キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

野菜の記事一覧

キッチンブックの「野菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 菜の花レシピまとめ:春野菜!ほろ苦い味わいの菜の花レシピ

    春の訪れを感じる「菜の花」は、2月~4月に旬を迎える緑黄色野菜。 栄養価が高く、身体にも良いので、ぜひ取り入れたい優秀な食材です。 しかし、菜の花の特有の苦味が苦手な人、どのように使ったらいいか分からない、定番のおひたしや炒め物になりがちなど、敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな人にもおすすめの、菜の花レシピを紹介しちゃいます。 この記事では、菜の花の基礎知識に加え、菜の花のおかずレシピ、サラダ・和え物レシピ、スープレシピ、パスタレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヘルシーな枝豆レシピまとめ:献立にもおつまみにも使える枝豆!

    中国から稲作と共に伝わったとされる枝豆は、6月~9月の夏場にかけて旬を迎えます。 枝豆は北海道から沖縄まで日本全国で生産されていて、その中でも一番生産量が多いのは千葉県。ビールのおつまみの定番とも言われている枝豆には、アルコールの分解を促す酵素を含んでいて、とても理にかなった食材だと言えますね。 この記事では、枝豆の基礎知識に加え、枝豆をつかったご飯レシピ、パスタレシピ、おかずレシピ、スープレシピ、おつまみレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 山芋料理のレシピまとめ:ねばねばふわふわが堪らない山芋レシピ

    ネバネバが特徴の山芋。 山芋といえば、とろろご飯を想像する方が多いかもしれませんが、サラダや炒め物などいろいろな料理に使うことができます。そして調理法によって、食感が大きく変わる素材です。すりおろすのはもちろん、切って生のままいただくのも美味しいですよね。 家で作るとマンネリしがちな山芋レシピ。いつもとは違ったレシピで、食卓の幅を広げてみませんか。 この記事では、山芋の基礎知識に加え、山芋のおかずレシピ、サラダ・和え物レシピ、味噌汁・スープレシピ、ごはん・麺レシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ネギ料理の人気レシピまとめ:寒い季節にはネギがおすすめ

    とても栄養価が高いと知られているネギですが、かなり古い時代から日本に存在していたそうです。 ネギは体を温め、疲労回復効果・風邪予防効果が期待できる野菜。風邪を引きやすくなる季節にはぜひ取り入れたい野菜ですね。 ネギの中でも白ネギは甘味があり、煮込み料理や焼き鳥などに適していて、青ネギは香りがよく、炒め物や薬味に適しています。 この記事では、ネギの基礎知識に加え、ネギの焼き物レシピ、炒め物レシピ、煮物レシピ、ご飯レシピ、万能ダレレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大学芋のレシピ・作り方まとめ!おいしく作るコツも紹介

    大学芋は、油で揚げたさつまいもに糖蜜を絡めたお菓子。 甘さと食べごたえがあることに加え、栄養価も高く、材料費もかからないことから、おやつとしても親しまれています。人気が高い料理のため、アレンジされたレシピも多く、さつまいも以外の素材を使った、大学芋風の料理を楽しむことができます。 この記事では、大学芋の基礎知識に加え、人気の大学芋レシピ、揚げない大学芋のレシピ、さつまいも以外の大学〇〇レシピ、アレンジ大学芋のレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤのレシピ20選!実はあまり知らないモロヘイヤの食べ方

    モロヘイヤの歴史は古く、クレオパトラの時代から親しまれています。 原産地はインドで、アラブ語で“王様の食べる野菜”という意味があり、栄養価の高い野菜として知られる食材。特にアラブ圏では、古くから主にスープとして調理されています。モロヘイヤは、乾燥に強く、丈夫な植物なので、自宅でも育てることができますよ。 この記事では、モロヘイヤの基礎知識に加え、モロヘイヤの炒めものレシピ、焼きものレシピ、和えものレシピ、スープレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 新玉ねぎレシピまとめ!旬の春に食べたいレシピ20選

    新玉ねぎとは、白玉ねぎや黄玉ねぎを早採りして、収穫後にすぐ出荷されたもので、旬は主に3〜5月頃。 春が旬の新玉ねぎは、水分が多くて柔らかいので、生のままでも美味しく食べられるのが特徴。みずみずしく、辛味が少ないので、スライスして生のままサラダなどに入れたり、加熱すると更に甘みが増して美味しい野菜です。 この記事では、新玉ねぎの基礎知識に加え、焼いて食べるレシピ、炒めて食べるレシピ、煮て食べるレシピ、生で食べるレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆苗レシピ20選:安い・おいしい・栄養たっぷりな豆苗料理を紹介

