キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

野菜の記事一覧

キッチンブックの「野菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • プチトマトで彩りをプラス!おすすめのレシピを紹介

    赤や黄色の彩りがきれいな小さなトマト、プチトマトは今やお弁当やサラダ、その他様々な料理に欠かせない野菜となっています。 現在ではとても小さいものや、縦長のものなど、様々な品種がありますね。生で食べても煮ても焼いてもおいしく、栄養価の高いミニトマトは常備している家庭も多いのではないでしょうか。 この記事では、プチトマトの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、スープ、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • サラダに入れて彩りUP!ラディッシュのレシピ20選

    ラディッシュは、別名ハツカダイコンと呼ばれ、ダイコンの中でも一番小さな種類です。 収穫までの時期が短く、名前の由来は収穫までが20日程度であることから名づけられました。皮の色は赤が多いですが、ピンク・白・黄色・紫色などもあります。サラダや酢の物など、生で食べるのが一般的。 この記事では、ラディッシュの基礎知識に加え、サラダ、浅漬け、マリネ、ソテーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ニガ旨い!栄養満点ゴーヤチャンプルの人気レシピ20選

    ゴーヤチャンプルとはゴーヤ、豆腐などを炒めた沖縄の家庭料理です。沖縄の方言でチャンプルは「混ぜこぜにしたもの」という意味で、野菜炒めのようなものです。 炒めても崩れにくい島豆腐を使っているのが特徴です。 ゴーヤチャンプルーは最も有名なチャンプルで、ここからゴーヤは全国に広がっていきました。 この記事では、ゴーヤチャンプルの基礎知識に加え、基本のゴーヤチャンプルー・苦くないゴーヤチャンプルー・ゴーヤそうめんチャンプルー・変わり種ゴーヤチャンプルーにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 女性必見!美肌効果があるルッコラの人気レシピ20選

    春と秋が旬のルッコラは、ごまの様な香りとピリッとした辛みがくせになる緑黄色野菜で、地中海沿岸の原産です。ルッコラの香りを活かして生のままサラダで食べたり、カルパッチョ、ピザ、生ハムと一緒に食べるのもおすすめ。さっと炒めて炒め物やパスタの具材にしたり、お浸しにしても美味しいですよ。 この記事では、ルッコラの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、サンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春の味覚わらびのおすすめレシピ20選

    蕨(わらび)はシダ植物の一種で、草原や谷地などに群生している山菜の一つです。 春から初夏にとれる若芽を食用にしたり、根茎から取れるでんぷんをわらび粉として利用します。 毒性があるので、生のままでは食べられません。わらびはアクが強いので、食べるためにはアク抜きが必要。 おひたしや漬物として好まれています。 この記事では、わらびの基礎知識に加え、煮物、炒め物、ごはん、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春を感じるぜんまいのおすすめレシピ20選

    山菜のひとつであるぜんまいですが、湿気の多いところを好み北海道から沖縄まで全国の沢沿いや水路の脇に自生、群生しています。 ぜんまいは春に渦巻き状に巻いて出てきた新芽を食用とします。 その独特の食感とくせのない味わいで毎年、春の訪れを感じさせてくれる人気の山菜なのです。 この記事では、ぜんまいの基礎知識に加え、ナムル、煮物、和え物、炒め物、ごはんにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 主役にも脇役にもなるロマネスコのおすすめレシピ20選

    イタリアが原産のロマネスコはブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせたような食材です。 日本では「カリッコリー」などの別名で売っている場合もあります。 旬は11月~4月でブロッコリーと同じ冬野菜に属します。 野菜の中でもビタミンCの含有量が高くトップクラスで、美肌効果の他、風邪予防や免疫力アップなどの効果が期待できます。 この記事では、ロマネスコの基礎知識に加え、サラダ、スパゲッティ、炒めもの、グラタン、ピクルス、揚物にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 煮物にぴったり!懐かしいふるさとの味ずいきのレシピ15選

    ずいきとは里芋やハス芋の葉柄(葉の一部で茎や枝につながる部分)のことで一般的には赤紫色の野菜です。 遮光して育てた白色のものもありますが高級食材として扱われます。 漢字では「芋茎」と書き、乾燥品は「芋柄(いもがら)」と呼ばれます。 奈良時代の『正倉院文書』にも記述があり、古くから食べられていた野菜です。 この記事では、ずいきの基礎知識に加え、煮物、味噌汁、炒め物、サラダ、和え物にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おかずや混ぜご飯に!調理方法別ふきのレシピ20選

