キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

野菜の記事一覧

キッチンブックの「野菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

広告

  • 夜ごはんにオススメのししとうを使った人気レシピ10選

    細長いピーマンのような形をしたししとう。一般的なししとうは緑色ですが、成熟すると赤色に変化します。爽やかな苦味があり、あまり辛くない唐辛子ですが、まれにピリッとするししとうもあります。ナス科トウガラシ属に分類される野菜で、熱帯アメリカが原産地と言われています。国内では高知、千葉、和歌山などで栽培されていて、6月から8月ごろにかけてが旬です。主な栄養素はβカロテンやビタミンB6、ビタミンCなど。強い抗酸化作用のあるβカロテンが豊富に含まれているため、アンチエイジングに効果的です。ビタミンB6は脂質の代謝を促す働きがあるため、ダイエットにもおすすめ。ビタミンCは体内の酵素を除去する働きにより、美肌に効果があるとされています。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの冬瓜を使った人気レシピ10選

    あっさりとした味わいの冬瓜は、臭いや苦みがないため食べやすくどんな食材とも合わせやすい野菜です。丸ごと保存しておくと冬まで持つため冬瓜と呼ばれますが、実際は夏が旬の野菜です。ジャワ島が原産と言われ、煮物・スープ・あんかけ和え物などによく使われます。冬瓜のほとんどが水分のため低カロリーなので、ダイエット中に料理をかさ増ししたい時にも活躍します。冬瓜はカリウムが豊富で、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあり、高血圧やむくみ防止に効果があります。貯蔵性があるので家に一個置いておくと、いざというときに使える便利な野菜です。 この記事では、「冬瓜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ラ作(10選分)夜ごはんにオススメの水菜を使った人気レシピ10選

    シャキシャキとしてみずみずしい水菜。「京菜」「センスジナ」などの別名もある水菜は、アブラナ科アブラナ属に分類される野菜です。日本が原産地とされていて、古くから京都で栽培されてきたと言われています。水分の多い野菜のため、乾燥に弱いのが難点。保存する際は、水で濡らしたペーパータオルなどを巻き、ビニール袋に入れて野菜室で保存するのがおすすめです。水菜の主な栄養素は、ビタミンCや葉酸、カルシウムなど。ビタミンCは美肌を目指す女性におすすめの栄養素で、鉄分の吸収を助ける働きもあるため、貧血予防にもなります。葉酸はDNAやタンパク質の合成を促進する働きがあり、胎児の発育に重要な栄養素でもあります。妊娠中の女性は特に多く摂る必要があると言われています。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのパクチーを使った人気レシピ9選

    近年、日本でも大注目を集めているパクチーは独特な風味が特徴の食材です。パクチーはカレーの香辛料として使われる「コリアンダー」と同じで、中華料理で使われる「香菜(シャンサイ)」もパクチーのことを指します。βカロテンをはじめ、多くのビタミンや、ミネラルや鉄分などのミネラルを多く含むパクチーは栄養バランス抜群で且つ低カロリーのため、ダイエット中の栄養不足対策としても有効です。パクチーに含まれる抗酸化作用によって体内の活性酸素を排出して生活習慣病予防や、肌細胞の酸化によって引き起こされるシミ、くすみ、シワなどの肌老化予防にも効果的ですよ。 この記事では、「パクチー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのふきのとうを使った人気レシピ10選

    春の訪れを告げる山菜のふきのとうは、ほろ苦さとほくっとした食感が特徴です。キク科の「蕗(フキ)」のつぼみで、花が咲く前に収穫されるため収穫時期がほんのわずかで貴重な食材です。特有の苦味や香りには新陳代謝を活発にする働きがあり、冬眠から目覚めたクマが最初に口にするとも言われています。苦味には「フキノール酸」「ケンフェロール」「アルカロイド」などの成分が含まれ、咳止めや花粉症予防に効果があるとされ注目されています。香りは「フキノリド」と呼ばれる成分が含まれ、消化を促進し、胃を丈夫にして腸の働きを整える作用があると言われていますよ。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのりんごを使った人気レシピ10選

    シャキシャキの食感と優しい酸味と甘みが特徴のりんごは、私たちの食卓に馴染み深い果物のひとつです。そのままはもちろん、優しい甘さを活かしたお菓子や、サラダや肉巻きなどのおかず、カレーなどの隠し味にも使用されます。りんごには高い抗酸化作用のあるポリフェノールを豊富に含むため、老化防止予防や生活習慣病対策に有効です。さらに、豊富な水溶性食物繊維の「ペクチン」を含み、整腸作用やコレステロールの吸収抑制効果が期待されます。疲労回復に効果のあるクエン酸などの有機酸もたっぷり含むため、私たちの日常には欠かせませんね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのふきを使った人気レシピ10選