    豆苗とは、一般的にキヌサヤエンドウやサトウエンドウ等の水耕栽培した、発芽したての根付きの若芽のこと。 また、最近はソラマメのスプラウトである「そらまめ豆苗」というのも出てきています。 豆苗はハウス栽培や施設内で栽培されているため、通年して安定して入手することができる食材。露地栽培は3月~5月が旬となります。 この記事では、豆苗の基礎知識に加え、豆苗×肉レシピ、豆苗×野菜レシピ、豆苗×卵レシピ、豆苗×きのこレシピ、豆苗×パンレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 切り干し大根の基本レシピ&アレンジ18選:毎日食べたい料理を紹介

    切り干し大根とは、収穫した大根を細く切って天日で干したもので、秋から冬が旬の食べ物。 切り干し大根には食物繊維が豊富で、カリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルもたくさん含まれています。購入する際はよく乾燥していて、色にむらのないものを選ぶのがよいでしょう。 水かぬるま湯でもどしてから、炒め煮、酢の物、サラダなど様々なレシピに使える切り干し大根は、毎日の献立に大活躍してくれますよ。 この記事では、切り干し大根の基礎知識に加え、切り干し大根の煮物レシピ、炒め物レシピ、サラダレシピ、その他のレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラガスを使った栄養満点&いろどり鮮やかな料理レシピ20選

    春から夏が旬のアスパラガス。日本に来たのは江戸時代で、はじめは観賞用としてオランダから持ち込まれましたが、明治時代になると食用とされるようになりました。 アスパラガスには大きく2種類あり、土寄せしない「グリーンアスパラガス」と、土寄せをして育てる「ホワイトアスパラガス」です。アスパラガスは栄養が豊富で鮮やかな緑色。ホワイトアスパラガスは美しい白で、香りを楽しむ食材として知られています。 この記事では、アスパラガスの基礎知識に加え、アスパラ×ご飯、アスパラ×パスタ、アスパラ×肉料理、アスパラ×魚料理のレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パプリカのレシピ20選:パプリカで色鮮やかな料理を作ろう

    赤・黄色・オレンジと色鮮やかなパプリカ。サラダや炒め物にしても、そのカラフルな色合いで食卓を華やかにしてくれます。 見た目はピーマンに似ていますが、ピーマンのような風味はあるものの、苦みはありませんよね。実は、パプリカはピーマン嫌いな人にも食べやすいように品種改良された食材。栄養も豊富なので、ピーマンが苦手な子にぜひ食べてほしい野菜です。 この記事では、パプリカの基礎知識に加え、パプリカの焼きものレシピ、炒めものレシピ、煮物・スープレシピ、サラダレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アボカドのおすすめレシピ:女性に人気のアボカド料理を紹介

    アボカドといえば野菜と思われている方もいると思いますが、実は果物の一種。 アボカドには10種類以上のビタミンやミネラルが含まれており「世界一栄養価の高い果物」と言われています。アボカドは食物繊維も多く含まれているので満腹感を感じやすく、ダイエット中の方にも人気の食材です。ただし他の果物に比べて高カロリーな為、食べすぎには注意が必要です。 この記事では、アボカドの基礎知識に加え、アボカドのサラダレシピ、おつまみレシピ、ごはん・パスタレシピ、おやつレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリー料理のレシピまとめ:栄養豊富で食べ方いろいろ!

    ブロッコリーは緑黄色野菜の代表としても知られており、スーパーでは季節を問わず1年中並んでいる手に入れやすい野菜です。今では家庭の食卓にもひんぱんに登場していますが、日本で食べられるようになってからそれほど長い時間は立っていません。にんじんやピーマンと並びブロッコリーが苦手という方も多いですが、栄養価が高いので積極的に食べてもらいたい食材です。彩りも鮮やかになるので、料理に華を添えてくれます。今回はそんなブロッコリーを使った定番のサラダや煮込み料理、パスタやグラタンのレシピなど幅広く紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • なすの料理レシピ20選:定番からアレンジまで紹介

    なすはインド原産の野菜で、日本へは奈良時代に中国から伝わりました。現在では日本国内で170~180種が作られていて、スーパーでも米なす、小なす、長なすなど様々な品種のなすが売られています。5月から9月頃の夏季が出盛り期の夏野菜です。淡白な味で癖がなく、味がよく染み込むのが特徴です。油料理との相性も抜群で、中華料理にもよく用いられます。加熱すると柔らかくなめらかな食感になり、天ぷらやおひたし、煮浸しなどの日本料理にもよく合う野菜です。そんななすについて、おかず・どんぶり・煮物・レンジ調理の簡単レシピ・パスタ・スープのレシピに分類して、定番レシピからアレンジレシピまでたっぷり紹介します。

  • 白菜の人気レシピ20選:白菜は鍋以外にも使える!