    ふきは、キク科の野菜です。 香りと歯触りがよく、特徴のある苦味が食欲をそそります。この苦味は、喉の炎症を抑える効果や、食欲を増進させる効果があり健康維持に良いとされています。 ふきの旬は4月-6月ごろ。 季節を感じられるこの食材は、調理法さえをマスターすれば、手軽に調理できますよ。新鮮な旬のふきを美味しく調理しましょう。 この記事では、ふきの基礎知識に加え、煮物、佃煮、炒め物、ごはんもの、ふき味噌にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 卵不要のレシピも有り!しっとり甘いスイートポテトレシピ特集

    さつまいもの出回る時期になると食べたくなるスイートポテト。ケーキとはまた違ったほっこりした食感は、寒くなりだす季節にぴったりのスイーツです。 そもそもスイートポテトとは英語でさつまいもの意味。でも日本ではさつまいもをつぶして卵と砂糖と混ぜて作ったお菓子を指します。 それもそのはず、スイートポテトは意外にも日本で生まれたお菓子なのです。 この記事では、スイートポテトの基礎知識に加え、形色々のスイートポテト、アレンジのレシピ、オーブン不要のレシピ、卵なしのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 漬物以外でもおいしく!野沢菜を使ったレシピ15選

    野沢菜といえば、野沢菜漬けが有名ですよね。 野沢菜は長野県の野沢温泉村で作られてきたことからその名が付いた漬け菜で、高菜や広島菜と並ぶ「日本三大漬け菜」のひとつです。 野沢菜は、漬物の原料にされることが多いですが、生の野沢菜は炒めものやチャーハン、お浸し、和え物でもおいしく食べることができるんですよ。 この記事では、野沢菜の基礎知識に加え、野沢菜漬け、和え物、炒め物、おやき、卵料理、炒飯、洋食にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 南国の味を楽しむ ジャンル別ヘチマのレシピ15選

    ヘチマはウリ科で夏が旬の植物で、室町時代に中国から入ってきました。繊維が発達していない若い果実の皮をむいて食べるのが一般的です。 本州ではあまり見かけませんが、九州の南部や沖縄で親しまれています。一部の株には苦みの強いものが混じっていることがあり、食中毒を引き起こす恐れがあるので注意が必要です この記事では、ヘチマの基礎知識に加え、煮物、炒め物、スープ、サラダにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 王道の味付け&野菜別!野菜炒めレシピ・作り方20選

    旬の野菜をシャキッと炒める野菜炒め。 小学校の調理実習でも取り上げられる料理の基本中の基本ですが、実は比較的新しい和洋折衷料理。 野菜炒めは、明治時代に伝わった西洋料理の野菜のバター炒めが原型で、1920年代に大豆油の生産高が増えたことで、一般家庭の食卓にも取り入れられるようになったそうです。 この記事では、野菜炒めの基礎知識に加え、王道の味付けレシピ、人参を使ったレシピ、ピーマンを使ったレシピ、小松菜を使ったレシピ、キャベツを使ったレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スイーツレシピも紹介!ケールのレシピ20選

    ケールは地中海沿岸に生育しているアブラナ科の葉野菜でキャベツの仲間です。 季節に応じて一年中様々な地域で栽培されており、冬キャベツが甘いように、ケールも冬は甘く、夏は苦いという特徴があります。 独特の臭み、苦味があるため、日本では料理に利用されることは少ないですが、青汁の主成分として利用されています。 この記事では、ケールの基礎知識に加え、スムージー、チップス、サラダ、炒め物、スイーツにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大人も子供もピーマンを食べられる!ピーマンの肉詰めのレシピ・作り方まとめ

    子どもから大人まで幅広く人気の定番メニュー「ピーマンの肉詰め」。 半分にカットしたピーマンに、玉ねぎなどが入った肉ダネをたっぷり詰めて焼き上げた料理。 お肉はふっくらジューシーで、ピーマンとの相性抜群ですよね。 ピーマンの独特の香りが苦手な人も、加熱することで甘みが増し、肉の旨味も染み込むので食べやすさUP。 この記事では、ピーマンの肉詰めの基礎知識に加え、和風、煮込み、フライにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • すっぱおいしい!料理のアクセントになる梅干しを使ったレシピ

    梅干しは食用として、薬用として、日本で昔から親しまれてきた食材です。梅を塩漬けし天日干しをして作ります。赤い色は一緒に漬け込む赤紫蘇の色です。昔ながらの梅干しは塩分が高く塩辛く、保存に優れていますが、最近は減塩タイプのものや昆布だしに漬け込んだもの、はちみつを入れたまろやかなものなどがあり、多様化しています。 この記事では、梅干しの基礎知識に加え、梅干しを使ったレシピ紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

  • せりを使ったレシピ20選:サブにも主役にもなる食材せりの活用術!

