養価としてβカロテンはレタスの約9倍、鉄分は約8倍あり、レタスに比べ多くのビタミン・ミネラルを含んでいます。生で食べるレシピが多くありますが、湯がいてお浸しにするなど加熱調理する食べ方もおすすめです。また、肉料理や魚料理との相性が良いので、脂の多い料理の付け合せとしても利用してみてください。 この記事では、「サラダ菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのルッコラを使った人気レシピ10選!ますはここから

    ふわっと独特の香りのするルッコラ。サラダなどに入っているとアクセントになりますよね。サラダや肉料理の添え物などとして活躍ことが多いですが、実は健康や美容にとても有効な栄養素を含んでいる見逃せない食材です。味の特徴としては、ゴマのような香りと若干の辛みと苦み。これらの風味が肉の味を引き立ててくれるので、肉料理の添え物として利用されることも多いです。そんなルッコラですが、βカロテンが豊富に含まれ、強い抗酸化作用を持ちます。若返りに効果があると言われ、髪や肌を健康に保ってくれる栄養素の一つです。そして、ビタミンCは風邪の予防や疲労回復に効果敵といわれているため、ぜひ普段から使いましょう。 この記事では、「ルッコラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの自然薯を使った人気レシピ10選!まずはこれをマスターしよう

    すりおろすと粘り気の強いとろろとなり、カットするとシャキッとして美味しい、自然薯。料理の主役にも、引き立て役にも、つなぎ役にもなってくれるようなとても万能な食材です。さらに、栄養価も高いため、食欲が少ない時などには特におすすめできる食材です。自然薯には、カリウムやビタミンEが豊富に含まれており、カリウムには体内にある余分な水分を排出する効果があります。女性では特にむくみを気にする人も多くいると思うので、むくみが気になる方はぜひ摂ってみてください。また、消化を助ける効果もあるので、食欲のない時や、体調が優れない時にも食べやすいですよ。 この記事では、「自然薯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの米なすを使った人気レシピ10選

    ヘタが緑色をしていて黒紫色をした、米ナス。米ナスは、アメリカのブラックビューティーという品種を日本で改良されたと言われています。大型ナスの総称として用いられており、果皮はかためで肉質は締まり、荷崩れしにくいのが特徴的です。基本的に加熱調理に向いているので、炒め物や煮物などに向いています。栄養素については、特に多く含まれているのはカリウムで、カリウムはナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制してくれ、尿への排泄を促す働きがあります。血圧を下げる作用があるので、高血圧を予防する効果が期待できます。健康を守るためにもぜひ日常的に摂りたい食材ですね。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • じゃがいもを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしよう

    じゃがいもはいろいろな調理法があり様々な料理を楽しむことができる食材です。種類が豊富にあり男爵、メークイン、キタアカリ、インカのめざめ、とうや、レッドムーンなどがあります。煮崩れしにくいものやホクホクとした食感が特徴的なものがあり、おすすめの料理があるので見合った調理法がおすすめです。例えば最も日本で食べられている男爵はホクホクとした食感なのでこれを活かしたふかし芋や粉ふき芋がおすすめです。一方メークインは煮崩れしにくいのでカレーやシチューなどの煮込み料理に最適です。じゃがいもを使った定番料理のレシピをピックアップして紹介しているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使ったおすすめ定番料理10選

    かぼちゃは緑黄色野菜のひとつで夏から秋が旬です。ベータカロテンやビタミンCを豊富に含み強い抗酸化作用があります。またビタミンEが豊富なので老化を防止する効果があります。新鮮なかぼちゃはずっしりと重さがあり色が濃く、切り口のヘタの部分が乾いています。カットされているものは種がふっくらとしていて、色が濃いものを選ぶと良いでしょう。カット済みのかぼちゃは比較的傷みやすいのですぐに種とワタを取り除いてラップで包んで野菜室で保存します。かぼちゃを使った定番料理のレシピをいくつかピックアップして紹介しているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なすを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしよう

    なすは淡色野菜のひとつで夏に旬を迎えます。旬の時期のなすは手ごろな価格で販売されているので手軽に購入することができます。なすにはポリフェノールの一種であるナスニンという成分が含まれていて、抗酸化作用がありなすの色素成分でもあります。調理をする際、油を使うとナスニンを吸収しやすくなるので油と併せて調理をするのがおすすめです。なすは低温障害を起こしやすい野菜なので直接冷気をあてるのは禁物です。ペーパーで包んでポリ袋に入れて野菜室で保存します。なすを使った定番料理をはじめ様々なレシピが紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスター!

    大根はみずみずし味わいで色々な調理法を楽しむことができる食材です。大根の辛み成分にはアリルイソチオシアネートが含まれていて血栓予防効果やがんを予防する働きがあるとされています。捨ててしまいがちな葉にも栄養成分があり、ベータカロテンが豊富に含まれているので炒め物や、汁物、漬物などに利用します。葉付きのものを購入した際は、葉に水分をとられてしまうので切り離して保存をします。大根は生のまま冷凍でき、食べきれない場合は冷凍保存をすると便利に使うことができるのでおすすめです。定番料理やアレンジ料理を紹介しているので参考にしてください。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • れんこんを使ったおすすめ定番料理10選!我が家のレシピはここから

    れんこんはシャキシャキとした食感が特徴的な野菜です。秋から春に旬を迎え様々なレシピを楽しむことができます。れんこんはビタミンCを豊富に含んでいて含有量はレモンに匹敵するほどです。また食物繊維を含んでいるので便秘解消効果があります。このようにれんこんは美容にも良く女性に嬉しい食材と言えます。れんこんの主成分はでんぷんなので、近年注目されている糖質ダイエットをしている方にもおすすめの食材です。きんぴらや筑前煮などれんこんを使った定番料理やアレンジ料理のレシピが豊富にあり、紹介しているので参考にしてください。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キャベツを使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番レシピはこれ!

    キャベツは価格差がありますがスーパーで通年中販売されているので身近な野菜です。キャベツにはビタミンUが豊富に含まれているので、胃の粘膜を保護するはたらきがあります。ビタミンCもまた豊富なのでカラダの錆つきを防ぎ肌を若々しく保つ働きがあるとされています。定番料理にはコールスローなどのサラダがあり他にロールキャベツやお好み焼きがあります。低カロリーでダイエットをしている方にも適した食材なのでおすすめです。定番料理をはじめキャベツを使ったアレンジ料理も人気がありレシピが豊富にあるのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番レシピはこちら

    里芋は皮をむいて加熱すると、ねっとりとした食感になるのが特徴的です。ほくほくとした芋らしさもあり、お腹にもしっかりたまります。里芋はカリウムが多く含まれています。里芋のカリウムはデンプンで守られているため熱に強く、じっくり煮込んで加熱しても栄養が壊れません。里芋は他の芋類と比べるもカロリーも低く、食物繊維も豊富に含まれているのでダイエットにも向いている食材でもあります。里芋を使った料理といえば、そのねっとりさを生かした煮物が定番ですよね。同じ煮物でも、味付けや加える具材によって印象が全く異なる料理になります。こちらの記事では里芋の煮物のレシピも多数ご紹介しています。好みの味付けを見つけて、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番レシピはこちら

    ごぼうは香りと食感を楽しむ根菜です。ごぼうはきんぴら、牛丼、煮物などの和食に使われることが定番です。見た目は茶色で華やかな食材ではありませんが、栄養価の高い野菜なのでぜひ積極的に食べてくださいね。ごぼうには「リグニン」という不溶性食物繊維と、「イヌリン」という水溶性食物繊維の両方が含まれています。ごぼうを水にさらすと茶色く濁りますよね。これは実は「クロロゲン酸」というごぼうに含まれるポリフェノールです。ごぼうを水にさらしすぎるとこのクロロゲン酸が失われてしまうので注意してくださいね。ごぼうの皮にも栄養が多く含まれているので、ごぼうの皮はピーラーなどでむかず、土をしっかり洗うイメージでたわしなどでこすって洗うのがオススメです。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • もやしを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしよう

    もやしは冷暗所で豆の種子などを発芽させて作る野菜です。太陽の光を浴びずに作るので栄養がないと思われていますが、実はビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。もやしはカロリーが低いため、ダイエット食材としても重宝されています。もやしは低カロリーなだけでなく、食物繊維も豊富なので便秘の改善にも役立ちますよ。安い値段でいつでも買える手軽さも根強い人気の理由です。もやしメニューに飽きてしまったという方は、今一度もやしを使った定番のメニューを振り返ってみてはいかがでしょうか?こちらのレシピでは焼きそば、もやしナムル、サラダなど、もやしを使ったメニューを幅広くご紹介しています。まだ試したことのないもやしメニューを見つけて、万能なもやしとこれからも長く付き合っていきましょう。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オクラを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしよう

    オクラはおひたし、和え物、炒め物などに使われる野菜です。鮮やかな緑色が特徴で、刻むと粘り気が出ます。オクラの緑色をより生かすためには板ずりをすることが効果的です。オクラは刻まず、斜めに半分にカットして料理に添えれば、料理の見た目を美しくしてくれる役割もあります。オクラのねばねばには胃の粘膜を守ってくれる効果や、夏バテを予防してくれるはたらきがあります。オクラは刻めば刻むほど粘り気が出るので、粘り気が苦手な方はなるべくカットを最小限におさえると食べやすいですよ。オクラに含まれるβカロテンの量はレタスの約3倍にもなります。夏に必要なミネラル、妊婦さんに欠かせない葉酸など、体に必要な栄養がたっぷり詰まっています。栄養満点なオクラを食べて暑い夏を乗り切りましょう。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番レシピはこれにしよう!

    こんにゃくはプルプルとした灰色の見た目が特徴的な食材です。こんにゃくはカロリーが非常に低く、ダイエット食品としても長く愛されています。低カロリーなだけでなく、食物繊維も豊富なので、便秘の改善にも効果があります。こんにゃくは板状のものが一般的ですが、麺のように細く作られたしらたきもこんにゃくの一種です。しらたきは鍋の具によく使われていますが、麺の代用品としても使えますよ。こんにゃくはきんぴら、おでん、田楽などの和風メニューに調理されます。こんにゃくのきんぴらを作るときはフライパンに油をひかず、チリチリと音が鳴るまで炒めて余分な水分を飛ばしてから味を付けるとこんにゃくにあじが染み込みやすくなりますよ。煮物にするときは手でちぎって加えるのもおすすめです。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番はこれにしよう

    ズッキーニは鮮やかな緑色をしていて、見た目はキュウリに似ていますよね。でも実はかぼちゃの仲間なんですよ。食感はナスに似ていて、味をよく吸い込んでくれますよ。ズッキーニは淡白な味わいでクセがないので、味付けを選ばずいろんな料理に使えます。ズッキーニはフランス料理やイタリア料理でよく使われており、ラタトゥイユには欠かせない食材です。ズッキーニは生でも食べられますが、油との相性が良いので炒めたり、オーブンで焼いたりして調理するのがオススメです。ズッキーニを使った料理のアイデアがなかなか思い浮かばない方はぜひこちらの記事を参考にして、ズッキーニをおいしく調理してくださいね。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのごぼうを使った人気レシピ10選