    白菜は鍋料理や漬物に無くてはならない野菜です。水分を多く含み瑞々しく、癖のない味で子供たちにも大人気です。シャキシャキした歯触りをしていますが、煮込むことでとろけるような柔らかい触感に変わります。旬は10月~2月の秋から冬にかけてで、ちょうど寒い時期なので鍋料理に重宝する野菜です。ただ一株が大きいため、丸々1個買ってきても使い切るのに毎回苦労してしまうという人も多いでしょう。白菜は好きだけど鍋料理にしか使わない、という声もよく聞かれます。そこで今回、簡単に作れるおすすめの白菜レシピをまとめました。煮物や煮込み、サラダ、スープや鍋、丼やうどんと、幅広い料理を紹介します。

  • キャベツの人気料理レシピ20選! 定番サラダからスープまで

    キャベツは愛知県や群馬県を中心に産地を変えながら、年間を通して流通するポピュラーな野菜です。ビタミンC、ビタミンUを豊富に含む栄養価の高いキャベツですが、いざ料理するとなると千切りにして他のおかずの付け合わせやサラダ、ロールキャベツなどマンネリに陥りがちです。値段が手頃で買いやすいものの、1玉買っても使い切れない、なんてことも多いのではないでしょうか。そこでこちらの記事ではキャベツの人気料理レシピをまとめました。サラダ・おかず・おつまみ・スープ・パスタの5つのカテゴリに分けて詳しく紹介しています。

  • ほうれん草の簡単レシピまとめ:おひたしやキッシュなどを紹介

    昔の人気アニメ「ポパイ」の栄養源としても有名なほうれん草。鉄分が豊富で妊婦さんや育ち盛りの子どもなどにもおすすめの野菜です。冷涼な地域もしくは冷涼な季節に収穫される葉物野菜で、主に冬が旬となっていますが、比較的手軽にいつでも手に入れることができる身近な野菜です。彩りも綺麗で、いろいろな味付けにも合わせやすいので、いろいろな料理に取り入れてたっぷり食べて栄養をつけたいですね。定番のおひたしをはじめ、キッシュなどのオシャレなメニューまで使いやすく、いろいろなレシピがあります。今回は、そんなほうれん草の簡単レシピを紹介します。

  • ホックホクのさつまいも料理レシピまとめ

    秋冬の定番食品として人気が高い野菜のさつまいも。秋の終わりから翌年の春先にかけて旬を迎えますが、年間を通して比較的手頃な値段で買うことができる家計の強い味方です。適度な食べごたえと甘味が特徴のさつまいもは、シンプルに石焼きイモにしたり、大学イモやスイートポテトといった素材を活かしたスイーツとして召し上がる方が多いかと思いますが、お菓子だけではなく、ご飯ものや汁物の具にしたり、主菜おかずまでバリエーションは豊富でかなり自由にアレンジがききます。 さつまいもを使ったレシピは本当にたくさんありますが、さつまいもの人気料理レシピの中から編集部がおすすめしたいレシピを、ご飯・おかず・サラダ・煮物・天ぷら・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介しています。

  • きゅうりのレシピまとめ:きゅうりはサラダだけじゃない!

    サラダや漬物など年間を通して大変身近な野菜のきゅうり。旬は大体6月頃から残暑が残る9月頃の夏野菜です。きゅうりの大半は水分でできており、ミネラルやビタミンも含まれていることから、夏場の水分補給として古くから愛されてきました。きゅうりにあるイボイボや苦みを嫌う人も少なくなかったのですが、最近は品種改良が進み、苦みのないものも多く、イボなしきゅうりなども販売されています。そのまま生で食べるイメージが強いきゅうりですが、炒めたり、煮たりとさまざまな調理法で美味しく食べることができます。今回はそんなきゅうりの定番からちょっと変わったアレンジレシピまで、簡単に作れる数々のレシピを紹介します。