    せりといえば、「春の七草」を思い浮かべますね。 実はせりは多年草で、近年では養液栽培されたものが通年出回っています。 一番の食べ頃は2月~3月にかけての春。柔らかい芽や葉が特に好まれています。 全国各地の山地で収穫でき、古くは奈良時代には食用としていました。 ひとつの茎から競り合うように葉っぱが生えてくる事から、せりと名付けられました。 この記事では、せりの基礎知識に加え、せりの前菜・副菜レシピ、せりの主菜レシピ、その他せりのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ボルシチだけじゃない!ビーツを使ったおすすめレシピ20選

    ビーツは赤紫色のかぶのような見た目、大きさの野菜で、旬の時期は夏から秋にかけてです。 特に欧米などではスーパーや市場などでもよく見かけられ、日本よりも一般的な野菜です。 ビーツを使った料理と言えばボルシチが有名ですが、火を通す調理法だけではなくサラダやスムージーとして生食でも使用できる便利な食材なのです。 ビーツには女性が特に必要とする鉄分やビタミン、食物繊維が多く含まれており、赤い色にはポリフェノールも含まれています。 老化防止やがん予防効果、腸内環境の調整や肝機能の向上までもが期待されている健康的な食材として日本でも人気を高めつつあります。 この記事では、ビーツの基礎知識に加え、サラダレシピ、スープレシピ、ピクルスレシピ、茎・葉を使ったレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 色どりがよくお弁当におすすめいんげん料理のレシピまとめ

    夏に白やピンク色の可愛らしい花を付けるいんげんは、若いさやごと食べるさやいんげんと熟した豆を食べるいんげん豆の大きく2つの食べ方があります。 旬の塩ゆでしたアツアツのさやいんげんは、ついつい手が伸びてしまうおいしさですね。 いんげん豆は、煮豆でたべるだけでなく、和菓子の餡にも使われ、昔から私たちの身近な食材です。 この記事では、いんげんの基礎知識に加え、いんげんの焼き物・炒め物レシピ、煮物レシピ、和え物レシ、ご飯レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごはんに合う絶品チンゲン菜料理のレシピまとめ

    チンゲン菜は、中国野菜の中でも特によく使われている野菜の一つです。 日本には1970年代の日中国交回復の頃に入って来たと言われていますので、日本での歴史はそんなに古くありません。 露地ものの旬は秋ですが、ハウス栽培がされているので、一年中手に入ります。 中華料理でおなじみの野菜ですが、煮崩れないので、炒めもののほかに、煮込み料理にも用いられます。 この記事では、チンゲン菜の基礎知識に加え、チンゲン菜の炒め物レシピ、煮込み・スープレシピ、和え物レシピ、ごはん・麺レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 薬味以外にも食べ方いろいろ!みょうが料理のレシピまとめ

    みょうがの旬は秋から夏にかけての間で、その中でも7月~8月に採れる「夏みょうが」9月~10月に採れる「秋みょうが」に分けられます。 みょうがは独特な香りのある食材で、その香り成分に食欲増進や夏バテ防止効果があります。 また、辛味成分には抗炎症作用があり、痛みを和らげる効果や、風邪予防にも効果的。 この記事では、みょうがの基礎知識に加え、みょうがの和え物・サラダ、おかずレシピ、ごはんレシピ、汁物レシピ、漬物レシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 葉も茎も美味しく食べられるセロリ料理のレシピまとめ

    セロリの旬は産地によって異なりますが、主に11~5月頃。 旬のセロリはみずみずしく、シャキッとした触感が特徴です。 美味しいセロリの見分け方は、茎が太く、葉の緑が鮮やかで香りが強いことがポイント。 セロリにはカロチンやビタミンCが多く含まれ、カルシウムとミネラルも豊富で、精神安定効果や強壮作用がありますよ。 この記事では、セロリの基礎知識に加え、セロリのサラダレシピ、おかずレシピ 、漬け物・ピクルスレシピ 、パスタレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 爽やかな香りの春菊を使ったレシピ20選