    ごぼうはきんぴら、炊き込みご飯などの和食メニューでよく使われている食材です。ごぼうは噛みごたえのあるので満腹感も得られます。ごぼうは一口食べると、ふわっとごぼうの香りが広がるほど香りが高い根菜です。ささがきや千切りなど、切り方一つで風味や食感がガラッと変わります。料理に合わせた切り方でごぼうの風味を楽しんでくださいね。ごぼうの皮には栄養がたっぷり詰まってあるので、皮はむかずに包丁でこそぐか、たわしで土を落として洗う程度にしましょう。ごぼうには、大腸ガンの予防に効果のある、不溶性食物繊維である「リグニン」とごぼうの食感を作っている水溶性食物繊維の「イヌリン」の2つの異なる特性のある食物繊維が含まれています。便秘に困っている方はごぼうを食べて、腸内環境を整えましょう。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのもやしを使った人気レシピ10選

    スーパーなどで一年中いつでも安く手に入るもやしは、家庭料理には欠かせない存在ですよね。もやしは炒め物、サラダ、鍋など幅広いメニューで使える万能な野菜です。シャキシャキとした歯ごたえは食べ応えもあるので、料理のボリュームアップにも使えます。カロリーが低く、日光に当たらずに栽培されるもやしは栄養がないと思われがちですが、実はもやしにはカリウムやビタミンCなどの栄養がしっかりと含まれています。カリウムやビタミンCは熱に弱いため、もやしの食感を残すためにも加熱は短めに調理するのがオススメです。もやしは食物繊維も豊富なので、カロリーの低さと併せてダイエットにも効果的な食材です。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのオクラを使った人気レシピ10選

    オクラは刻むとネバネバと粘り気が出る緑黄色野菜です。旬は夏で、太陽をたっぷり浴びて育ったオクラには体に嬉しい栄養が豊富に含まれています。オクラは夏バテの予防、スタミナの増進など、暑い夏にぴったりな効果があります。色も濃い鮮やかな緑色なので、食べるだけで元気が出そうですよね。オクラに含まれるβカロテン量はなんとレタスの約3倍にもなります。オクラを輪切りにすると、断面が星形になってかわいいですよね。料理のトッピングとして使えば、目でも楽しめます。オクラのネバネバは刻めば刻むほど多くなります。ネバネバが苦手な方は丸ごとゆでたり、焼いたりして調理するのもオススメですよ。この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのズッキーニを使った人気レシピ10選

    ズッキーニはイタリア、フランス料理ではポピュラーな野菜です。ズッキーニは見た目は太めのキュウリに似ていて、食感はナスに近いですが、かぼちゃの一種なんです。ズッキーニは皮と身の間に栄養が一番多いので、皮はむかずに調理することをオススメします。ズッキーニには代謝を上げてくれるβカロテン、肌荒れ、疲労回復に効果のあるビタミンCなどの栄養が含まれています。ズッキーニはオリーブオイルとの相性がよく、一緒に調理することでズッキーニに含まれるビタミンAの吸収率が上がります。ズッキーニは低カロリー、低糖質な食材なのでダイエットにも向いていますよ。ズッキーニには余分な塩分を排出してくれるカリウムが含まれているので、むくみの防止にも使えます。ズッキーニを食べて、すっきりとした体を手に入れましょう。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのブロッコリーを使った人気レシピ10選

    ブロッコリーは鮮やかな緑色で食卓を彩ってくれる、栄養満点な緑黄色野菜です。茶色くなりがちなお弁当に塩ゆでしたブロッコリーを加えるだけで、見た目も栄養のバランスもぐっと良くなりますよね。ブロッコリーはゆで、蒸しなどで加熱してから食べてくださいね。フライパンで蒸し焼きにすれば、少ない水で調理できて、栄養も逃げません。一食をブロッコリーに置き換える、ブロッコリーダイエットも人気があります。ブロッコリーには、不溶性食物繊維が含まれており、便秘の改善に役立ちます。他にも余分な塩分を尿として排出してくれるカリウムは、むくみの防止にも効果があります。毎日100gのブロッコリーの摂取を目安にして、すっきりとした体作りを目指しましょう。この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社