    独特の苦味と香りが特徴のふきは日本原産植物のひとつです。和食の他に、サラダやパスタなどの洋風な料理にも合い、油とも相性抜群なため炒め物などの中華料理にも最適ですよ。ほとんどが水分でできているため低カロリーでダイエット中にも安心して食べられます。食物繊維もたっぷり含むため食べ応えもあり、便秘対策にも有効ですよ。ふき特有の香りには消化を助けて胃腸の働きを整える作用があり、苦味には免疫力アップやアンチエイジングに期待できるため美と健康を維持するために欠かせませんね。あまり火を通しすぎないように短時間で調理するとシャキシャキ食感が残り鮮やかな緑色に仕上がるため、食卓が華やかになりおすすめです。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのとうもろこしを使った人気レシピ10選

    米や小麦と合わせて「世界三大穀物」に含まれるとうもろこしは、南米では主食として食べられていてそのまま食べたり、トルティーヤの生地にして用いられています。他にも、コーンスターチやコーンフレークなどの加工品に使われて私たちの日常にも馴染み深く取り入れられます。とうもろこしの主な成分は炭水化物(糖質)のため、エネルギー補給にぴったりです。さらに、代謝に関わるビタミンB群をバランスよく含み、中でも炭水化物をエネルギーに変換するビタミンB1を含むため糖代謝が活発になり、疲労回復や免疫力アップに役立ちます。食物繊維もたっぷり含まれるので便秘対策にも効果的ですよ。 この記事では、「とうもろこし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの山芋を使った人気レシピ10選

    粘り気があり、シャキシャキとした食感のある山芋。「やまのいも」とも呼ばれる山芋は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属で熱帯地方や亜熱帯地方が原産地とされる芋です。国内では青森、北海道、茨城などで栽培されていて、10月から3月ごろに旬を迎えます。アミラーゼという消化酵素が豊富に含まれていて、代謝をアップさせる効果が期待できます。血行促進効果があるため、冷え性の改善にも効果的です。アミラーゼは加熱すると効果がなくなってしまうため、とろろなど、火を通さない調理方法で食べるのがおすすめです。ほかにも、むくみ解消に効果があるとされるカリウムや疲労回復効果のあるアルギニンも含まれています。 この記事では、「山芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの鯖を使った人気レシピ10選

    古くから日本で食べられてきたと言われる鯖。「マサバ」「ゴマサバ」「大西洋サバ」などの学名もある鯖は、国内では長崎、茨城、静岡などで漁獲されています。10月から2月ごろまでの秋に旬を迎える魚で、目の部分が透明に近いほど、新鮮な証拠です。鯖の主な栄養素は、DHAやEPA、ビタミン類など。DHAはドコサヘキサエン酸という脂肪酸の1つで、中性脂肪を減らす働きがあります。EPAも脂肪酸の1つで、エイコサペンタエン酸と呼ばれます。血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化や高血圧症に効果があるとされています。鯖に含まれる主なビタミンはビタミンB12で、赤血球を増やす働きがあるため、貧血予防に効果的です。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのセロリを使った人気レシピ10選

    シャキシャキとした歯ごたえと独特な香りがあるセロリ。好き嫌いが分かれる野菜の代表的な野菜ですが、原産地であるヨーロッパやインドなどでは古くから食用とされ、肉の臭み消しなどに利用されることもあります。セリ科オランダミツバ属に分類され、清正人参という別名もあります。主な産地は長野県、静岡県、福岡県などで、11月から5月ごろにかけてが旬です。セロリに含まれる栄養素は、カリウムやキャベジン、食物繊維など。ほかの野菜と比べて含有量は少ないものの、カロリーや糖質が低いため、ダイエット中にはぴったりの野菜と言えます。葉の部分にはβカロテンやピラジンという栄養素が豊富に含まれていて、アンチエイジング効果や血液をサラサラにする効果が期待できます。 この記事では、「セロリ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの大葉を使った人気レシピ10選

    すっきりとした独特な香りが特徴の大葉。鮮やかな緑色の葉で、薬味や天ぷらなどに使われます。大葉はシソ科シソ属に分類される野菜で、中国が原産地とされています。主に愛知、静岡、大分などで栽培されていますが、家庭菜園などでも育てられるのが特徴です。大葉の主な栄養素は、βカロテンやビタミンK、ビタミンE、カルシウムなど。βカロテン強い抗酸化作用があるため、ガン予防やアンチエイジングに効果的と言われています。ビタミンKは、止血効果や骨粗しょう症の予防効果があります。ビタミンEは、細胞の老化防止のほか、血行を促進する働きがあり、肩こりにも効果的です。ペリルアルデヒドという香り成分も含まれていて、食中毒の予防になります。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの春菊を使った人気レシピ10選