    冬に旬を迎える春菊は、爽やかな香りとほのかな苦味が人気の葉物野菜。 ビタミン類やカルシウムなど様々な栄養素が含まれ、風邪の予防にも効果があると言われています。 そんな春菊ですが、鍋料理やおひたしにするくらいで、レシピが少ないと思っている方も多いはず。 でも実は、焼く・炒める・揚げる・生など様々な調理法で楽しめるところも魅力の食材なんです。 この記事では、春菊の基礎知識に加え、春菊の炒めものレシピ、春菊の焼きものレシピ、春菊の揚げものレシピ、春菊のサラダレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花レシピまとめ:春野菜!ほろ苦い味わいの菜の花レシピ

    春の訪れを感じる「菜の花」は、2月~4月に旬を迎える緑黄色野菜。 栄養価が高く、身体にも良いので、ぜひ取り入れたい優秀な食材です。 しかし、菜の花の特有の苦味が苦手な人、どのように使ったらいいか分からない、定番のおひたしや炒め物になりがちなど、敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな人にもおすすめの、菜の花レシピを紹介しちゃいます。 この記事では、菜の花の基礎知識に加え、菜の花のおかずレシピ、サラダ・和え物レシピ、スープレシピ、パスタレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 献立にもおつまみにも!美味しいつくねのレシピ・作り方20選

    居酒屋メニューの定番でもあり、子どもから大人まで幅広い年齢層に好んで食べられる「つくね」。 竹串の刺さった甘辛い味付けの楕円型のつくねが代表的ですが、混ぜ合わせる具材によって個性を出すこともできる、レシピによって変化に富んだメニューでもあります。 この記事では、つくねの基礎知識に加え、鶏肉を使ったつくね、豚肉を使ったつくね、豆腐を使ったつくね、れんこんを使ったつくねにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 献立に迷ったときにぴったりなロールキャベツレシピ・作り方20選

    メインにも副菜にもなるロールキャベツは家庭料理の定番のひとつですが、実は1世紀頃から現在のトルコ付近で食されていた料理が始まりです。 ぶどうの葉で肉や米を包んだものが世界へと伝わる過程でキャベツを使ったレシピが生まれ、日本に広まりました。冬・春キャベツとこれからの季節ますます活躍する野菜のひとつ。ぜひバリエーション豊かに楽しみたいですね。 この記事では、ロールキャベツの基礎知識に加え、コンソメ味のロールキャベツ、トマト味のロールキャベツ、ホワイトクリームのロールキャベツ、和風のロールキャベツにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いろんな料理に使える大根の葉!人気の活用レシピ20選

    大根の歴史は古く紀元前2000~3000年頃にはエジプトで食されていたと言われています。 旬は11月~2月ですが品種改良が進み、今は一年を通して買うことができます。 大根の葉は緑黄色野菜に分類されるほど栄養価が高く、カルシウムやβカロテンが豊富に含まれているので、ぜひ大根の葉も調理して食べてくださいね。 この記事では、大根の葉の基礎知識に加え、ごはんのお供、炒め物、汁物、スパゲッティ、煮物にカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヘルシーな枝豆レシピまとめ:献立にもおつまみにも使える枝豆!

    中国から稲作と共に伝わったとされる枝豆は、6月~9月の夏場にかけて旬を迎えます。 枝豆は北海道から沖縄まで日本全国で生産されていて、その中でも一番生産量が多いのは千葉県。ビールのおつまみの定番とも言われている枝豆には、アルコールの分解を促す酵素を含んでいて、とても理にかなった食材だと言えますね。 この記事では、枝豆の基礎知識に加え、枝豆をつかったご飯レシピ、パスタレシピ、おかずレシピ、スープレシピ、おつまみレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 山芋料理のレシピまとめ:ねばねばふわふわが堪らない山芋レシピ

    ネバネバが特徴の山芋。 山芋といえば、とろろご飯を想像する方が多いかもしれませんが、サラダや炒め物などいろいろな料理に使うことができます。そして調理法によって、食感が大きく変わる素材です。すりおろすのはもちろん、切って生のままいただくのも美味しいですよね。 家で作るとマンネリしがちな山芋レシピ。いつもとは違ったレシピで、食卓の幅を広げてみませんか。 この記事では、山芋の基礎知識に加え、山芋のおかずレシピ、サラダ・和え物レシピ、味噌汁・スープレシピ、ごはん・麺レシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告