  • じゃがいものレシピまとめ20選:万能食材じゃがいものレシピ

    年間を通して手軽に手に入り身近な存在であるじゃがいもは、国内ではなんといっても北海道が1番の産地として知られています。春に収穫されるいわゆる「新じゃが」と、秋口に収穫されるものとがあり、1年に2回収穫できる点がじゃがいもをポピュラーな野菜にしている大きな理由です。長期保存が可能な点でも優れています。万能食材ともいえるじゃがいもは料理活用の幅が広く、ご飯のおかずからおやつまでさまざまな使い方があり、バリエーションは無限大です。こちらの記事では、じゃがいもをおかず・スープ・煮物のカテゴリ別に、また相性バツグン食材であるチーズを使った人気レシピを紹介しています。

  • かぶの人気レシピまとめ:かぶの葉の活用レシピも紹介

    かぶは、白菜やキャベツ、チンゲン菜などの仲間のアブラナ科の野菜です。 『日本書紀』にも記載があり、古くから重宝されてきた歴史があります。別名「すずな」と呼ばれ、春の七草にも数えられる由緒ある野菜。 千葉県で圧倒的に多くのかぶが作られていますが、京都の聖護院かぶらや、滋賀県の日野菜など、地方固有の品集も多数あります。年間を通して出荷されますが、最盛期は10月頃から1月頃。 そんなかぶですが、いざ買っても漬物以外に使い道に困ることもしばしば、という人も多いのではないでしょうか。そこで漬物以外にもサラダやスープ、煮物など幅広いかぶのレシピを紹介します。

  • かぼちゃの人気レシピまとめ:おかずからデザートまで紹介

    優しい甘さとホクホクした触感で、子どもから大人まで人気のかぼちゃ。 おかずにはもちろん、おやつにもなじみが深い野菜。水分が多く、甘味が少ない日本かぼちゃと、加熱するとホクホクした食感で甘みの多い西洋かぼちゃに分けられますが、現在は西洋かぼちゃが主流になっています。 収穫されるのは夏から初秋ですが、3ヶ月前後ねかせて甘みを引き出してからのほうが食べごろと言われています。素材そのままの美味しさを生かすのも良し、手をしっかり加えても良し、いろいろな料理やおやつに使用して美味しく食べることができるので、そのレシピは無限大。 今回は、そんなかぼちゃの簡単レシピをカテゴリー別に紹介します。

  • もやしの人気レシピまとめ:安いのに万能なもやしレシピ

    もやしは、安価に手に入る節約食材のトップに君臨するマメ科の野菜。 植物の種子を水に浸け、日光を当てずに人発芽させたもので、1年を通して手軽に手に入ります。 一言で「もやし」と言っても、実はいくつか種類があるのをご存知でしょうか。緑豆を発芽させた「緑豆もやし」は、日本で一番生産量が多いもやし。 大豆を発芽させた「大豆もやし」は、ナムルやチゲ、ビビンバなどによく使われます。「ブラックマッペもやし」はほのかな甘みがあるのが特徴です。 ラーメンや焼きそば、味噌汁、野菜炒めなど、幅広い料理に入る名脇役のもやしですが、サラダなどで主役を張ることもできます。そんな万能食材、もやしを活かす簡単レシピを紹介します。

  • 長芋の人気レシピまとめ:グラタンやステーキにも使える長芋

    長芋(ながいも)は、日本で縄文時代からすでに食べられていたことが知られている山芋の一種。 年間を通して手に入りますが、旬は7月頃。青森県と北海道で全体の70%ほどの山芋が作られています。すりおろした時の強い粘り気が特徴で「とろろ」として食べることが多いですね。 短冊切りにした時のシャキシャキの食感も独特で、サラダや酢の物などの料理に重宝されます。すりおろしてお好み焼きやまんじゅうのつなぎに入れるなど、縁の下の力持ち的な使い方もできる万能選手です。 そんな長芋をとろろ以外にも幅広く味わうためのレシピをまとめました。長芋のサラダ・長芋のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

  • 小松菜の人気レシピまとめ:小松菜はおひたしだけじゃない!