    独特な苦味と香りが特徴の春菊。菊菜(きくな)という別名もある春菊は、キク科キク属に分類される野菜で、地中海沿岸の地域が原産地と言われています。国内では千葉、大阪、群馬などで栽培されていて、11月から2月ごろが旬です。春菊の主な栄養素は、βカロテンやカルシウム、ビタミンKなどです。βカロテンは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌荒れ予防にも効果があるとされています。葉物野菜の中ではトップクラスの含有量があるのも特徴の1つです。骨粗しょう症の予防に効果のあるカルシウムのほか、妊娠中の女性におすすめの葉酸も含まれています。むくみ解消に効果のあるカリウムも含まれています。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使ったおすすめ定番料理10選!これだけマスターしておけば!

    レタスは夏が旬の野菜でこの時期になると価格が下がり手ごろな価格で購入することができます。レタスは重すぎず切り口が変色していないものを選びましょう。外葉は農薬が多くかかっているので取り除いてから使います。レタスは食物繊維が豊富に含まれているので便秘を解消する働きがあります。また、ビタミンEが含まれているので血行をよくする作用があります。芯から出る白い液体はラクツカリウムという成分が含まれていて、催眠作用や鎮静効果があります。レタスを使った定番料理にはサラダがあり、他にチャーハンや炒め物等にも使われています。様々なレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの生姜を使った人気レシピ10選!夕飯にはこれでしょ

    味付けのアクセントや薬味として古くから日本人に親しまれてきた生姜。ピリッとした辛みが特徴の生姜には、辛み成分のジンゲロールが含まれており、血流をよくし、冷え性の改善や免疫力を高める効果があります。また、抗酸化力があり、アンチエイジングにも役立ちます。殺菌力があり、風邪予防やがん予防にも効果がある生姜ですが、加熱をすると、体を温める効果が増します。香り成分のシネオールには、疲労回復や解毒作用のほか、食欲を促進させる働きがあり、体調がすぐれない時にも積極的に取りたい食材です。ぜひ、いつもの料理に生姜をプラスして、味わい豊かな健康レシピを作ってみてください。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのおかひじきを使った人気レシピ10選

    ひじきに似ていることからその名が付いたおかひじき。砂浜などに自生する緑黄色野菜で、シャキシャキとした食感が特徴です。おかひじきには、抗がん作用があり、皮膚や粘膜、髪などの健康を維持するβカロテンや、体内の余分な塩分を排出し、高血圧やむくみの予防、改善に効果があるカリウムが豊富です。骨や歯の健康維持に欠かせないカルシムやマグネシウム、造血作用のある鉄分などのミネラルも多く含みます。また、おかひじきは骨の形成をサポートするビタミンも豊富に含んでおり、子供から大人まで積極的に取りたい健康食材です。 この記事では、「おかひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのさやえんどうを使った人気レシピ10選

    春から夏にかけて旬を迎えるさやえんどう。鮮やかな緑色とシャキシャキとした食感が特徴です。さやえんどうにはビタミンCが豊富に含まれ、風邪予防や美肌に効果があります。皮膚や粘膜、目などの健康を維持し、強い抗酸化作用でがん予防やアンチエイジングにも役立つβカロテ、代謝をサポートするビタミンBなども多く含みます。また、整腸作用のある食物繊維やむくみや高血圧の予防に効果があるカリウムなどの栄養もバランスよく含まれており、さやえんどうは積極的に取りたい万能野菜です。炒め物やスープなどの具材にするのはもちろん、料理に添えるだけでぱっと華やかな印象に仕上げてくれるさやえんどう。 この記事では、「さやえんどう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぶを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここから始めよう

    肉質がやわらかく、煮込むとトロトロになるかぶ。生でも食べられ、煮たり焼いたり炒めたり、さまざまな料理で楽しめます。通年を通して楽しめますが、寒い時期のかぶは甘み増して特においしくなります。かぶの根には消化酵素のアミラーゼが豊富で、整腸効果や胃もたれ、胸やけなどに効果があります。葉の部分には根以上に栄養が含まれており、捨てずに使ってほしい健康食材です。葉には抗酸化作用があり、がん予防やアンチエイジングなどに効果があるβカロテンや、美肌効果や生活習慣病の予防に役立つビタミンCが豊富です。また、カルシウムやカリウムなどのミネラルも多く含まれています。かぶは、葉の部分がみずみずしく、ハリのあるものを選ぶのがポイント。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アボカドを使ったおすすめ定番料理10選!この食材はこれでOK

    栄養価が高く、脂肪分が豊富なことから、「森のバター」と呼ばれて人気があるアボカド。まろやかでクリーミーな味わいが特徴です。アボカドの約20%は脂肪分で、コレステロールを抑制して肥満予防に効果があり、善玉菌を増やす働きがある不飽和脂肪酸です。また、体内の余分なナトリウムを排出する働き合があるカリウムも多く含まれており、高血圧や脳梗塞の予防にも効果があります。また、アンチエイジングに効果があるビタミンEなどのビタミン類も豊富で、アボカドは美容食としても注目されています。クセがなくなめらかな口当たりのアボカドは、食感にアクセントも与えてくれます。 この記事では、「アボカド」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使ったおすすめ定番料理10選!メニューに困ったらまずこれ!

    ゴーヤは夏野菜のひとつで苦みがありますが、しっかりと下処理を行ってから調理をするとおいしく食べることができます。夏に出回るゴーヤはイボが多く濃い緑色でハリとツヤがあるものを選びます。苦み成分の元になっているのが種とワタですが、この種やワタにはモモルデシンという成分が含まれていて胃の粘膜を保護したり、血糖値を下げる働きがあります。また女性に嬉しいビタミンCが豊富に含まれているので美肌作りに効果的です。スライスして水にさらしておくと苦みを軽減することができます。定番料理にはチャンプルーなどがあり、他にも様々なメニューを楽しむことができるのでレシピを参考にしてください。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トマトを使ったおすすめ定番料理10選!メニューに困ったらこれをマスター!

    トマトは夏野菜のひとつで時期によって価格差がありますが、スーパーでは通年中販売されているのでいつでも購入することができます。新鮮なトマトはハリとツヤがあり、赤みが濃く、ヘタがピンと伸びています。ヘタの反対側のおしりの部分に八方に白い筋が入っているものは甘いトマトなので選ぶ際はここも併せてチェックすると良いでしょう。トマトはビタミンCが豊富に含まれているので女性に嬉しい美白効果があります。また、抗酸化作用があるリコピンも豊富です。定番料理にはサラダがあり、他にはパスタ、煮物、グラタンなどに使われていてレシピが多く紹介されています。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの芽キャベツを使った人気レシピ10選!

    ミニチュアのキャベツのようなフォルムがかわいらしい芽キャベツ。付け合わせやスープの具材などに使われる野菜で、「姫かんらん」「子持ちかんらん」とも呼ばれます。アブラナ科アブラナ属に分類され、ベルギーが原産地と言われる芽キャベツは、国内ではおよそ9割ほどが静岡で栽培されています。芽キャベツの主な栄養素は、ビタミンCやビタミンKなど。ビタミンCは風邪予防や肌荒れ防止に役立つ成分で、ビタミンKは止血したり、骨を丈夫にする役割がある栄養成分です。抗酸化作用のあるルテインという成分も含まれていて、ガン予防やアンチエイジングに効果があるとされています。胎児の先天性異常を防止すると言われる葉酸も豊富に含まれていて、妊娠中の女性にもおすすめです。 この記事では、「芽キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いんげんを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここから覚えよう

    いんげんは夏に旬を迎えますがスーパーでは通年中販売されています。まっすぐ伸びていて先端がピンとしているものやハリがあるものを選ぶと良いでしょう。いんげんには産毛があるので塩をまぶして板ずりをしてから茹でると色鮮やかに仕上がります。いんげんはベータカロテンを豊富に含み、体の中でビタミンAに変換し粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあります。また、アスパラギン酸を含んでいるので疲労回復効果があります。いんげんは冷凍保存が可能なので、食べきれない場合は固ゆでをしてから冷凍をすると良いです。定番料理には胡麻和えなどがあり、色鮮やかなので料理の彩りに使うこともあります。 この記事では、「いんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使ったおすすめ定番料理10選!献立に困ったらこれ

    アスパラは緑黄色野菜で年齢問わず人気がある食材です。グリーンアスパラやホワイトアスパラなどの種類があり、近年ではアントシアニンを含んだ紫色のアスパラが栽培され、抗酸化作用があるので注目されています。アスパラは大変傷みやすい食材なので、購入後はすぐに調理をし新鮮なうちに食べるのがおすすめです。アスパラを使った定番料理にはサラダや炒め物、揚げ物などがあります。クセがなく他の食材との相性が良いのも特徴的です。ご飯のおかずやお弁当のおかずにもぴったりの食材なのでレシピが多く紹介されています。ぜひ参考にしてください。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ニラを使ったおすすめ定番料理10選!献立に困ったらまずはこれから