    小松菜(こまつな)は、結球せず葉を食べるチンゲン菜やからし菜などの仲間の野菜です。 江戸時代、東京都小松川地区の特産として盛んに栽培されていたため、その名がついたと言われています。 現在では幅広い地域で栽培され、癖のない味が重宝されるメジャーな野菜に成長を遂げました。 耐寒性が強い野菜で旬は冬ですが、1年間を通して栽培されています。あくが少なく、様々な調理法で活躍できる小松菜ですが、いざ料理しようとなるとおひたしばかり、という人も多いのではないでしょうか。 ほうれん草と肩を並べるほど栄養価の高い小松菜。色々なレシピで楽しみたい野菜です。そこで今回は、炒め物や煮物、ご飯や麺など多彩な小松菜レシピを紹介します。

  • 簡単大根レシピまとめ:サラダからメインまで大活躍!

    いつでもスーパーなどで買うことができ、さまざまな料理や食べ方ができる食卓の味方が大根です。 一般に出回っているのは青首大根ですが、練馬大根のように地名の付いた特徴のあるものもたくさんあります。 一般的な青根大根の収穫時期は秋から冬にかけてで、旬は冬になりますが、大根の品種改良が進んだことにより1年中安定して収穫できるようになり、年間を通して常に美味しく食べらます。 時期によって味わいが変わり、四季を感じられるのも特徴です。春から夏にかけては少し辛みがでます。秋から冬にかけては大根本来の、みずみずしさと甘さを感じられますよ。 今回はサラダからメインまで、人気の大根レシピをご紹介いたします。

  • ピーマンの簡単&人気レシピまとめ:ピーマン嫌いもこれで克服!

    ピーマンは、唐辛子の甘味種を改良した、ナス科の野菜です。パプリカ、フルーツピーマンも、同じピーマンの仲間です。熱帯アメリカ原産で、日本には明治時代に伝わり第二次世界大戦後に普及しました。現代ではすっかり日本の風土に適した品種が作られ、家庭菜園でも簡単に作れる野菜として人気です。旬の時期は、5月~6月。茨城県で総出荷量の約半分のピーマンを作っています。そんなピーマンは野菜炒めや肉詰めなど幅広く使われる食材でありながら、苦みが苦手だという人も多いのではないでしょうか。そんな人でもおいしく食べられる、ピーマンの簡単レシピをまとめました。ピーマンの○○詰め・おかず・変わり種レシピのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

  • ズッキーニの人気レシピまとめ:おしゃれ&簡単ズッキーニレシピ

    フランスやイタリアなどでは一般的な食材として用いられるズッキーニは、見ためはキュウリに似ていますが実はカボチャの一種。イタリア語で「小さなカボチャ」という意味を持った野菜です。近年ではスーパーで季節を問わず1年中並んでいるので、家庭の食卓にのぼる機会が多くなり、ペポカボチャの中で最もポピュラーになった食材だといわれています。食感はナスに似ており、簡単に調理できることから人気があります。今回は日本の家庭にも浸透中のズッキーニのバリエーションが増えるレシピを、定番のグリルや揚げ物、煮物、サラダなどいくつかのカテゴリーに分けて紹介します。

  • 水菜レシピまとめ:水菜のシャキシャキパスタやサラダを紹介

    味にくせがなく、いろいろな料理に合わせやすい野菜の水菜。関西の京都を中心に栽培され、伝統的な京野菜であることから「京菜」の呼び名でも親しまれています。1年を通して手に入りやすく親しみがありますが、旬は、冬から初春にかけて。水菜は日持ちがしないので、買ってきたらすぐに使うようにしましょう。たくさん買ってきても、サラダ、浅漬、お浸し、和え物、炒め物、などどんな調理法でも美味しく食べることができ、そのレシピは無限大なので、困ることがありません。今回は、そんな水菜の簡単に作れる美味しいレシピを、サラダやパスタ、スープなどカテゴリー別に紹介します。

  • れんこん料理のレシピまとめ:ヘルシーなきんぴらやサラダなど

    れんこんはハスの地下茎が肥大化したハス科の食物です。何と言っても輪切りした時に穴がいくつも開いている、その見た目が特徴的です。覗くと向こう側が見えることから「見通しが効く」とされ、縁起の良い食べ物として重宝されています。種が多いことから「多産」という意味もあり、お正月のお節料理やお祝い料理には欠かせない食材のひとつです。旬の時期は秋から冬、新れんこんは7~9月ですが、1年を通してよく流通されています。シャキシャキと心地よい独特の食感をもち、煮物や天ぷら、きんぴらに使われることが多いです。そんなれんこんは、実は煮物やきんぴら以外にも幅広く大活躍します。そこでれんこんのレシピを、おかず・サラダや和え物・主食のレシピのカテゴリに分けてたくさん紹介します。

広告