    ニラは独特な香りが特徴的な野菜で漢方薬としても使われています。香りのもとであるアリシンには血行をよくして体を温める作用や胃腸の働きを促す働きがあります。ベータカロテン、カリウム、カルシウムを豊富に含んでいるので積極的に摂取したい食材です。シャキシャキとした食感を楽しむことができるのでこの食感を活かしたメニューが沢山あります。ニラは定番料理である餃子やニラ玉などがありレシピが紹介されています。炒め物や汁物などご飯のおかずにぴったりのメニューも多数あり、レシピが紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 冬瓜を使ったおすすめ定番料理10選!献立に困ったらまずここから

    冬瓜は夏野菜のひとつで貯蔵性が高い食材です。冬瓜はずっしりと重みがあり粉を吹いているものを選ぶと良いでしょう。カットして販売されているものは種をチェックし、びっしりと詰まっているものがおいしい冬瓜です。冬瓜はカリウムを豊富に含んでいるので、体内のナトリウムを排出する作用やむくみを防止する働きがあります。水分がたっぷりと含まれているのでヘルシーでダイエットをしている方にぴったりですし、ビタミンCが含まれているので美肌効果があります。冬瓜を使った定番料理のレシピをピックアップして紹介しているので参考にしてください。 この記事では、「冬瓜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使ったおすすめ定番料理10選!献立に困ったらこれを!

    水菜はクセがなく他の食材との相性が良い野菜なので取り入れやすい食材です。旬は秋から春になりますが、スーパーでは通年中販売されているので身近な食材です。新鮮な水菜はピンと伸びていて、茎にハリがあります。定番料理にはサラダがあり、他には炒め物や鍋、汁物などのメニューに使われています。水菜はお肉や魚などの臭みを消してくれる働きがあります。低カロリーで茹でるとカサが減り沢山食べることができ、鍋やお浸しで食べると歯ごたえを楽しむことができるのでおすすめです。水菜を使った定番料理を紹介しているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここから覚えよう!

    ししとうは夏野菜のひとつでハウス栽培がされているので通年中販売されています。新鮮でおいしいししとうは鮮やかな緑色でツヤとハリがあります。固いものは避け適度に弾力があるものを選びましょう。大きすぎるものや黒く変色しているものは避けるのが無難です。栄養面ではビタミンCが豊富に含まれているので女性に嬉しい美肌効果があります。また、ベータカロテンが含まれているので抗発ガン作用や皮膚や粘膜の健康維持効果があります。ししとうは炒め物や揚げ物、煮物などに使われていて定番料理が沢山あります。様々なメニューを楽しむことができる食材なのでレシピを参考にしてください。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みょうがを使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれをマスター

    爽やかな風味が食欲をそそるみょうが。日本各地に自生しており、夏から春にかけてが旬でそうめんなど夏に食べる麺類の薬味としても活躍します。ハウス栽培されているため通年手に入り、高知県がみょうがの産地として知られています。平安時代には食用に使われていたと言われる歴史の長い野菜で、強めの爽やかな香りが料理を引き立てます。香味野菜として和え物やドレッシングに生で使われる他、みそ汁やみょうがの天ぷらなど火を使った料理でも活躍します。生で食べると辛みを感じますが、この辛みはミョウガジアールと呼ばれます。体内の余分なナトリウムを排出するカリウムを含み、むくみ防止に効果があります。みょうがは食欲を増進させる効果があり、夏バテなどで食欲がない時にもおすすめです。 この記事では、「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パプリカを使ったおすすめ定番料理10選!こんなレシピが欲しかった

    パプリカはオレンジ・赤色・黄色・緑色といった鮮やかな色がたくさんあり、料理に使うだけで華やかに見せてくれます。ピーマンより大きく見た目は似ていますが、ピーマンのような苦みがないため食べやすく生でも食べられます。色々な色のパプリカを使ってサラダにしたり、ピクルスにするのもおすすめです。パプリカを使った人気料理ではラタトゥイユやパエリアがあり、欧米料理によく使われます。その他にも揚げ物・炒め物・和え物・スープなど幅広い料理に使われ、栄養価が高いのでぜひ料理に取り入れたい野菜です。パプリカはビタミンCが豊富で、赤色のパプリカの3分の1個分で一日の必要なビタミンCを摂取することができます。 この記事では、「パプリカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社